妊活サプリの夫婦

[高齢妊活サプリ]40代の卵子の老化を防ぐ方法

[高齢妊活サプリ]40代の高齢出産に妊活サプリがおすすめな理由

 

 高齢妊活サプリがおすすめの3つの理由

高齢妊活サプリは、35歳~40代の受精率・妊娠率が低下する年齢の妊活に効果的なサプリです。「受精率・妊娠率の低下」「流産率の上昇」「胎児の先天性異常の増加」などの、高齢出産に多いトラブルに効果的な妊活サプリを紹介します。

 

 

高齢出産に妊活サプリがおすすめな理由1:ダウン症などの先天性異常の予防

高齢妊活サプリがおすすめな理由には「ダウン症などの先天性異常の予防」があります。

ダウン症などの先天性異常の発症率は、母親の年齢が上がるほど高くなります。

ダウン症などの先天性異常の予防には、卵子の老化・劣化を和らげることが重要です。

卵子の老化・劣化を和らげる方法として、抗酸化作用の強い成分を含む妊活サプリを摂取することをおすすめします。

<母体年齢とダウン症の出生率について>

母の年齢ダウン症の子供が生まれるリスク何らかの染色体異常をもつ子供が生まれるリスク
20歳1/16671/526
22歳1/14291/500
24歳1/12501/476
26歳1/11761/476
28歳1/10531/435
30歳1/9521/384
32歳1/7691/323
34歳1/5001/238
36歳1/2941/156
38歳1/1751/102
40歳1/1061/66
42歳1/641/42
44歳1/381/26
46歳1/231/16
48歳1/141/10

引用元:http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r985200000314vv-att/2r98520000031513.pdf

 

高齢出産ではダウン症などの先天性異常が起こりやすい


高齢妊活はビタミンEの抗酸化作用により卵子の質を改善しよう

ビタミンEのような「抗酸化物質」とは、酸素が関与する有害な反応(酸化ストレス)を除去する物質の総称です。

ビタミンEは、細胞が代謝によって生じるフリーラジカルから細胞を守る働きがある。

ビタミンEは、フリーラジカルを消失させることで自らがビタミンEラジカルとなり、体内の酸化ストレスを除去します。

ビタミンEの抗酸化作用により、卵子の元となる細胞を酸化ストレスから守ることで、質の良い卵子を生成することが可能です。

高齢妊活では、卵子の質を改善することで受精率や妊娠率を上げる必要があるため、ビタミンEなどの抗酸化物質を積極的に摂りたいですね。

また、高齢出産では「ダウン症などの染色体異常」の発症率が高くなります。

ダウン症などの染色体異常は、卵子の質の低下が大きな原因となっています。

染色体異常の発症率を下げるためには、卵子の質を改善することが必要です。

ビタミンEは強力な抗酸化作用があり、卵子の質の改善が期待できるため、高齢妊活では積極的に摂りたいですね。

妊活サプリを選ぶときは、ビタミンE含有のものを選ぶことをおすすめします。

 

ビタミンEを豊富に配合する妊活サプリ「マカナ」はこちら

 

卵子の老化を抑える妊活サプリの成分2:ビタミンCの抗酸化作用が卵子を若返らえる

ビタミンCもビタミンEと同じく「抗酸化物質」の1つです。

ビタミンEはフリーラジカルを消失させることで自らをビタミンEラジカルに変性させることで酸化ストレスから身を守るため、変性後は抗酸化作用がなくなります

でも、ビタミンEとビタミンCを同時に摂取すると、ビタミンEラジカルに変性したビタミンEがビタミンCの働きによりビタミンEに再生することができます。

つまり、ビタミンEとビタミンCを同時に摂取することで、ビタミンEの抗酸化作用を維持することができると言うことです。

ビタミンCはビタミンEのサポート成分であり、ビタミンEの強力な抗酸化作用を発揮するためには、ビタミンEとビタミンCを同時に摂取することをおすすめします。

妊活サプリを選ぶときは、ビタミンE+ビタミンCが配合されたものを選びたいですね。

 

ビタミンE+ビタミンCが高配合の妊活サプリ「マカナ」はこちら

 

 

卵子の老化を抑える妊活サプリの成分3:ポリフェノールの抗酸化作用が卵子の質を高める

高齢妊活に効果的な「ルイボスティ」は、植物のルイボスから抽出されるお茶です。

ルイボスティが高齢妊活に効果的と言われる理由は、たくさんの種類の「ポリフェノール」が含まれているからです。

ポリフェノールにはたくさんの種類がありますが、ルイボスだけに含まれるポリフェノール「アスパラチン」は強力な抗酸化作用があることで知られています。

ポリフェノールの抗酸化作用は、高齢妊活に効果的です。

高齢妊活では、卵子の質が低下していることから、排卵障害(無排卵など)・受精能力の低下・妊娠率の低下など、なかなか授かれない原因となっています。

ポリフェノールにより卵子の質を改善し、受精能力・妊娠力の高い健康な卵子をサポートしたいですね。

妊活サプリを選ぶときは、ポリフェノールを豊富に含む「ルイボス」含有のものを選びましょう。

 

ポリフェノールを豊富に含む妊活サプリ「マカナ」はこちら

 

 

 

高齢出産に妊活サプリがおすすめの理由2:ホルモンバランスを整え排卵を促す

高齢妊活では、ホルモンバランスの乱れから女性ホルモンが減少し、なかなか授かれない方が増えてきます。

35歳を過ぎると、次第に女性ホルモンの分泌量が低下するため、排卵障害(無排卵など)を起こしやすくなるため、高齢妊活では受精率・妊娠率が低下します。

高齢妊活では、ホルモンバランスを改善し、質の良い卵子が育つ環境を整えることが重要です。

高齢出産ではホルモンバランスが乱れ排卵障害が起こりやすい

女性ホルモンは卵巣で生成されています。

年齢を重ね体内が活性酸素により老化すると、新たな細胞を作ったり、正常に細胞分裂をすることが出来なくなってきます。

女性ホルモンも細胞の1つであるため、年齢を重ねると新しい細胞の生成がスムーズにできなくなるため女性ホルモンの生成が減少します。

卵子は、卵子の元となる細胞が細胞分裂をすることで成長し、排卵できる大きさになるまで成熟します。

卵子を成長・成熟させるのは女性ホルモンの役割であり、ホルモンバランスが乱れ女性ホルモンが減少すると、卵子の元となる細胞は排卵できる大きさまで成長・成熟することができません

そのため高齢になると、毎月生理はあるのに無排卵であったり、生理の周期が短く不定期になったりします。

高齢妊活では、ホルモンバランスを整え、質の高い卵子を生成できるようにサポートする必要があります。

 

