[マカナサプリ/成分]副作用がなく妊娠中も安心

[妊活サプリマカナの口コミ]マカナは男性妊活や不妊に効果的!全成分と妊活効果を分析

マカナサプリの全成分と妊活効果について解説します

☑男性妊活・女性妊活に効果的な「マカ」の配合量が業界トップクラス

☑高齢妊活に必須のα-リポ酸、コエンザイムQ10を高配合

☑厚生労働省が推奨するモノグルタミン酸型葉酸400μgを配合

マカナサプリの全成分(原材料)

マカ粉末(国産)、乾燥野菜粉末(大麦若葉、ケール、ブロッコリー、キャベツ、大根葉、南瓜、さつまいも(アヤムラサキ)、チンゲン菜、パセリ、人参、セロリ、苦瓜、ほうれん草、桑の葉、モロヘイヤ、よもぎ、白菜、アスパラガス、トマト、野沢菜、れんこん)、亜鉛含有酵母、ナイアシンアミド含有酵素、ビタミンe含有植物油、金時しょうが末、ルイボス茶エキス、マグネシウム含有公募、スピルリナ、GABA、DHA含有精製魚油粉末(乳成分を含む)、セルロース、貝Ca、V.C、HPC、ステアリン酸Ca、酸化ケイ素、ピロリン酸鉄、パントテン酸Ca、セラック、グルコン酸銅、V.B6、V.B1、V.B2、葉酸、ビチオン、V.B12

マカナサプリの全成分を含有量が多い順に解説します

☑マカナに含まれる成分:マカ粉末(国産)

アスパラギン酸1050mg スレオニン460mg セリン470mg グルタミン酸2200mg グリシン360mg アラニン460mg バリン560mg システイン160mg メチオニン120mg イソロイシン320mg ロイシン450mg チロシン230mg フェニルアラニン310mg GABA450mg ヒスチジン290mg リジン540mg アルギニン2560mg ブロリン5850mg トリプトファン100mg

