妊活サプリの夫婦

[安い妊活サプリ]夫婦兼用でお得!妊活必須成分を全て含む妊活サプリ

[安い妊活サプリの注意点]コスパの良い妊活サプリを選ぶ3つのポイント

妊活サプリは「安い」と言う理由だけで選ぶと失敗します!安くて妊活効果が高い「コスパが良い」妊活サプリを選ぶポイントを紹介します。

安い妊活サプリを選ぶと失敗する コスパの良い妊活サプリの選び方について

 

 

オールインワンタイプの妊活サプリなら手頃な値段で買えるからお得!

妊活サプリと言われて、一般的なイメージされる成分は葉酸サプリだと思います。

厚生労働省も妊活に葉酸を推奨していますので、当然なことだと思います。

でも、葉酸だけでは「妊活必須成分」を補うことができないため、高い妊活効果を得ることはできません

妊活を希望する方は、葉酸サプリではなく「妊活に特化した妊活サプリ」を購入することをおすすめします。

葉酸サプリでは妊活必須成分を補うことができなため、妊活に必要なマカ、DHA、鉄、亜鉛、ビタミンEなどを別に買う必要があります。

いくら質が高く安い葉酸サプリだとしても他のサプリメントを買い足すことでどうしてもコスパが悪くなります。

ですから、葉酸だけでなく、妊活に必要な他の成分もすべて入っているサプリ(オールインワンタイプのサプリ)を選ぶべきです。

そうすることで、本当に安い妊活サプリを買う事ができます。

妊活サプリはオールインワンサプリを買う事で大幅にサプリにかける値段を安くすることができます。

妊活サプリの口コミ✩マカナ

マカナを夫婦で飲んでいます。以前は薬局で買った葉酸サプリを飲んでいて、主人はDHCの亜鉛サプリを飲んでいました。でも、私も主人も効果については可もなく不可もなく。。。マカナは夫婦で兼用できるし、夫婦協力コースは割引率が高くて助かります✩また、オールインワンサプリなので、亜鉛も葉酸も取れるし、夫婦兼用なのも良いですね。まだ飲み始めて3ヶ月ですが、風邪を引きにくくなったこと、冷え症が改善されたことを実感しています!

(30代後半 福岡県)

 

 

 

安くても定期コースに縛りがある妊活サプリは選ばない

妊活サプリを安く購入する方法 定期コース
いろいろな妊活サプリや葉酸サプリが売られていますが、ぱっと見は、安い値段なのに、定期コースを数回頼まないと解約金がとられるものがほとんどです。

妊活サプリを作っている企業としても安くしないと売れないと思っているのか、様々な条件をつけた定期コースが安くなるのが一般的です。

ただし、初回だけでやめてしまわれると赤字になってしまうので、定期コースに縛りをつけています。

でも、考えてみれば本当によいものであれば、定期コースに縛りなどなくても継続してくれますよね。

定期コースの縛りがない妊活サプリこそ、本当の意味で安いという事が言えるのではないでしょうか。

定期コースに縛りがない妊活サプリをぜひ、検討してください。

いつでも解約できるものを選びましょう。

妊活サプリの口コミ✩マカナ

ネットの評判を見てマカナを選びました。妊活サプリを飲むのは始めてなので、最初は半信半疑でした。マカナは、定期コースでも解約がいつでも自由にできるから気軽に始められます。私は夫婦コースが一番お得なので、夫婦で一緒に飲むことにしました。半年くらいたったころに、私が怪我をしてしまい妊活を中断する時も、定期コースの解約は簡単にできました。体調が整ったら、またマカナを夫婦で飲もうと思っています。

(30代夫婦 愛知県)

 

 

夫婦兼用の妊活サプリはコスパが良くおすすめ

妊活サプリを安く購入する方法 夫婦兼用サプリを選ぶ

昔からおそらくあったのだと思いますが、最近は男性が原因で妊娠できない男性不妊も少なくありません。

夫婦でそれぞれ妊活に必要な成分というのは違います。

女性はホルモンバランス着床率を高めるような成分が多いのですが、男性は、精子に活力を与えるような成分が必要になってきます。

また、男性の場合は、亜鉛が不足するとインポテンス(性的不能)へつながり、女性では排卵を阻害するような事がおきます。

このように性別によって役割が違う事はあっても、共通な成分というもののがあります。

従来は男性用の妊活サプリ、女性のよう妊活サプリと2つ必要だったのですが、男女兼用の妊活サプリメントも増えてきました。

夫婦で兼用できるサプリだとさらにコスパがよくなるコースもありますので、より妊活サプリの安さを実感できると思います。

妊活サプリ「マカナ」は、夫婦で兼用できコスパが良くおすすめです(´∀`)

妊活サプリの口コミ✩マカナ

マカナを夫婦で飲んでいます。マカナは夫婦で飲むとお得です。以前は、夫婦で別々のサプリを飲んでいましたが、ネットで調べると足りない栄養素だらけ。。。全部のサプリを買うのもコストがかかるし、揃えるのも大変!でも、マカナなら妊活に必要な栄養が全て摂れますよね。夫婦兼用なのも気に入っています。以前は妊活にあまり協力的ではなかった主人が、マカナを夫婦で飲むようになってからは、協力的になってくれました。マカナはコスパが良いし、何よりも必要な栄養素がマカナだけで摂れるのが良いなと思います!