排卵を促す妊活サプリの成分1:マカは女性ホルモンに似た働きを持つ

マカはミネラル・アミノ酸・ビタミン類など、妊活に必須の栄養素を豊富に含んでいます。

マカに含まれる成分は、性ホルモンの生成に欠かせない成分ばかりです。

マカを摂取すると性ホルモンの生成をサポートするため、女性ホルモンが増加しホルモンバランスの改善が可能です。

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンがあり、生理の周期に合わせて増減しています。

マカを摂取することで性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンの分泌を促すため、ホルモンバランスが整い、健康な卵子の生成が可能になります。

マカは「男性妊活」に必須と言うイメージが強いのですが、マカは女性妊活にも重要です。

マカは「男性ホルモン」「女性ホルモン」の分泌を促し、質の高い精子・質の高い卵子を生成するサポートが可能です。

妊活サプリを選ぶときは、マカ配合のものを選ぶことをおすすめします。

 

⇒マカを豊富に配合する妊活サプリ「マカナ」はこちら

 

排卵を促す妊活サプリの成分2:葉酸の造血作用で卵巣機能を改善する

排卵を促したり、質の良い卵子を育てるためには、卵子を生成している卵巣機能を改善する必要があります。

年齢と共に活性酸素による体内の老化が進むため、卵巣などの臓器の機能も年齢と共に低下していきます。

葉酸は、ビタミンB群の一種で「造血ビタミン」と呼ばれます。

葉酸が造血ビタミンと呼ばれるのは、血液中の赤血球の生成をサポートする働きがあるからです。

血液中の赤血球は、肺にある酸素を血液中に取り込む働きがあり、酸素を十分に含んだ血液を全身に届けます。

酸素を十分に含んだ血液が全身に送られると、臓器の機能が改善され、健康な細胞を造ることができます。

卵巣の機能が改善すれば、健康な卵子が作られるわけですね。

葉酸は、レバーなどの肉類・魚介類・緑黄色野菜などの多く含まれています。

葉酸は、普段の食事からも摂取できる栄養素ですが、妊活中は普段の2倍量の摂取が推奨されているため、食事に加えてサプリでの補給がおすすめです。

また葉酸は、水溶性のビタミンであり、調理の過程で栄養価が落ちてしまい、体内への吸収率が低い欠点があります。

葉酸サプリなら、妊活に必要な量を確実に摂取することができます。

妊活中・妊娠中・授乳中の女性の葉酸1日推奨量は400μgです。

妊活サプリを選ぶときは、葉酸400μg以上含むものを選びましょう。

 

高齢妊活におすすめの妊活サプリ「マカナ」はこちら

 

排卵を促す妊活サプリの成分3:葉酸のサポート成分

葉酸の代謝について

画像引用:葉酸の働きをサポートする5つの栄養のチカラ!(エレビット)

 

葉酸は、体内の吸収率が低い欠点があるため、サポート成分と一緒に摂取す

ることが推奨されています。

葉酸のサポート成分は5種類あり、妊活サプリを選ぶときは「葉酸のみ」ではなく「5種類のサポート成分」も含有しているものを選びましょう。

葉酸のサポート成分1:ビタミンB2

葉酸は体内で代謝サイクルにより代謝・吸収されています。

ビタミンB2は、葉酸の代謝サイクルの補酵素であり、補酵素が不足すると葉酸の代謝サイクルを効率良く回すことができないので、葉酸の働きを確保することができなくなります

葉酸の働きには「赤血球の生成をサポート」「細胞分裂のサポート」などがあり、葉酸の働きは妊活に必須です。

葉酸のサポート成分(補酵素)であるビタミンB2を一緒に摂取することで葉酸の働きを確保したいですね。

妊活サプリを選ぶときは、葉酸だけではなく、葉酸のサポート成分(ビタミンB2)も含まれているものを選びましょう。

 

葉酸のサポート成分2:ビタミンB6

ビタミンB6は、タンパク質の合成に必要なビタミンです。

タンパク質は、細胞の生成や血液・筋肉の生成に必要であり、卵子の元となる細胞の成長や成熟に欠かせません。

ビタミンB6は、血液を造るときにも必要な成分であり、ビタミンB6が不足すると血液成分をスムーズに造ることができないため、貧血となる可能性があります。

高齢妊活では、卵巣機能の改善が必須のため、全身に十分に酸素を届ける必要があります。

ビタミンB6を積極的に摂り、血流の改善に努めたいですね。

ビタミンB6は葉酸の補酵素であり、活性化された葉酸の代謝に関わっています。

妊活サプリを選ぶときは、葉酸のみではなく、葉酸のサポート成分(ビタミンB6)を含むものを選びたいですね。

 

葉酸のサポート成分3:ビタミンB12

ビタミンB12は、葉酸のサポート成分の中で最も重要な成分です。

ビタミンB12は、葉酸と協力して、赤血球内のヘモグロビンの生成に深く関わっています。

赤血球中のヘモグロビンは、肺の中の酸素を血管内に取り込む働きがあります。

葉酸・ビタミンB12が不足すると、赤血球やヘモグロビンの生成がスムーズにできないので、貧血になる可能性があります。

ビタミンB12は、葉酸の代謝の最終段階で、葉酸の再生成に関わっており、葉酸の働きを維持する大事な役割があります。

妊活サプリを選ぶときは、葉酸だけではなく、ビタミンB12を含有するものを選びたいですね。

 

 

葉酸のサポート成分4:亜鉛

亜鉛はタンパク質の合成や糖代謝に深く関係しているミネラルです。

タンパク質は、細胞や血液・骨・筋肉などを作る元となるもので、亜鉛は生命維持に欠かせない栄養素の1つです。

食事により摂取した葉酸は、体内に吸収されにくい型をしていますが、亜鉛は葉酸が体内に吸収されやすい型とし体内に取り込んでいます。

食事から摂取する葉酸の型はポリグルタミン酸型葉酸と言われ、体内への吸収が難しい型をしています。

葉酸サプリに含まれる葉酸はモノグルタミン酸型葉酸と言われ、体内への吸収がしやすい型となっています。

葉酸サプリは、最初から体内への吸収がしやすい型となっているため、十分な量の葉酸を摂取することができます。

ただ、妊活中は葉酸サプリのみに頼るのではなく、食事からの葉酸摂取も必須であるため、葉酸のサポート成分である亜鉛の摂取が必要です。

妊活サプリを選ぶときは、葉酸のみではなく、亜鉛を含有しているものを選びましょう。

 

<h5葉酸のサポート成分5:ビタミンC

葉酸は、サポート成分であるビタミンCと同時摂取することで、活性化した葉酸の働きを維持することができます。

ビタミンCは、細胞と細胞の間を結ぶコラーゲンと言うタンパク質を作るために必須の成分であり、細胞間を結ぶコラーゲンが減少すると、細胞間での情報伝達がスムーズにできません。

細胞は細胞分裂しながら成長しますが、細胞分裂をするたびに遺伝子情報をコピーしながら細胞間でのやり取りをしています。

コラーゲンは細胞と細胞を結び、細胞間の情報共有を行うため、正常な細胞を作るために欠かせません。

健康な卵子を作るためにもコラーゲンは欠かせません。

妊活サプリを選ぶときは、葉酸のみではなく、ビタミンCを配合しているものを選びたいですね。

 