マカに含まれるアスパラギン酸の妊活効果について

アスパラギン酸とは

アスパラギン酸は、男性妊活・女性妊活に欠かせないアミノ酸の1種です。

アスパラギン酸は、アミノ酸の1種である非必須アミノ酸の1つです。

アミノ酸は体内では合成はできない必須アミノ酸と、体内で合成が可能な非必須アミノ酸の2種類があります。

アスパラギン酸は「即効性のエネルギー」を作り出す成分であり、妊活では欠かせない成分です。


アスパラギン酸の働き
☑体内のエネルギー生成

人の体は食事などから摂取したアミノ酸(アスパラギン酸など)などからエネルギーを作り出し活動をしています。

体中の細胞や器官は、エネルギーがなければ活性化することができません。

妊活では、健康な精子を生成するためには、精巣・睾丸の機能を活性化する必要があります。

女性では、健康な卵子を生成するためには、卵巣・子宮の機能を活性化する必要があります。

生殖機能を活性化するためには、細胞にエネルギーを与えなければなりません。

そこで必要になるのが、アスパラギン酸などのアミノ酸です。

特にアスパラギン酸は、即効性のあるエネルギー源となりやすいため、栄養ドリンクなどに含まれていることが多い成分です。

☑アスパラギン酸は生殖器の働きを活性化し、男性妊活・女性妊活をサポートする

女性妊活では健康な卵子の生成、男性妊活では健康な精子の生成をサポートすることが重要です。

アスパラギン酸は、細胞や器官のエネルギーの源になるため、妊活では欠かせない成分です。

また、アスパラギン酸はマグネシウム・鉄分・亜鉛などのミネラルを全身にスムーズに運ぶ作用があります。

鉄分や亜鉛などのミネラルは、健康な卵子・精子の生成に欠かせない成分です。

マカは、アスパラギン酸などのアミノ酸や、鉄分・亜鉛などのミネラルを豊富に含む植物であり、妊活には欠かすことができません。

妊活サプリマカナは、マカの配合量が業界トップクラスであり、高い妊活効果を期待することができます。

アスパラギン酸を多く含む食品
☑アスパラガス
☑大豆もやし
☑サトウキビ
☑牛肉 鶏肉 豚肉など肉類全般

妊活をしてもなかなか授かれない・・・と言う方は、体内がエネルギー不足に陥っている可能性が高いです。

妊活中は、健康な卵子・精子を生成するために、生殖器にはより多くのエネルギーが必要になります。

アスパラギン酸のようなアミノ酸は、エネルギー源となることで疲労回復の作用がありますが、食事からの摂取だけではエネルギー不足を補うことができません。

妊活中は、健康な卵子・精子の生成に欠かせないアミノ酸(アスパラギン酸など)をしっかりと補給する必要があるため、サプリメントでの補給がおすすめです。

妊活サプリマカナは、アスパラギン酸などのアミノ酸を豊富に含む「マカ」を高配合しており、健康な卵子・精子の生成をサポートします。

マカに含まれるスレオニンの妊活効果について

スレオニンとは

スレオニンは、新陳代謝を促し新しい細胞を作り出す役割があります。

卵子や精子の元となる細胞は、新陳代謝が活発になることで新しい細胞を作り出し成熟した卵子・精子へと成長します。

スレオニンは、健康な精子・卵子の生成に欠かせない成分であり、妊活必須の成分と言えます。

スレオニンは、体内では合成ができない必須アミノ酸の1つです。必須アミノ酸は、体内で合成することができないため、食事から補う必要があります。

スレオニンの働き
☑新しい細胞を生成する

スレオニンは、新陳代謝を活発にし新しい細胞を作り出す働きがあります。

☑子宮粘膜を補修する

また、月経により子宮内膜が剥がれ落ちることで、子宮粘膜に傷が付きますが、スレオニンには粘膜を補修する作用があるため、子宮環境を整えることができます。

子宮環境を整えることで、受精卵が着床しやすくなり、妊娠率アップと流産率の低下に繋がります。

スレオニンは、妊活で最も大事な「健康な精子・卵子の生成」をサポートする成分であり、妊活に欠かせない成分の1つです。

☑スレオニンは卵子や精子の元となる細胞を活性化する

卵子は卵巣内にある卵子の元となる細胞が成長・成熟することで排卵することができます。

卵子の元となる細胞は胎児の時から卵巣内に存在し、月経と共に減少していきます。

毎月、数十個の卵子の元となる細胞が成長を始めますが、成熟した卵子になるのは、そのうちの1つ(複数の場合もある)です。

スレオニンは、新陳代謝を活発にする働きがあるため、卵子の元となる細胞を活性化し、健康な卵子細胞に成長させることができます。

妊活サプリマカナは、スレオニンを豊富に含む「マカ」を高配合しており、妊活効果の高いサプリと言えます。

スレオニンが多く含まれる食品
☑鶏肉
☑卵
☑ゼラチン
☑煮魚

スレオニンは、必須アミノ酸であり体内で合成することができないため、食事からの摂取が必要です。
スレオニンは主に、動物性タンパク質に多く含まれているため、穀類を主食としている日本人は不足しがちな栄養素です。
スレオニンを積極的に摂取するためには、サプリメントでの補給がおすすめです。
妊活サプリマカナは、スレオニンを豊富に含む「マカ」を高配合しており、高い妊活効果が期待できます。