(30代夫婦 東京都)

 

[安い妊活サプリの注意点]人気のマカナを一番安く買う方法

妊活サプリを最安値で買う方法 公式サイトで購入する

人気の妊活サプリ「マカナ」を一番安く買う方法を紹介します(´∀`)妊活サプリは継続的に飲む必要があるので、なるべく安く買いたいですよね!?Amazonや楽天ならポイントで買えるしお得??と思う方も多いのですが、公式サイトからの購入が最も安くお得です!

 

項目 公式サイト Amazon 楽天
単品 6,580円/1袋 6,300円/1袋
定期コース 3,980円/1ヶ月(40%OFF)
2袋セット(夫婦コース) 7,480円/1ヶ月(43%OFF)
サポート

 

 

 

マカナを楽天で検索してみました。

妊活サプリを安く買う方法 楽天より公式サイトがお得

楽天ではマカナを取り扱っておらず、残念ながら楽天ポイントで買う事はできませんでした。

楽天では、様々な妊活サプリを買うことはできますが、公式サイトより安いことはほとんどなく、もったいないことをしている人が多いと思いました。

 

Amazonでマカナを検索してみました。

妊活サプリを安く買う方法 Amazonより公式サイトの方がお得

Amazonでは定期コースはなく、単品購入だけでした。

また、Amazonからの購入では、「食事&栄養サポート」を受けることができません。

妊活では、妊活必須成分をサプリで補うことも重要ですが、普段の食事や栄養素を意識することも重要ですよね(´∀`)

マカナは、公式サイトからの注文で「食事&栄養サポート」を受けることができるので、高い妊活効果が期待できますよ!

マカナは公式サイトの定期コースが一番安いので、アマゾンで買うことは避けた方がよさそうです。

 

マカナは公式サイトで購入するのが一番お得!

マカナはいつでも解約OK!解約料はもちろん無料

妊活サプリを安く買う方法 定期縛りのないものを選ぼう

夫婦で兼用できるマカナはコスパが良い!

マカナはドラッグストアや薬局で買う事ができません。

公式サイトで定期コースで購入するのが一番安いです。

夫婦で兼用できるマカナは、夫婦協力コース(2袋/1ヶ月)での申し込みが最もお得に買える方法です!

夫婦で妊活に取り組めば、妊活効果はさらにアップしますよね(´∀`)

また、マカナは定期コースの回数縛りがなく、いつでも好きな時に解約することができます。

解約料はもちろん無料なので、「試しに飲んでみたい!」と言う方も気軽に始めることができますよ(´∀`)

 

 

 

[安い妊活サプリを比較]マカナとベルタを料金で比較

また、マカナは同じ葉酸サプリで有名なベルタ葉酸サプリと比較しみても安いです。

マカナとベルタの通常価格を比べてみると、マカナの方が高いですよね?

でも、マカナは定期コースを申し込むことで1日あたりの費用を抑えることができます。

ベルタは定期コースの回数縛りがある上に、1日あたりのコストが高いため、トータルで見るとコストアップになります。

また、ベルタ葉酸サプリの主な成分は「葉酸」であり、妊活必須成分は全て含まれていません

マカナは妊活必須成分が全て含まれており、高い妊活効果を得ることができるため、ベルタ葉酸サプリよりもコスパの良い妊活サプリだと言えます。

マカナ

ベルタ

通常価格 6,580円 5,980円
モニター価格 3,980円 5,980円
定期条件 なし 6回継続
1日当たり 133円 199円

 

 

 

 

[コスパの良い妊活サプリ]妊活必須の8つの成分を含むオールインワンサプリ

コスパの良い妊活サプリの選び方 妊活必須成分について

妊活必須の栄養素は8つあります(´∀`)この8大栄養素が含まれていないと、高い妊活効果を得ることはできません。「マカナ」は、この8大栄養素が全て含まれている唯一の妊活サプリです。

オールインワンサプリに含まれる妊活必須の8つの栄養素

妊活必須成分 1日の必要量
マカ 規定なし
鉄分 2.04mg~10mg
ビタミンE 1.89mg~150mg
亜鉛 2.64mg~15mg
葉酸 72μg~200μg
ビタミンB6 0.39mg~10mg
ビタミンB12 0.72μg~60μg
ビタミンC 30mg~1,000mg