 

 

 

高齢出産に妊活サプリがおすすめの理由3:流産を予防する

<高齢妊娠の流産確率>

年齢自然妊娠率(1周期あたり)流産確率
25歳25~30%10%
30歳25~30%10%
35歳18%25%
40歳5%40%
45歳1%50%

 

高齢出産に妊活サプリがおすすめな理由は「流産率の低下」に効果的だからです。

35歳以上の高齢出産では受精率が低い上に流産率が高く、なかなか授かることができない割合が高くなります。

年齢と共に流産率が上昇するのは、高齢による「卵子の質の低下」と「受精卵の質の低下」「精子の質の低下」が原因です。

受精率は女性の「卵子の質」に大きく影響を受けると言われており、高齢で卵子の質が低下していると受精率が低くなり、受精できても流産してしまうケースが増えてしまいます。

高齢出産による卵子の質の低下は、「体内の酸化ストレス」によるものが大きいのです。

酸化ストレスを除去するためにも、抗酸化作用の強い成分を積極的に摂ることをおすすめします。

 

 

高齢妊娠では流産確率が上昇する理由1:卵子の質の低下

高齢妊娠では流産率が上昇する理由は、体内の酸化ストレスによる卵子の質の低下にあります。

年齢を重ねると、体内年齢も老化し、卵巣や子宮などの臓器も老化・劣化します。

それは、体内に活性酸素が溜まり体内が酸化することで臓器の老化・劣化に繋がるからです。

卵巣や子宮の老化・劣化にともない、卵子の元となる細胞は正常に成長・成熟することができません。

卵子の元となる細胞が細胞分裂の際に、何かしらのエラーを起こすと「染色体異常」を持った卵子となります。

染色体異常を持つ卵子は正常な成長ができないため、排卵に至るほどの大きさまで成熟ができず、生理は来ても無排卵であることが増えていきます。

また、染色体異常を持った卵子が、排卵できるほどの大きさまで育っても受精能力が低いため、受精に至ることができません。

卵子の質の低下を防ぐためには、体内の酸化ストレスを除去する必要があります。

酸化ストレスの元となる「活性酸素」は、抗酸化作用のある成分により除去することができます。

抗酸化作用の強い成分には、ビタミンEビタミンCポリフェノールなどの成分があります。

高齢妊活を希望する方は、妊活サプリを選ぶときは、「抗酸化作用」の強い成分を含むものを選ぶと良いですね。

 

高齢妊活におすすめの妊活サプリ「マカナ」はこちら

 

高齢妊娠では流産確率が上昇する理由2:受精卵の質の低下

高齢妊娠では、卵子の質が低下しているケースが多いため、受精ができても受精卵の質が悪く、着床率・妊娠率が低下します。

受精卵の質は「卵子の質」による影響が大きく、妊娠が可能かどうかは「卵子の質」に大きく左右されると言えます。

卵子の元となる細胞は、胎児の頃から卵巣内に存在しており、出生後に増加することはありません

生理のたびに卵子の元となる細胞は減少し、年齢と共に卵子の元となる細胞は減少を続けます。

卵子の年齢は、実際の年齢に比例するので、「20歳の人よりも30歳の人の卵子は10歳老化している」と言えます。

卵子の元となる細胞は、生理の周期に合わせて数十個が成長を始め、そのうちの1つが成熟し排卵に至ります。

卵子の質が低下すると受精卵の質も低下します。

受精卵は受精後すぐより細胞分裂を繰り返し、約7日間をかけて子宮内に辿り付きます。

でも、質の悪い受精卵は正常に細胞分裂を行うことができず、遺伝子情報のエラーが起きて「染色体異常を持つ受精卵」となったり、途中で受精卵の成長が止まってしまい着床に至りません。

質の悪い受精卵の原因は、質の悪い卵子であることが多いため、受精率・着床率をアップさせるためには、卵子の質を改善する必要があります。

年齢を重ねると体内は「酸化ストレス」による老化・劣化が見られ、卵巣・子宮も老化・劣化を免れません。

そのため質の良い卵子を生成することができず、受精卵の質の低下や、受精率の低下に繋がります。

体内の酸化ストレスは、抗酸化作用の強い成分により除去することができます。

抗酸化作用の強い成分には、ビタミンEビタミンCポリフェノールなどがあります。

高齢妊活では、抗酸化作用の強い成分配合の妊活サプリを選ぶと良いですね。

 

高齢妊活におすすめの妊活サプリ「マカナ」はこちら

 

高齢妊娠では流産確率が上昇する理由3:夫婦共に高齢であるケースが多い

高齢出産は、受精率が低く流産率が高いのは、「卵子の質の低下」によるものが大きいのですが、それと同時に夫婦共に高齢であることが原因であるケースも多いのです。

女性が高齢の夫婦では、男性も高齢である確率が高く、夫婦共に高齢となると、受精率は低く流産率が高くなります

精子は日々生成されているため、卵子ほどには年齢による影響を受けにくいと言われています。

でも、男性も35歳を過ぎると精子の質が低下すると言われており、高齢男性では受精能力の高い精子が作りにくくなってしまいます。

年齢を重ねると体内は酸化ストレスから老化・劣化し、精巣機能も低下します。

精巣機能が低下すると、質の高い精子の生成ができなくなります。

酸化ストレスによる精子の質の低下を防ぐためには、抗酸化作用の強い成分が効果的です。

抗酸化作用の強い成分には、ビタミンEビタミンCポリフェノールなどがあります。

高齢男性は、マカや亜鉛だけではなく、抗酸化作用の強い成分を含む妊活サプリを摂ることをおすすめします。

 

高齢男性におすすめの妊活サプリ「マカナ」はこちら

 

流産を予防する妊活サプリの成分1:マカに含まれるアルギニンは着床率をアップする

アルギニンは妊活必須の栄養素「アミノ酸」の1つ

マカは「妊活の王様」と呼ばれる植物で、妊活必須の栄養素を豊富に含んでいます。

マカに含まれるアルギニンは、アミノ酸の一種で「非必須アミノ酸」に分類されます。

人間の身体はタンパク質からできており、タンパク質は20種類のアミノ酸からできています。

つまり、アミノ酸が不足すると健康な身体を維持できないため、アミノ酸の摂取は重要であり、妊活には不可欠と言うことです。

妊活サプリを選ぶときは、アミノ酸(特にアルギニン)配合のものを選ぶと、高い妊活効果が得られるのでおすすめです!