マカに含まれるセリンの妊活効果について

セリンとは
セリンは核酸の原料となる

セリンは、遺伝子情報(DNA)を伝達する「核酸」の原料となる成分で、正常な卵子・精子の形成や、健康な受精卵の成長に欠かせない成分です。

核酸は、全ての細胞に存在しており、細胞間での遺伝子情報の伝達を担っています。

セリンは正常な細胞分裂をサポートする

精子・卵子も細胞の1つなので、細胞分裂をしながら成長し、排卵・射精に至ります。

細胞分裂の際には、核酸が遺伝子情報をコピーして伝達していますが、コピーでエラーが起きることがあります。

正常な細胞の成長には、セリンをはじめとしたアミノ酸が必須であり、妊活には欠かすことのできない成分です。

セリンは、体内で合成が可能な非必須アミノ酸の1つです。

セリンの働き

☑脳神経細胞の原料となる

セリンは、脳神経細胞の原料となる成分であり、妊活に必須の成分の1つです。

女性ホルモンや男性ホルモンは、脳下垂体により生成・分泌の指令が行われることでホルモンバランスを保っています。

脳神経細胞の原料が不足すると、神経の伝達がスムーズにできなくなるため、ホルモンバランスが乱れてしまいます

またセリンは、脳のエネルギー源となるブドウ糖を供給する成分を生成しているため、セリンが不足すると全身へのエネルギー供給が不足してしまいます。

全身のエネルギー不足は、子宮・卵巣・精巣などの生殖器へのエネルギーも不足するため、生殖機能の低下が起きてきます。

生殖機能が低下すると、女性ホルモン・男性ホルモンの生成がスムーズにできないためホルモンバランスの乱れに繋がります。

ホルモンバランスを整え、健康な卵子・精子を生成するために、セリンをはじめとしたアミノ酸が必要ですね。

☑核酸の原料となる

セリンは、核酸の原料となるブリンビリミジンなどの生成・合成に関与する成分です。

核酸は、遺伝子情報の伝達に必要であり、全ての細胞に1つ存在します。

卵子は、卵子の元となる細胞が細胞分裂を繰り返すことで成長し、成熟した卵子が月経の際に、毎月1つ(複数の場合もある)排卵されます。

卵子や精子は細胞分裂を繰り返すことで成長するため、遺伝子情報のコピーが正常に行わなければ受精率が低下したり、先天性異常のある胎児となる可能性があります。

セリンは、核酸の原料となる成分を生成・合成する成分であり、妊活に欠かせない成分と言えます。

☑睡眠を促す

セリンは、脳の神経伝達物質であるGABAの原料となる成分です。

GABAは、抑制系の神経伝達物質であり、全身をリラックスさせる効果があります。

そのため、セリンを摂取すると睡眠の質の改善に繋がるため、睡眠サプリなどにはセリンが含有されていることもある。

妊活は長期に渡ることが多いためストレスが溜まりやすいので、しっかりと質の高い睡眠を摂る必要があります。

ストレスは不眠ホルモンバランスの異常を引き起こすので、セリンを摂取して質の良い睡眠を摂りたいですね。

セリンを多く含む食品

☑牛乳
☑大豆
☑高野豆腐
☑イクラ
☑鰹節

牛乳に含まれるガゼインは、セリンを多く含むことで知られています。

眠れない時に、温めた牛乳を飲むとリラックスして眠くなる。。。と言う経験はありませんか?

牛乳に含まれるがガゼインはセリンを多く含むことから、全身がリラックス状態となり睡眠の質が改善します。

ストレスは妊活の大敵なので、セリンを積極的に摂りたいですね。

大豆・高野豆腐には、アミノ酸(セリン)だけではなく、イソフラボンが豊富に含まれています。

イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た作用を持つ成分で、ホルモンバランスの改善に効果的と言われています。

妊活サプリマカナは、セリンを豊富に含む「マカ」を主成分にしており、高い妊活効果が期待できます。

マカに含まれるセリンの妊活効果について

グルタミン酸とは

グルタミン酸は、脳の神経を活性化する作用があり、神経伝達物質として働きます。

卵子や精子の生成は、脳神経(脳下垂体)の指令により行われるため、脳神経を活性化することで、ホルモンバランスの改善に繋がります。

グルタミン酸は、体内で合成が可能な非必須アミノ酸の1種で、即効性のエネルギー源として利用されやすい成分です。

妊活では、体内のエネルギー活性が重要であり、特に高齢妊活ではミトコンドリアの活性化が重要なポイントとなるため、体内のエネルギー源となるグルタミン酸は重要な成分と言えます。

