妊活サプリの夫婦

[ 辛口!ベジママサプリの口コミ ]マカ・葉酸を超えた妊活成分ピニトールを検証

ベジママ サプリ 葉酸 口コミ は、ベジママユーザーの口コミから妊活効果を紹介します。ベジママに含まれる妊活成分と妊活効果について紹介します。

 

 

 

[ベジママ葉酸サプリの口コミ]ベジママがおすすめの3つのポイント

妊活サプリってどれを選んでも同じでしょ?何が違うのか分からない!」

ピニトールってどうして妊活に効果があるの?あまり聞かない成分だけで大丈夫かな?」

妊活サプリはたくさんの種類がありますが、妊活に必須の成分を豊富に含むサプリは少なく、他のサプリや漢方との併用となったり、妊活効果が見られないケースが多く見られました。

でもベジママ葉酸サプリは、排卵障害の原因となる多嚢胞性卵巣症候群の改善が期待されるピニトールを日本で初めて配合したサプリであり、多くのユーザーが妊活効果を実感しています。

ベジママがおすすめの理由1:話題の妊活成分「ピニトール」配合

ベジママの最大の特徴は、話題の妊活成分「ピニトール」を豊富に配合していることです。

ピニトールは排卵障害の原因となる「多嚢胞性卵巣症候群」を改善する成分として注目されています。

すでに欧米では多嚢胞性卵巣症候群の治療にピニトールが使用されており認知度が高い成分です。

ピニトールはホルモンバランスを改善する効果が高い成分であり、「質の良い卵子を作る」「排卵をサポート」「受精率のアップ」「着床率のアップ」など、さまざまな妊活効果が期待できます。

ピニトールが豊富に含まれた妊活サプリは、日本国内ではベジママしかありません。

さまざまな妊活サプリや妊活茶を飲んでも効果がなかった方は、ピニトール配合のベジママを試してみませんか

 

 

ベジママがおすすめの理由2:無期限の返金保証だから安心!

ベジママは「まずは試して欲しい!」という思いから、初回に定期コースを申し込んだ方限定で「全額返金保証」をつけています。

定期初回返金保証は、ベジママを試してみたけど万が一合わなかったり、妊活サプリが不要になった(妊娠判定が陽性になったなど)場合などは、定期コースの初回料金を全額返金するサービスです。

「取り敢えず試してみたいけど、もし合わなかったら嫌だな。。。」という方も、全額返金保証があるから安心して申し込むことができますよ。

多くの妊活サプリは返金保証制度はなく、定期コースに申し込むと期限縛りがあり、すぐに解約することができません。

でもベジママは、定期コースの申し込みでも、いつでも好きなときに解約や休止をすることができるので、無理なく継続することができますよ(´∀`)

まずは試してみたいという方は、初回50%OFFのベジママがおすすめです(´∀`)

 

 

ベジママがおすすめの理由3:自社工場製造だからコスパが良い

ベジママは妊活成分の「ピニトール」の原材料となる植物を自社で栽培しているため、徹底した品質管理が可能であり、また原料の仕入れが不要となるため低価格を実現することができました。

多くの妊活サプリを製造している会社は、自社の植物工場をもっておらず、原料を仕入れてサプリを製造しているため余計なコストがかかり、サプリの値段が高くなってしまいます。

でも、ベジママは自社に「植物工場」を持っているため、仕入れの手間やコストを省くことができ、徹底した品質管理と低価格を両立することができました。

妊活効果が高く安い妊活サプリならベジママがおすすめです(´∀`)

 

 

[ベジママ葉酸サプリの口コミ]満足度が高い!ベジママユーザーの喜びの声

 

 

 

ベジママの口コミ1:ピニトール配合のベジママを飲んでから生理の周期が安定した

私は生理の周期がバラバラで、28日周期で来たり40日周期になったりしていて、排卵日の特定が難しかったです。

生理の周期は20代前半くらいまでは規則的で28日周期でしたが、社会人になり仕事が忙しくなってから、次第に不規則になってしまいました。

生理は不規則だけどすぐに妊娠できるだろうと特に不安になることもありませんでしたが、いざタイミングを取ろうと思い排卵検査薬を買ってみても、排卵日の特定が出来ないんです!

「生理は来ているけど無排卵なんてあるの?まだ32歳なのに!」と、すごく焦ったのを覚えています。

周りはすでに1人目の子供がベビーラッシュで、周りの妊娠・出産報告を聞くのが辛かったです。

友人からベジママのことを聞き、ピニトールについても調べてみました。

ベジママを飲み始めて3か月目ですが、手足の末端までポカポカして冷えが改善されつつあると感じます。

また、基礎体温はきれいな2層ではないタイプでしたが、ベジママを飲み始めてからは高温期の基礎体温が高いままキープでき、きれいな2層になってきました!

最近は主人もベジママを一緒に飲み始めたので、早く嬉し報告ができたらな~と期待しています(´∀`)

(32歳 神奈川県)

ベジママで生理周期が安定した理由:ピニトールのホルモンバランス改善効果

ベジママで生理周期が安定した理由として、ピニトールのホルモンバランス改善効果があると思います。

ピニトールは、最近話題の妊活成分で、主に「ホルモンバランスの改善」に効果が期待できる成分です。

女性の体は月経の周期に合わせて女性ホルモンの量を増減させ、卵子を成熟させたり、排卵を促したり子宮内膜を厚くしたりと、妊娠に向けた体作りを行っています。

でも、ストレスや食生活の乱れ、睡眠不足などでホルモンバランスが乱れてしまうと、女性ホルモンの分泌が促進されなくなり、生理不順や排卵障害などに繋がります。

ピニトール配合のベジママなら、ホルモンバランスの改善から、妊娠に向けた体作りが可能になります

ベジママで生理周期が安定した理由:ルイボスのホルモンバランス改善効果

ベジママには「ルイボス」が配合されているため、ホルモンバランスの改善効果が期待できます。

ルイボスは、妊活茶として定番のルイボスティーの原料になる成分で、亜鉛・カリウム・マンガンなどのミネラルを豊富に含んでいます。

ミネラルは性ホルモンの生成に欠かすことのできない成分で、ミネラルが不足すると女性ホルモンの生成がスムーズにできなくなるので、ホルモンの分泌不足から生理周期の乱れや排卵障害に繋がると考えられます。

ミネラルを豊富に含むルイボスを飲むことで、ホルモンバランスが改善し、生理不順排卵障害の改善が期待できます。

 

 

ベジママの口コミ2:無期限返金保証だから安心して始められる

妊活サプリってたくさんの種類があるから、どれを飲んだら良いのか迷うし、妊活に良いと言われる成分もたくさんあって、本当に必要な成分がどれなのか分からなくて迷っていました。

全部試すのもちょっと不安だしお金もかかる。。。

定期だと4回は解約できないサプリや、6回解約できないサプリなどが多く、もし体に合わなくて途中解約したくなったどうするのかな?など色々と考えてしまって、サプリを飲むタイミングが遅くなってしまいました。

ベジママは「無期限返金保証」があるので、もし体に合わなくても返金してもらえるから安心だし、定期の回数縛りや期限縛りがないのも気軽に始められるポイントだと思います。

どの妊活サプリを選べば良いのか分からない人や、最初はコストを抑えたいという方にはベジママがおすすめですよ(´∀`)

(31歳 大阪府)

ベジママがコスパが良い理由1:初回定期コースの申し込みは無期限返金保証あり

ベジママは、初回の定期コースの申し込みで「無期限返金保証」のサービスを受けることができます。

多くの妊活サプリは、初回の定期コース申し込みで割引となりますが、返金保証のサービスはありません。

ベジママは、「効果がなかったら全額返金」と明記しており、妊活効果に対する自信が伺えますね。

効果の高いものを安く買いたい!」が、ベジママなら叶いますね。

いくら安くても妊活効果がなければ飲む意味がありませんが、妊活必須成分を豊富に含むベジママなら、妊活効果が期待できますし、返金サービスありで安心して始めることができますね。

コスパの良い妊活サプリならベジママがおすすめです(´∀`)

ベジママがコスパが良い理由2:自社工場製造だから高品質・低価格で長く続けられる

ベジママは、妊活成分ピニトールの原材料となる「アイスプラント」の製造を自社の工場で行っています。

ベジママを製造しているのは「関西鉄工株式会社」という鉄工会社であり、品質管理に重要な安定した温度・湿度管理、光やCO2・溶液の管理などの技術力が高く、高品質の「アイスプラント」を製造することができます。