参考:栄養機能食品とは(消費者庁)

 

妊活必須成分1:マカ

コスパの良い妊活サプリ マカ含有

マカは、「妊活の王様」と言われるほど妊活に必要な栄養素が豊富に含まれています。

マカは主にペルーなどで栽培されている植物で、妊活に必須である「ミネラル」「アミノ酸」を豊富に含んでおり、男性にも女性にも必要な栄養素の1つです。

男性にマカが必要な理由

マカに含まれる亜鉛は、精子の元となる成分の1つであり、亜鉛が不足することで精子の量や質が低下してしまいます。

亜鉛は性ホルモンの生成にも重要な役割があるため、亜鉛が不足することで精子を作るための男性ホルモンの生成が滞り、質の高い精子を作ることができません。

マカが含まれる妊活サプリで、質の高い精子を作ることをサポートできます。

女性にマカが必要な理由

マカに含まれる「ベンジルグルコシノレート」は、女性ホルモンのバランス調整に必要な成分です。

不妊の原因の1つにホルモンバランスの異常があり、ホルモンバランスが乱れていると「生理不順」や「無排卵」「着床率の低下」「受精率の低下」などに繋がります。

なかなか授からない。。。と言う方は、ホルモンバランスを調整する成分が含まれるマカ含有の妊活サプリがおすすめです。

マカが含まれていない妊活サプリはコスパが悪い・・・

マカは、女性にも男性にも必須の妊活成分の1つです。

マカが入っていない妊活サプリは、結局、追加でマカサプリを購入する必要があります。

マカが含まれていない妊活はマカサプリの分、追加でお金がかかります。

 

DHCのマカをAmazonで検索してみました

たとえばDHCのマカサプリをアマゾンで購入しようとすると20日分で1,021円(Amazon価格)であり、30日分だと約1,500円/月が必要となります。

 

ファンケルのマカをAmazonで検索してみました

ファンケルの「マカサプリ」は、30日分で2,200円(Amazon価格)です。

つまり妊活サプリがいくら安くてもマカが入っていないものであれば、月に2000円前後の追加費用がかかります。

 

マカが含まれる妊活サプリはマカナだけです
マカナ ベジママ ベルタ
月額料金 3980円 2750円 3980円
マカサプリ 不要 1500円 1500円
合計 3980円 4250円 5480円

 

妊活サプリのトータルコストを抑えたい人はこちら

日本製のマカを選ぼう

日本製のマカは、外国製のマカに比べて栄養素の種類も量も段違いで違います

 

日本産のマカと外国産のマカの栄養素の違い
成分 日本産マカ 外国産マカ
アスパラギン酸  1050mg  670mg
スレオニン  460mg
セリン  470mg  330mg
グルタミン酸  2200mg  730mg
グリシン  360mg  350mg
アラニン  460mg  390mg
バリン  560mg  390mg
システイン  160mg
メチオニン  120mg  110mg
イソロイシン  320mg  280mg
ロイシン  450mg  450mg
チロシン  230mg  200mg
フェニルアラニン  310mg  290mg
ギャバ  262mg
ヒスチジン  290mg  190mg
リジン  540mg  310mg
アルギニン  2560mg  610mg
プロリン  5850mg  2490mg
トリプトファン 100mg

