妊活サプリの夫婦

[ 女性の妊活サプリ効果]夫婦におすすめの葉酸サプリ

[女性の妊活サプリ効果 ]妊活サプリを夫婦で飲むメリットと妊活効果

女性の妊活サプリ効果は「受精率アップ」「着床率アップ」「卵子の質を高める」などが期待されます。着床には、「卵子の質」と「受精卵の質」の2つが必要です。受精卵の質は、健康な卵子と健康な精子が必要であり、夫婦で妊活サプリを飲むことで高い妊活効果が期待できます。

 

妊娠成立までのプロセスには「女性」だけではなく、「男性」の協力は不可欠です!

妊活サプリを夫婦で飲むメリットは「受精率アップ」「着床率アップ」です。

夫婦で妊活サプリを飲めば妊活効果アップ(´∀`)

夫婦に必要な妊活必須成分を全て含む妊活サプリはこちらから。

 

 

妊活サプリで期待できる女性への効果1:卵子の質を高める

妊活サプリの女性への効果 卵子の質を高めるために必要なこと

質の高い卵子は、「受精率が高い卵子」「先天性異常の確率が低い卵子」を言います。

妊活サプリを希望する方は、「早く妊娠したい!」と言う気持ちはもちろんですが、「健康な赤ちゃんを早く妊娠したい!」と言う方が大半ですよね?

健康な卵子を作る力があれば、「早く授かりたい!」と言う思いと「健康な赤ちゃんを授かりたい!」と言う思いの両方が叶う可能性が高くなります。

でも、健康な赤ちゃんを授かるためには、「健康な卵子」と「健康な精子」が受精する必要があります。

妊活サプリを夫婦で飲む理由は、「健康な卵子を作ること」と「健康な精子を作ること」です。

「健康な赤ちゃんを早く授かりたい!」と言う方は、夫婦で妊活サプリを飲むことをおすすめします(´∀`)

夫婦に必要な妊活成分を全て含む妊活サプリはこちらから

卵子の質を高めるために必要なこと1:卵子の老化・劣化を緩める

卵子の老化・劣化について

卵子の老化による影響

画像引用元:浅田レディースっクリニックより

女性は胎児の段階から卵子の元となる細胞(原子細胞)を卵巣の中に蓄えており、出生時には原子細胞の数は200万個であり、その後は自然と減少していき、月経が開始することには30万個ほどに減ってしまいます。

原子細胞は出生後に増えることはなく、月経が開始すると年間では1万個以上の原子細胞が減少すると言われています。

卵子の元となる細胞は出生時より卵巣内にあり、その後は新しく作られることがないため、年齢を重ねるごとに老化・劣化していきます。

卵子の老化による影響は、「染色体異常の確率が上昇」することで、受精率・着床率ともに低下します。

卵子の劣化・老化の原因となる活性酸素について

画像引用元:理化学研究所

卵子の元となる細胞が老化・劣化してしまう原因は、「活性酸素による体内へのダメージ」だと言われていますが、はっきりとした原因は特定できていません。

呼吸を通して取り入れた酸素の約2%ほどが、活性酸素に変わると言われており、活性酸素が増えすぎてしまうことで健康な細胞が酸化し、老化に繋がると考えられています。

活性酸素が増えることで体内は酸化するため、全身の細胞がダメージを受け「細胞の変異」「遺伝子の破壊」「細胞の死滅」などが起き、卵子の元となる細胞もダメージを受け劣化・老化していきます。

活性酸素の発生は、大気汚染や電磁波など環境を原因とするものや、食生活の乱れ・強いストレス・睡眠不足・運動不足などの生活習慣が原因となるものもあります。

活性酸素の攻撃から身を守るために、体内では活性酸素から酸素を奪い攻撃力を低下させる「抗酸化酵素」の働きにより、老化減少から身を守っています。

でも、「抗酸化酵素」の働きは、年齢とともに低下し、30歳を超えたあたりから急激に減少を始めることが分かっています。

抗酸化酵素の働きは年齢とともに減少するため、食事やサプリメントなどで「抗酸化作用の強いもの」を積極的に摂取することで、体内の老化・劣化のスピードを緩めることが分かっており、卵子の元となる細胞の老化や劣化のスピードを緩めることもできると期待されています。

健康な卵子を作るためには、卵子の元となる細胞を「活性酸素」から守る必要があり、妊活サプリを選ぶ時は、強い抗酸化作用のある「ビタミンE」が豊富に含まれるものを選ぶことをおすすめします。

体内の細胞の老化や劣化は、女性だけでなく男性にも起こることであり、健康な精子を作る過程でも、細胞の老化・劣化を予防することが重要です。

健康な卵子・健康な精子を作るために、強い抗酸化作用のある「ビタミンE」を高配合した妊活サプリをおすすめします(´∀`)

卵子の老化・劣化を緩める成分:ビタミンE

妊活必須成分の1つとして「ビタミンE」があり、強力な抗酸化作用を持つ成分であり、卵子や精子の元となる細胞の老化や劣化を予防する成分として期待されています。

卵子や精子の老化や劣化の原因となる「活性酸素の増加」は、生活習慣や環境などによるものだけでなく、年齢とともに活性酸素を除去する力が弱くなることが分かっています。

活性酸素が増加することで体内では、細胞の老化・劣化が加速し、全身に老化減少が現れます。

ビタミンEは、強力な抗酸化作用があることが分かっており、体内に発生した活性酸素を除去する働きをもっており、妊活では必須の栄養素と言えます。

妊活サプリを選ぶ時は、ビタミンEが高配合のものを選ぶことをおすすめします(´∀`)

ビタミンEの生殖機能を維持する効果

ビタミンEの化学名であるトコフェロールは、「子どもを生ませる」という意味です。
ビタミンEは副腎や卵巣にも蓄えられ、女性ホルモン男性ホルモンなどを含むホルモンの代謝に関わっています。性ホルモンなどの生成や分泌の調整をする脳下垂体 に働きかけて生殖機能を維持し、月経前のイライラ、生理痛、生理不順などを改善する効果があります。(一部省略)最近では、ビタミンEと排卵誘発剤を併用すると妊娠率が上がるという報告もあり、不妊治療や更年期障害の治療に使用されることもあります。男性もビタミンEの投与によって、精子数の増加や精力を高める効果があるといわれています。

引用元:ビタミンEとは(わかさ生活)

 

 

卵子の質を高めるために必要なこと2:血流改善で卵巣機能を活性化

妊活サプリの女性への効果 血流改善で子宮機能を改善するポイント

卵子の質を高めるためには、卵子の元となる細胞が十分に成熟する必要があります。

卵子の元となる細胞を十分に成熟させるためには、卵巣機能が活性化していることが重要です。

卵巣機能の活性化には卵巣の血流を改善する必要があり、卵巣の血流量が増加することで卵子の元となる細胞が十分に成熟して、健康な卵子を作ることができると考えられます。

では、卵巣の血流を改善するにはどうしたら良いのでしょうか?

「なかなか授からない」と言う方の多くが冷えや貧血であることをご存知でしょうか?

体が冷えていたり、貧血の状態では卵巣などの全身の臓器や細胞に血液を送ることができないので、機能が低下してしまいます。

冷え症や貧血の状態で卵巣機能が低下していると、どのようなことが起こるのでしょうか?

卵巣機能が低下することで、妊娠に向けた体つくりに欠かせない「女性ホルモンのバランスを整える」ことが難しくなります。

女性ホルモンと妊娠に向けた体作りについて

月経周期と基礎体温の関係について

妊娠に向けた体作りに必要なホルモンは、エストロゲンプロゲステロンの2種類です。

エストロゲンは生理終了後~排卵日のころに分泌が促進され、主に卵子の元となる細胞を成熟させ卵子を放出させる役割があります。

プロゲステロンは排卵後~生理開始のころに分泌が促進され、主に子宮内膜を厚くし着床に向けた子宮環境を整える役割があります。

冷えや貧血がなく卵巣に十分な血液が運ばれていれば、卵巣機能は活性化し、女性ホルモンのバランスを調整し、妊娠に向けた体つくりが可能となりますが、冷えや貧血があると卵巣に十分な血液が運ばれないため卵巣機能は低下し、女性ホルモンのバランスが乱れ、妊娠に向けた体つくりができません。

つまり、妊娠に向けた体つくりには「女性ホルモンのバランスを整えること」が重要と言えます。

女性ホルモン(エストロゲン)の分泌場所について

卵子の元となる細胞を成熟させ卵子を放出する働きをするエストロゲンは、卵巣内の「卵胞」から分泌されます。

エストロゲンの分泌を促進させるためには、エストロゲンの分泌をコントロールしている「脳視床下部」に働きかける必要があります。

エストロゲンの分泌は、脳視床下部⇒脳下垂体⇒卵巣の順で指令が伝わり、脳視床下部は「エストロゲンの量が適切がどうかを監視する」司令塔の役割があります。

脳視床下部に「エストロゲンの分泌促進」を指令させるためには、プロゲステロンが重要な役割をします。

女性は月経の周期に合わせてエストロゲンとプロゲステロンの分泌量を増減させており、エストロゲンの分泌のためには「プロゲステロン」の分泌が急激に低下したシグナルを送る必要があります。

プロゲステロンは、排卵後に妊娠が成立しなかった時は、急激に分泌量を低下させ、次の月経に備えます。

プロゲステロンの分泌量が増加している時は、基礎体温は高温期となっていますが、排卵後に妊娠が成立せずプロゲステロンの分泌量が急激に低下すると基礎体温は低温期となります。