アイスプラントという植物には、ピニトール以外にもミネラルを豊富に含んでいることから、高い妊活効果が期待できます。

アイスプラントの製造を自社の工場で行うことで余計な流通コストを下げ、サプリの低料金化を実現しました。

妊活サプリは3~6ヶ月継続することで、内側から体質改善ができるとされており、長期間の継続が望ましいです。

ベジママなら低料金なので、無理なく継続することができるため、妊活効果も得やすいと言えます

 

 

ベジママの口コミ3:ベジママを飲んでから冷え症が改善しました

私は10代の頃からひどい冷え症で、冬は手先の感覚がなくなるほどで、家の中にいても靴下を2~3枚重ねて、ヒートテックを数枚重ねて、ほっかいろもたくさん使っている状態でした。

夜も暖房をかけているのに、手足やお腹が冷たくて眠れないんです。

あまりに冷え症がひどいので、腹巻をしたり・ヨガやジムに通ったり・岩盤浴やサウナなど、さまざまなことを試したけど効果はありませんでした。。。

でも、ベジママを飲んで3ヶ月を過ぎた頃から、体の中からポカポカする感じがして、夜も寒くて眠れない日が少なくなりました。

いつもお腹が冷たかったけど、今はポカポカしていますし、手足の末端もじんわり温かくなってきました。

冷えは妊活の大敵!と聞くので、冷えが改善されたことで結果が出るのでは!?と期待しています。

長年の冷え症が改善されたので、もっと内側から体質改善して、元気な赤ちゃんが産めるように、これからもベジママを続けようと思っています(´∀`)

(35歳 北海道)

ベジママで冷え性が改善した理由:アイスプラントのミネラル成分で全身の血流が改善する

ベジママは、アイスプラントというピニトールやミネラルを豊富に含む植物を原料としています。

アイスプラントは亜鉛・鉄分・マンガンなどのミネラルが豊富に含まれています。

ミネラルは血液の細胞を生成する際に重要となる成分で、全身の血流改善効果が期待されます。

冷え症の主な原因は、女性に多い貧血だと考えられます。

貧血とは、血液中のヘモグロビンや赤血球が不足することで、全身の末端まで血液を送ることができない状態を言います。

ミネラルは全身の細胞の生成や分裂係わり、エネルギーを生成するため、全身の血流が改善し、冷え症も改善すると考えられます。

ベジママには、ミネラルを豊富に含むルイボスが配合されていることで、全身の血流が改善することで冷え症の改善効果が期待できます

ベジママで冷え症が改善した理由:ルイボスのミネラルで全身の血流が改善する

ベジママに含まれるルイボスはミネラルを豊富に含んでいます。

鉄・亜鉛・マンガン・カリウムなどのミネラルは、血液細胞の生成をサポートする成分であり、ミネラルが不足すると血液細胞の生成がスムーズに行えなくなるので、全身の血流が悪化し抹消までしっかりと血液を送ることができません。

冷え症の人は、全身の血流が悪く抹消までしっかりと血液が届いていない状況です。

そのため、ミネラルを補給することで血液細胞の生成をスムーズにし、体の末端までしっかりと血液を届け、冷え症の改善に繋がると考えられます。

冷え症の人は、ミネラルを豊富に含む妊活サプリ「ベジママ」がおすすめです(´∀`)

 

 

ベジママの口コミ4:その他の嬉しい声

その他の嬉しい口コミはこちら


只今妊活中です。ママにとって色々な物を試しましたが、ベジママは
安全安心無農薬の高品質、ピニトール、ルイボス、葉酸のママ成分はもちろん、ビタミンE、ビタミンC、ビタミンB群の配合で、本当に女性におすすめなサプリメントだと思います。ベジママを毎日のむ事により、安心、心のゆとりも出来ているなと日々感じています。妊活中のみなさん、いっしょにがんばりましょう。その他の口コミはこちらから

(今野由加さん 34歳 東京都)

引用元;ベジママ公式HPより

 

これからも頼りにしてます♥

妊活を始めてまだ数ヶ月ですが、妊娠前から葉酸を摂取した方が良いとのことでサプリを探していました。そんな時に出会ったのがベジママです!!葉酸の他にもビタミン類やピニトールも含まれていてベジママだけで妊活に必要な成分が補えるのでとても助かっています、まだ十分な実感を得られていませんが、毎日続けることできっとベジママが私の妊娠のサポートをしてくれると思います!これからも頼りにしていまます♥

(A.Tさん 26歳 千葉県)

引用元;ベジママ公式HPより

 

体イキイキ!寒さも気にならない

ベジママを試して約1ヶ月!最初は口に入れた時の独特な匂いが気になりましたが3日目から気にならなくなりました。最初は本当に体にいいのかな?と半信半疑でした。でも少しずつ体がイキイキしてきて、苦手な寒さも気にならなくなりました!気力UPにもいいとのことですので、これからの効果に期待です!粒タイプで飲みやすいのも続けられるポイントです♥持ち運ぶときは小分けにして持ち歩いています!目指せ温活

(あいちゃんさん 29歳 京都府)

引用元:ベジママ公式HPより

 

もっと早く知りたかったです!

妊活を考えている時にこちらのサプリに出会いました。赤ちゃんのためにも自分の体を整えないといけないという思いで摂取しています。小粒で飲みやすい形状で4粒で良いので続けやすい所も気に入っています。「ピニトール」って初めて聞く成分も興味をひかれました。ママに必要な葉酸も摂取できて、妊娠中も取り入れたい栄養が沢山なので続けていきたいです。成功するまでがんばって続けてみようと思います。ベジママをもっと早く知りたかったです。これからもよろしくお願いします。

(H.Sさん 33歳 群馬県)

引用元:ベジママ公式HPより

 

美容や健康にも

妊活をはじめてもう2年。ベジママの存在は以前から知っていたもののサプリメントが妊活に栄養するのか半信半疑で迷っていたところモニターさせて頂けることになり1ヶ月試してみました。夏でも寒さが気になるくらいで、クーラーがきいている部屋にはいれないほどでしたが、今は体がイキイキしていて、まったく気になりません。たくさんの栄養素が入っているので妊活だけでなく美容健康にも効果が期待できそうです。

(R.Kさん 26歳 秋田県)

引用元:ベジママ公式HPより

 

ママのための体を整える

まだ飲み始めたところなので、体への影響はまだ実感できていません。周りの友だちもこれでうまくいったという声が多いので、あと1ヶ月是非試してみたいです。妊活と言っても、病院でアドバイスをもらう以外は葉酸をのむことくらいでした。葉酸だけでいいの・・・?と思っていた時に、このサプリのモニターを見つけて応募。1日4粒飲んだだけで、ママに必要な体を整えることができる、そう思うだけで安心感がありました。粒もそれほど大きくなく、一度に4粒のんでも苦にはなりません。

(K.Nさん 30代 秋田県)

引用元:ベジママ公式HPより

 

飲んでいるという安心感

もともと体があまり丈夫ではないので、まずは体に良い栄養を与えてあげたいと思い、飲用開始しました。あざやかなグリーンの小粒で飲み易く、ボトルも優しい色合いであたたかみを感じます。現在、飲用3週間ほどでまだ寒さがきになったりいますが、少しずつ緩和してくればいいなと期待している所です。一番大きいのは「飲んでいるという安心感」ですね。不安な気持ちを支えてくれています。これからも続けていきたいです!

(J.Sさん 32歳 北海道)

引用元:ベジママ公式HPより

[ベジママ葉酸サプリの口コミ]辛口の口コミは含有成分に対する不満が多い!