参考:http://www.jfrl.or.jp/

スレオニン

マカに含まれているスレオニンは、必須アミノ酸の1つですが、人間は、体内で作り出すことができません。

肝臓に脂肪が蓄積する脂肪肝の予防、新陳代謝の促進、胃炎の改善などの作用があります。

不足すると食欲不振、貧血、成長不良などの症状になる可能性があります。

妊活には、胎児の分の血液が必要なため貧血予防のために必要な成分です。

また、スレオニンは、コラーゲンの原料となります。

コラーゲンは、赤ちゃんのための子宮環境を整えることや産後の痛みを早く治してくれる効果があるといわれています。

システィン

マカにふくまれているシスティンは抗酸化作用があるアミノ酸です。

皮膚や髪の毛、爪などはもちろん、卵子の酸化(老化・劣化)も防ぎます。

酸化するというのは、言い換えれば錆びてしまっている状態なので、システィンによって錆びないようにすることが大切です。

錆びてしまった卵子では良い妊活はできませんので抗酸化作用がある栄養素を積極的にとっていきましょう。

ギャバ

マカに含まれるギャバはストレスをやわらげ、リラックス効果を生みます。

正常な精子と卵子の場合の不妊は、たいていの場合ストレスが原因であることが多いです。

なかなか授からないと焦ったり、イライラしたり、落ち込んだりして妊活自体がストレスになってしまいますよね。

妊活におけるストレスを少しでも軽減するためにギャバを摂取すると前向きになれると思います。

本来、GABAは体内で十分に作られていますが、強いストレスにさらされると不足しますので、外部からの接種が必要になります。

また、加齢によっても減少する傾向があります。

ギャバはアミノ酸の一種でいろいろな食品に含まれているので安全性が高いので、積極的に摂取しましょう。

トリプトファン

トリプトファンは、神経伝達物質のセロトニンの原料になります。

このセロトニンが分泌されると今度は、メラトニンが分泌されます。

深い眠りにはメラトニンが必須です。

深い眠りにつくと女性ホルモンの分泌が活発になるので、妊活にとってメリットです。

メラトニンは睡眠ホルモンとも呼ばれ、脈拍・体温・血圧などを低下させることで、睡眠の準備ができたと体に認識させ、睡眠に向かわせる作用があります。メラトニンは卵胞液中に高濃度に存在し、強力な抗酸化作用で排卵過程の卵子を酸化ストレスから保護していることが分かってきました。メラトニンの分泌が少ないと、卵子の質の低下につながり、妊娠率にも影響するというデータも示されました。

引用:http://www.anti-aging.gr.jp/

とくに夜の10時~2時は深い睡眠を促すメラトニンが分泌され、同時に女性ホルモンの分泌も活発になるシンデレラタイムになります。

妊活サプリを選ぶ時はマカ含有のサプリを選びましょう!

 

 

妊活必須成分2:鉄分

コスパの良い妊活サプリ 鉄分

妊娠成立までのプロセスで鉄分が必要となるのは、「精子・卵子の正常な細胞分裂」の場面と、「生殖器への十分な血流により機能を活性化する」場面です。

鉄分は正常な卵子・精子を作るために必須

鉄分が不足すると、精子や卵子の元となる細胞が正常に細胞分裂をすることができません。

細胞は細胞分裂をする際にエネルギーを作り出しますが、鉄分はエネルギー生産のために必須の栄養素であり、鉄分が不足すると質の高い卵子や精子が生成できません

鉄分は生殖器の機能活性に必須

また、鉄分が不足すると血液中の酸素や栄養素を全身に十分に届けることができません。

卵巣・子宮・精巣など、生殖器への血流が不十分だと、生殖機能は低下してしまいます。

健康な卵子・精子を作るためには、子宮・卵巣・精巣などの生殖器に十分な血液を届ける必要があります。

 

鉄分が含まれていない妊活サプリはコスパが悪い・・・

DHCの鉄分をAmazonで検索してみました

DHCの鉄分サプリは、Amazonで購入すると1,100円/60日分なので、1ヶ月あたり550円のコストアップになります。

 

ファンケルの鉄分をAmazonで検索してみました

ファンケルの鉄分サプリをAmazonで購入すると2,959円/90日分で、1ヶ月あたり986円のコストアップになります。

代表的な妊活サプリの鉄分含有量とサポート成分の有無
項目 マカナ ベルタ ベジママ
鉄分 8.7mg 20mg
栄養機能食品(鉄分)
鉄分サポート成分

 

鉄分の1日摂取量は、2.04mg~10mgであり、10mg以上の含有は必要がありません。

ベルタ葉酸サプリは、鉄分含有量が20mgですが、1日摂取量を大幅に超えており過剰摂取の危険性があります。

また、鉄分はサポート成分であるビタミンCと同時に摂取することで、吸収率が大幅にアップするため、鉄分とビタミンCの両方を含むサプリがおすすめです。

マカナは、鉄分の含有量が規定範囲であり「栄養機能食品」となっており、鉄分のサポート成分であるビタミンCも、1日摂取量の規定範囲内を含んでいるため、鉄分をしっかりと吸収することができます。

でも、ベルタ葉酸サプリは、鉄分の含有量が多すぎることや、鉄分のサポート成分であるビタミンCの含有量がごくわずかであることから、あまりおすすめはできません。

 

 

妊活必須成分3:ビタミンE

コスパの良い妊活サプリ ビタミンE

ビタミンEは、「子宝ビタミン」「着床ビタミン」などと言われており、妊活必須成分の1つです。

ビタミンEは着床率アップに必須

ビタミンEは、女性ホルモンの1つである「プロゲステロン」の生成に関係する成分であり、ビタミンEが不足すると、女性ホルモンの分泌量が低下してしまい、妊娠しにくい体質となります。