グルタミン酸の働き

☑脳の活性化

グルタミン酸は、興奮系の神経伝達物質で、脳の活性に欠かせない成分の1つです。

卵子や精子を生成する性ホルモンは、脳神経により指令を受けることで生成が促されるため、脳神経の伝達が不十分だと、様々なホルモンの生成がスムーズにできません。

性ホルモンの生成を促すためには、脳神経の活性化が重要です。

妊活ではアミノ酸の摂取が必要と言われるのは、脳神経を活性化したり、体内のエネルギーを生成することで、子宮・卵巣・精巣などの生殖器の機能を活性化するためと言えます。

妊活を希望する方は、アミノ酸が豊富に含まれる「マカ」配合の妊活サプリがおすすめです。

☑解毒・利尿作用

グルタミン酸は、グルタミンを合成することで、アンモニア(毒素)を解毒する作用があります。

アンモニアは体内に蓄積されると、脳内の神経伝達物質が阻害され脳神経の働きが低下したり、脳症の原因となることがあります。

また、アンモニアは細胞の中に入り込み、体内のエネルギーを作り出す器官であるミトコンドリアの働きを低下させるため、体内のエネルギー不足が起きます。

ミトコンドリアは全ての細胞の中に存在し、エネルギーを作り出すことで細胞の成長をサポートしているため、ミトコンドリアの働きが低下すると、細胞が正常に成長できません。

卵子や精子を生成する細胞にもミトコンドリアが存在し、細胞の正常な成長をサポートしていますが、ミトンドリアの働きが低下するとエネルギー生成が不十分となり、細胞は成長することができません。

妊活で重要なのは、健康な卵子・精子の生成であるため、ミトコンドリアの活性化は重要と言えます。

グルタミン酸を始めとしたアミノ酸は、ミトコンドリアの働きを低下させるアンモニアを解毒化する働きがあるため、卵子や精子の元となる細胞をダメージから守ることができます。

妊活を希望する方は、アミノ酸を豊富に含む「マカ」配合の妊活サプリを選ぶことをおすすめします。

グルタミン酸を多く含む食品
☑海藻
☑白菜
☑緑茶
☑いわし
☑トマト

グルタミン酸は、昆布などの海藻や白菜、トマトなどの植物性食品の旨み成分として含まれています。

グルタミン酸は、身近な食品に含まれていることから摂取しやすい成分と言えます。

グルタミン酸は、妊活必須のアミノ酸であり、特に高齢妊活には重要なミトコンドリアの活性化に重要な働きをするため、サプリメントでの補給がおすすめです。

妊活サプリを選ぶ時は、グルタミン酸を豊富に含む「マカ」配合の妊活サプリを選びたいですね。

マカに含まれるグリシンの妊活効果について

グリシンとは

グリシンは体内で合成が可能な非必須アミノ酸の1つです。

グリシンは、コラーゲンを構成するアミノ酸で、コラーゲンの中の1/3を占めています。

コラーゲンはタンパク質の1種で、体内のタンパク質の約30%はコラーゲンで構成されており、皮膚では約70%がコラーゲンで構成されています。

コラーゲンは、弾力のある肌を作る成分として知られ、女性ホルモンの「エストロゲン」によりコラーゲンの分泌が促進されます。女性ホルモンの「エストロゲン」は、子宮内膜を厚くすることで受精卵が着床しやすい子宮環境を整える働きがあり、エストロゲンにより分泌を促進されたコラーゲンは子宮内膜に弾力を持たせ、子宮環境の改善をサポートします。