ベジママの辛口の口コミ1:ピニトール含有が不安。。。

ベジママに入っている「ピニトール」という妊活成分。。。聞いたこともない成分なので、かなり不安です。

マカやルイボスを超えた妊活成分と聞いたけど、ピニトールの効果については全くの未知数ですよね。

私は妊活を始めて2年ほどたちます。

色々なサプリを飲んだり、食事改善を合わせて行ってきましたが、効果は得られていません。

ピニトールが妊活に良い!という噂を聞いて、取り敢えず試してみよう!と思い、モニターに申込みました。

1ヶ月ほど飲みましたが、特に変化はありません

飲んでいるうちは、「他の効果のなかった妊活サプリと変わらないんじゃない?ピニトールって本当に効果あるの?」と、半信半疑になってしまいました。。。。

妊活に良いと言われるピニトールですが、私はサプリで摂るのには慎重になった方が良い成分だと思います。

ピニトールは、もともとは「高血糖の治療」に使われる成分とのことなので、本当に不妊症に効果があるのかは、もっとデータが集まってからの方が安心かな?と思います。

結局、モニター期間の1ヶ月がすぎ、継続することは辞めました。。。

(34歳 静岡県)

ピニトールはもともと「血糖値を下げる」目的で飲まれていた

ピニトールは、大豆や豆乳などに含まれる成分ですが、最もピニトールを豊富に含むのは「アイスプラント」という植物です。

ベジママに含まれるピニトールは、アイスプラントから抽出された成分です。

アイスプラントはヨーロッパではメジャーな植物で、もともとは「血糖値を下げる効果」がある成分として、欧米では認知度の高い成分です。

でも、日本ではまだまだ認知度が低いですね。

血糖値と妊活は、一見何も関係がないように感じますが、実はとても関係深いものです。

インスリンと女性ホルモンの関係について

画像引用:糖尿病と女性の体(糖尿病と女性のライフサポートネットワーク)より

 

女性ホルモンは主に、エストロゲンとプロゲステロンの2種類があり、月経の周期に伴い女性ホルモンの量を増減させています。

血糖値をコントロールする「インスリン」は、女性ホルモンによって作用効果に影響を受けます。

つまり、血糖値を下げる(インスリンの効きを良くする=エストロゲンの作用効果)効果があるピニトールは、エストロゲンと似た作用効果を持つ成分と考えられています。

ピニトールを摂取することでホルモンバランス改善の効果が期待できるため、血糖値を正常化したり、女性ホルモンの分泌を調整するなど、2つの効果が期待できるワケですね。

ピニトールが排卵障害に効果的と言われるようになった理由

排卵障害の主な原因は「多嚢胞性卵巣症候群」と言われています。

多嚢胞性卵巣症候群の原因は、①内分泌の異常(ホルモンバランスの異常) ②糖代謝異常 の2つが考えられます。

多嚢胞性卵巣症候群では、卵巣の中に卵胞が沢山でき、ある程度の大きさまで成長をしますが、排卵に至らない状態を言います。

卵胞は2cmほどの大きさまで成熟すると、膜を破って卵子を放出しますが、多嚢胞性卵巣症候群では卵子を放出することができません

そのため、毎月生理があっても無排卵となり、妊娠に至ることはありません。

このような病態は排卵障害と言われ、女性ホルモンの分泌異常が関係していると言えます。

多嚢胞性卵巣症候群の病態では、女性ホルモンの分泌異常が起きているため、インスリンの作用効果にも影響を与えてしまい、インスリンの量が増加し、結果として男性ホルモンが増加すると考えられています。

男性ホルモンが増加すると、卵巣内にも男性ホルモンが増加し、妊娠に至る力は低下していきます。

ピニトールはもともと「血糖値を下げる効果」がある成分であり、血糖値を正常化させることで女性ホルモンのバランスが整い、排卵障害(エストロゲンの作用効果の異常)を改善することが期待されます。

ピニトール配合のベジママならホルモンバランスの改善が期待できますね(´∀`)

 

 

ベジママの辛口の口コミ2:全額返金保証が分かりにくい

私は、妊活を始めて1年ほど経ちます。

今までも、タンポポ茶葉酸サプリ漢方など試してみましたが、どれも効果は今ひとつでした。。。

そんな時に、ベジママを知って「全額返金保証」のキャンペーンがあることを知り申込みました。

ベジママの返金保証は内容が分かりにくい!

返金保証の対象は、「初回の定期コースの申し込みであること」と「初回定期コースの1回目の料金のみ全額返金保証」ということです。

でも、全額返金って言うと、最初の1回だけって思わない人もいますよね。。。

私は分からなかったです!

まずは試してみよう!と思えたのも、全額返金保証のサービスがあったからだし。。。もし返金保証がなければ申し込まなかったかも。。。

最初の1ヶ月ほど試しましたが、私に他の子宮の病気が見つかって手術をすることになってしまったのでサプリの継続ができなくなったので中止の連絡を入れました。

妊活サプリは、1ヶ月くらい飲んでも特別な変化は感じない人も多いと思います。

ベジママの「効果がなければ全額返金保証」という言い方も、1ヶ月くらいでは効果を実感するのが難しいんだから、継続するかどうかは判断できないよね!?と意地悪なことを思ってしまいました。。。

(34歳 東京都)

全額返金保証に当てはまる条件が少なすぎる。。。

ベジママの全額返金保証の対象者は「初回に定期コースに申し込んだ人」「初回の定期コース申し込みのうちの最初の1回分の料金のみ全額返金保証の対象」ということです。

ベジママは、サンプルやお試しの商品がなく、初回は単品での購入が出来ません

つまり、最初から定期コースに申し込むことが前提となります。

ベジママは他の妊活サプリのように、定期コースの期間縛りや、回数縛りがなく、好きな時に解約や休止をすることができます

でも、初回から定期コースでの申し込みは心配という方も多いですよね。。。

初回の定期コース申し込みで、1回目の料金は2,750円(初回50%OFF)、2回目以降は4,680円(15%OFF)となり、全額返金対象となるのは1回目の料金2,750円の部分のみです。

いつでも解約できるので、ベジママを最安値で買うなら公式サイトから「初回定期コースの申し込み」で購入するのが一番お得な買い方です。

ベジママを最安値で買うなら公式サイトからの購入をおすすめします

ベジママの辛口の口コミ3:添加物が不安。。。

妊活サプリを選ぶときは無添加のものが安心かなと思い、ドラッグストアなどの安い妊活サプリは怖くて買えませんでした。

ベジママはネットの口コミなどを見ていると高評価だし、無添加だから安心との書き込みがあり安心して購入しました。

普段は原材料の表示なんて見る習慣はありませんが、妊活サプリに関しては無添加に拘りたかったので原材料を確認しました。

原材料には添加物の表示がありがっかり。。。

これから妊娠や出産に向けて飲むサプリだから100%安全なものを飲みたいのが本音です!

サプリについて色々と調べてみると、添加物が入っていないサプリの方が稀との情報があり、サプリを飲むこと自体が不安になってしまいました。。。

添加物のことは調べれば調べるほど怖い。。。本当に妊活サプリが必要なのかどうか分からなくなってしまいました。

結局その後は産婦人科の不妊相談に行き、漢方などを処方してもらい、タイミング療法でしばらく様子を見ることになりました。

やはり、サプリは体に入るものですし、妊娠や出産など命に係わる大事なことなので、添加物などは事前にしっかりと調べた方が良いと思います。

(31歳 神奈川県)

ベジママに含まれる添加物1:結晶セルロース

ベジママに含まれる添加物は、多くのサプリにも含まれ安全性が確認できているものばかりです。

結晶セルロースという添加物は、主にサプリを固める「賦形剤」の目的で使用されます。

野菜や果物などから栄養分を抽出しパウダー状にすると、今度はサプリとしてパウダーを固めて形を作る必要があります。

その時に結晶セルロースを使用して、パウダーが固まりやすく、サプリの形がしっかりと整うように使われます。

結晶セルロースは、繊維性植物から得られたセルロースを精製したものを言い、食品由来の添加物であることから安全性が高く、医薬品添加物として幅広く使用されています

サプリに含まれる添加物は、必要な添加物と不要な添加物があり、安全性が確認されている「結晶セルロース」は必要な添加物であると言えます。

全ての添加物が危険ということではなく、着色料や香料など、本来なら不要な添加物が混じっているものを避けるようにすれば、心配することはありません。

ベジママは、安全性が確認された添加物のみしか使用していないため、安心して飲むことができますよ(´∀`)

ベジママに含まれる添加物2:ステアリン酸Ca

さまざまな食品やサプリに用いられているステアリン酸Caは、「安定剤」「増粘剤」「固結防止剤」などの目的で使用されています。

欧米では安全性の高い添加物として幅広い食品やサプリに使用されています。

欧米での背景を受け、日本でもステアリン酸Caを安全性の高い食品添加物の1つとして認定しました。

厚生労働省は、平成14年7月の薬事・食品衛生審議会食品衛生分科会での了承事項に従い、①JECFA で国際的に安全性評価が終了し、一定の範囲内で安全性が確認されており、かつ ②米国およびEU諸国等で使用が広く認められていて国際的に必要性が高いと考えられる食品添加物46項目については、企業からの指定要請を待つことなく、指定に向けた検討を開始する方針を示している。(省略)