女性ホルモンの1つであるプロゲステロンは、受精卵が子宮壁にしっかりと着床できるように、子宮内膜を厚くフカフカにする作用があります。

子宮内膜の厚さと着床率・妊娠率は深い関係があり、子宮内膜の薄い人は妊娠率・着床率が低いことが知られています。

妊娠率・着床率のアップには子宮内膜を厚くする必要があり、ビタミンEは子宮内膜を厚くする作用がある女性ホルモン(プロゲステロン)の生成をする成分の1つです。

ビタミンEは卵子の老化や劣化の予防に必須

また、ビタミンEは強い「抗酸化作用」があるため、加齢による卵子の老化や劣化を予防する効果が期待できます。

卵子は新しく作られることがなく、年齢=卵子の年齢となり、年齢を重ねると卵子も老化・劣化していきます。

卵子の元となる細胞が老化・劣化すると、正常に細胞分裂ができずに、質の高い卵子の生成ができません。

卵子の元となる細胞が正常に細胞分裂ができないと、先天性異常の原因となったり、受精率・着床率の低下に繋がります。

ビタミンEの強い抗酸化作用で、卵子の元となる細胞を老化・劣化から守りたいですね。

ビタミンEが含まれていない妊活サプリはコスパが悪い

ビタミンEは「着床ビタミン」「妊娠ビタミン」と呼ばれるほど妊活効果が高い成分で、妊活必須成分の1つと言えます。

多くの妊活サプリはビタミン類が配合されていますが、ビタミンEが含まれていなかったり、配合量が少なすぎたりします。

ビタミンEが含まれていなかったり、配合量が少ない妊活サプリの場合は、ビタミンEを追加で購入する必要があるためコストが掛かってしまいます。

ビタミンEの配合がない、または配合量が少ない妊活サプリはコスパが悪くおすすめできません。

妊活サプリを選ぶ時は、ビタミンEの配合量が1.89mg~150mg(1日推奨摂取量)のサプリを選びたいですね。

妊活サプリ「マカナ」は、ビタミンEが栄養機能食品の範囲となっておりおすすめです。

 

 

妊活必須成分4:亜鉛

コスパの良い妊活サプリ 亜鉛

性ホルモン生成に必須の栄養素である亜鉛は、男性にも女性にも必須の妊活成分の1つです。

亜鉛は、精子の元となる成分であるため、特に男性は積極的に摂りたい成分の1つです。

亜鉛は性ホルモンの生成に必須

亜鉛は「セックスミネラル」と呼ばれ、性ホルモンの生成に欠かせない成分の1つです。

生殖器には亜鉛が多く存在しており、性ホルモンを生成しています。

亜鉛が不足すると性ホルモンの生成がスムーズに行えないため、性ホルモンの分泌量が不足してしまい、ホルモンバランスの乱れや、精子の量や運動率の低下などが起こります。

亜鉛は精子の元となる成分

亜鉛は精子に多く含まれ、精子の元となる成分の1つです。

男性不妊の原因として「亜鉛不足」があり、亜鉛が不足すると男性ホルモンである「テストステロン」の分泌量が低下し、性欲低下・勃起障害などが起こります。

亜鉛は、男性にも女性にも必要な妊活成分であり、亜鉛含有の妊活サプリを夫婦で飲めば妊活効果のアップが期待できます。

妊活サプリのマカナは、亜鉛を豊富に含むマカを高配合しており、夫婦兼用できるため、高い妊活効果が期待できますよ。

亜鉛が含まれていない妊活サプリはコスパが悪い

妊活サプリの多くは、男性用・女性用と分かれており、男性用には亜鉛が含まれているものが多いのですが、女性用には亜鉛が含まれていないものが多いのです。

亜鉛は性ホルモンの生成に欠かせない成分であるため、男性にも女性にも必須の妊活成分の1つです。

亜鉛が含まれていない妊活サプリでは、亜鉛サプリを追加する必要があるためコストアップに繋がります。。。

 

DHCの亜鉛サプリをAmazonで検索してみました。

亜鉛サプリは安いものが多く、DHCの亜鉛サプリは403円/60日分なので、1ヶ月のコストアップは200円ほどです。

ただ、妊活の目的で亜鉛を摂取する場合は、亜鉛のみを摂取しても意味がありません

亜鉛以外に必要となる、妊活必須成分を全て含んでいなければ、高い妊活効果を得ることはできません。。。

妊活必須成分を全て含む妊活サプリはマカナしかありません

高い妊活効果があり、コスパが良い妊活サプリを選ぶなら、マカナがおすすめですよ(´∀`)

 

ファンケルの亜鉛サプリをAmazonで検索してみました。

ファンケルの亜鉛サプリをAmazonで検索しましたが、取り扱いがありませんでした。。。

 

亜鉛を含有する妊活サプリ

項目 マカナ ベジママ ベルタ
亜鉛含有
亜鉛サポート成分(ビタミンC)

 

亜鉛含有の妊活サプリは、男性専用のものが多く、女性が飲めるものや、夫婦で兼用できるサプリでは、亜鉛含有のものは少ないです。

亜鉛や、亜鉛のサポート成分であるビタミンCを豊富に含むのは妊活サプリ「マカナ」だけです。

マカナは、妊活必須成分が全て含まれるオールインワンタイプであり、夫婦で兼用できるため、コスパが良い妊活サプリだと言えます。

亜鉛は、男性にも女性にも必須の栄養素であるため、妊活サプリを選ぶ時は、亜鉛や亜鉛のサポート成分であるビタミンCが配合されたものを選ぶことをおすすめします(´∀`)

 

 

妊活必須成分5:葉酸

コスパの良い妊活サプリ 葉酸

葉酸は妊娠中に飲むものと言うイメージが強いですよね?