脳視床下部では、急激に低体温となったシグナルを受け取り、「エストロゲンの分泌を促進」するように指令を送ります。

つまり、エストロゲンの分泌を増やすためには、プロゲステロンとのバランスが重要であり、妊娠に向けた体つくりではホルモンバランスを整えることが欠かせないと言えます。

女性ホルモン(プロゲステロン)の分泌場所について

プロゲステロンは、卵巣内の「黄体」と呼ばれる場所から分泌されます。

排卵の仕組みは、卵子の元となる細胞が成熟し卵胞となり、十分に成長した卵胞から1つの卵子が放出されることを排卵と言い、黄体とは排卵後の卵胞が変化したものを言います。

プロゲステロンは、エストロゲンと同じく、脳視床下部⇒脳下垂体⇒卵巣の順で分泌の指令がだされます。

プロゲステロンは、排卵後にエストロゲンの分泌量が低下することで、脳視床下部から「プロゲステロンを分泌する」ように指令が出されます。

つまり、プロゲステロンの分泌にはエストロゲンの分泌量の変化が必要であり、妊娠に向けた体つくりではホルモンバランスの改善が重要と言えます。

血流の改善と妊活効果について

血流の改善により2つの妊活効果があると考えられます。

1つ目は、卵巣に十分な血液が運ばれることにより卵巣機能が活性化し、卵子の元となる細胞に十分な栄養や酸素を送ることができること。

2つ目は、女性ホルモンの分泌をコントロールする脳視床下部に十分な血液が運ばれることで、情報の伝達や指令がスムーズに行われることで、ホルモンバランスを整えることができる。

血流改善のためには、造血ビタミンと呼ばれる「葉酸」の摂取が効果的と言われています。

葉酸は、血液成分の1つである「赤血球」の生成に重要な役割を持ち、葉酸を摂取することで、全身に酸素や栄養を含む血液を届けることができ、卵巣の機能改善やホルモンバランスの調整が可能になると考えられます。

妊活では葉酸は必須栄養素の1つであり、質の高い卵子を作るために不可欠な栄養素と言えます

血流を改善し卵巣機能を活性化する成分:葉酸

葉酸は、血液成分の1つである「赤血球」の生成に重要な役割を持ちます。

赤血球は、肺にある酸素を血管内に取り込む働きがあり、赤血球の働きにより全身に十分な酸素や栄養素を含んだ血液が運ばれます。

赤血球は血液細胞の1つであり、葉酸は細胞の生成や分裂の際に不可欠な栄養素です。

全身の細胞は、細胞分裂を繰り返すことで成熟した細胞となりますが、葉酸は細胞が分裂する時に重要な役割を持ちます。

細胞が分裂する時に、もともと持っているDNA情報をコピーし、コピーしたDNA情報を共有しています。

葉酸は、DNA情報をコピーする際と、コピーしたDNA情報を性格に共有する役割がありますが、葉酸が不足するとDNA情報のコピーでトラブルが起き間違ったDNA情報をコピーしてしまうことがあります。

赤血球も1つの細胞なので、細胞分裂をすることで成熟した細胞となります。

葉酸が不足すると赤血球細胞を正常に成長させることができなくなるため、血液中の赤血球が減少してしまいます。

赤血球が減少することで、全身に十分な酸素や栄養が含まれる血液を届けることができなくなります。

卵巣に十分な血液を運び卵巣機能を活性化するために、葉酸を十分に摂取することをおすすめします。

卵巣機能の活性化は、卵子の元となる細胞に十分な血液を送り、健康な卵子を作るサポートをすることができます。

葉酸摂取とホルモンバランスの改善効果について

葉酸の血流改善効果により、ホルモンバランスをコントロールしている「脳視床下部」への血流が改善することで、女性ホルモンの分泌を適切にコントロールすることができるようになります。

冷えや貧血があると、女性ホルモンの分泌をコントロールしている「脳視床下部」に十分な血液を届けることができないため、女性ホルモンの分泌のコントロールができなくなり、ホルモンバランスが乱れます

女性ホルモンは「脳視床下部」にコントロールされているため、脳視床下部に十分な血液を届けることでホルモンバランスが改善することが期待されます。

妊活では葉酸は必須栄養素の1つであり、葉酸の働きをサポートする「ビタミンB6」「ビタミンB12」「ビタミンC」を同時に摂取することで葉酸の働きが高まります。

妊活サプリを選ぶ時は、葉酸400μg/1日の含有があり、ビタミンB群・ビタミンCが高配合のものを選びましょう(´∀`)

 

 

 

卵子の質を高めるために必要なこと3:ホルモンバランスの改善

妊活サプリの女性への効果 ホルモンバランスを改善するポイント

質の高い卵子は主に「エストロゲン」の働きに影響されます。

エストロゲンは、卵子の元となる細胞を成熟させる働きがあります。

エストロゲンは、卵子の元となる細胞を成熟させ卵胞を作り、十分に成長した卵子を放出させます。

エストロゲンが不足すると、成熟した卵子を作ることができないため、無排卵となったり、排卵されても受精能力の低い卵子となります。

エストロゲンの分泌にはプロゲステロンの存在が重要であり、ホルモンバランスを改善しなければエストロゲンの分泌を促進することはできません。

ホルモンバランスが乱れる原因について

ホルモンバランスと自律神経に深い関係があることをご存知でしょうか?

自律神経のコントロールと、ホルモン分泌のコントロールは、同じく「脳視床下部」が司っています。

自律神経が乱れるとホルモンバランスが乱れ、ホルモンバランスが乱れると自律神経も乱れるというように相関関係があります。

では、自律神経の乱れやホルモンバランスの乱れはなぜ起きるでしょうか?

自律神経やホルモンバランスが乱れる原因は、ストレス・食生活の乱れ・睡眠不足・運動不足などです。

これらの特徴は、自律神経やホルモンバランスを調整している「脳視床下部」への血流が低下することにあります。

ストレスを感じると怒りや恐怖と言った感情から体には力が入り血管はギュっと細く締まります。

血管が締まることで全身の血流は低下し、自律神経やホルモンバランスを調整している脳視床下部への血流も低下し、自律神経やホルモンバランスをコントロールすることができなくなります。

血流の低下が自律神経の乱れやホルンモンバランスの乱れに影響していることが分かりますね。

ホルモンバランスと卵子の質について

ホルモンバランスが乱れると、卵子の元となる細胞を成熟させるエストロゲンと言う女性ホルモンの分泌量が低下します。

エストロゲンの分泌量が低下すると、卵子の元となる細胞は成熟した卵胞を作ることができなくなったり、十分に成長できずに排卵が困難になったりします。

エストロゲンの影響によりプロゲステロンと言う女性ホルモンが分泌されますが、エストロゲンの分泌量が低下しているとプロゲステロンの分泌が促進されません。

プロゲステロンは、排卵後の卵胞から分泌されるため、エストロゲンの分泌量低下により十分に成熟できなかった卵胞からは十分なプロゲステロンを分泌することができません

つまり、ホルモンバランスが乱れていると、卵子の元となる細胞を成熟させ、十分に成長した卵子を作ることができないため、質の高い卵子をサポートするためには、ホルモンバランスの改善が必須と言えいます。

ホルモンバランスの改善に必須の妊活成分は「マカ」であり、マカ含有の妊活サプリを飲むことで高い妊活効果を期待することができます(´∀`)

 

ホルモンバランス改善のために必要な成分:マカ

マカは女性ホルモンの「エストロゲンと似た作用を持つ」と言われており、ホルンモンバランスの改善に必須と言えます。

エストロゲンとプロゲステロンの2種類の女性ホルモンがバランス良く分泌されることで妊娠に向けた体作りが可能となります。

マカは、鉄分や亜鉛といったミネラル必須アミノ酸などが豊富に含まれています。

マカに含まれるアミノ酸の中でも、「アルギニン」は特にホルモンバランスの改善に効果的と言われています。

女性不妊症へのアルギニンの効果

体外受精、妊娠しにくい等の不妊治療中の患者34名を2グループに分け、一方(17名)に従来の方法を、他方(17名)に従来の方法に加えアルギニン(16,000g/日)を摂取させた。結果、アルギニン摂取グループでは卵母細胞および胚の増加が見られ、うち3名の妊娠が認められた。一方、従来の方法のグループには妊娠は認められなかった。また、アルギニンによる副作用は見られなかった

引用元:Adjuvant L-arginine treatment for in-vitro fertilization in poor responder patients.

上記のレポートのように、アルギニンの摂取により卵母細胞(卵子の元となる細胞)と胚(受精卵)が増えたとの報告から、アルギニンは成熟した卵子をサポートし、受精率の高い卵子を作る効果があると考えられる。

日本産マカはアルギニンが豊富に含まれる

マカサプリなどの含まれるマカの大半がペルー原産のマカです。

日本産のマカと、ペルー産のマカは栄養素の含有量に差があります。

日本産のマカは、ホルモンバランスの調整に欠かせない「アルギニン」の含有量がペルー産のマカに比べて高く、妊活効果が期待できます。

日本産のマカは、アルギニン以外にも妊活に必要な成分の含有量が高いため、妊活サプリを選ぶ時は「日本産マカ」配合のものを選びたいですね

女性ホルモンの分泌を促進する亜鉛

マカに豊富に含まれる亜鉛は、女性ホルモンの分泌を促す作用があり、女性も男性も亜鉛が不足すると性ホルモンの分泌量が低下します。

亜鉛は脳下垂体で作られる卵胞刺激ホルモン(FSH)や黄体形成化ホルモン(LH)の働きを促進する効果があります。

卵胞刺激ホルモンや黄体形成化ホルモンの分泌が促進されることで、エストロゲンやプロゲステロンの分泌が促進されるため、亜鉛の摂取はホルモンバランスのコントロールに重要と言えます。

また亜鉛は、男性ホルモンであるテストステロンの生成に必要な栄養素であり、亜鉛が不足すると精子の量や質が低下するため、受精率が低い精子となります。

亜鉛の摂取は、女性にも男性にも必要であり、ホルモンバランスの改善に不可欠な栄養素と言えます。

 