ステアリン酸Caについて、提出された毒性試験成績などは必ずしも網羅的なものではないが、この脂肪酸塩は体内においてほとんど解毒せず吸収されないと考えられ、反復投与毒性試験等の結果からは、安全性を懸念するような特段の毒性影響は認められていない。(省略)

ステアリン酸Caが添加物として適切に使用される場合、安全性に懸念がないと考えられる。

参考資料:ステアリン酸カルシウムを添加物として定めることに係わる食品健康影響評価に関する審議結果(厚生労働省)

 

多くのサプリに含まれる添加物であるステアリン酸Caについて、厚生省は上記のように「安全性に問題がない」と結論づけている。

ステアリン酸Caは、サプリの原材料を混ぜ合わせる際に性質的に混ざりにくい成分(水と油のような関係性の成分)が、混ざりやすいように乳化する作用があり、サプリの製造工程では必要不可欠な添加物と言えます。

ベジママは、安全性の確認が取れていない添加物の使用は一切なく、安全性が認められ必要性の高い添加物のみを使用しています。

ベジママなら安全性について心配することはなく、安心して飲むことができる妊活サプリです(´∀`)

 

 

 

[ベジママ葉酸サプリの口コミ]ベジママに含まれる成分と妊活効果を検証

 

 

ベジママに含まれる成分1:ピニトール

「ピニトールって何?妊活に効果的って本当?」

「ピニトールって男性の妊活にも効果的なの?夫婦でピニトールサプリを飲んでも大丈夫?」

一般的な妊活サプリにはピニトールは配合されておらず、夫婦で一緒に飲める妊活サプリはほとんどありませんでした。

でも、ピニトールは男性の妊活にも女性の妊活にも効果的であり、夫婦で一緒に飲むことでより妊活効果が期待できます。

ピニトールの妊活効果:多嚢胞性卵巣症候群による排卵障害の改善効果

ピニトールは日本ではあまり馴染みのない成分ですが、欧米では「多嚢胞性卵巣症候群(PCO)の治療」に使用されています。

多嚢胞性卵巣症候群は、排卵障害の原因の多くを占めると言われています。

排卵障害には「卵母細胞の不足」「卵子の成長不足」「卵子の放出能力の不足」などがあり、多くがホルモンバランスの異常から起きると考えられます。

卵子の元となる卵母細胞は、年齢と共に減少し、定期的に生理があっても無排卵の状態というケースも多いのです。

高齢出産のケースでは、卵母細胞の数が少なく排卵ができないことが考えられます。

卵子の成長不足は、女性ホルモンの分泌不足が大きく関係します。

卵子は、卵母細胞が成熟し卵胞を作り、2cmほどになると卵胞の壁を破り卵子が放出されますが、女性ホルモンの分泌が不足すると成熟した卵子が作られないので排卵が出来ません。

多嚢胞卵巣症候群は、卵胞を作り卵子がある程度まで大きくなりますが、卵子を放出することができない状態のことを言います。

ピニトールは、女性ホルモンの分泌を促すことで、卵子の放出をサポートする効果があると考えられており、妊活必須であると評判の成分です。

ベジママはピニトールを豊富に配合し、ホルモンバランスの改善から多嚢胞性卵巣症候群の改善に効果が期待できます

多嚢胞性卵巣症候群は不妊の原因となる

多嚢胞性卵巣症候群は、卵胞が成熟するのに時間がかかってなかなか排卵しない状態のことを言います。

自覚症状は、①月経周期が35日以上と長い ②生理不順 ③にきびが多い ④毛深い ⑤肥満 などがあり、若い女性の排卵障害では多く見られる疾患です。

排卵の仕組みは、月経の周期に合わせて女性ホルモンが増減することで、卵子の元となる細胞(卵母細胞)が成熟し卵胞を作り、卵胞が2cmほどに成熟すると卵胞の殻を破り卵子が放出されます。

正常な排卵では、複数の卵母細胞が成熟し、その中で1つの卵胞が優位となって大きく成長し排卵のタイミングを待ちますが、多嚢胞性卵巣症候群では沢山の卵母細胞がある程度の大きさまで成長するが、排卵のタイミングほどに成熟できる卵胞が育たないため排卵しにくい状態となります。

排卵しにくい状態のため、不妊の原因となりますが、症状が軽度であれば自然妊娠が可能なため、本人も気付かないケースもあります。

多嚢胞性卵巣症候群は年齢と共に排卵障害が進行するため、早い段階での改善が必要となります。

ピニトールは、ホルモンバランスを改善し排卵をサポートする効果が期待できます(´∀`)

ピニトールが多嚢胞卵巣症候群に効果的な理由

多嚢胞性卵巣障害は、「男性ホルモンの増加」が原因であり、妊娠する力が弱まっている状態です。

女性に男性ホルモンが増加する理由は、「インスリン代謝」と関係があります。

女性は、女性ホルモンによりインスリンの分泌量をコントロールし、血糖値の調整をしています。

食生活の乱れ、ストレス、環境因子、寝不足などさまざまな要因で女性ホルモンの分泌量が低下すると、インスリンの分泌量がコントロールできなくなり、血糖値の調整ができなくなります。

女性の体内でインスリンの分泌量が増えると、同時に男性ホルモンであるテストステロンが増加することが分かっています。

女性の体内で男性ホルモンが増加することで、女性ホルモンはさらに減少してしまい、妊娠に向けた体作りができなくなります。

多嚢胞性卵巣症候群の症状として、にきび体毛が濃くなるなどがあり、男性ホルモンが増加していることが分かります。

エピトールは、ホルモンバランスを調整し、女性ホルモンの分泌量を正常に戻すことで男性ホルモンを低下させる効果が期待できます

ピニトールは男性の妊活にも効果的

男性は男性ホルモンであるテストステロンによりインスリンの分泌量がコントロールされています。

食生活の乱れにより糖分や脂質の多い食事を続けることで常に血糖値が高い状態となると、インスリンは常に分泌されていることになります。

インスリンの分泌が必要な状態(糖分や脂質の多い状態)となると、インスリンの分泌量が増えると男性ホルモン(テストステロン)の分泌量が低下することが分かっています。

ピニトールは血糖値を下げる効果があるため、インスリンと似た作用がある成分だと言えます。

ピニトールを摂取することで、インスリンを多く分泌する必要がなくなるため、男性ホルモンの低下を防ぐと考えられます。

男性ホルモン(テストステロン)は質の良い精子を作るホルモンであり、妊活にはとても重要と言えます。

現代人は昔の人に比べて男性ホルモンの量がかなり減少していると言われますが、それは高カロリー・高脂質の食事を摂取する機会が多く、質素な食事と比べるとたくさんのインスリンの分泌が必要となるため、男性ホルモンの減少に繋がっている可能性も考えられます。

ピニトール配合の妊活サプリなら、男性の妊活にも効果が期待できますね(´∀`)

ピニトール配合サプリは夫婦で一緒に飲んだほうが効果的

ピニトールは排卵障害に効果的と言われているため、男性の妊活には不要だと思われがちですが、男性の妊活にも女性の妊活にも必要な成分だと言えます。

女性も男性も、インスリンの分泌にはそれぞれ女性ホルモン・男性ホルモンが関与しており、高カロリー・高脂質の食事を摂ることで多くのインスリンが必要となるため、女性ホルモン・男性ホルモンの減少につながります。

ピニトールは血糖値を下げる効果があるため、インスリンを多量に分泌する必要がなくなるため、女性ホルモン・男性ホルモンの減少を抑えることが期待できます。

ピニトールは男性の妊活、女性の妊活の両方に効果が期待できるため、ピニトール高配合の「ベジママ」は夫婦の妊活におすすめです(´∀`)

 

 

ベジママに含まれる成分2:葉酸

「葉酸っていつから飲めば良いの?妊娠中だけではダメなの?」

「葉酸って妊活に必要なの?どんな効果があるのか分からない。」

葉酸は、妊娠前から妊娠中に必要な栄養素ですが、葉酸サプリはその他の妊活必須成分がほとんど含まれていないため、妊娠を希望する方が葉酸サプリを飲んでも妊活効果を期待することはできませんでした。