グリシンはコラーゲンを構成する成分であるため、子宮内膜に厚みを持たせ子宮環境を改善する働きがあると言えます。

グリシンの働き
☑コラーゲンの構成

グリシンは、肌の弾力を保つために必要なコラーゲンを構成する成分の1つです。

コラーゲンは美容成分としてだけではなく、妊活にも必要な成分の1つです。

妊活では「着床率アップ」「流産率低下」のためには、子宮内膜の厚さが必要と考えられています。

子宮内膜が厚い人ほど着床率が高く流産率が低いと言われており、子宮内膜の厚みを持たせることは妊活で重要です。

コラーゲンは皮膚に弾力を持たせる働きがあり、子宮内膜に厚みを持たせ、受精卵が着床しやすい子宮環境を作るサポートをします。

グリシンはコラーゲンを構成する成分の1つであり、子宮内環境の改善をサポートする成分と言えます。

妊活サプリを選ぶ時は、グリシンが豊富に含まれる「マカ」配合の妊活サプリを選びたいですね。

☑睡眠の質を改善

グリシンは、脊髄や脳幹に多く存在し、抑制系の神経伝達物質として働くため、リラックス効果があり、睡眠の質を改善します。

質の高い睡眠は、疲労回復やストレス改善に効果があります。

疲労が回復しないと、疲労を回復することにエネルギーが使われてしまい、体内の細胞の成長や、臓器の働きにエネルギーを回ることができません。

卵子や精子の元となる細胞を正常に成長させたり、子宮・卵巣・精巣などの臓器の働きを活性化するためにも、質の高い睡眠をとり、体内にエネルギーが回るようにしたいですね。

また、妊活は長期間に及ぶことが多くストレスが溜まりやすく、夫婦喧嘩の原因となったり、ストレスから抵抗力が低下し、風邪を引きやすくなるなどデメリットがたくさんあります。

睡眠の質を改善し、ストレスが溜まりにくい環境を作りたいですね。

妊活サプリを選ぶ時は、グリシンを豊富に含む「マカ」含有の妊活サプリを選びたいですね。

☑抗うつ効果

グリシンは、脳内伝達物質であるセロトニンを増加される成分の1つです。

うつ病の原因は、脳内でのセロトニン不足であるため、グリシンを摂取することでセロトニン不足を改善することができます。

また、グリシンは血管を拡張させる効果があるため、血管の拡張により呼吸が落ち着きリラックス効果を得ることができます。

心身がリラックスした状態になると副交感神経が優位に働き、疲労やストレスを緩和することができます。

うつ状態の時は、神経が過敏になる少しのことでダメージを受けやすく、体中が緊張状態になっているため交感神経が優位となり、疲れやすく体が休まりません。

グリシンを摂取することで、血管を拡張させ、副交感神経を優位にすることでリラックス効果を得ることができるため、体を休めることができるようになり疲れやストレスが緩和されます。