でも、本当は妊娠を計画した時から産後まで続けて飲みたい栄養素の1つです。

葉酸は、妊活必須成分の1つであり、受精率アップ着床率アップに繋がる栄養素の1つです。

特に妊娠を希望している方は、健康な卵子を作るためにも、葉酸を積極的に摂ることをおすすめします(´∀`)

葉酸は精子・卵子の正常な細胞分裂に必須

卵子の老化について

精子や卵子は、元となる細胞が分裂することで成熟した精子・卵子を生成しています。

精子は日々作られていますが、卵子は増えることはありません

受精率や着床率が卵子の質に大きく左右されるのは、卵子は新しく作られることがなく、年齢と共に老化・劣化してしまうからだと考えられています。

卵子の老化は20代の後半には始まると言われており、高齢出産と定義される35歳以降では、卵子の元となる細胞が老化・劣化しており、健康な卵子が生成されにくくなっています。

35歳~40歳になると、卵子の元となる細胞が枯渇してしまい、自然妊娠する確率が下がります。

高齢出産では、卵子の元となる細胞が老化・劣化しているため、健康な卵子を生成する力が衰えます。

卵子の元となる細胞は、細胞分裂しながら成熟した卵子に成長しますが、35歳~40歳以上の高齢となると、卵子の成長が途中で止まってしまったり、細胞分裂の際にDNA情報のエラーが起きてしまったり(染色体異常の原因となる)することが増えるため、受精する力がありません

葉酸と受精率・着床率の関係

妊娠のプロセスでは、卵子の元となる細胞が分裂をしながら成長・成熟し、十分に成長した卵子が排卵することで始まります。

葉酸は、排卵後の受精率アップ着床率アップにも重要ですが、排卵前の卵子の元となる細胞から健康な卵子が形成されるまでにも必要となる重要な成分の1つです。

葉酸がなければ、健康な卵子を生成することができません

葉酸は、細胞が分裂する際に必須となる栄養素の1つで、主にDNA情報のコピーをする際に必要と言われています。

細胞は成長するまでに何度も細胞分裂を繰り返し、そのたびにDNA情報(遺伝情報)をコピーしていますが、細胞自体が老化・劣化しているとエラーが起きやすくなるのです。。。

DNA情報のエラーが起きている卵子は健康な卵子とは言えず、受精する力を持たなかったり、受精しても着床ができなかったり、流産率が高くなってしまいます。

葉酸は細胞分裂が活発な場所で特に必要となるため、受精卵が成長する時や、胎児が成長する時に重要となります。

精子も40歳以上で劣化する

男性の場合も40歳を超えると、精子の質は低下すると言われています。

精子は日々新しく作られるため、女性ほどには年齢によるダメージは少ないのですが、やはり40歳を超えると老化現象が起こるため、健康な精子が作りにくくなります。

葉酸は、健康な精子や卵子の生成に欠かせない成分であり、男性にも女性にも必須の栄養素です。

妊活では、男性も女性も共通で必要な栄養素が沢山あります。

夫婦で兼用できる妊活サプリなら、コストも抑えられますし、妊活効果もアップします。

妊活サプリを選ぶ時は、夫婦兼用ができる「マカナ」がコスパが良くおすすめですよ(´∀`)

 

 

葉酸が含まれていない妊活サプリはコスパが悪い

妊活サプリは男性専用、女性専用と分かれていることが多く、男性用の妊活サプリには葉酸が含まれていないことが多いです。

マカサプリや亜鉛サプリなど、男性の妊活に良いと言われるサプリは葉酸は含まれていません。

でも、マカや亜鉛だけを補給しても妊活効果を得ることはできず、葉酸などのビタミン類と一緒に摂取することで妊活効果を高めることができます。

葉酸は、男性にも女性にも必須の栄養素であり、健康な卵子や精子の生成に欠かせない栄養素のため、葉酸を含まない妊活サプリだと葉酸を追加で購入する必要がありコストアップになってしまいます。。。

葉酸は妊活必須成分のため、葉酸を含まない妊活サプリではコスパが悪いためおすすめできません。

夫婦兼用が可能な妊活サプリ「マカナ」は、葉酸が豊富に含まれているのでコスパが良くおすすめですよ(´∀`)

ミトコンドリアサプリには葉酸は含まれていない

ミトコンドリアサプリは35~40歳以上の高齢の方に人気がありますね。。。

ミトコンドリアサプリは、高齢の方、男性不妊や女性不妊など、さまざまな方をターゲットにしていますが、ミトコンドリアサプリの詳細を知ると「飲んでも妊活効果は期待できない」ことが分かると思います。