子宮内膜と女性ホルモンについて

着床とは、受精卵が子宮内膜に根を張り「妊娠が成立すること」です。

女性は生理の周期に合わせて女性ホルモンが増減し、妊娠に向けて身体の準備を始めます。

その際に、妊娠に向けて子宮内膜を厚くし、受精卵が着床しやすい子宮環境を整えます。

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンがあり、子宮内膜に厚みを持たせるのはエストロゲンの作用です。

エストロゲンとプロゲステロンは、生理の周期に合わせて分泌量を増減させており、エストロゲンが減少するとプロゲステロンが増加し、プロゲステロンが減少するとエストロゲンが増加するように、お互いが影響しあっています。

これは、ホルモンバランスが整っている状態とも言え、高齢や何かしらの原因でホルモンバランスが乱れてしまうと、ホルモンの分泌量が低下してしまい、子宮内膜を厚くすることができません。

子宮内膜を厚くするためにはホルモンバランスを整える必要があり、マカに含まれる成分は女性ホルモンと似たような作用があると言われており、マカは妊活必須の成分と言えます。

高齢で着床率(妊娠率)アップを希望する方は、マカ配合の妊活サプリを選ぶと効果的です。

子宮内膜の厚さと着床率の関係
子宮内膜厚(mm)症例数妊娠数妊娠率(%)
300
500
65120.0
79555.6
8281035.7
9412253.7
10502754.0
11311445.2
12251768.0
136233.3
14
152150
16
17
18
1911100

資料参考:薄い子宮内膜の原因と対策(KKR札幌医療センター斗南病院生殖内分泌科:東口篤司)

対象と方法

205症例の自然周期1,035周期(平均35.3±4.2歳,22~45歳)を対象とし,1人あたり4~6周期の着床期における平均内膜厚を経腟超音波断層法で調べ,内膜厚ごとの妊娠率をみた

 

結果

205症例の89.8%が8mm 以上だった.7mm 以上なら症例あ
たり51.3%の妊娠率が得られており6mm 未満で妊娠している症例はなかった(p<0.01).6mm 未満の症例は3.4%だった.そこで正常群を8mm 以上,薄い群を6mm 未満と定義し両群を比較した.

上記の検査結果から、妊娠に望ましいとされる子宮内膜の厚さは8mm以上であり、子宮内膜の厚さが6mm以下では、妊娠する確率はほぼないと言うことが分かりました。

子宮内膜の厚さと着床率・妊娠率は関係性が高いと言えます。

 

アルギニンと子宮内膜の厚みについて

子宮内膜の厚みが8mm以上で着床率・妊娠率が高くなることが分かりましたが、高齢妊娠ではホルモンバランスの乱れなどにより、子宮環境が整わないため、着床率・妊娠率が低いと言えます。

高齢ではホルモンバランスが乱れやすくなる原因は、子宮や卵巣の機能低下があります。

女性ホルモンは卵巣内で作られるため、卵巣の機能低下が起きると、女性ホルモンの生成量が減るためホルモンバランスが乱れます

高齢になると子宮や卵巣機能が低下するのは、体内の老化減少による子宮や卵巣への血流不足が原因と言えます。

高齢になると、体内は活性酸素の影響を受け老化・劣化が進み、全身のさまざまな器官に十分な血液を送れなくなってしまいます。

活性酸素による老化減少の1つとして血流不足があり、血流不足があると子宮や卵巣への血流が不足するため機能低下が起きると考えられます。

体内を老化・劣化させる活性酸素は、抗酸化作用の強い成分により除去することができます。

抗酸化作用の強い成分には、ビタミンEビタミンCポリフェノールが有効です。

抗酸化作用の強い成分を補充することで活性酸素を除去し、子宮や卵巣に十分な血液を送ることで、ホルモンバランスの改善が可能です。

それに加えて、子宮環境を改善するために、アルギニンの「子宮内膜増殖効果」が必要です。

女性は生理のたびに、子宮内膜が剥がれ落ちることで経血となりますが、子宮内膜が剥がれ落ちる際に、子宮内膜はができている状態となります。

子宮内膜の傷を補修するためには、コラーゲンプラセンタなどの成分が必要となります。

アルギニンは、コラーゲンの生成に関与する成分であり、月経で傷ついた内膜を補修し、子宮内膜の増殖をサポートする効果があると考えられています。

アルギニンは、マカに多く含まれており、マカはアルギニン以外のアミノ酸を豊富に含み妊活には欠かすことができません。

妊活サプリを選ぶときは、マカ(アルギニン)を豊富に含むものを選ぶと妊活効果を得ることができますよ。

 

流産を予防する妊活サプリの成分2:アルギニンはビタミンB6と同時に摂ると活性化する

ビタミンB6はタンパク質の分解と合成を助ける

画像引用:ビタミンB6(わかさ生活より)

ビタミンB6は、食事から摂ったタンパク質を分解してアミノ酸を合成します。

アミノ酸はビタミンB6により分解されたのち体内に吸収され、身体に必要なタンパク質に再合成されます。

アミノ酸はコラーゲンを生成する役割があり、子宮内膜はコラーゲンにより補修されており、子宮環境を整えるためにはコラーゲンの元となるアミノ酸が必須となります。

子宮内環境が悪化すると、着床率・妊娠率が低下するため、コラーゲンやプラセンタなどにより子宮内膜の環境を整える必要があります。

ビタミンB6は、アミノ酸の分解や合成に関わる成分であり、アミノ酸の代謝に欠かすことができないため、アミノ酸とビタミンB6を一緒に摂ることで、アミノ酸の代謝が効率よく行うことができます。

妊活サプリを選ぶときは、アミノ酸(アルギニン)とビタミン6が豊富に含まれているものを選びたいですね。

高齢妊活では、着床率が低く流産率が高いため、子宮内環境の改善はとても重要です。

35歳を過ぎると流産率は急激に高くなるため、高齢妊活では子宮環境を改善し、着床しやすく流産しにくい子宮環境を整えたいですね。

 

流産を予防する妊活サプリの成分3:ビタミンEで子宮環境を整える

ビタミンEは「着床ビタミン」とも呼ばれています。

ビタミンEはが着床ビタミンと呼ばれているのは、ビタミンEが女性ホルモン(エストロゲン)と似た働きを持つからです。

女性ホルモンのエストロゲンは、子宮内膜を厚くし、受精卵が着床しやすいようにサポートする働きがあります。

ビタミンEは、女性ホルモンのエストロゲンと似た作用があり、ビタミンEを補充することで、子宮内膜を厚くする効果があると言われています。

高齢妊娠では女性ホルモンの分泌量が低下し、ホルモンバランスの異常が見られるケースが多いです。

そのため、女性ホルモンであるエストロゲン・プロゲステロンの分泌量が低下し、相互作用が発揮できなくなるため、妊娠に向けた子宮環境を整えることができません。

女性ホルモンは、エストロゲンとプロゲステロンが月経の周期により分泌量を増減させ、エストロゲンの分泌量が多いときはプロゲステロンの分泌量が低下し、プロゲステロンの分泌量が多いときはエストロゲンの分泌用が低下するように作用します。