でも妊活サプリは、1日分の葉酸を配合しているのはもちろん、その他の妊活必須成分を含んでいるため、妊娠を希望する方が妊活葉酸サプリを飲むことで妊活効果を得る事ができます。

葉酸の妊活効果:ホルモンバランスの改善により生理不順を改善

葉酸はビタミンB群の一種で、ホルモンバランスを整える作用があります。

葉酸は、女性ホルモンの生成をサポートする役割があるため、葉酸が不足すると女性ホルモンの分泌量が低下してしまい、妊娠する力が弱くなります。

生理は2つの女性ホルモンが増減する事で起きます。

女性ホルモンのエストロゲンプロゲステロンは、生理の周期により、エストロゲンの分泌量が多い時期にはプロゲステロンの分泌量は少なくなり、プロゲステロンの分泌量が多いときはエストロゲンの分泌量が低下したりと、ホルモンのバランスによって分泌量が調整されています。

月経は女性ホルモンと関連しているため、ホルモンバランスが乱れると生理不順になります。

生理不順の状態は、卵子が正常に成長せずに排卵ができない状態でもあるため、生理不順を改善することは妊活をする上で重要です。

葉酸を摂取する事で女性ホルモンの生成をサポートし、生理不順を改善する事で妊活効果が期待できます。

妊活中は、葉酸だけでなく妊活必須成分を含む妊活サプリを摂る事で妊活効果が期待できます

葉酸の妊活効果:ホルモンバランスの改善により基礎体温が2層になる

女性は月経の周期により女性ホルモンが増減しており、排卵日を中心に、排卵日より前はエストロゲンの分泌量が促進され、排卵後はプロゲステロンの分泌が促進される。

エストロゲンは、卵子の元となる細胞を成熟させ卵胞を作り、排卵日には成熟した卵子を放出させます。

排卵後はエストロゲンの作用は弱まり、プロゲステロンの分泌が促進されます。

プロゲステロンは、妊娠に向けた子宮環境を整える作用があり、子宮壁を厚くして着床の準備をする作用があります。

排卵日前は基礎体温は低く、排卵日を堺に高温期となり、規則正しい月経のある人は基礎体温がきれいな2層となっています。

でも、ホルモンバランスが乱れており生理不順のある人は、基礎体温が2層になっておらず、高温期がなかったり短かったりします。

排卵後に分泌が促進されるプロゲステロンは高温期を維持する働きがあり、ホルモンバランスが整っていれば高温期を維持する事ができます。

排卵が起きると高温期を維持するプロゲステロンの分泌が促進されるため、基礎体温が2層になっていない場合は、無排卵のケースが考えられます。

葉酸は、女性ホルモンの生成をサポートする成分であり、葉酸が不足するとホルモンバランスが乱れ生理不順となったり、基礎体温が異常になったりします。

妊娠を希望している時は、妊娠前から葉酸を積極的に摂取してホルモンバランスを整えておきたいですね。

ベジママ葉酸サプリは、1日分の葉酸が摂取できるのはもちろん、妊活必須の成分が豊富に含まれているため妊活効果が期待できます(´∀`)

 

 

ベジママに含まれる成分3:ビタミンE

「ビタミンEってどんな効果があるの?妊活と関係があるの?」

「ビタミンEって抗酸化作用があるって聞くけど、妊活に必要な成分なの?」

一般的な妊活サプリはビタミンEの配合量が少なく、妊活効果を期待する事ができませんでした。

でも、ベジママはビタミンEが高配合だから高い妊活効果が期待できます。

ビタミンEの妊活効果:質の良い卵子をサポート

ビタミンEは「抗酸化作用がある」ビタミンというイメージを持っている方が多く、美容のためにビタミンEサプリを飲んでいる人も多いですよね。

ビタミンEは高い抗酸化作用があり、アンチエイジングに効果的です。

高齢出産で心配される事は卵子の元となる細胞の老化や劣化ですよね。

女性は胎児の頃から卵巣の中には卵子の元となる細胞を蓄えていて、出生時をプークにその後は減って行き、新しく作られる事はありません

そのため、高齢になるほどに卵子の元となる細胞は古くなっているため、老化や劣化しやすくなります。

細胞の老化や劣化の原因となるのは、ストレスや食生活の乱れ・睡眠不足などにより体内に活性酵素が貯まる事です。

活性酵素は日々生まれるので、何もしなければ老化のスピードを緩める事はできません。

ビタミンEは高い抗酸化作用で、卵子の元となる細胞が活性酵素により劣化や老化するのを防ぐ事ができます。

ビタミンEを摂取する事で卵子の元となる細胞の老化や劣化のスピードが緩まるため、質の良い卵子を生成することができます。

質の良い卵子は、受精能力が高く、着床率を上げることができます。

卵子の元となる細胞を活性酵素から守る事で質の良い卵子を作る事が期待されるわけですね。

高齢出産の方は積極的にビタミンEを摂取したいですね。

妊活サプリのベジママは、ビタミンEが豊富に含まれるため、高い妊活効果を期待する事ができますよ(´∀`)

 

 

ベジママに含まれる成分4:ビタミンB12

ビタミンB12は、あまり聞きなれない成分ですよね。

でも、妊活ではビタミンB12はとても重要な成分の1つで、妊活必須成分と言えます。

ビタミンB12の妊活効果:ビタミンEの吸収率をアップする

ビタミンB12は、ビタミンEを同時に摂取する事で、ビタミンEの吸収率をアップすることができます。

ビタミンB12は、ビタミンEのサポート成分の1つということですね。

ビタミンEは高い抗酸化作用で卵子の元となる細胞を老化や劣化から守る役割があるので、ビタミンB12と一緒に摂ることでよりビタミンEの作用が強くなります。

妊活サプリを選ぶ時は、ビタミンEとビタミンB12が同時に接種できるサプリを選びたいですね(´∀`)

ビタミンB12の妊活効果:ビタミンB12の造血効果で卵巣や子宮の血流を改善

ビタミンB12は、血液の中にあるヘモグロビンの生成をサポートする役割があります。

ヘモグロビンは肺にある酸素を血管内に取り込む働きがあり、ビタミンB12が不足するとヘモグロビンの生成がスムーズにできなくなるため、血液の成分が不足し血流が滞ったり、全身の細胞に酸素を届けることができません。

ビタミンB12が不足することで造血作用を得ることができないため、子宮や卵巣の機能が低下したり、全身の細胞に酸素を送ることができないため細胞の生成に悪影響が出たりします。

妊活には子宮や卵巣の機能が活性化していることが望ましいため、ビタミンB12は妊活必須成分の1つと言えますね(´∀`)

 

 

ベジママに含まれる成分5:ビタミンC

ビタミンCは美白やシミ・シワなど美容効果の高い成分として有名ですね。

でも、ビタミンCは妊活においても必須の成分の1つです。

ビタミンCは高い抗酸化作用があり、体内の細胞の老化や劣化を防ぐ役割があります。

高齢出産の方や、なかなか授からない方が増えていることもあり、体内の細胞の老化や劣化は避けて通れない問題です。

ビタミンCの妊活効果:抗酸化作用により質の高い卵子をサポート

人間の体にはさまざまな細胞があり、日々新しい細胞が作られています。

卵子も細胞の1つであり、卵子の元となる卵母細胞から作られます。

高齢出産の割合は年々増え、不妊治療を受ける方の割合も年々増えています。

見た目年齢は若くても、体内の老化や劣化は避けては通れず、卵子の元となる細胞も日々老化しています。

卵子の元となる細胞が老化や劣化していると、質の良い卵子を作ることができませんから、排卵障害が起きたり、排卵しても受精率や着床率が低く、なかなか妊娠に至りません。

妊活では、卵子の元となる細胞を老化や劣化から守るのが重要です。

ビタミンCは高い抗酸化作用があり、体内の細胞を活性酵素から守り、細胞の老化や劣化のスピードを緩めることができます。

卵子の元となる細胞は、新しく作られることがないので、細胞の老化や劣化から守り、質の高い卵子が作れるようにサポートする必要があります。

妊活サプリを選ぶ時は、抗酸化作用の高いビタミンCとビタミンEが高配合のものを選びたいですね(´∀`)