 

妊活サプリで期待できる女性への効果2:受精率アップ

女性の年齢と妊娠率の推移

<自然妊娠と女性の年齢の関係>

年齢 自然妊娠率(1回の周期ごと)
25歳 25~30%
30歳 25~30%
35歳 18%
40歳 5%
45歳 1%

 

女性の加齢と共に妊娠率(受精率)は減少します。

女性は胎児の頃から卵巣内に、卵子の元となる細胞(原子細胞)を蓄えており、その数は700万個ほどと言われています。

出生時には、原子細胞は200万個まで減少し、月経開始のころには20~30万個まで減少します。

原子細胞は日々減少を続け、月経開始後は毎月1,000個ほどが減少し、1年で12,000個ほどが減少します。

月経開始の平均年齢が10~13歳(小学校5年~6年生)なので、その後は1年で12,000個ほど減少を続けます。

月経開始時の原子細胞(卵子の元となる細胞)の数が30万個だとすると、初潮を迎える10歳から1年で12,000個ずつ原子細胞が減少を続けると、20歳で原子細胞の残りは18万個になります。

35歳で原子細胞(卵子の元の細胞)はほぼなくなる

30歳では原子細胞の残りは6万個まで減少し、35歳で原子細胞はほぼなくなってしまいます

卵子の元となる細胞(原子細胞)は新しく作られることのない細胞なので、なくなってしまったら妊娠を望むことはできません。

出生時より卵巣内にある原子細胞は、その人の年齢と同じ年齢だと言えます。

20歳の人の原子細胞は20歳であり、30歳の人の原子細胞は30歳であり、原子細胞は年齢と共に加齢が進みます。

加齢と共に原子細胞が老化するため、女性は年齢を重ねるほどに妊娠率が低下していくのです。

加齢と共に原子細胞(卵子の元の細胞)は老化・劣化する

女性は年齢を重ねると、原子細胞(卵子の元となる細胞)は減少を続け、卵巣内に蓄えられていた原子細胞も老化・劣化します。

原子細胞が年齢と共に老化・劣化する原因ははっきりとは解明されていませんが、活性酸素によるダメージなど体の老化減少が原因ではないかと言われています。

人は普段の生活の中で、さまざまなストレスを抱えたり、日常生活・食生活などが乱れたり、睡眠不足・運動不足などの理由で体内で活性酸素が発生します。

活性酸素は体内を酸性に傾け、さまざまな老化現象を引き起こします。

活性酸素のダメージは細胞の死滅・破壊などから始まり、活性酸素が増加すると卵子の元となる細胞を十分に成長させることができなかったり、成長段階で染色体にエラーが起きるなどのトラブルが起きます。

十分に成長できなかった卵子は排卵する力がないので無排卵になったり、排卵ができても受精能力が低かったり、染色体異常のある卵子の場合は受精が難しく、受精できても着床ができなかったり流産率が高くなります。

受精率アップのカギは質の高い卵子を育てること

質の高い卵子は染色体異常などがないため受精率が高くなります。

受精率は卵子だけでは成立しないので、精子の質も重要になります。

受精率は質の高い卵子と質の高い精子が出会った時に上昇します。

卵子または精子のどちらかの質が悪いと受精率が低くなってしなうので、妊活は夫婦で取り組んだほうが効果的と言えます。

 

 

受精率アップのために必要なこと1:卵子の正常な成長

卵子の成長な成長 原子細胞から排卵までの過程

<画像引用元:病気が見えるVOl.9 メディックメディアより>

 

原子細胞(卵子の元となる細胞)は、1つの未熟な卵子(一次卵母細胞)をもっており、月経の周期に合わせて自主的に15~20個ずつ成長を開始します。

その後、原子細胞は細胞分裂を繰り返しながら卵胞の状態に近づいていきます。

原子細胞の成長から4ヶ月ほど経つと帯状卵胞となり、2~5ミリほどの大きさに成長すると、月経周期に合わせて放出される女性ホルモン(エストロゲン)の影響を受けて成熟卵胞へとさらに成長をします。

ホルモンバランスの異常があると、エストロゲンの分泌量が低下しており、卵胞を成熟させることができません。

成熟卵胞はさらに成長をつづけ、20mmほどの大きさまで成長した卵胞から毎月1つの卵子が放出されます。

卵胞が十分に成熟しなければ卵子を放出することができないため、毎月生理はあるのに無排卵であったり、月経不順の原因となったりります。

原子細胞から卵胞まで成長し排卵に至るまで、おおよそ6ヶ月かかると言われています。

正常な卵子の成長には6ヶ月が必要であり、この間にも毎日、原子細胞は減少を続けています。

質の高い卵子を作るためには、1日も早く妊活サプリなどで妊活必須成分を補うことをおすすめします

卵子の正常な成長に必要な成分:細胞分裂に不可欠な葉酸

卵子は胎児期より卵巣内に蓄えられている卵子の元となる細胞が、細胞分裂を重ねることで卵胞を作り排卵に至ります。

そのため、成熟した卵子が育つまでには細胞分裂が繰り返されています。

1つだった細胞が分裂をする際にはDNA情報をコピーしながら分裂をし、細胞間で情報の伝達を行っています。

細胞には必ずDNA情報が存在し、これが上手くコピーされないと細胞は成長することができなくなります

またDNAのエラーが起きたままの細胞は上手く働くことができず、卵子や精子の細胞でDNAエラーが起きると、先天性異常染色体異常の原因となり、受精率や着床率が低下します。

葉酸は、細胞分裂のサポートに欠かせない栄養素で、葉酸が不足すると卵子の正常な成長ができなくなります

また葉酸は、細胞分裂の際にDNA情報をコピーし、細胞間で情報伝達をする役割があり、葉酸が不足すると細胞のDNAエラーが起きたり、情報伝達がスムーズにできなくなります。

卵子の元となる細胞が細胞分裂を繰り返し、成熟した卵子に成長するまでに、おおよそ9ヶ月かかると言われており、妊娠を希望したらすぐに葉酸を飲むことが望ましいとされています。

妊活サプリを選ぶ時は、葉酸400μg/1日以上を含有し、葉酸のサポート成分であるビタミンB12が配合されているサプリを選びましょう(´∀`)

卵子の正常な成長に必要な成分2:女性ホルモンの生成に欠かせない亜鉛

亜鉛不足と不妊症、その他全身疾患との関係

人体で鉄についで含有量が多いと言われている微量元素が亜鉛です。鉄不足(貧血、低フェリチン)と不妊症の関係について日々お伝えしておりますが、この亜鉛も不妊症とは切っても切れない関係にあります。(当たり前のことなのですが、微量元素とは、どれも人が正常な生命活動を続ける上で必ず必要なものでありますので、これだけはなくても大丈夫とかそういうものではありません。どれも重要で、かつ増えすぎても減りすぎても、何らかの障害が発生するおそれがあります。特に鉄、亜鉛は人体に含まれる1番目と2番目に多い微量元素であることから、その作用は体の機能を維持するために多岐に渡っているということが容易に想像できます。)亜鉛不足と不妊症の関係ですが、排卵や着床に関係する多くのホルモン(エストロゲン、プロゲステロンなどの性ステロイドホルモン、甲状腺ホルモン、インスリン等)の合成作用発現に亜鉛が不可欠とされます。また、男性の場合は精子形成発育にも亜鉛が不可欠であり、男性の亜鉛不足は精液所見不良の原因になります。

引用元:佐久平エンゼルクリニック

亜鉛は男性不妊に効果的と言うイメージを持っている方が多いのですが、女性の妊活においても重要な栄養素です。

受精率アップのためには、質の高い卵子を作る必要があります。

卵子の正常な成長には女性ホルモンの分泌促進が必要であり、亜鉛は女性ホルモンの生合成に深く関係する栄養素です。

卵子の元となる細胞は、細胞分裂を繰り返しながら成長し、一定の大きさまで成長すると月経周期に合わせて女性ホルモンの刺激を受け成熟をはじめ卵胞を作ります。

卵胞はさらに、女性ホルモンの分泌促進により成熟をつづけ、卵胞の大きさが18mm~22mmほどに成長すると1つの卵子が放出されます。

卵胞は卵子を包んでいる細胞であり、卵胞が成熟しなければ排卵することができないため、女性ホルモンの分泌量が低下していると無排卵の原因となったり、生理の周期が乱れる原因となります。

亜鉛は、女性ホルモンの生合成に関係が深い成分であり、女性ホルモンの分泌促進には重要な役割を果たします。

しっかりと成熟した卵子を育てるためには、亜鉛は必須の成分であり、妊活には欠かせない成分の1つと言えいます。

女性用の妊活サプリは、亜鉛が含まれているものが少なく、主に男性用の妊活サプリに多く含まれています。

夫婦で飲むことができる妊活サプリ「マカナ」は亜鉛を豊富に含むマカを配合しているため、十分な亜鉛を摂取することができますよ(´∀`)

 

 

受精率アップのために必要なこと2:精子の正常な成長

精子はどうやって作られるの?

精子はどうやって作られるのか1

 

精子はどうやって作られるのか2

 

精子はどうやって作られるの3

画像引用元:精子の誕生(丘の上のお医者さん)

受精率アップには男性は関係がないと思っている方も多いのですが、受精率アップは「健康な卵子」と「健康な精子」が出会うことが重要になるため、受精率アップには男性の妊活は欠かせないのです!