妊活中はストレスが溜まりやすく、夫婦喧嘩が増えたり、イライラすることが多くなるので、リラックスする方法を見つけたいですね。

妊活サプリを選ぶ時は、グリシンを豊富に含む「マカ」配合の妊活サプリで、リラックス効果を期待したいですね。

☑美肌効果

グリシンはコラーゲンを構成する成分であり、美肌には欠かせない成分と言えます。

コラーゲンは美容だけでなく、妊活にも重要な役割を果たします。

受精卵が着床する子宮内膜は、月経の毎に表面が剥がれ落ち粘膜が傷つきます

子宮内膜は受精卵が着床する場所なので、受精卵がしっかりと根をはれるように、厚みや弾力のある状態が望ましいです。

グリシンを摂取することでコラーゲンの生成を促し、厚みや弾力のある子宮内膜を作り、着床率アップや流産率低下を期待したいですね。

妊活サプリを選ぶ時は、グリシンを豊富に含む「マカ」配合のものをおすすめします。

グリシンを多く含む食品
☑牛すじ
☑鶏軟骨
☑豚足
☑エビ
☑カニ

グリシンは、牛すじ・軟骨・豚足などの動物性コラーゲンに多く含まれています。

これらの食品は、日常的に食べる食品ではないため、意識的に摂取しなければ不足する可能性のある成分と言えます。

グリシンをはじめとしたアミノ酸は、妊活では欠かせない成分のため、サプリメントでの補給がおすすめです。

妊活サプリを選ぶ時は、グリシンを豊富に含む「マカ」配合の妊活サプリ「マカナ」をおすすめします。

マカに含まれるアラニンの妊活効果について

アラニンとは

アラニンとは、体内で合成が可能な非必須アミノ酸の1つです。

アラニンをはじめとするアミノ酸は、筋肉や内蔵を作るタンパク質の元となる成分です。

アラニンは特に、細胞質の中に多く存在し、新しい細胞の生成をサポートしています。

卵子・精子の元となる細胞は、アラニンなどのアミノ酸のサポートにより成長し、やがて成熟した卵子・精子となるため、アミノ酸であるアラニンは妊活には欠かせない成分と言えます。

アラニンの働き

☑肝機能の改善効果

アラニンはアルコールの代謝を促す作用があるため、肝機能の改善効果が期待できます。

本来肝臓は、アルコールやアンモニア・薬物などの毒素を分解し、体外に排出する作用がありますが、肝機能が低下すると解毒作用が弱まり、様々な症状が現れます。

肝臓で分解されなかった毒素は血管に溶け出し全身を巡ります。

血液中に毒素が溶け出すことで、全身のアミノ酸のバランスが乱れ、全身の臓器に悪影響を与えます。

子宮・卵巣・精巣などの生殖器にも悪影響が起きる可能性があります。

妊活中は十分な血液を子宮や卵巣・精巣に運び、機能を活性化する必要があるため、アラニンを積極的に摂取することで、綺麗な血液を全身に運べるようにしたいですね。

妊活サプリを選ぶときは、アラニンを豊富に含む「マカ」配合の妊活サプリ「マカナ」がおすすめです。

☑エネルギーの生成

人は活動をするときに、グルコース(ブドウ糖)を分解することでエネルギーを生成しています。

エネルギー生成の過程でアラニンが体内で生成されます。

体内で生成されたアラニンは、肝臓に移動し、肝臓内でエネルギー源となるグルコースの生成に利用されます。

卵子や精子の元となる細胞は、新しく細胞を生成したり成長していく過程でエネルギーが必要となります。

全身の臓器もエネルギーがなければ可能が低下してしまうため、生命活動においてエネルギーの供給は重要です。

エネルギー源を作るアラニンがなければ、体内でエネルギー不足となり、健康な卵子や精子の生成ができなくなり、卵巣や精巣など生殖器の機能低下を起こします。

妊活中はエネルギーの生成はとても重要であり、特に高齢妊活では細胞内のミトコンドリアの活性にはエネルギー供給が必須です。

アラニンを始めとしたアミノ酸を積極的に摂ることで妊活効果を高めたいですね。

妊活サプリを選ぶときは、アラニンを豊富に含む「マカ」配合の妊活サプリマカナを選びたいですね。

☑美肌効果

アラニンは肌の角質層と呼ばれる肌の一番外側に存在しています。

肌の角質層は、体内の水分が保持できるように保湿の役割を持ち、また外部からの刺激や汚れなどから皮膚を守る作用があります。

肌は体内の水分が体外に出てしまわないように、天然の保湿成分を生成しています。

アラニンをはじめとするアミノ酸は、体内の天然保湿成分の40%を占めており、皮膚の保湿や健康に深く関係しています。

アラニンが多く含まれる食品

☑しじみ
☑あさり
☑カニ
☑海苔
☑牛や豚のレバー
☑鶏肉

アラニンは、貝類や肉類に多く含まれる成分です。

体や骨を作るアミノ酸の1つであるアラニンは、妊活中は必須の栄養素です。

妊活サプリマカナに最も多く含まれる成分は「マカ」であり、必須アミノ酸・非必須アミノ酸をバランス良く含んでいます。

妊活では健康な卵子・精子を生成することが重要となるため、アミノ酸を積極的に摂ることをおすすめします。

妊活サプリを選ぶときは、アラニンを豊富に含む「マカ」を配合の妊活サプリマカナがおすすめです。

マカナに含まれる成分:乾燥野菜粉末(大麦若葉)