ビタミンCの妊活効果:ビタミEの吸収率をアップする

ビタミンCはビタミンEと同時に摂取することで相乗効果を得ることができます。

ビタミンCとビタミンEを同時に摂取すると、ビタミンEの吸収率がアップします。

ビタミンCはビタミンEのサポート成分の1つです。

ビタミンCもビタミンEも強い抗酸化作用を持つ成分です。

ビタミンCやビタミンEの高い抗酸化作用で、卵子の元となる細胞を老化や劣化から守り、卵子の元となる細胞を老化や劣化から守ることで、質の高い卵子を作ることが可能です。

体内の細胞は、日々のストレスや睡眠不足・食生活の乱れなどにより活性酵素が発生し、細胞はダメージを受け続けています

ビタミンCは高い抗酸化作用で、活性酵素から細胞の老化や劣化を防ぐ役割があります。

妊活サプリを選ぶ時は、ビタミンCとビタミンEが同時に摂取できるものを選びたいですね(´∀`)

 

 

ベジママに含まれる成分6:ルイボス

ルイボスはルイボスティーの原料となるもので、ミネラルを豊富に含んでいます。

女性の冷え症の原因の多くが貧血からくる血流不足と言えます。

女性は毎月の生理により男性よりも貧血になりやすいのです。

そのため、意識的に鉄分などのミネラルを摂取して貧血の改善や予防に努めたいですね。

ルイボスの妊活効果:冷え症の改善に効果的

ルイボスは鉄分や亜鉛・マグネシウムなどのミネラルを豊富に含んでいます。

鉄分は血液中のヘモグロビンを生成する栄養素であり、鉄分が不足するとヘモグロビンの生成がスムーズにできません

ヘモグロビンは、肺の酸素を血管内に取り込む作用があり、全身の隅々まで酸素を含んだ血液を送る役割があります。

冷え症の人は手足の末端が冷たい方が多く、全身の隅々まで血液が巡回していません。

卵巣や子宮にも沢山の酸素を含んだ血液をしっかりと届けることで卵巣や子宮の働きは活発になり、妊娠に向けての体作りが可能になります。

貧血の人は冷え症の方が多く、冷え症の人は隠れた貧血の人が多く、不妊症の人の多くが鉄分不足であることが分かっています。

女性は冷え症の人の割合が高く、それ以外には自覚症状がないためあまり気にしない方も多いのですが、冷え症の原因の多くは貧血であることや、不妊症の人の多くが貧血であるため、ミネラルを意識的に摂ることで妊活効果を高めたいですね。

妊活サプリを選ぶときは、ミネラルが豊富に含まれるものを選びたいですね(´∀`)

 

[ベジママ葉酸サプリの口コミ]ベジママを最安値で買う方法

 

 

 

 

ベジママを最安値で買う方法:公式サイトからの購入がお得

ベジママはAmazonや楽天の通販で買うと損!

項目ベジママ公式Amazon楽天ショップ
通常価格5,500円4,500円取り扱いなし
定期便コース初回料金

(割引率)

2,750円(50%OFF)なしなし
定期便コース2回目以降

(割引率)

4,680円(15%OFF)なしなし

 

 

 

ベジママはネット通販限定の商品で、ベジママ公式サイトまたはAmazonで購入が可能ですが、楽天

市場での取り扱いはありません

Amazonでは4,500円で購入できますが、ベジママ公式サイト以外からの注文では、定期コース申し込み割引の対象外なので、Amazonでの購入は損です。

また、ベジママ公式ショップ以外からの購入では、全額返金保証の対象外となるので注意が必要です。

ベジママは薬局などの店舗や販売店での扱いはない

ベジママは通販のみの取り扱いであり、ドラッグストアやドンキ・コストコなどでの取り扱いはありません。

購入は、ベジママ公式サイトからがお得です。

ベジママは定期コース申し込みで初回50%Off

ベジママは初回の定期コース申し込みで50%OFFで購入できます。

ベジママユーザーの81%が定期コースを申し込んでいます。

ベジママの初回定期コース申し込みの50%割引は、ベジママ公式サイトからの申し込みのみ対象となるので、Amazonでの購入は損です!

ベジママを最安値で買う方法は、ベジママ公式サイトから購入することです(´∀`)

ベジママの解約や退会について

ベジママの定期解約理由は治療による中断などが多い

ベジママの定期解約理由では、不妊症クリニックなどでの治療に伴う解約が多いです。

妊娠により解約する方もいます。

不妊症クリニックなどで治療を行う場合は、妊活サプリとの併用は不要となるため(医師によっては併用を許可する場合もあり)、クリニックに通院する方は定期解約をすることが多いです。

ベジママは返金保証があるから安心

ベジママは「初回の定期コース申し込み」の方を対象に、「初回定期コースの1回目の料金を全額返金保証」としています。

定期コースの1回目の料金のみの全額保証となり、返金期限は無期限100%保証です。

「効果がなければ100%返金」とHPでも明記されているため、まずは実際に飲んでみて効果を確かめることをおすすめします。

返金保証があるなら、気軽に試すことができますね(´∀`)

ベジママは休止・解約・退会がいつでもできるから安心

多くの妊活サプリは定期コースでの購入で割引となりますが、定期コース期間や定期コース回数に制限があり、休止や解約が面倒臭いです。

ベジママは、定期コースの休止・解約・退会はいつでも好きな時にできるので、気軽に定期コースに申し込んで効果を確認することができます!

 

 

[ベジママ葉酸サプリの口コミ]妊活成分を含むため妊娠中は飲まない!

ベジママを妊娠中・授乳中に飲まない理由1:妊活成分ピニトールを含んでいるから

ベジママの最大の特徴はピニトールを含有していることです。

ピニトールは、多嚢胞性卵巣症候群の改善に有効な成分であり、この疾患の特徴である男性ホルモンの上昇を抑える作用があります。

本来、女性は女性ホルモンの増減により妊娠に向けた体作りをしていますが、血糖値を下げるインスリンの放出をコントロールするのは女性ホルモンの役割です。

何かの原因でホルモンバランスが乱れていると、インスリンの分泌量をコントロールできないため、血中にインスリンが増えてしまいます。

インスリンが増加すると男性ホルモンも増加することが分かっており、多嚢胞性卵巣症候群の女性は、男性ホルモンが増えることで、にきびができる・ヒゲが生えるなどの症状が見られます。

女性ホルモンのバランスは、排卵や受精・着床にまで係わり、流産率の低下にも繋がる重要なポイントです。

妊娠中は女性の体内に男性ホルモンが増加していることはないので、ピニトールを飲んでも効果が見られなくなります

ベジママは妊活女性に効果的なサプリであり、妊娠中や産後はピニトールの必要性は低くなるため、妊娠が分かったら、葉酸を中心に妊娠に適した栄養素を含むサプリを選びましょう

 

 

ベジママを妊娠中・授乳中に飲まない理由2:妊活必須成分を豊富に含んでいるから

妊活中と妊娠中・授乳中では、必要になる栄養素は異なります

妊活中は、ホルモンバランスを整えて女性ホルモンを活性化する栄養素が最も重要です。

それは、女性ホルモンの活性化により健康な卵子を作ることが可能であり、健康な卵子は受精率・着床率のアップにつながり、流産率の低下も期待できます。

妊活必須成分は主に、質の高い卵子を育てること、受精力を高めること、着床率を高める効果が期待できる成分を配合しています。

でも、妊娠中・授乳中には妊活効果を実感する必要がないため、妊活サプリは妊娠中や授乳中の人には不要となります。

妊娠が分かったら、主に葉酸がしっかりと取れるサプリを選びましょう(´∀`)

妊活希望の方は、妊活成分を豊富に含むベジママがおすすめですよ

 

 

ベジママを妊娠中・授乳中に飲むときは主治医に相談しよう

ベジママの安全性1:妊娠中・授乳中は普段より敏感で副作用などがでやすい

ベジママは添加物を含みますが、安全性が確認されたものだけを使用しており、危険性の高い添加物は使用していません。

でも、妊娠中のサプリ服用は主治医に相談することをおすすめします。

それは、妊娠中は体質が大きく変わる方もおり、普段なら問題のないことが大きなトラブルに繋がることもあります。

ベジママは多くの野菜や果物を原材料としており、妊娠中や授乳中の体質変化によって、普段なら問題のない食品でアレルギーが起きたり、胃腸障害や肌トラブルなどが起きることもあります。