ミトコンドリアサプリ✩ミトコプラスの成分表

ミトコプラスの原材料

DHA含有精製魚油、ゼラチン、L-カルニチン酒石酸塩、ミカン末、ブトウ若芽エキス、還元型コエンザイムQ10、グリセリン、グリセリン脂肪酸エステル、ミツロウ、トマト色素、カラメル色素、レシチン(大豆由来)、パプリカ色素、酸化防止剤(V.E)

ミトコンドリアサプリの「ミトコプラス」の成分表です。

原材料表示は、左上から含有量が大きい順に書くと言う決まりがあります。

つまり、ミトコンドリアサプリの「ミトコプラス」は、DHA含有精製魚油の含有量が最も多いことになります。

DHA含有精製魚油は、いわゆる「DHAサプリ」などのような、青魚から抽出されたDHAを含む魚油です。

DHAはオメガ3脂肪酸

DHAは、体内では合成できないため、食品などによって補給する必要がある「必須脂肪酸」の1つです。

DHAは、オメガ3脂肪酸の1つで、細胞膜やホルモンを作る材料となります。

つまり、DHAを豊富に含むミトコンドリアサプリは、卵子の元となる細胞を活性化して、健康な卵子生成をサポートすることが期待されています。

でも。。。DHAは熱や酸に弱く、青魚から魚油を抽出する時に、効果を失ってしまうことが多く、濃度の高いDHAを摂取することは困難です。

また、酸化に弱いため、抗酸化作用の強い成分を配合していなければ、効果はほとんど失われてしまいます。

ミトコンドリアサプリは、DHAなど細胞膜やホルモン形成に必要な成分は含まれていますが、抗酸化作用の強い成分が配合されていなかったり、DHAの抽出方法や、青魚の産地や製造工場が記載されていないため、濃度の高いDHAであることは期待できません。

また、ミトコンドリアサプリには葉酸が含まれていないため、正常な細胞分裂をサポートすることができません。

DHAで細胞を活性化しても、細胞分裂の時に必要となる葉酸を含んでいなければ、健康な卵子生成をサポートすることができません。

卵子の元となる細胞を活性化すると言う意味ではミトコンドリアサプリの効果が期待できますが、妊娠のプロセスは多岐にわたり、ミトコンドリアサプリだけではカバーすることができません

妊活を希望する方には、ミトコンドリアサプリではなく、妊活必須成分を全て含む妊活サプリを選ぶことをおすすめします。

ミトコンドリアサプリは、葉酸を含まないため、追加で購入する必要がありコストアップになってしまいます。。。

妊活サプリを選ぶ時は、夫婦で兼用できるもの、葉酸が豊富に配合されているものがコスパが良くおすすめですよ(´∀`)

 

 

妊活必須成分6:ビタミンB6

コスパの良い妊活サプリ ビタミンB6

妊娠にはさまざまなプロセスがあり、どの段階でも葉酸が必須であることがわかります。

葉酸は、葉酸のサポート成分であるビタミンB6を同時に摂取することで、より高い妊活効果を期待できます。

妊活サプリを選ぶ時は、葉酸のサポート成分であるビタミンB6の含有量が0.30mg~10mgのものを選ぶことをおすすめします。

ビタミンB6は葉酸のサポートに必須

画像引用元:葉酸の働きを助ける5つの栄養(バイエル製薬株式会社)

葉酸は、吸収率が低い栄養素であり、5つのサポート成分により効率良く代謝や吸収のサイクルを回しています。

ビタミンB6は、葉酸のサポート成分であり、ビタミンB6が不足すると、葉酸を代謝する補酵素が足りないため、葉酸を効率よく体内に取り込むことができません。

妊活サプリを選ぶ時は、ビタミンB6が同時に摂取できるものを選びたいですね(´∀`)

ビタミンB6が含まれていない妊活サプリはコスパが悪い

妊活サプリは、男性用と女性用に分かれている商品が多く、女性用の妊活サプリには葉酸が含まれているため、葉酸のサポート成分であるビタミンB6も含まれている商品が多いです。

でも、男性用の妊活サプリには葉酸が含まれていない商品が多いため、葉酸のサポート成分であるビタミンB6が含まれていない商品がほとんどです。

葉酸は、男性にも女性にも必須の栄養素であり、健康な卵子や精子の生成には欠かせない成分です。

妊活サプリを選ぶ時は、夫婦兼用が可能なものを選ぶことで、より高い妊活効果を期待することができます。

また、男性はマカサプリや亜鉛サプリを飲んでいる方が多いのですが、これらには葉酸もビタミンB6も含まれていないため、追加で購入する必要がありコストアップになってしまいます。。。