精子ができるまで

精子は、精子の元となる精粗細胞が精巣内にある精細管の中で細胞分裂をしながら成長を繰り返すことで作られます。

精粗細胞はさまざまなホルモンの影響を受けながら、精母細胞・精子細胞・精子と成長を続け、精巣上体管で男性ホルモンの影響を受けながら成熟をしていきます。

精巣上体管で熟成をする期間は、おおよそ10~20日ほどで、その後は精管で射精の時まで待機します。

精粗細胞が細胞分裂を繰り返し、成熟した精子となるまで(射精するまで)、おおよそ75~80日ほどかかります。

男性は日々、精子が新しく作られているため、常にフレッシュなイメージがありますが、実は75~80日前の細胞を元に精子が作られているので、この成長の期間に精子にダメージを与えることをすると、質の高い精子を作ることができなくなってしまいます

妊活を希望するカップルは、なるべく早く妊活サプリを摂取することで、質の高い卵子・質の高い精子を作ることができます

精子の正常な成長に必要な成分:亜鉛

精子も卵子と同じく、細胞分裂を繰り返し、性ホルモンの刺激を受けることで成熟・成長していきます。

細胞が正常に細胞分裂を行い成長するためには、亜鉛は欠かせない成分の1つです。

亜鉛は男性だけでなく、女性の妊活にも必須の成分と言えいます。

精子は、精子の元となる細胞が細胞分裂をしながら、おおよそ75~80日かけて成熟した精子に成長をし、射精が可能な状態となります。

精子の元となる細胞が正常に成長するためには、性ホルモンの分泌が不可欠です。

精子の成熟には、男性ホルモンであるテストステロンの分泌促進が必要であり、性ホルモンの生合成に深く関わる成分が亜鉛なのです。

そのため、細胞が正常に成長を続け、健康な精子を作るためには亜鉛は必要不可欠であり、妊娠を希望するカップルは亜鉛を積極的に摂ることで受精率アップをすることができます。

妊活サプリ「マカナ」は、亜鉛を豊富に含むマカを配合しており、女性も男性も亜鉛を十分に摂取することができます

 

 

受精率アップのために必要なこと3:排卵日のタイミングを整える

妊活サプリの女性への効果 排卵日を整えるためのポイント

卵子の寿命

女性は月経の周期に合わせて女性ホルモンの分泌を促進することで卵子の元となる細胞を成熟させ、十分に成熟すると排卵に至ります。

排卵期の卵胞の大きさは20mmほどで、十分に成熟した時に卵子が放出され卵巣を飛び出し、卵管の先端にある卵管采に取り込まれ精子を待ちます。

卵子の寿命は排卵が起きてから、おおよそ24時間と言われています。

卵子の寿命は、卵子の質が高いほど寿命が長く、質の低い卵子は寿命が短いので受精率が低くなります。

卵子の寿命は年齢に比例すると言われ、加齢により卵子の寿命は短くなります。

妊娠を希望する方は、卵子の元となる細胞の老化・劣化を予防するためにも、抗酸化作用のあるビタミンEビタミンCを積極的に摂ることで、卵子の寿命が保たれると考えられます。

卵子の寿命は排卵から24時間ですが、実際に受精が可能な時間は、このうちの6~8時間ほどと言われています。

精子の寿命

精子の寿命は女性の子宮内に入ってからおおよそ3日程度(72時間)と言われています。

精子は一度の射精で1~4億個ほどが放出されますが、女性の膣内はウイルスの侵入を防ぐために強力な酸性に保たれているため、酸に弱い精子の大半が死滅します。

膣内の酸性を突破できる精子は射精時の1/100ほどで、さらに卵管内の卵子までたどり着く精子は数十個~数百個ほどに激減します。

男性も女性と同じく、加齢と共に精子の質が低下するため、精子の運動率が低下し、膣内から子宮内に移動することができなかったり、卵管までたどり着けずに受精に至らないケースが増えます。

受精率の高い精子を作るためにも、抗酸化作用の強いビタミンEビタミンCを積極的に摂ることをおすすめします。

排卵のタイミングを整えると受精率アップに繋がる

生理の周期が一定であり、基礎体温がきれいな2層となっている場合は、排卵日はほぼ一定であることが多く、タイミングを取りやすいため受精率アップに繋がります。

でも、生理不順や多嚢胞性卵巣症候群などで無排卵となったり、排卵のタイミングがズレることで受精の確率が低くなります。

受精率アップには排卵のタイミングを整えることが欠かせないのです!

排卵日が予定より前にズレる原因:卵巣機能の低下

卵巣機能の低下にはさまざまな原因があります。

卵巣機能不全の症状として、無排卵月経・不正出血・稀発月経・無月経があります。

卵巣の機能低下は、加齢・ストレス・体調不良などさまざまな原因があり、女性は毎月月経があることで鉄分不足に陥りやすく、卵巣に十分な血液が届けられないことから卵巣の機能低下に繋がることもあります。

女性は常に鉄分不足の人が多く、冷えや貧血の原因となっており、卵巣に十分な血液を届けることができません。

卵巣は女性ホルモンを生成する役割があるため、卵巣機能が低下していると女性ホルモンの生成がスムーズに行えないためホルモンが不足し、卵子を十分に成長させることができません

卵子は十分に成熟していなければ排卵ができなかったり、排卵されても受精能力が低くなったりします。

妊娠を希望する女性は、鉄分不足から起こる卵巣機能の低下を予防するためにも、積極的に鉄分を摂取したいですね(´∀`)

排卵日が予定より後ろにズレる原因:多嚢胞性卵巣症候群などの可能性

多嚢胞性卵巣症候群は、無排卵や不妊症の原因となることが多く、20代女性の不妊原因の多数を占めてます

多嚢胞性卵巣症候群は、卵巣内に男性ホルモンが多いことが原因とされています。

卵巣内に男性ホルモンが増加する原因は、女性ホルモンとインスリンの関係に問題があります。

女性ホルモンは、エストロゲンとプロゲステロンがあり、それぞれが血糖をコントロールするインスリンの分泌に関わるホルモンです。

エストロゲンはインスリンの分泌を促進し、プロゲステロンはインスリンの分泌を抑制します。

エストロゲンは、月経終了後より分泌が促進されるため、月経終了後しばらくはインスリンの効きが良くなるため、血糖値が低めになることがあります。

逆に、月経前はプロゲステロンの分泌が促進されるためインスリンの効きが悪くなり、血糖値が上昇しやすくなります。

このように女性は月経周期の女性ホルモンの影響によりインスリン分泌量がコントロールされるため、何かしらの原因で女性ホルモンのバランスが崩れインスリンの効きが悪くなると、男性ホルモンが増加してしまうと言われています。

卵巣内の男性ホルモンの値が高ければ不妊の原因となります。

多嚢胞性卵巣症候群では、ホルモンバランスの乱れから卵胞の成長が遅く、卵子を成熟させることができません。

そのため、排卵日の期間が長くなったり、無排卵の原因となり受精率が低くなります。

多嚢胞性卵巣症候群に効果が期待できる妊活サプリは唯一「ベジママ」のみです

排卵2日前にタイミングを取る理由

卵子は精子に比べ寿命が短く、実際に受精が可能な時間は6~8時間しかないため、排卵予定日の前にタイミングを取り、排卵より前に精子を卵管内に待機させておくことで受精率が高まります。

排卵日の特定は基礎体温がきれいな2層の人なら判断がしやすいですし、頚管粘液の状態変化、排卵日チェッカーなどで特定することもできます。

排卵日が定まっていればタイミングを取りやすくなるので、受精の確率は上がります。

排卵日当日よりも前日の方が受精率が高い

排卵日が一定であれば、排卵予定日の前日にタイミングを取ることができ、最も受精率が高い日を狙うことができます。

卵子は実際に受精が可能な時間が6~8時間しかないため、精子が先に卵管内で待機しておくのが効果的です。

排卵日のタイミングを整える成分:マカ

排卵日のタイミングを整えるためには、ホルモンバランスを整える必要があります。

卵胞の成熟に十分な女性ホルモンが分泌できていれば、卵子はタイミング通りに成長し、排卵日の特定が容易になります。

ホルモンバランスの調整にはマカが効果的です。

ホルモンバランスの調整には、マカに含まれる鉄分・亜鉛などのミネラルや、アミノ酸などが必要です。

マカに含まれる亜鉛は女性ホルモンの生合成をサポートする成分であり、ホルモンの分泌促進には欠かせません。

マカに含まれる鉄分は卵巣の血流量を増加させることで卵巣機能を活性化する働きがあり、卵巣で作られる女性ホルモンの分泌促進には鉄分は欠かせません。

また、マカには女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをする成分があることが分かっており、ホルモンバランスの改善に期待ができます。

ホルモンバランス改善には、エストロゲンとプロゲステロンが必要な時期に必要な量の分泌をすることが重要であり、月経周期に合わせてお互いのホルモンが増減するシグナルにより必要なホルモン分泌が促進されます。

マカの摂取によりエストロゲン様の作用をすることで、プロゲステロンの正常な分泌が期待できるため、マカ摂取はホルモンバランスの改善に繋がると言えます。

妊活サプリ「マカナ」は国産100%のマカを高配合しており、ホルモンバランスの改善に期待が持てます

 

 

 

妊活サプリで期待できる女性への効果3:着床率アップ

受精から着床までの様子

画像引用:初めてでもわかる!秋山先生の不妊治療ABC

日にち 受精卵の状態
0日目 受精後35時間ほどで細胞分裂を開始
1日目 2分割
2日目 4分割
3日目 8分割
4日目 16分割(桑実胚)
5~6日目 子宮に到達
7日目 着床が始まる
12~13日目 着床終了

 