この2つの女性ホルモンの分泌量のバランスが崩れると、相互作用を得ることができないため、着床率や妊娠率の低下に繋がります。

女性ホルモンは、生理の周期により分泌量が増減され、生理のたびに妊娠に向けた子宮環境を作っています。

妊娠が成立しなければ、女性ホルモンにより厚くなった子宮内膜は、経血となって剥がれ落ちます

子宮内膜を厚くし着床を助けるのは、女性ホルモンのエストロゲンであり、ビタミンEはエストロゲンと似たような作用があるため、子宮内膜を厚くする効果が期待できます。

妊活サプリを選ぶときは、ビタミンEを豊富に含むものを選びたいですね。

 

流産予防をする妊活サプリの成分4:ビタミンEはビタミンCと同時に摂ると活性化する

ビタミンE・ビタミンCはどちらも「抗酸化物質」と呼ばれ、体内の老化・劣化の原因となる活性酸素の除去をサポートする成分です。

高齢妊活では、体内の老化・劣化による子宮・卵巣機能の低下を改善する必要があります。

子宮・卵巣機能の低下により、着床率・妊娠率の低下に繋がります。

ビタミンEは、酸性の物質に吸着する性質があり、体内の活性酸素に吸着して体外に排出する作用があります。

ビタミンEは、体内の活性酸素に吸着して体内の酸化を防止しますが、ビタミンEの抗酸化力は消失します。

でも、同じ抗酸化物質であるビタミンCを同時に摂取することで、体内の活性酸素に吸着して効力を失ったビタミンEを再活性することができます。

つまり、ビタミンEはビタミンCと同時に摂取することで吸収率がアップし、より強い抗酸化作用を得ることができます。

高齢妊活では、抗酸化作用の強い成分を摂り、着床率・妊娠率の改善に繋げたいですね。

妊活サプリを選ぶときは、ビタミンEとビタミンCが同時に摂れるものを選びたいですね。

 

 

 

 

高齢出産には妊活サプリがおすすめな理由✩奇形児の予防

 

高齢出産では妊活サプリがおすすめな理由は「妊活サプリにより奇形児の予防が可能」だからです。

妊活サプリに含まれる成分は、高齢出産の奇形児を出産するリスクを減らすことができます。

ただし、どんな妊活サプリでもよいわけではありません。

奇形児を予防する妊活サプリの成分1:ビタミンB1(チアミン)

ビタミンB1は神経細胞内にも存在していて、神経細胞におけるエネルギーの生成に関わっています。

脳で糖質を使用してエネルギーとするのもこうしたビタミンB1の働きが必要です。

ここでいうエネルギーとは神経細胞と神経細胞の間にあるシナプスと呼ばれる結合部において神経伝達物質を合成するのに使われます。

妊娠していない女性でチアミンが不足することはまずありませんが、妊娠している女性は話が別です。

成人の神経伝達物質の合成に必要なビタミンB1は当然胎児にも必要になります。

特に胎児の神経細胞の形成に必要で、これが不足すると奇形児を引き起こすリスクがあります。

特にチアミンは、妊活中は積極的に摂取する栄養素の1つです。

ビタミンB1は、豚肉、穀類、豆類、ナッツ類、オレンジ、牛乳、ほうれん草、酵母などに含まれています。

奇形児を予防する妊活サプリの成分2:ビタミンB2(リボフラビン)

ビタミンB2は発育のビタミンと呼ばれ、赤ちゃんの正常な発育には不可欠で、不足すると成長不良になるので、妊娠時の女性にはとても大切な成分です。

リボフラビンが不足すると奇形児になる可能性が高まります。

納豆、アーモンド、乳製品、卵、モロヘイヤなどに含まれています。

奇形児を予防する妊活サプリに含まれる成分3:ビタミンB3(ナイアシン)

ビタミンB3は流産先天異常を引き起こすリスクを低減します。

妊婦体内で、ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド分子が不足することで生じる胎児の正常な発達の阻害が、ナイアシン(ビタミンB3)の摂取で対処できることが確認されています。

ビタミンB3は、かつお、牛・豚の肝臓、落花生、シメジなどに含まれています。

奇形児を予防する妊活サプリの成分4:ビタミン7(ビオチン)

妊娠中にビオチン欠乏症になってしまうと、体内の赤ちゃんの奇形の発生率が高くなると言われています。

マウスを使った研究で、妊娠中のマウスをビオチン欠乏状態にすると、胎児の顔面異常が誘発されることが報告されています。

主に口蓋裂や小顎症、短肢症、外脳症等の症状がみられるそうです。

これらの研究結果からビオチンは胎児の形態形成や発育に大きく関わっていることがわかります。

ですが、現時点でわかっているのはあくまでマウスの胎児に異常が見られたということです。

人間の胎児もビオチン欠乏状態で奇形発生率が高くなる可能性があると言われていますが、明確な研究結果はまだ報告されていません。

ただ、妊娠中は胎児にビタミン’がとられ、ビオチンが欠乏しやすいという研究結果は間違いないと思います。

妊娠中はビオチンが不足しやすくなるため、ビオチンを含有する妊活サプリでの補給をおすすめします。

ビタミン7は、卵黄、レバー、納豆、のりに含まれています。

妊娠中は食べ物等に気を使ってビオチンを意識的に摂取した方がよいです。

 

 

 

高齢出産には妊活サプリがおすすめな理由✩神経管閉鎖障害を防ぐ

神経管閉鎖障害とは

神経管閉鎖症は大きく分けて「二分脊椎症」と「無脳症」の2つがあります。

胎児の神経管が作られるのは、妊娠超初期の4~5週ころであり、まだ多くの人が妊娠に気づかない時期と言えます。

神経管閉鎖障害の発症を防ぐためには、妊活中は常に「予防」を心がける必要があると言うことです。

二分脊椎症とは

二分脊椎症は、本来なら塞がるはずの神経管の下部が塞がらずに、脊椎の中に保護されているべき神経管が外に出てしまっている状態です。

神経管が外に出てしまっていると、神経が癒着したり傷がついたりすることで神経障害が発症します。

二分脊椎症の発症頻度は、1万人に5人前後と言われています。

神経管障害が起きると歩行障害運動障害などが起こるほか、約50%の割合で軽度~中度の知的障害が発症すると言われています。

神経管閉鎖障害は、先天性障害の中でも予防が可能な疾患であるため、妊娠を希望している方は、予防に努めるることで発症率を大幅に下げることができます。

 