妊活効果の高い成分のひとつとしてマカナのレシピに含まれている大麦若葉に入っている成分は、「食物繊維」「SOD酵素(スーパーオキシドディスムターゼ)」「ビタミンB1」「葉緑素(クロロフィル)」「ビタミンC」「各種ミネラル、ビタミン、アミノ酸類」です。特に食物繊維とSOD酵素が多く含まれているため、とても強力な抗酸化作用が活性酸素を除去してくれ、病気や老化の防止におすすめの成分です。また、その他にも「生活習慣病の予防」「便秘の解消」「疲労の回復」「口臭や加齢臭の予防」「ストレスの解消」などにも効果的です。大麦若葉は青汁の原料としても人気の成分で、味や臭いのクセがないのが特徴です。大麦若葉は薬ではないため、基本的には副作用はありません。しかし、特に中年男性に多い「心房細動」「肺血栓塞栓症」「深部静脈血栓症」などの持病のある方には摂取をおすすめできません。なぜなら、大麦若葉に含まれるビタミンKには、血液を凝固させる働きがあるためです。前述の持病を持つ方に処方されるワーファリンには、血液の流れを良くする働きがあります。その効果を弱めてしまうため、持病を持つ方の摂取は、かかりつけの医師への相談が必要です。

マカナに含まれる成分:乾燥野菜粉末(ケール)

妊活効果の高い成分のひとつとしてマカナのレシピに含まれているケールに入っている成分は、「食物繊維」「ビタミンC」「β‐カロテン」「カルシウム」です。抗酸化作用があるため、病気や老化の予防に効果的です。また、食物繊維が便秘解消に効果的であったり、カルシウムの含有量が多くて効率良く吸収できたりと、とても優秀な食材であるため、青汁の原料としても人気です。特に血液や骨を作る基礎となるカルシウムやビタミンCは不妊治療としても効果的とされ、ケールを含む商品は不妊治療にも効果的に働き掛けることが期待できます。マカナは錠剤のため、青汁のように粉末を水で溶くなどの手間が掛からず、手軽に飲めるため口コミやブログでも人気が高くおすすめです。

マカナに含まれる成分:乾燥野菜粉末(ブロッコリー)

妊活効果の高い成分のひとつとしてマカナのレシピに入っている成分にブロッコリーがあります。ブロッコリーは妊活に欠かすことのできない葉酸を多く含む緑黄色野菜のひとつです。また、その他にも「炭水化物」「たんぱく質」「ビタミンA・ビタミンB群・ビタミンC・ビタミンE・ビタミンK」「βーカロテン」「カルシウム」「鉄分」「マンガン」「食物繊維」などの栄養素を豊富に含んでいます。葉酸は細胞分裂の補助や造血作用により、妊活準備の段階から必要となる成分です。また、血液が増えて自律神経が整うことでホルモンバランスが整い、不妊にも効果的に働き掛けることが期待できます。マカナには、ブロッコリーが乾燥野菜粉末の中に含まれているため、手軽に摂取することができ、おすすめです。

マカナに含まれる成分:乾燥野菜粉末(キャベツ)