卵子と精子は受精後、おおよそ35時間ほどで細胞分裂をしながら子宮内に向かいます。

自然妊娠での受精率は20%程度と言われており、1周期での受精率はそれほど高いものではありません。

受精日を0日目とした場合、受精翌日を1日目とカウントし、受精後1日目から細胞分裂を開始し、2分割の細胞になります。

受精後2日目には4分割へ。

受精後3日目には8分割

受精後4日目に16分割となり、受精卵から桑実胚と呼ばれるようになります。

受精後5~6日目には子宮内にたどり着き、着床のタイミングを待ちます。

受精卵の卵割のスピードと着床率について

胚(受精卵)の成長には、卵子の質が関係しています

受精卵の成長は、初期胚(4~8分割卵)までは卵子の力、それ以降は受精卵の力と言われています。4~8分割卵になり、それ以降の分割の進みが遅いということであれば、受精卵の力が弱いということになりますが、やはり採卵した卵子の質に由来するところが大きいでしょう。
分割の遅い受精卵は、一般的に着床率は低いと言われます。

引用元:不妊治療情報センター

上記のように、受精後の卵割は、初期(4~8分割)では卵子の力に影響され、16分割以降は受精卵の力に影響を受けることがわかります。

受精卵は、精子と卵子が結合したものですが、初期段階の受精卵は、卵子の質により卵割のスピードが遅れたり、正常な細胞分裂(成長)ができないと言えます。

着床率アップのためには、質の高い卵子をサポートする必要があり、子宮内環境の改善のみでは不十分と言えます。

受精卵の正常な細胞分裂のためには、葉酸が不可欠であり、着床率アップにも大きく関係しています

着床率アップに必要なこと1:受精卵の正常な細胞分裂

受精卵の正常な細胞分裂に必要な栄養素:葉酸

葉酸はビタミンB群の1種であり、細胞分裂の際に不可欠な成分の1つです。

人は日々新しい細胞を作り、細胞分裂をすることで成長をし、生命の維持をしています。

1つの細胞には必ずDNA構造があり、細胞分裂の際にはDNAをコピーしてDNA情報を細胞間で伝達しています。

葉酸は、DNA情報のコピーや、細胞間での情報伝達をサポートする成分であり、細胞分裂が活発に行われる場所(受精から胎児が成長する過程)で最も必要と言えます。

妊娠を希望している人は、葉酸を積極的に摂ることで質の高い卵子(正常な細胞分裂ができる卵子)をサポートすることが期待できます。

着床率は卵子の質に左右されるため、妊娠を希望する人は積極的に葉酸を摂取し、質の高い卵子をサポートすることをおすすめします(´∀`)

 

 

着床率アップに必要なこと2:着床しやすい子宮環境を作る

妊活サプリの女性への効果 着床しやすい子宮環境を整えるポイント

受精卵の細胞分裂が正常に行えても、着床に至らないことがあります。

着床に至らない時は、多くが子宮内環境に問題があると言えます。

女性は月経の周期に合わせてエストロゲン・プロゲステロンの2種類の女性ホルモンを分泌しており、排卵後に急激に分泌が促進されるのがプロゲステロンです。

プロゲステロンは、子宮壁を厚くし受精卵が着床しやすい子宮内環境を作る働きがあります。

でも、ホルモンバランスの異常などによりプロゲステロンの分泌が促進されないと、着床しやすい子宮内環境を整えることができません。

プロゲステロンは黄体ホルモンと呼ばれ、黄体ホルモンの原料となるのがビタミンEです。

そのためビタミンEは「着床ビタミン」と呼ばれ、着床率アップのためには不可欠な成分の1つと言えます。

子宮内膜の薄い症例に対するビタミンE療法の検討

<目的>子宮内膜が薄いと着床率、妊娠率が低下することが知られている。今回、その対策としてのビタミンE療法の治療効果の検討を目的とした。

<方法・対象>2009年1月から2011年3月までに虹クリニックにてビタミンEとCを投与しながら融解胚移植を受けた24症例を対象とした。平均年齢40.1歳。当院では、子宮内膜の薄い体外受精症例に対して、まずホルモン補充(HR)周期による融解胚移植、次にビタミンE+Cを投与した融解胚移植を適応している。最近ではビタミンE+C投与したHR周期による融解胚移植も行っている。融解胚移植の治療前1~3周期からビタミンE、ビタミンCを内服、妊娠判定まで継続する。子宮内膜厚、着床率、妊娠率を検討した。

<結果>ビタミンE療法時の子宮内膜厚7.4±1.0mm、同一症例の自然排卵周期の子宮内膜厚7.0±1.6mm、HR周期での内膜厚7.7mm、内膜の肥厚率1.1±0.28、ビタミンE療法により子宮内膜は優位に厚くはならなかった

<考察>ビタミンE療法により、子宮内膜はそれほど厚くならないと考えられた。着床率、妊娠率は通常の融解胚移植と同様の結果が得られ、薄い内膜でも着床・妊娠率の引きが上げが期待された

<結論>ビタミンE療法により子宮内膜は厚くはならないが、子宮内膜が薄い状態でも着床率・妊娠率を引き上げる可能性があり、有用と考えられた。

引用元:荻窪病院虹クリニック 荻窪病院産婦人科

 

着床率と子宮内膜の厚さは深い関係があり、子宮内膜が厚い方が着床率が高く、流産率が低いことが分かっています。

上記のように、ビタミンEを補充することで、子宮内膜の厚さに変化は見られないが、子宮内膜が薄い状態でも着床率・妊娠率のアップが期待できるため、ビタミンEは妊活必須成分の1つと言えます。

子宮内膜はどのように作られているの?

子宮内膜は、被覆上皮・間質・腺・血管から構成されています。

子宮内膜は、月経の周期に合わせて増殖・成熟・排出を繰り返しています。

子宮内膜の厚さは、ほとんどが間質の厚さで決まると言われています。

では、妊娠が難しいと言われる「子宮内膜が薄い状態」とは、どのような状態なのでしょうか?

子宮内膜の厚さは間質の細胞数の多い少ないにより左右されます。

加齢や、子宮機能の低下などにより間質の細胞数が減少すると子宮内膜は薄くなり、妊娠が難しい状態となります。

子宮内膜に問題がある場合は、子宮の形態的な劣化のみではなく、機能的な劣化もあらわれるため、さまざまな要因が重なり、着床率・妊娠率の低下に繋がると考えられています。

子宮内膜が薄いと妊娠が難しいと言われる理由

<対象と方法>205症例の自然周期1,035周期(平均35.3±4.2歳、22~45歳)を対象とし、1人あたり4~6手記の着床期における平均内膜厚を経膣超音波断層法で調べ、内膜厚ごとの妊娠率を見た。

<結果>子宮内膜厚は数周期の平均を示し全体の約90%は8mm以上だった。内膜厚が7mm以上あれば症例あたり約50%の妊娠率が期待できるが6mm未満では妊娠例がなかった。したがって正常群を8mm以上薄い群を6mmと定義した。

<子宮内膜の厚さと着床率・妊娠率の関係>

子宮内膜厚mm 症例数 妊娠数 妊娠率%
4mm 3 0 0%
5mm 4 0 0%
6mm 5 20.0%
7mm 9 5 55.6%
8mm 28 10 35.7%
9mm 41 22 53.7%
10mm 50 27 54.0%
11mm 31 14 45.2%
12mm 25 17 68.0%
13mm 6 2 33.3%
14mm なし
15mm 2 1 50.0%
16mm なし
17mm なし
18mm なし
19mm 100%

引用元:薄い子宮内膜の原因と対策(KKR札幌医療センター斗南病院生殖内分泌科 東口篤司)

上記の結果のように、最も着床率・妊娠率が高かったのは、子宮内膜厚12mmの群であり、子宮内膜の厚さと着床率・妊娠率は深く関係していることが分かる。

子宮内膜が薄い原因が、子宮内膜の構成成分である間質の細胞数の減少であるため、加齢や子宮機能の低下が原因である可能性が高いため、老化・劣化を予防することで着床率・妊娠率アップが可能だと考えられる。

着床しやすい子宮環境を作る成分:ビタミンE

ビタミンEは、子宮内膜を厚くする作用がある女性ホルモン(プロゲステロン)の原料となるだけでなく、強い抗酸化作用により、体内の細胞の老化・劣化を予防する効果が期待される。

ビタミンEは、妊活必須成分の1つであり、妊娠を希望する方はビタミンEが豊富に含まれる妊活サプリを摂ることをおすすめします(´∀`)

 

 

着床率アップに必要なこと3:高温相の維持

<月経と基礎体温の変化>

女性は月経の周期に合わせて分泌量を増減させるホルモンの影響により、低温相と高温相の2層の基礎体温となっている。

生理の開始~排卵まではエストロゲンの影響により低温相となり、排卵後よりプロゲステロンの影響により高温相となる。

低温相と高温相の体温の差は0.3℃~0.5℃で、低温相から高温相への移行が2日以内であることが望ましいと言われています。

上記の条件に加え、高温相が12~14日間続くことが理想であり、排卵がスムーズに行えているかどうかの目安となります。

これらの条件は、ホルモンバランスが良い状態であり、卵胞の状態も健康と考えられるため、質の高い卵子が作られている可能性が高いです。

排卵後、受精・着床が行われなかった時は、高温相から低温相に変化し、高温相が続けば着床・妊娠の可能性が高くなります。

 

高温期の維持が必要な理由

高温相の期間は、女性ホルモンであるプロゲステロンの分泌が促進されている期間です。

生理開始~排卵までは、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が促進されており低温相となっていますが、排卵後にプロゲステロンの分泌が促進され高温相となります。