無脳症とは

無脳症は、神経管の上部が閉鎖されておらず、神経管の上部が開放されている状態です。

神経管の上部が開放されていると、脳を正常に作ることができず、頭蓋骨や大脳が欠損した状態になります。

脳は本来は頭蓋骨により守られていますが、無脳症では頭蓋骨が欠損しているため、正常に脳を形成することができません

妊婦検診では経腹エコーにより、妊娠14週前後には確認することができます。

無脳症は、脳の形成に著しい障害が発生しますが、他の臓器の形成には問題のないことが多いため、胎児はある程度の大きさまで成長することができます。

でも、ある程度まで成長した胎児は、途中で成長を止め、流産死産となるケースが多いです。

希に出産まで至っても、出生後の早い段階で死亡するケースがとても多いです。

無事に出産ができても長く生きることができないため、人工妊娠中絶を選ぶ方がほとんどと言うのが現実です。

無脳症は、先天性異常の中でも予防が可能な疾患であるため、妊娠を希望する方は、常に予防に努めたいですね。

神経管閉鎖障害は高齢に限らずどの年代にも起こり得る

神経管閉鎖障害は、高齢妊娠に限らず、どの年代にも起こり得る先天性障害の1つです。

神経管閉鎖障害は、妊娠の超初期に起こり得るため、妊娠可能年齢の女性は1日400μgの葉酸接種が推奨されています。

妊娠超初期は、妊婦自身が妊娠に気づく事が出来ない時期のため、妊娠に気づいてから葉酸を摂取しても、神経管閉鎖障害を防ぐ事はできません。

神経管閉鎖障害は、脳や神経が作られる過程で、何からのトラブルが起き発症することが分かっており、胎児の脳や神経が活発に作られる妊娠超初期は、1日400μgの葉酸をしっかりと摂取し予防に努めたいですね。

妊娠を希望している方や、妊娠可能年齢の女性は1日400μgの葉酸摂取をおすすめします。

 

⇒1日400μgの葉酸が摂取できる妊活サプリ「マカナ」はこちら

 

葉酸の摂取で神経管閉鎖障害の発症率を大幅に軽減できる

神経管閉鎖障害を100%防ぐことはできません。

しかし、葉酸サプリが、胎児の神経管閉鎖障害の発症リスクを下げるという研究結果が厚生労働省から発表されています。

過去において欧米諸国では神経管閉鎖障害の発症率が高率であったこともあり、発症リスク低減に対する葉酸の効果について、大規模な疫学研究が数多く行なわれました。

それらの研究は受胎前後における充分な葉酸の摂取により、胎児の神経管閉鎖障害の発症リスクが大幅に減少することを示しました。

そこで世界各国で妊娠を希望する女性に対してサプリメントなどの栄養補助食品からの葉酸摂取に関する勧告が出され、また葉酸を添加した食品も普及しました。

その結果、欧米諸国での神経管閉鎖障害の発症率は近年著しく減少しています。

こうした背景から、日本でも2000年に厚生労働省から神経管閉鎖障害のリスク低減のために妊娠の可能性がある女性は通常の食事からの葉酸摂取に加えて、いわゆる栄養補助食品から1日400μgの葉酸を摂取するよう通知が出されました。

引用:https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/food/e-05-002.html

 

神経管閉鎖障害とは、脳や脊髄などの中枢神経系のもと(神経管)が作られる妊娠の4~5週ごろにおこる先天異常です。

我が国では、出生した赤ちゃん1万人に対して約6人の割合でみられます。

神経管の下部に閉鎖障害が起きた場合、これを「二分脊椎」といいます。

二分脊椎の起きた部位では、脊椎の骨が脊髄の神経組織を覆っていないため、神経組織が障害され、下肢の運動障害や膀胱・直腸機能障害がおきることがあります。

神経管の上部で閉鎖障害が起きると、脳が形成不全となり、これを「無脳症」といいます。無脳症の場合、流産や死産の割合が高くなります。

引用元:https://www.niph.go.jp/soshiki/shogai/yousan/Q_A/q_a.html

 

葉酸を多く含む食品

葉酸は、ほうれん草、春菊、ブロッコリー、アスパラガス、大葉などに含まれています。

葉酸は緑黄色野菜や、肉・魚などに多く含まれ、普段の食事から十分な量の摂取が可能であると考えられてきたため、日本では妊娠可能年齢の女性に対して、葉酸サプリなどの栄養補助食品での葉酸の補充は推奨されてきませんでした。

でも、最近では土壌の汚染や養分の低下などから野菜の栄養素が減少したり、外食やコンビニ弁当などを食べる機会が増えた事で十分な葉酸が取れない人の割合が増えているのです。

神経管閉鎖障害の発症率は、1日400μgの葉酸摂取により大幅に低下する事が分かっているため、妊娠可能年齢の女性は、葉酸サプリなどでしっかりと葉酸を摂取する事をおすすめします。

 

葉酸は、体内での吸収率が悪い成分のため、葉酸の働きをサポートする成分と一緒に摂取すると効率よく葉酸を摂取することができます。

葉酸のサポート成分は、ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンB12・亜鉛・ビタミンCの5種類の成分です。

葉酸サプリを選ぶときは、葉酸の含有量だけでなく、葉酸のサポート成分が配合された妊活サプリを選ぶ事をおすすめします。

 

⇒妊活サプリ「マカナ」は、葉酸400μgと葉酸のサポート成分の全てが含まれる、オールインワンタイプの妊活サプリです。

 

 

 

 

 

高齢出産には妊活サプリがおすすめな理由:胎児の脳の発達に効果的

障害を防ぐ妊活サプリの成分:ビタミンCは赤ちゃんの脳の発達に効果的

ビタミンCの欠乏症は、胎児・新生児の精神発達を損なう恐れがあります。

具体的には、不足するとお腹の赤ちゃんの脳の発達の際に、海馬(記憶をつかさどる部分)に悪い影響があると言われています。

海馬というのは記憶・学習に関与している脳の器官のことで、その発達が阻害されると記憶力学習能力に問題が生じる可能性があります。

障害を防ぐ妊活サプリの成分:DHA入りの妊活サプリで脳の発達を!

妊娠中にDHAを摂ると赤ちゃんの脳神経の発達を促進できると言われています。

1980年代に、イギリスの栄養学者マイケル・クロフォード教授が、「日本人の子供の知能がほかの国の子供に比べて高いのは、魚をよく食べるからではないか」という見解を発表したことをきっかけに、DHAと知能との関係が注目されるようになりました。

しかし、現在のところ、妊娠中のDHA摂取量と、生まれてくる赤ちゃんの知能指数との関係性を示したデータはありません。

ただ、妊娠初期は、胎児の器官が正常に形成されるように、より多くのDHA摂取が必要なのは間違いありません。

また、DHAやEPAを積極的に摂ると卵子の若返り効果が期待できるので、卵巣機能が高まって妊娠しやすくなります。

厚生労働省が発表している「日本人の食事摂取基準」によると、妊婦さんのDHA摂取目安量は1800mg/日とされています。

DHAとEPAをあわせて1日1,000㎎以上摂取することが望ましいとされている量より、やはり多いですね。

DHAを多く含む食品は、さんま・アジ・いわしなどの青魚ですが、魚を食べる機会が減っている現代では、DHAは不足しがちな栄養素の1つと言えます。

妊娠中は胎児の神経細胞の形成に必要な分、どうしてもDHAが不足してしまいます。

また、魚から取ると妊活中では、少しぐらいならあまり気にならない水銀などの有害物質もなるべく0にしたいと思うのは、当然だと思います。

妊活中はサプリメントでとるのが安全です。

 

⇒DHAを含有する妊活サプリ「マカナ」はこちら

 

高齢男性の妊活にサプリメントが必要な理由

 