ベジママは、香料・保存料・着色料は無添加で安全が高いサプリですが、妊娠中・授乳中は主治医に相談をすることをおすすめします。

ベジママの安全性2:クロミッド服用中の人は主治医に相談しよう

クロミッドは不妊症クリニックなどで最初に選択されることの多い排卵誘発剤です。

クロミッドは他の排卵誘発剤に比べると作用が緩やかなため、副作用が少ないメリットがあります。

クロミッドは、排卵障害のある人に対して処方される医薬品で、排卵を促す作用があります。

排卵と関係の深い女性ホルモンであるエストロゲンは、分泌量が少ないことを脳が認識すると分泌されますが、クロミッドは「抗エストロゲン作用」によりエストロゲンが少ないと脳に誤認識させることにより、エストロゲンの分泌を促します

クロミッドを内服すると、エストロゲンの分泌が促進されるため、卵子の元となる細胞が成熟をはじめ、排卵を促すことができます。

ベジママに含まれるピニトールは、ホルモンバランスを改善する作用があるため、エストロゲンの分泌が不足している方が服用することで分泌を促すと考えられます。

クロミッドによりエストロゲンの分泌が促進されている所に、さらにエストロゲンの分泌を促進させる効果のあるピニトールを内服すると危険性もあります。

エストロゲンの分泌量が多くなりすぎると、沢山の卵胞が育ってしまい、多胎妊娠などに繋がることがあります。

クロミッド内服中の人は、妊活サプリを併用する時は、主治医に相談すると安全ですね(´∀`)

ベジママの安全性3:妊娠糖尿病の人は主治医に相談しよう

ベジママに含まれるピニトールは「血糖値を下げる作用」があり、もともとは高血糖の人の治療に利用されていました。

食後は高血糖となりますが、女性は女性ホルモンによりインスリン分泌が促され血糖値を正常値に戻します。

インスリンの分泌と女性ホルモンは深い関係にあり、高カロリーな食事や不規則な食事など食生活の乱れにより、沢山のインスリン分泌が必要になるため、女性ホルモンの機能が低下してしまいホルモンバランスが乱れます。

妊娠糖尿病は、生活習慣病からなる2型糖尿病とは異なり、妊娠中に起こる糖尿病です。

妊娠中は、妊娠を維持するために非妊娠時とはホルモンバランスが異なります。

妊娠中はホルモンバランスの変化により、インスリンの効きが非妊娠時よりも弱くなるため、血糖値が下がりにくい状態となります。

そのため、妊娠により糖尿病が引き起こされることがあります。

ベジママに含まれるピニトールはインスリンの分泌を促進する作用がありますが、ホルモンバランスを整える作用もあるため妊娠中は注意して飲みたい成分でもあります。

妊娠中の血糖コントロールは胎児にとっても母体にとっても重要で、早産や流産・死産などの危険があるため、周産期医療センターが併設された総合病院での診察が望ましいです。

妊娠中の血糖コントロールをサプリに頼るのは危険なので、主治医にしっかりと相談することをおすすめします。

ベジママの副作用と効果1:肌荒れの原因となるもの

ベジママに含まれるピニトールが「にきび」や「肌荒れ」に効果があるとの情報があります。

それは、ピニトールが「多嚢胞卵巣症候群」に効果的であるため、多嚢胞性卵巣症候群の症状である「にきび」や「肌荒れ」に効果があると言われているのです。

ピニトールは、肌荒れやにきびに効果があるという訳ではなく、男性ホルモンの分泌量が増える「多嚢胞性卵巣症候群」の症状である「にきび」や「肌荒れ」に効果があると言うことです。

多嚢胞性卵巣症候群の人は、ホルモンバランスが乱れ男性ホルモンの分泌量が増加することで、排卵障害が起きている状態です。

男性ホルモンの増加により、にきびや肌荒れが置きやすくなったり、毛深くなるなど体の男性化の症状が見られます。

ベジママに含まれるピニトールは、ホルモンバランス改善効果が期待できるため、妊活必須の成分の1つです(´∀`)

ベジママの副作用と効果2:吐き気の原因となるもの

妊活サプリを過剰摂取することで吐き気などの副作用が起きることがあります。

妊活サプリは、妊活必須成分をバランス良く配合しているため、1日の推奨摂取量を超えないように含有量を定めています。

でも、沢山飲んだほうが早く妊活効果が現れるのでは?と思い、短期間で沢山の妊活サプリを飲むことで過剰摂取となり、吐き気などの副作用が起きることがあります。

ベジママの原材料

ピニトール、還元麦芽糖水飴、ルイボス茶抽出物(デキストリン+ルイボス茶エキス)、アイスプラント末、デキストリン、ビタミンE含有植物油、マンガン含有酵母、結晶セルロース、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB6、ステアリン酸Ca、ビタミンB2、パントテン酸Ca、葉酸、ビタミンB12

引用元:ベジママ公式サイトより

葉酸過敏症について

原材料表示は、含有量の多い順番に左上から書くことが決められています(食品衛生法)。

ベジママの原材料表を見ると、ピニトールの含有量が最も多いことになります。

ベジママの原材料の多くがビタミン類であり、過剰摂取による副作用の心配は低いものが多いです。

ビタミン類の多くが水溶性であり、過剰摂取しても体外に排出されてしまうため問題はほぼありません。

でも、ビタミンB群の葉酸は過剰摂取を続けることで「葉酸過敏症」を起こす危険性があり、症状として吐き気・発熱・かゆみ・呼吸困難・発疹などが現れることがあります。

厚生労働省では、葉酸の1日摂取量を1,000μg以下と定めとり、1,000μg以上の葉酸を撮り続けることで葉酸過敏症を起こすことが稀にあります。

ベジママに含まれる葉酸は400μgであり、食品から摂取される葉酸量を加えても1,000μg以下に抑えられるため、副作用を心配する必要はありません

ベジママは添加物はほぼ含まれていない

サプリには「必要な添加物」と「不要な添加物」があり、ベジママにはサプリの製造上で必要な添加物のみ使用されています。

ベジママに含まれる添加物は、ステアリン酸Caパントテン酸Caの2つであり、サプリを錠剤として形作るための賦形剤・乳化剤として使われています。

ステアリン酸Caとパントテン酸Caはどちらも安全性が高く、幅広い食品に利用されている添加物で、副作用の危険性はほぼありません

でも、サプリを過剰摂取することで、これらの添加物も過剰に摂取されることになるため注意が必要です(´∀`)

ドラッグストアなどで購入できる激安の葉酸サプリは、化学添加物が多量に含まれているものが多いので、妊娠を希望する方はベジママのように安全性の高い妊活サプリを選ぶことをおすすめします

ベジママの副作用と効果3:便秘や下痢の原因となるもの

サプリは食品の扱いであり、医薬品のような副作用の心配のないものが大半です。

でも、便秘下痢などの胃腸障害が稀に起きることがあります。

サプリの副作用の原因のほとんどが過剰摂取による胃腸障害などです。

妊活サプリにはさまざな栄養素が含まれ、それぞれの栄養素がバランス良く配合されています。

でも、早く効果を実感したいからと短期間で沢山の量を摂ってしまうと過剰摂取となり、便秘や下痢などの胃腸障害を起こす危険性があります。

ベジママは、香料・着色料・保存料が無添加であり、安全性の高い妊活サプリであり、副作用の心配はとても低いです。

でも、さまざまな栄養素が含まれているため、過剰摂取することで副作用を起こす危険性があるので、1日の用量を守って飲みましょう(´∀`)

ベジママとマカは併用の必要がない!