プロゲステロンは、体温をコントロールしている脳内の体温中枢に作用し、基礎体温を0.3~0.5℃上昇させます。

プロゲステロン(黄体ホルモン)には以下の働きがあります。

①基礎体温の上昇

②子宮内膜を厚くする

③乳腺を発達させる

着床率アップのためには子宮内膜を厚くする必要があるため、プロゲステロンの分泌が促進される必要があります。

高温相の維持に必要な成分:ビタミンE

高温相の維持には黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が促進される必要があります。

ビタミンEは、女性ホルモンである黄体ホルモン(プロゲステロン)の原料となるため、妊活必須成分の1つと言えます。

ビタミンEには子宮内膜を厚くする効果はないが、薄い子宮内膜であっても着床・妊娠率を上げる効果があることが分かっており、妊活では積極的に取りたい成分と言えます。

また、妊娠の成立には基礎体温が低温相と高温相の2層になっていることが重要であり、低温相で分泌されるエストロゲンと、高温相で分泌されるプロゲステロンがバランスよく分泌されることが必要です。

プロゲステロンは、排卵後にエストロゲンの分泌量が急激に低下することが分泌のシグナルとなるため、基礎体温がきれいな2層になっていることは、プロゲステロンの分泌を促進するために重要になります。

エストロゲンとプロゲステロンはお互いが作用しあって妊娠に向けた体作りをするため、ホルモンバランスが整っていることが妊娠の条件とも言えます。

高温相を維持し、妊娠に向けた子宮環境を整えるためにもプロゲステロンの原料となるビタミンEは重要な成分と言えます。

妊娠を希望している方は、積極的にビタミンEを摂ることをおすすめします(´∀`)

 

 

[妊活サプリの女性への効果]女性ホルモンのバランスを改善するサプリの選び方

妊活サプリの女性への効果は「ホルモンバランス」の改善です。女性ホルモンのバランスを改善する栄養素・成分を含む妊活サプリを選び方を紹介します。

妊活サプリの女性への効果 ホルモンバランスの改善に必要なポイント

 

 

[妊活サプリの女性への効果]ホルモンバランスの改善効果について

妊活サプリの女性への効果は「ホルモンバランスの改善」があります。女性ホルモンのエストロゲンプロゲステロンがバランスよく分泌されることは、妊娠に向けた体作りで必須です。妊活サプリでホルモンバランスの改善が期待できる理由について紹介します。

妊活サプリの女性への効果 ホルモンバランスが改善する理由について

妊活サプリの成分は女性のホルモンバランスを整える役割があります。

夫婦で妊活サプリを飲んでも、女性ホルモンのバランスを整えるのは女性しかできません。

ホルモンバンスの正常化は、妊活に重要な役割をしています。

女性のホルモンバランスは、エストロゲン(女性ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の安定した分泌の事を言います。

生理後から排卵まではエストロゲンが高めで、プロゲステロンは低い状態です。

ここでは、女性ホルモンであるエストロゲンについて解説していきます。

エストロゲンは、女性の体を作るために様々な働きをしていますが、妊活中の女性にとって、妊娠に備えて卵巣の中の卵胞を成熟を促す働きが重要だと思います。

エストロゲンは、血液検査で調べることができます。

卵放期 25 ~ 195(pg/ml)
排卵期 66 ~ 411(pg/ml)
黄体期 40 ~ 261(pg/ml)
閉経後 40以下(pg/ml)

もし、エストロゲンが基準値より低い場合には、無排卵発育不全黄体機能不全の可能性が考えられるようになります。

つまりエステロゲンの数値は、妊活に深い影響があると言えます。

また、過度のダイエットを繰り返すことによって、体に脂肪が無さ過ぎる場合はエストロゲンの分泌が少ないので注意しましょう。

逆に肥満は内分泌系へ悪影響もあるので、あまりに太り過ぎというのも妊活には良くないです。

妊活サプリの成分の葉酸の効果

妊活サプリの重要な成分の1つである葉酸は、産婦人科で処方されるぐらい一般的なものになっています。

多くの人が妊活=葉酸と考えています。

わざわざサプリを飲まなくても、葉酸が含まれている食品は、たくさんあります。

とくに緑黄色野菜は「妊娠ビタミン」と呼ばれるぐらい葉酸が豊富です。

しかし、葉酸は熱や水にとても弱く、調理された状態では、多くが破壊されてしまいます。

また、葉酸の吸収率はとても悪く、摂取した量の50%程度しか吸収されない事が確認されています。

葉酸サプリには妊活中の女性の自律神経を整えることでホルモンバランスで整え、エステロゲンの量を増やす役目があります。

自律神経が整うことで卵巣の働きも良くなり、エステロゲンの分泌量が増えていきます。

自律神経に問題がある理由

自律神経である交感神経と副交感神経が状況に応じて切り替わり、体のバランスを整えています。

もちろん、卵巣の働きも自律神経の影響を受けています。

自律神経の乱れを葉酸で改善するのは限界があります。

自律神経の乱れの原因は、ストレスや不規則な生活など生活習慣であることが多いからです。

まずは、極力ストレスがない生活にすることが妊活にはとても大事な事なのです。

卵巣は、夜8時に寝ると言われています。

卵巣は、それほど休息が必要な器官なのです。

卵巣を安ませるためには、女性自身も早めに休む必要があります。

残業や夜の付き合いはなるべく控えましょう。

特に排卵日前後は定時に仕事を切りあげて卵巣に休息をしっかり与えることが大切です。

スポーツインストラクターはどう考えても健康体だと思うのですが、妊活が長期化するというデーもあります。

健康を売るスポーツインストラクターの健康調査でも、夜のレッスンを持っている人ほど、妊娠しにくいというデータがあります。(2009年、アクアセラピーシンポジウム 浅井より)

引用:https://allabout.co.jp/gm/gc/408943/

「生理が不規則なんだよね~」で済ませず、まずは生活習慣を変えてみることが大切だと思います。

一方、生理不順でも世の中にはいくらでも妊娠している人はいるので、ストレスが増えるような生活習慣の改善も避けるべきだと思います。

妊活サプリの成分の日本産マカの効果

妊活サプリで葉酸のつぎに重要だとされているのが、日本産のマカです。

マカには生理不順や排卵周期の改善といった妊活に関係が深いところに影響します。

生理不順でも妊娠をしないわけではないのですが、タイミングがとりにくく妊娠を遅らせてしまう事は間違いないと思います。

また、排卵の周期が予想できない場合、妊娠が困難になることもデメリットになってしまうので、できれば周期は予想できるような安定したものが良いですね。

マカにはアミノ酸とミネラルが豊富に含まれていて、女性のホルモンの1つであるエストロゲンと似た働きをすると言われています。

エストロゲンに似た作用があるので「植物エストロゲン」と呼ばれるほどなのです。

マカ以外の栄養素は、間接的にエストロゲンに働きますが、マカは、まさにエストロゲンのかわりとなって働くことができるのです。

生理不順はホルモンバランスの乱れが原因であることが多いので、マカを積極的に摂取してみてはいかがでしょうか?

ストレスをなくすことはできないからストレスに対抗したい

ストレスを完全になくすことはできません。

ですから、ストレスに強くなる体質改善をするためにマカを摂取するのも良いと思います。

マカには、体のいろいろな器官がストレスに対抗するためのエネルギーを作り出すことができます。

仕事や人間関係にストレスに加え、妊活のストレスは女性にとって大きなものとなっているはずです。

しっかり睡眠をとることが大事なのですが、ストレスが多いと自律神経が乱れ、満足な休息がとれません。

この悪循環が妊活のストレスを大きくしていきます。

女性は男性に比べて、自律神経の影響を受けやすいと言われているので、ストレスの改善は積極的に行いつつ、マカによって自律神経の調整をしていきましょう。

鉄は女性のホルモンのエストロゲンの原料

鉄は女性ホルモンのエステロゲンの原料の1つです。

不足すると排卵性の不妊症リスクが高まると言われています。

また、鉄分は血液中の赤血球をつくるために必要な成分なので、妊活中の女性は通常より多くの鉄分が必要です。

そうではなくても女性は生理のたびに出血をして鉄分が男性より必要になっています。

妊活中の女性は、より鉄が必要になってきます。

もちろん、鉄があればどんなサプリでも良いというわけではなく、必要な量は決まっており、栄養機能食品になっている量が必要です。

栄養機能食品の鉄の量は、4mg~10mgと決まっています。

引用:http://www.mhlw.go.jp/topics/2002/03/tp0313-2c.html

ただ、鉄がはいっているだけでなく、栄養機能食品の上限と下限の間の妊活サプリを選んでくださいね。

[妊活サプリの女性への効果]排卵をサポートする効果について

妊活サプリの女性への効果として「排卵をサポート」することが期待されます。排卵をスムーズにする効果だけではなく、より着床率・妊娠率をアップするためには「質の高い卵子を作る」必要があります。排卵をサポートする妊活必須成分について紹介します。

排卵日の予測が妊活をする上でとても大事です。

夫婦の営みの性交があってもこの時期を外すと絶対に受精することはありません。

また、女性は、生涯に作る卵子の数は決まっていて、その質も年齢とともに劣化していきます。

排卵日が遅れたり早まったりするぐらいならまだ良いのですが、無排卵月経と呼ばれる生理は来るけど排卵されない状態の人は改善が必要です。

無排卵月経を疑う症状

基礎体温が低温期と高温期の2層にわかれていない場合は、無排卵月経の可能性があります。

引用元:http://wol.nikkeibp.co.jp/article/special/20120601/126241/?SS=zoom&FD=1420927604