妊活=女性というイメージがあると思いますが、実は、男性側、もしくは夫婦の

両方が原因の不妊も増えています。

特に高齢の旦那さんの場合は、精力減退や精子の質の低下などがあります。

男性の精子は、女性の卵子と違い、新しいものが作られいますが、加齢による劣化は避けることができません。

卵子と違って精子は日々新しく作られる細胞です。

しかし、完全な精子になるには約70日間かかり、精巣の中では2~3ヶ月ほど生きることができます。

今日射精する精子は約2ヶ月以上前に作られた精子ということになります。

特に高齢の男性の場合は、妊活を良い状態にするためにはある程度時間をかけて、精子のコンデションを整える必要があります。

ビタミンCの抗酸化作用

ビタミンCの抗酸化作用は、精子に対しても効果があります。

男性の加齢による精子の酸化を防ぐことができます。

精子は抗酸化作用の原因である活性酸素に弱いので、ビタミンCの働きは極めて重要です。

また、ビタミンCによるストレスの発散は男性機能の復活や向上にもつながります。

ビタミンEの精子への効果

ビタミンEはビタミンCと同様の抗酸化作用があります。

男性は加齢とともに精子の数や質が低下しますので、抗酸化作用により劣化を遅らせるのは重要です。

また、ビタミンEには、精子の生成・分泌などの生殖ホルモンに働きかけ、精巣機能元気にする効果もあります。

ビタミンEを毎日200ミリグラムずつ男性に投与した実験では、精子の数は4ヵ月後から増えはじめ、10ヵ月後には10倍近くになったという報告があります。

また、ビタミンEは精子の数を増やすだけではなく、精子の運動量を上昇させ、受精の確立を高めるとも言われています。

 

亜鉛の妊活効果

亜鉛は不足するとインポテンツ(性的不能)へとつながります。

また、亜鉛不足は、精子の生成にも問題が生じます。

なぜなら精液は亜鉛を原料としているからです。

亜鉛を摂取することで、精子の運動をスムーズにしたり、外部からの刺激からまもってくれます。

葉酸と一緒に取ることで正常な精子の数が増加します。

合計211人の男性を対象に、26週間にわたっておこなわれた試験ですが、その結果「1日に葉酸5mg・亜鉛は66mgを併用して摂取すると、不妊症の男性と妊娠可能な男性の両方で、正常な精子の数が増加した

という報告があります。

亜鉛は、前立腺に多く存在していて、精液の生成とホルモンの分泌を促す効果があります。

加齢によって減退した精液が十分になると勃起もしやすくなり、精力自体もアップすると考えれています。

 

マカで精子の質と量を強化

マカは、加齢が原因で男性自身の持続力がなくてうまくいかなかったりする人に、徐々に力をつけてくれます。

また、マカは精子の質と量を強化してくれます。

健康な成人男性9名を被験者に、マカを1日に1,500mgまたは3,000mg、4ヶ月間にわたり服用させた。

精液量は平均130%、精子濃度は134%、精子数が183%、運動精子数は208%増加し、精液量や精子数運動性精子数、精子運動性が有意に増加した。

という報告もあります。

GABAで精力増強

GABA(ギャバ)はストレスを和らげる効果があります。

男性はストレスに弱く、場合によってはEDなどの症状にもなりかねません。

はっきりとEDという診断がつかなくてもストレスを和らげておくことに越したことがあります。

そのほかにもギャバは成長ホルモンを活性化させる効果があります。

加齢によって代謝が悪くなり、細胞の生まれ変わりのサイクルが遅くなった影響は、精巣の精子の生産にも関与します。

そういう意味で、妊活にギャバは必要な栄養素です。

ギャバは、トマト、ジャガイモ、なす、かぼちゃ、かぶ、キャベツ、シイタケ、キュウリ、納豆、枝豆、ニンジン、大根などに含まれています。

 

金時しょうがで海綿体の血液流入を増加

金時しょうがの効果は血行がよくなることで、冷え症が改善すると言われています。

血行が良くなることで、基本的な体力が向上して精力も高まります

さらに陰茎内部の海綿体組織への血液流入量が増加して勃起の質を高めてくれます。

また、新陳代謝が高いことも精力にとって重要です。

加齢によって新陳代謝が低下してしまうと、身体が疲れやすくなりますし、夜眠れない状態が続いたりと身体の不具合が様々な面で生じます。

さらに疲れが取れにくくなってしまい、身体の中から老廃物を排出できなくなります

このことが、男性の精力の低下ともなるのです。

女性同様、新陳代謝が高いことが妊活には重要だということだと思います。

 

高齢妊活は環境的なストレスを排除することが重要

妊活中は、様々な環境のストレスを排除することが重要です。

そのために、旦那さんの協力が不可欠だと思います。

通勤ラッシュは避けよう

妊活中の通勤ラッシュのときの出勤するような仕事は極力控えましょう。

通勤ラッシュ自体がストレスになりますし、女性の体に何かあったら大変なことになります。

特に女性が高齢出産の場合は、仕事を変えるか、休職する必要があると思います。

飲食に気をつけよう

妊活中は、お酒を控えるのはもちろん、カフェインが入っているコーヒーや緑茶は避けましょう。

カフェインを一緒に飲むことで、妊活サプリの成分によっては、効果が半減してしまいます。

動きやすい服装が良い

体系を気にして補正下着を着ている人もいると思いますが、妊活中はやめましょう。

子宮にあまり良い影響を与えないのは理解できると思います。

環境ホルモンの排除

光化学スモッグや農薬などに人体にあまり良くない物質を環境ホルモンと呼んでいます。

妊活中でなければ、それほど気にする必要はないのですが、できるだけ妊活中は避けましょう。

 

 

 

[ミトコンドリア妊活サプリ]40代高齢でも卵子の若返り・自然妊娠が可能

高齢妊活に必須のミトコンドリアとは

高齢妊活では「ミトコンドリアを活性化」することが重要だと考えられています。

ミトコンドリアは、精子や卵子など、全ての細胞の中に存在し、1つの細胞の中には数十個から数万個のミトコンドリアが存在すると言われています。

ミトコンドリアは、簡単に言うと「エネルギー生成」を行う器官であり、精子や卵子の細胞が正常に細胞分裂を行うためには、エネルギーが必要となるため、ミトコンドリアが必要となります。