ベジママはピニトール配合だからマカは不要

妊活必須成分と言われるマカは主にホルモンバランスの改善の目的で飲まれます。

マカは、男性に必須の栄養素を多く含むと思われがちですが、女性の妊活にも必要な栄養素が豊富に含まれます。

マカは、「妊活の王様」と呼ばれるほど、妊活必須の栄養素をバランス良く含んでいます。

男性の妊活にも女性の妊活にも必要な栄養素は、亜鉛や鉄分などのミネラルアミノ酸などです。

ミネラルやアミノ酸は、性ホルモンの生成をサポートする働きがあり、ホルモンバランスの調整に役立ちます。

男性の妊活でもホルモンバランスを改善することは重要で、マカを摂取することで男性ホルモンの分泌を促し、質の良い精子を作ったり、精子の量や運動率を改善することが期待されます。

女性の妊活でもホルモンバランスの改善により、女性ホルモンの分泌が促進され、質の高い卵子を作ったり、受精率アップ、着床率アップなどに繋がる事が期待されます。

また、ピニトールにもマカと同じくホルモンバランスを改善する効果があり、どちらも似た作用を持つため、マカとピニトールを併用する必要はありません

ベジママは、ピニトールの原料であるアイスプラントの粉末を配合しており、アイスプラントには鉄分や亜鉛などのミネラルアミノ酸など妊活に必須の成分が豊富に含まれています。

ベジママは妊活必須の成分が豊富に含まれているため、他のサプリを併用する必要はありません

ベジママの服用だけで妊活に必要な栄養素は全て摂取できるので手軽ですね(´∀`)

 

 

[ベジママ葉酸サプリの口コミ]妊娠希望の3か月前から飲みたい3つの理由

 

 

妊活サプリは妊娠3か月前から飲む理由1:先天性異常(神経管閉鎖障害)の予防

 

妊活サプリはいつから飲むのが効果的かというと、先天性異常の予防と言う意味では妊娠希望の3か月前から飲みたいところです。

なぜ、妊娠希望の3か月前から妊活サプリ(葉酸)を飲む必要があるのかと言うと、質の高い卵子が作られる体質に改善するまでに3か月が必要だからです。

女性は、胎児の段階で卵巣内に卵子の元となる細胞を蓄えており、月経が始まると毎月、女性ホルモンの影響を受けて卵胞を形成し卵子を放出させます。

卵子の元となる細胞は、3か月(生理3周期)かけて、成熟・成長しながら卵胞を形成します。

そのため、質の高い卵子を作る体質を整えるためには、生理3周期が必要であり、妊娠希望の3か月前から妊活サプリを飲むのが望ましいと言えます。

先天性異常(神経管閉鎖障害)の出現率は、葉酸の摂取により減少する事が分かっており、厚生労働省では、妊娠を希望する人は積極的に葉酸を摂取する事を推奨しています。

葉酸は細胞が分裂する際に必要となる栄養素であり、受精卵が細胞分裂する際に葉酸が大量に必要となります。

卵子の元となる細胞は細胞分裂しながら成熟した卵子に成長し、受精卵は減数分裂しながら着床を目指します。

受精卵の分裂には葉酸が必須であり、葉酸が不足する事で細胞分裂がうまくできずに、赤ちゃんの神経脊椎の形成段階でエラーが生じる可能性が高くなります。

赤ちゃんの神経や脊椎は、妊娠超初期(妊娠4~5週ころ)の段階に作られるため、ママもまだ妊娠に気づいていません。

神経管閉鎖障害は、妊娠前からの葉酸サプリ摂取により60~70%の確率で予防が可能とのデータがあるように、先天性異常である神経管閉鎖障害を予防するためには葉酸が必要と言う事です。

ベジママは葉酸400μgを含有しており、食事からの葉酸摂取と合わせても過剰摂取の心配はありません

妊娠希望の3か月前から妊活(葉酸)サプリを摂取して、胎児の先天性異常を予防しましょう(´∀`)

妊活サプリは妊娠3か月前から飲む理由2:ダウン症の予防

妊娠を希望する人に葉酸摂取が推奨される理由は「神経管閉鎖障害の予防」であり、厚生省からの発表では「ダウン症の予防」には言及されていません。

神経管閉鎖障害児出産経験と21-トリソミー児(ダウン症候群)出産経験

ダウン症児を出産した母は異常葉酸代謝の可能性あ高い事を指摘する論文があるため、以下の検討がなされた。神経管閉鎖障害児出産経験のある母親493名(イスラエル)の当該妊娠以外の妊娠1492回でのダウン症児出産頻度について検討したが、期待値は1.9であるところ、実際には11回のダウン症妊娠があった。すなわち、神経管閉鎖障害児出産経験のある母親はそうではない母親に比して5.8倍ダウン症児妊娠の危険が高い可能性を示した。 (一部省略)

この研究は、まだ証明されていないが、葉酸服用はダウン症児妊娠の危険を低減化する可能性を示している。

(引用元:北海道大学大学院医学研究科産科生殖医学分野より)

上記の論文から、神経管閉鎖障害児出産の経験のある母親は、ダウン症児を出産する危険性が高い事が分かりますね。

ダウン症の原因は、①精子・卵子の異常 ②受精卵の異常 ③遺伝 の3つがあり、③は遺伝性のダウン症ですが、全体の5%程度未満で稀であり、ほとんどのダウン症は偶然起きると考えられています。

卵子・精子は細胞分裂をしながら成長をしますが、この時に正常な細胞分裂がされないことがあります。

このような異常な卵子や精子は受精能力が低く、受精から着床に至ることはほとんどありませんが、中には受精から着床に至るものもあります。

また、受精卵は受精後、減数分裂をしながら子宮に向かいますが、この時に減数分裂がうまくできずにエラーが起きることで、染色体の数が1本多いダウン症となります。

精子・卵子、受精卵はいずれも細胞分裂をしながら成長し、細胞分裂の際には葉酸が必須の栄養素であるため、妊娠前からの葉酸摂取によりダウン症の発症リスクを低下させる可能性があると考えられています。

ベジママは葉酸400μgを含有し、食事から摂れる葉酸を合わせても過剰摂取にならない量となっているため安心です。

妊娠希望の3か月前から積極的に葉酸サプリを摂取し、先天性異常の予防に努めたいですね(´∀`)

 

 

ベジママの効果的な飲み方について

ベジママは食後に飲むのが効果的

ベジママは「栄養補助食品」であり、食品の扱いであるため、いつ飲んでも構いません。

サプリは、医薬品などとは違い、服用の時間の規定はありません

でも、より妊活効果を高めるためには、栄養成分の吸収率がアップする飲み方をしたいですね。

ベジママの栄養素の多くはビタミン類です。

ビタミン類は必要量以上に摂取すると体外に排出されてしまうため、1日に数回に分けて摂取した方がより吸収率が高くなります。

ベジママは1日4錠服用するので、できれば4回に分けて飲むのが一番吸収率が高い飲み方と言えます。

でも、1日に4回も飲むのは忘れてしまったり、負担になるようなら、朝晩の2回に分けて2錠ずつ飲んだり、忘れない時間に飲むように習慣にすると良いですね。

サプリは食事と一緒に摂取した方が飲み忘れを防ぐことができますし、負担が少ないですよね。

栄養素の吸収率を高めるためには、食後よりも食前の方がより効果的です。

食事をすると胃腸が消化吸収のために活発に働き始めますが、食事を開始して10分ほどで胃は食物の攪拌を始めます。

食後にサプリを飲むと食事に混じってしまって消化吸収に時間がかかりますが、食前であれば胃が食物の攪拌をする前なので、効率よく消化吸収がされます。

サプリは、規則正しく飲むことも大事ですが、継続してコツコツ飲むことで効果を実感することができるので、飲むタイミングでストレスを溜めるよりも、飲みやすい時間に毎日コツコツと継続することをおすすめします(´∀`)

妊活サプリは1日の摂取量を守って飲もう!

サプリは医薬品とは違い効果が緩やかな分、副作用も少ないですよね。

でも、1日の摂取量を守らずに短期間で沢山の量を飲んでしまったり、自己判断で飲んでしまうと、副作用が起きることがあります。

サプリの副作用では過剰摂取によるものが大半です。

妊活サプリは、コツコツと継続して飲むことが重要です。

一度に沢山の量の妊活サプリを飲んでも効果が高まることはなく、逆に過剰摂取の危険があるため絶対に辞めましょう!

妊活サプリには葉酸が含まれているため、過剰摂取により「葉酸過敏症」となる可能性がありますし、葉酸の過剰摂取により「赤ちゃんが喘息となる」確率が25%もアップすると言われています。

こらの副作用は過剰摂取を避けることで防ぐことができるので、1日の摂取量を守って飲みましょう(´∀`)

ベジママは葉酸400μg配合であり、食事からの葉酸摂取を合わせても葉酸1日推奨料の1,000μgを超えることはないので安心して飲むことができますよ

 

 - , , ,