このようにはっきりと体温の周期が2層にわかれいない事が無排卵月経の特徴です。

また、一般的な生理の周期である29日に生理が2回以上おこることや反対に生理周期が39日以上も無排卵月経を疑ってください。

生理がきても2日以内に終わったり、生理の時の出血が以上に少なかったり、おりものが少なすぎたりするのも問題です。

生理の出血量が少なく逆に10日以上続く場合も無排卵月経の可能性があります。

無排卵月経を知る方法

無排卵月経は、個人差が大きく、基礎体温や、生理不順、排卵検査薬だけでは不十分なこともあります。

似たような症状として黄体機能不全という可能性もあります。

無排卵月経を検査する方法は、ホルモン検査超音波検査があります。

ホルモン検査は採血してい血液中のホルモンの数値を調べる方法です。

超音波検査は、超音波によって卵巣にある卵胞の大きさを調べます。

卵胞が2cmより大きい場合は、排卵している可能性が高いと言われています。

卵胞は卵子の元になるものです。

質の良い卵子には亜鉛が必要

卵子の質を上げるためには、葉酸と鉄分の他に亜鉛が重要です。

ただ、この3つをとればいいというものではなく、バランスよくとることが大事です。

亜鉛が含まれている食品は、牡蠣(かき)、ニシン、小麦ふすま、カボチャの種、蒸したカニ、ロブスター、鶏肉、豚肉、七面鳥、赤身の肉、レバー、卵、チーズなどがあります。

しかし、鉄分に比べて亜鉛は吸収率が良くないです。

そのため、妊活に必要な亜鉛をとるためには、これらの食材をかなりの量、取る必要があります。

なかなか亜鉛を適正な量を摂取するのは難しいので、妊活サプリで補うのが簡単だと思います。

[着床率・妊娠率アップに必要なこと]妊活サプリだけでなくダイエットも必要

妊活サプリの女性への妊活効果に加えて、肥満の人はダイエットをすることで着床率・妊娠率を高めることができます。肥満の人は血流が悪くなることが多く、子宮や卵巣に十分な血液が供給できていない可能性があります。子宮や卵巣に必要な血液をしっかり届けて妊娠しやすい体内環境を整えましょう(´∀`)

妊娠するためには、あまりに太り過ぎていると流産しやすいというデータがあります。

太っていると子宮や心臓などの器官や組織への血流を弱めることになります。

妊娠中毒症という言葉は、今は使われなくなって、妊娠高血圧症候群という言い方に改められました。

妊娠中毒症は、高血圧、尿たんぱく、むくみの1つか2つ以上の症状がみられる場合に言われていました。

ただし、むくみは妊婦さんの30%に当たる症状がなるので、これを妊娠中毒症と言うのは間違いだという結論にはなりました。

妊娠中は赤ちゃんの栄養を送っているため、妊娠していない女性にくらべると血圧が高くなります

そのため、もともと太っていて血圧が高い人は、さらに血圧が高くなり健康を害することがあるので注意が必要です。

妊活中であっても妊活レシピなどの食生活の改善に加えて、軽度な運動をした方がよさそうです。

また、太っている人に限らず、糖尿病、肝臓病、高血圧の病気を持っている人は、医師の相談をしてから妊活してくださいね。

[着床率・妊娠率アップに必要なこと]妊活サプリだけでなく体を温める必要もある

妊活サプリの女性への効果に「冷えの改善」があります。女性は月経がある分、貧血になりやすく全身に十分な血液が届けられないことから冷え症の方が多いのです。妊活サプリを選ぶ時は、金時しょうがなど体を温める作用のあるものを選びましょう(´∀`)

妊活中は、体をあたためることをこころがけてください。

とくに子宮がある下半身を温めることが需要です。

また、痩せすぎている人は、冷えることが多いので注意が必要です。

スタイル良い方が見た目が良く、好きなファッションもできますが、妊娠中は痩せすぎは考えものです。

妊活中に「冷え」は禁物です。

冷え取り靴下などの冷え取りグッズで予防や対策をしていきましょう。

また、漢方など体をあたためるものの積極的に取り入れていきたいですね。

女性の体を冷やす原因

お酒が好きな人は控えるようにしましょう。

アルコールは血行を悪くし、冷えを引き起こします。

また、タバコは煙で血管が収縮し、体が冷えやすくなります。

タバコの煙が原因なので受動喫煙も当然、冷えの原因になります。

妊活中はパートナーはもちろん、家族や職場の人にも喫煙を同じ空間でしないようにしてもらう必要があります。

冷たい食べ物を食べない、冷気に触れないなども冷え択策になります。

妊活中に冷えを改善した方が良い理由

体が冷えると血流が悪くなります。

そのため、子宮や卵巣への血液の量が不足してしまい、妊娠に影響があると言われてます。

また、冷えを解消することで基礎体温が上昇し、基礎体温の周期が整い、妊活がスムーズになります。

女性の冷えは、子宮の冷えと言っても差し支えないと思います。

金時しょうがで体を温めましょう

妊活において体が冷えることは好ましい事でありません。

ほおっておくと不妊の原因にもなりかねません。

血液の流れがスムーズでないと女性の体は、いわゆる冷えという状態になります。

血流を滞らせてしまうのが、ポロスタグランジンという物質が原因の1つと考えられています。

プロスタグランジンは、血管を収縮させてしまうために、血行不良をおこしてしまい、その結果、「冷え」という状態になるのです。

金時しょうがに含まれるジンゲロールという物質は、このプロスタグランジンの働くを抑制する効果があります。

その効果のおかげで血行不良や血管の収縮が改善され、体が冷えるという状況がなくなるのです。

普通のしょうがにもジンゲロールは含まれていますが、金時しょうがは普通のしょうがの4倍のジンゲロールが含まれています。

妊活サプリには、金時しょうが入りのサプリをおすすめします。

 

[妊活サプリはの女性への効果]夫婦で一緒に飲むと妊活効果がアップする理由!

妊活サプリの女性への効果は「妊娠に向けての体作りができる」ことです。でも、妊娠が成立するためには「質の良い卵子」と「質の良い精子」が必要です!夫婦で妊活サプリを飲むことで妊活効果がアップする理由を紹介します(´∀`)

妊活は、女性に多くの負担がかかり、妊活をしているだけでストレスになってしまう人も多くいます。

そのストレスがさらに妊娠しにくい状態や体になってしまうのです。

ストレスは女性ばかりでなく、男性の精子にも影響を与えます。

ストレスが原因で精子の量や質などが低下して、なかなか妊娠できないという夫婦も増えてきています。

まずは、ストレスを減らすことが妊活には重要なことなのです。

葉酸摂取で正常な精子を増加

葉酸は、細胞分裂・増殖をサポートしますので、正常な精子の生成にも関係します。

健康体であっても高齢だと精子の質は低下してきます。

また、葉酸不足だと、精子の細胞分裂・増殖が正常に行われず、染色体異常をもった精子が生まれやすくなることがあります。

染色体異常をもった精子だと、胎児の先天的障害などの原因になると言われているので、十分な葉酸を摂ることが大事です。

葉酸は、ほうれん草、春菊、ブロッコリー、アスパラガス、大葉などに含まれています。

ビタミンB1(チアミン)で精力を強める

ビタミンB1には、疲労回復とストレス緩和の効果があるため夏バテ予防に効果があると言われていますが、妊活にも効果があります。

男性は疲れていたり、ストレスがあると精力が弱まってしまいます。

男性は仕事上、女性より何かとストレスが多くなります。

夫婦の夜の営みもおっくうになってしまうかもしれません。

また、それがきっかけで精子の活発さも弱まってしまいますので、チアミン(ビタミンB1)で精力を高めていきましょう。

ビタミンB1は、豚肉、穀類、豆類、ナッツ類、オレンジ、牛乳、ほうれん草、酵母などに含まれています。

ビタミンB2(リボフラビン)で男性機能アップ

ビタミンB2は、代謝機能を助ける効果があります。

この代謝機能を助ける働きは、精力にもかかわっています。

代謝が悪くなると男性ホルモンが不足し、男性力に影響がでてしまい、精力がなくなってしまう恐れがあります。

夜の営みがストレスになってしまう前にリボフラビン(ビタミンB2)で男性機能をアップしておきましょう。

DHAやEPAは精子を活性化する

男性の精液にはDHAがたくさん含まれています

体に悪いとされるトランス脂肪酸(マーガリン・ショートニングなど)の摂取量が多い男性ほど精子数は少なく、コレステロールの摂取量が多い男性ほど射出精液量が少ないのです。

反対にDHAやEPAなど飽和脂肪酸を多く摂取する男性ほど、精子数や精子濃度が高いこともわかってきました。

DHAは男性の場合、運動不足やDHAの欠乏、ストレスや生活習慣によって質が低下した精液を健康な状態に回復させるので、妊活において重要な栄養素として注目されています。

妊活サプリで改善できないこと・・・不妊症の改善や治療はできません

残念ながら妊活サプリでは解決できないこともあります。

妊娠するために問題がなくても、卵管が詰まっているなどの物理的な問題は手術が必要です。

産婦人科の受診をしてください。

また、どんなに妊娠しやすい状態になっていても、男女の相性というものがあります。

これは、男女間の性格の話ではなく、単純に精子と卵子の相性の問題です。

また、排卵のタイミングを狙って性交すると義務感になり、夫婦の夜の営みがストレスになってしまうのも考えものです。

妊娠は授かるものですから、あまりストレスにならないように妊活しましょう。

妊活サプリは栄養素をサポート

妊活サプリは忙しい現代人や栄養が偏りがちな人にとってのサポートにすぎません。

あくまで妊活に必要な要素は、食事からとるべきだと思います。

妊活サプリを摂っているからOKということにはなりません。

普段の生活習慣や食生活から見直してみましょう。

栄養を運ぶ血液の流れがスムーズ

妊活サプリには、血液の量を増やすことで妊娠しやすい体質になります。

造血することで、貧血予防にもなりますし、血流が増えることによって冷えも解消されます。

葉酸の造血作用が特に効果的です。

また、葉酸の血液を増やす効果は、ビタミンB6やビタミン12と一緒に取ることでさらに効果が高まります。

葉酸とビタミンB6、ビタミンB12が一緒に含まれてる妊活サプリを選びましょう。

 

 

 

 

[妊活サプリの女性への効果]着床率を上げるために妊活サプリを!