葉酸や葉酸のサポート成分であるビタミンB6が含まれる妊活サプリは、男性にも女性にも効果的であり、コスパが良いと言えます。

妊活サプリ「マカナ」は夫婦兼用が可能であり、コスパが良くおすすめですよ(´∀`)

 

 

妊活必須成分7:ビタミンB12

コスパの良い妊活サプリ ビタミンB12

ビタミンB12は葉酸のサポートに必須

ビタミンB6と同じく、ビタミンB12は、葉酸のサポート成分として必須の栄養素です。

妊娠のプロセスでは、どの段階にも葉酸は必須の栄養素であり、葉酸を効率良く体内に吸収させるためには、ビタミンB6やビタミンB12のようなサポート成分は必須と言えます。

妊活サプリを選ぶ時は、葉酸のサポート成分であるビタミンB12が0.60μg~60μg(1日の推奨摂取量)が含まれるものを選びましょう。

ビタミンB12が含まれていない妊活サプリはコスパが悪い

男性用の妊活サプリは、葉酸が含まれていないため、葉酸のサポート成分であるビタミンB12も含まれていません。

男性の妊活には「マカ」「亜鉛」のみを摂取していれば大丈夫と言うイメージが強いようです。。。

でも、実際には健康な精子や卵子を生成するためには葉酸は必須です。

葉酸は、体内での吸収率が悪いため、サポート成分を摂取することで代謝や吸収を助けています。

葉酸を体内に効率よく取り込むためには、ビタミンB12は必須と言えます。

女性のみが妊活サプリを摂取していたり、夫婦で別々の妊活サプリを摂取していると、定期コースでの割り引きができないため、コストアップになりがちです。。。

また、夫婦で一緒に妊活サプリを飲むことで、飲み忘れを防いだり、一緒に妊活に取り組む意識ができたりとメリットが大きいです。

葉酸+ビタミン12を含んでいない妊活サプリでは、葉酸+ビタミンB12を追加で購入する必要があるためコストアップになります。。。

妊活サプリを選ぶ時は、葉酸サプリ+ビタミンB12が配合されており、夫婦で兼用できるものが、コスパが良くおすすめですよ(´∀`)

妊活必須成分8:ビタミンC

コスパの良い妊活サプリ ビタミンC

ビタミンCはビタミンEのサポート成分

ビタミンEで卵子の老化・劣化を防ぐ

ビタミンEは「強い抗酸化作用」があり、卵子の元となる細胞を老化や劣化から守る働きがあります。

卵子は新しく作られることがないため、年齢と共に老化・劣化してしまいます。。。

40歳のころには、卵子の元となる細胞が枯渇してしまうので、残りわずかとなった細胞を老化や劣化から守ることが、受精率アップ着床率アップのために必要だと言えます。

ビタミンCは、ビタミンEのサポート成分であり、妊活必須成分の1つと言えます。

ビタミンEは、体内で細胞の老化や劣化の原因となっている活性酸素の除去をする働きがあります。

ビタミンEにより活性酸素を攻撃することで細胞の老化や劣化を予防しますが、ビタミンCを同時に摂取することで、ビタミンEの効果は活性化します。

葉酸サプリを選ぶ時は、ビタミンEとビタミンEのサポート成分であるビタミンCが含まれているものを選びたいですね。

ビタミンEは女性ホルモンの元となる

ビタミンEは、女性ホルモンの1つであるプロゲステロンの元となる成分です。

プロゲステロンは、受精卵が着床しやすいように子宮内膜を厚くする働きがあります。

そのため、ビタミンEは「着床ビタミン」とも言われています。

ビタミンEを摂取することで着床率アップが期待できるため、ビタミンEのサポート成分であるビタミンCを同時に摂取することで、さらに着床率アップが期待できますね。

ビタミンCが含まれていない妊活サプリはコスパが悪い

ビタミンCは、ビタミンEのサポート成分であり、妊活必須成分の1つと言えます。

ビタミンEの妊活効果をより高めるためにもサポート成分であるビタミンCの同時摂取が効果的です。

妊活サプリには、葉酸は必要量含まれているのに、ビタミンEは含まれていないものや、含有量が少ないものが多いのです。。。

妊娠のプロセスには葉酸は重要ですが、ビタミンEも葉酸と同様に重要な成分です。

ビタミンEが含まれてない妊活サプリは、ビタミンEを追加で購入する必要があるためコストアップになります。。。

また、ビタミンCが含まれていない妊活サプリも追加で購入する必要があるためコストアップになります。

ビタミンEは、サポート成分であるビタミンCとの同時摂取が望ましいため、ビタミンE+ビタミンCが同時に摂取できる妊活サプリを選ぶことをおすすめします。

妊活サプリ「マカナ」は、ビタミンEの配合量が栄養機能食品の条件を満たしており、ビタミンCも豊富に含んでおり、コスパが良い妊活サプリです。

 

 

 - 妊活サプリ夫婦の記事 , , , ,