でも、年齢を重ねると、体内が活性酸素で老化し、ミトコンドリアが活性化しにくい状態となり、健康な卵子や精子を作ることが難しくなっていきます。

高齢妊活では、ミトコンドリアを活性化し、健康な卵子や精子が作れるようにすることで、着床率や妊娠率を上昇させることができると考えられています。

関連ページ:【妊活サプリミトコンドリア】妊活夫婦の成分を比較

ミトコンドリアは細胞のエネルギー生産をしている

ミトコンドリアは、全ての細胞に存在し、エネルギー生産をしています。

私たちは呼吸をし、肺に酸素を取り込むと、血管内の赤血球やヘモグロビンの働きにより、肺にある酸素が血管内に取り込まれ、全身の細胞に酸素が運ばれます。

全身の細胞に酸素が運ばれると、細胞内のミトコンドリアは、細胞内の酸素(栄養)を燃料として、糖分や脂肪を燃やし、エネルギーを生成します。

人間の体は、日々新しい細胞が作られることで、生命を維持しており、新しく作られた細胞は細胞分裂を繰り返すことで正常な機能を保つことができます。

新しい細胞が作られるときや、細胞分裂を行うときには、エネルギーが必要となります。

新しい細胞を作り、細胞分裂を活発に行うためには、ミトコンドリアは必須と言うことですね。

卵子や精子も、卵子の元となる細胞や精子の元となる細胞が、細胞分裂することで正常な精子・卵子に成長します。

ミトコンドリアが活性化していない状態では、健康な卵子や精子を作ることが出来ないので、女性の場合は無排卵となったり、男性の場合は無精子症となることもあります。

高齢妊活では、ミトコンドリアを活性化し、健康な卵子・精子を作ることを心がけたいですね。

ミトコンドリアはサプリで数を増やすことは出来ない

ミトコンドリアは物質ではないので、外から補うことはできません

外から補うことが出来ないミトコンドリアは、サプリなどで補うことが出来ないので、ミトコンドリアを活性化する栄養素が入った妊活サプリを飲むと効果的です。

ミトコンドリアサプリの主な成分は「DHA」などの脂質です。

サプリでDHAなどの脂質を補うことで、ミトコンドリアの働きを活性化させようと言うのが、ミトコンドリアサプリの考え方です。

でも、DHAなどの脂質を摂ることでミトコンドリアを活性化するのではなく、ミトコンドリアの動きを活性化する働きがある栄養素(ビタミンB群・鉄分・CoQ10)を摂取したほうが、妊活効果は高いと言えます。

それは、ビタミンB群・鉄分などは妊活必須成分でもあり、妊活に向けた体作りでは必要な栄養素でもあるからです。

高齢妊活の方は、ミトコンドリアを活性化させる栄養素(ビタミンB群・鉄分・CoQ10)が含まれた妊活サプリを選ぶことをおすすめします。

 

⇒妊活サプリ「マカナ」はミトコンドリアを活性化する栄養素が含まれており、高齢妊活におすすめです。

 

 

 

女性が35歳以上で高齢の卵巣の質の著しい低下は妊活サプリで補いたい


女性の卵巣の質は、個人差がありますが、年齢ともに低下するのは間違いありません。

現在では、卵巣の年齢を数値で知ることができるようになってきました。

卵巣の年齢を知るためには、AMH(アンチミューラリアンホルモン)検査が必要になります。

血液中のAMH値を検査すれば、ホルモンの量から卵巣内にどれくらい卵の数が残っているからわかります。

検査費用は、保険適用外で6千円~8千円程度です。

検査にかかる時間は血液検査なので20分ぐらいで、検査結果は2週間後ぐらいになります。

年齢別ののAMH値の基準値

年齢AMH値の目安
25~307ng/ml
30~356.31 ng/ml~4.75ng/ml
36~403.82 ng/ml~3.18mg/ml
41~452.44 ng/ml~1.31ng/ml
46~50 1.00ng/ml以下

 

引用元:https://wotopi.jp/archives/14342

一般的には、AMH値が1ng/ml以下の方は、サプリでどうこうできる話では、ありませんので不妊治療を急ぐ必要があります。

今すぐページを閉じて、産婦人科医に相談してください。

ただし、二人目や三人目の妊娠では、AMH値が1ng/ml以下の方であっても自然妊娠をすることができることもあります。

妊活が大変なのは30歳からという認識にした方がよい

この表をみるかぎり、妊活が大変なのは、一般的に言われている35歳や40歳というより30歳からと考えたほうがよさそうです。

また、1ng/ml以上であれば、AMH値と妊娠率は必ずしも一致しているわけではありません。

卵巣年齢が高くても妊娠した例はたくさんありますので、あくまで参考値としてくださいね。

とは言っても更年期と呼ばれる年齢の妊活はかなり難しいと思って間違いないと思います。

高齢の方は、妊娠が難しいだけでなく、妊娠しても流産しやすいことも問題なので、妊活サプリのサポートが必要だと思います。

 

 

 

 

40代の高齢になった卵子を妊活サプリで抗酸化しよう

女性が一生のうちに作られる卵子の数は決まっています。

そして、卵子は卵胞をもとに作られています。

この卵胞は新しく作られるのではなく、胎児にいるときから存在しています。

卵子の元の卵胞は、新しく作られるのではないので、少しずつ劣化していきます。

この卵胞の劣化が加齢とともに卵子の劣化につながっています。

劣化は細胞が酸化することで起きますので、参加を防ぐことで劣化を防ぐことができます。

ビタミンCの抗酸化作用

ビタミンCは卵子の老化を防ぐ働きがあります。

ビタミンCは、抗酸化作用がとても強く、活性酸素を除去することができます。

不妊の原因の1つに卵子の老化がありますが、ビタミンCによって卵子の老化を少しでも遅らせることで妊娠しやすい体質にすることができます。

ビタミンcは、パプリカ、バナナ、柿、キウイ、グレープフルーツ、イチゴ、カリフラワー、モロヘイヤなどに含まれています。

ビタミンEと一緒に取ることで相乗効果で活性酸素の除去効果が強まります。

ビタミンEの抗酸化作用

ビタミンEは、ビタミンE自体が参加されることによって不飽和脂肪酸の酸化の連鎖をくいとめます。

ヒトの体は細胞の集まりで、細胞は不飽和脂肪酸を多く含むリン脂質で構成された細胞膜で保護されています。

この不飽和脂肪酸が酸素と結びつき酸化されるといわゆる参加したという状態がおきます。

ビタミンEは自らを酸化させることによって、不飽和脂肪酸の参加を食い止めています。

ビタミンEは、アーモンド、ひまわりの種、落花生などのナッツ類、植物油、小松菜、ほうれんそう、アボカド、アスパラガス、カボチャ、うなぎなどに含まれています。

ビタミンCと一緒に取ることで相乗効果で優れた抗酸化作用の働きをします。

抗酸化作用がある栄養素が入っている妊活サプリを選びましょう。

 

 

 

カルシウム入りの妊活サプリでカルシウム不足対策

胎児の骨は、母親の骨のカルシウムを使って使われるので、妊娠中はカルシウム不足になる人がほとんどです。

そうならないためには、妊活中にカルシウムを摂取して、いわばカルシウム貯金しておく必要があります。

カルシウムをとったから妊娠しやすくなるわけではないのですが、妊娠に備えて重要な栄養素であることは間違いありません。

牛乳、煮干し、干しエビ、ヨーグルト、チーズ、豆腐、ゴマ、モロヘイヤ、小松菜、イワシ、サケ、サバ、シシャモなどです。

吸収率は牛乳が40%、魚類が33%、野菜類が19%となっています。

 

 

 - , , , , ,