 

 

 

妊活サプリは、ホルモンバランスを整えます

ホルモンバランスを整えることによって、エストロゲンと同様に重要なプロゲステロンを分泌させることができます。

プロゲステロンを増やすことで、受精卵が子宮内膜に着床したときに、分泌を続けて子宮環境を良いコンデションに保ち、妊娠を継続する働きがあります。

受精卵が子宮内膜に定着するためにはある程度の厚みとふかふかでショックを吸収できる状態を保つ必要があるのです。

子宮内膜は排卵後に最低でも8mm、理想を言えば10mm以上が受精卵の着床がうまくいくと言われています。

着床がうまくいかない人は、子宮筋腫がある人中絶や流産の経験がある人、染色体異常などの着床しにくい受精卵の人などです。

受精ができ、着床しても受精卵が定着しないと流産してしまうことが多いです。

だから子宮の内膜の環境はとても大事です。

葉酸は、子宮内膜の強化サポートする

葉酸は細胞分裂や増殖に働きかけるため、子宮内膜をふかふかで厚みがあるものにすることができます。

ふかふかで厚みがある子宮内膜は、受精卵を着床されることに大きな効果があります。

また、着床後も定着率が高まり、流産する確率も下げることができます。

いくら精子と卵子がうまく受精しても、出産まで子宮の中に赤ちゃんがとどまっていなければ、本当の意味で妊活が成功したとは言えないということです。

また、葉酸は、ビタミンB6、ビタミンB12と相互作用して血液を作る働きをします。

妊娠中は、赤ちゃんの分までの血液が必要になるので、血液が不足しがちになります。

赤ちゃんにばかり血液が奪われると子宮の血流が悪くなり、最悪の場合、流産の原因にもなることもあります。

造血作用のある葉酸は、妊娠中は不足しがちになるので、葉酸が含まれている妊活サプリで補っていきましょう。

子宮内膜の強化や受精卵を作って守るという子宮内環境を良くする効果があります。葉酸は、不妊治療中の女性のみでなく、男性にも飲んで頂きたいサプリメントです。葉酸が不足していると精子の染色体に異常が起こる確率が高くなると言われています。

引用元:http://www.tokuoka-ladies.com/faq.html

葉酸は、ほうれん草、春菊、ブロッコリー、アスパラガス、大葉などに多く含まれていますが、熱や水に弱いため、妊活サプリで補う必要があります。

マカが受精卵の着床を手助けする理由

マカは、受精卵の着床を手助けるする天然ミネラルが豊富に含まれています。

亜鉛、鉄、カルシウム、カリウム、マグネシウム、マンガン、ナトリウム、銅、リンなどです。

また、マカには血流改善効果も高いので、受精卵をキャッチする子宮内膜にたっぷりと栄養を届けることができます。

赤ちゃんに栄養を届けるのも子宮内膜自体を良い環境にするための栄養もすべて血液です。

つまり、血液の量を増やしたり、質が高い血液にすることがとても重要ということなのです。

ルイボスティーが着床率を上げる理由

ルイボスティーを飲み続けると、子宮がフカフカになるとも言われています。

子宮内膜が厚くなることで、着床率を上げ、着床後も定着しやすくなるのですよね。

妊活に重要なプロゲステロン(黄体ホルモン)を増やして着床率アップ

プロゲステロンは黄体ホルモンと呼ばれ、着床率をあげるために必要なものです。

プロゲステロンは、子宮の厚くして、ふかふかの状態にして着床を助ける役割があります。

ビタミンEでプロゲステロンを増やす

プロゲステロン(黄体ホルモン)の原料は、ビタミンEです。

つまり、ビタミンEを増やすことで、プロゲステロンを増やすことができます。

ビタミンEを多く含む食べ物は、アーモンド、ひまわりの種、落花生などのナッツ類、植物油、小松菜、ほうれんそう、アボカド、アスパラガス、カボチャ、うなぎなどがあります。

ビタミンCと一緒にとるとより効果的です。

ビタミンCはビタミンEと相互作用でプロゲステロンを増やす

ビタミンCは直接、プロゲステロン(黄体ホルモン)を増やすわけではありません。

しかし、ビタミンEと一緒に取ることで、ビタミンEのプロゲステロンを増やす働きを強くします。

ビタミンCは、黄体ホルモンの生成のサポート的な役割を担っています。

ビタミンCを多く含む食べ物は、パプリカ、バナナ、柿、キウイ、グレープフルーツ、イチゴ、カリフラワー、モロヘイヤなどがあります。

鉄は、プロゲステロンの分泌をうながす

鉄分は、高温期に分泌されるプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌に必要な栄養素です。

プロゲステロンが不足してしまうと子宮内膜が薄いままで、なかなか厚くなりません。

そのうえ、体温があがらず、妊娠するのが難しい体質になってしまいますね。

できれば、ヘム鉄の方が通常の鉄(非ヘム鉄)より吸収率が5~10倍なので、そちらを摂取したいですね。

ヘム鉄は、牛肉、豚肉、鶏肉、鶏レバー、カツオ、マグロ、サバ、イワシ、煮干しなどに含まれています。

また、非ヘム鉄は、ほうれん草、小松菜、大豆、豆腐、アサリ、ホタテ貝柱などに含まれています。

亜鉛でプロゲステロンの分泌を増やす

亜鉛が不足するとエストロゲン同様、プロゲステロンの分泌が減ってしまいます

ただし、亜鉛は意識しないと食品からの摂取が難しいです。

亜鉛は、牡蠣(かき)、ニシン、小麦ふすま、カボチャの種、蒸したカニ、ロブスター、鶏肉、豚肉、七面鳥、赤身の肉、レバー、卵、チーズなどの含まれています。

ビタミンEやビタミンCや鉄や亜鉛を含む食べ物だけではどうしても妊活に必要な分を確保するのは難しいので妊活サプリで補う必要がありますね。

着床率のアップのため妊活サプリは夫婦で飲むべき理由

子宮の環境を整えるのは、女性しかできませんが、受精卵は、正常な精子と卵子によって育まれます

いくら女性の卵子が元気でも、精子に何らかの異常がある場合は、弱い受精卵になってしまい、なかなか着床することができません。

また、たとえ着床しても安定せず流産になってしまうケースがあります。

ビタミンB5(パントテン酸)の抗酸化作用

ビタミンB5は抗酸化作用があります。

妊活中は、女性だけでなく男性もストレスを抱えています。

夫婦の絆をたしかめる性行為が子供を産むためだけの作業に感じてしまう夫婦もいるようです。

このストレスは体内で活性酸素を発生させ、酸化作用により精子を老化させるなどの悪影響を与えてしまいます。

パントテン酸は、副腎に作用して、副腎皮質ホルモンを合成し、精子のストレスへの抵抗力を高めます

このことでストレスや生活習慣による精子の劣化を防ぐことができます。

ビタミンB5は「抗ストレスビタミン」と呼ばれています。

ビタミンB12は精子を作る際に不可欠な栄養素

男性の精子の数と活動率に影響を及ぼすことが世界中の研究者によって報告されています。

精子を作る際にはビタミンB12が不可欠なビタミンであることが研究の結果分かりました。

実際、男性側不妊の男性に、1日1000-6000μgのビタミンB12を数週間服用したところ、平均で40%精子の数が増え、精子の活動率も向上したという報告があります。

ビタミン12は、レバー、まぐろ、卵、たらこ、海苔に含まれています。

ビタミンB12は、ストレスや生活習慣による精子の数の減少に効果があるといわれています。

鉄は精子生産に必要な栄養素

鉄分には精子の形成を助ける働きがあります。

牛や豚のレバー、あさり、ひじきなどに多く含まれています。

スピルリナが加齢による男性不妊の改善に有効な理由

スピルリナには、男性不妊を改善できる栄養素が豊富に含まれているスーパーフードです。

亜鉛、鉄分、ビタミンE、ビタミンB群、DHAなどです。

ルイボスティーで元気な精子に

ルイボスティーには、ポリフェノール以外にも男性機能に働きかける亜鉛が含まれているので、元気な精子をつくるためにも男性には飲んでほしいお茶です。

男性不妊が増加している原因の一つとして亜鉛不足が考えられます。

亜鉛は精子をつくる材料になるため、精子の数や運動率など男性不妊のお悩みに必須の栄養素です。

亜鉛を多く含む食材は牡蠣が代表ですが、毎日食べるのは無理があります。

そこでルイボスティーの出番というわけです。

妊娠はストレスをためないことが重要

受精が終わって、着床した状態になると男性がやることはないように思います。

しかし、着床してからも流産の恐れがあります。

無事に出産を迎えるまで、サポートするのは旦那さんの役割だと思います。

過度なダイエットはしない

たしかに妊娠中は自分の体重が増えますし、体系が崩れるので運動をしたくなる気持ちはわかります。

でも、妊婦さんは、激しい運動は厳禁です。

せっかく着床しても妊娠トラブルの原因になってしまいます。

また、妊娠中に過食症、拒食症にもなってしまうの人がいますので、男性のサポートが重要です。

ネット依存にならない

妊娠中はあまり出かけられませんし、家で過ごすことが多くなると思います。

暇を持て余すとついついPCやスマホで妊活のブログを読んだり、妊活情報を検索してしまいます。

でも、長時間のパソコン依存、スマホ依存はストレスになります。

ストレスが原因で流産になることもあるので、ネットはほどほどにしましょう。

ネット依存にならないよう、男性のサポートが必要です。

精神的なストレス

初めての妊娠は精神的なストレスが多いと思います。

両親やパートナーが妊娠したことを喜んでくれればくれるほど、精神的に追いつめられる人もいます。

流産してはいけない。

元気な赤ちゃんを産まなくてはいけない。

旦那さんは、こういう見えないプレッシャーに気づいていたわる余裕が欲しいですね。

 - 妊活サプリ夫婦の記事 , , ,