妊活効果の高い成分のひとつとしてマカナのレシピに入っている成分にキャベツがあります。キャベツには「カリウム」「カルシウム」「マグネシウム」「鉄」「銅」「ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンC・ビタミンE・ビタミンK・ビタミンU」「葉酸」「食物繊維」「ジアスターゼ」などの栄養素が含まれています。葉酸には細胞分裂の補助や造血作用などの働きがあり、妊活に向けてからだを整えてくれるとても大切な成分です。また、カルシウムはビタミンDと一緒に摂取することで吸収率を高めることができるため、一緒に摂取するのがおすすめです。マカナには、キャベツが乾燥野菜粉末の中に含まれているため、手軽に摂取することができ、おすすめです。

マカナに含まれる成分:乾燥野菜粉末(大根葉)

妊活効果の高い成分のひとつとしてマカナのレシピに入っている成分に大根菜があります。大根菜には「ビタミンA・ビタミンC」「鉄分」などの栄養素が特に多く、白い根っこの部分よりも多くの栄養素を含んでいます。ビタミンAは脂溶性ビタミンのため、油と一緒に茹でるなどの調理をすることで、その吸収率を上げることができます。しかし、妊婦のビタミンAの過剰摂取は、水頭症や口蓋裂などの胎児の奇形を招く可能性があるため、食べ過ぎには注意が必要です。反対にビタミンCは水溶性ビタミンのため、加熱調理などをすることで栄養素が十分に摂取できなくなってしまいます。また、大根菜を干した大根干葉を煮出したものを入れたお風呂で半身浴をすると、子宮を温めて毒素を出す効能が期待できるため、子宮のおそうじができおすすめです。

マカナに含まれる成分:乾燥野菜粉末(南瓜)

妊活効果の高い成分のひとつとしてマカナのレシピに入っている成分にかぼちゃがあります。かぼちゃには「βーカロテン」「食物繊維」「ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンC・ビタミンE」「リグナン」などの多くの栄養素を含んでいます。かぼちゃの栄養素を食事から摂取する場合、油と一緒に調理することでβーカロテンの吸収率を上げることができます。そのため、ポタージュや煮物など、様々な調理方法で栄養を摂取できます。食事からの摂取方法で毎食の栄養素を補うことはなかなか難しいため、様々な栄養素を含み、かぼちゃも粉末として含まれている妊活オールインワンサプリであるマカナは、様々な栄養素を一度に摂取することができ、手軽でおすすめです。

マカナに含まれる成分:乾燥野菜粉末(さつまいも:アヤムラサキ)

妊活効果の高い成分のひとつとしてマカナのレシピに入っている成分にさつまいもがあります。さつまいもには「食物繊維」「ビタミンB1・ビタミンB6・ビタミンC・ビタミンE」「葉酸」「カリウム」などの多くの栄養素を含んでいます。ビタミンCは水溶性ビタミンのため、水に溶けやすく、通常は調理には不向きですが、他の野菜に含まれるビタミンCよりもさつまいもに含まれるビタミンCは熱に強いという特徴があります。さつまいもの摂取方法としては、茹でたり蒸したりという調理が一般的です。マカナに乾燥野菜粉末として含まれるさつまいもは、アヤムラサキという種類で、紫芋の品種改良によってアントシアニンの含有量が通常のさつまいもに比べて多いものです。通常のさつまいもに比べて栄養価が高いため、効率良く栄養素を摂取することができます。

マカナに含まれる成分:乾燥野菜粉末(チンゲン菜)

妊活効果の高い成分のひとつとしてマカナのレシピに入っている成分にチンゲン菜があります。チンゲン菜には「βーカロテン」「ビタミンC」「カリウム」「カルシウム」「アリルイソチオシアネート」などの多くの栄養素が含まれています。アリルイソチオシアネートは、抗酸化作用を持つ成分で、その他にも解毒作用や消炎作用を持っています。その他の栄養素にも、抗酸化作用や骨を丈夫にする働き、けがをした時に傷口を塞ぐことで回復を早める働きなどがあります。チンゲン菜の調理方法として一般的なのは炒め物などの加熱調理ですが、チンゲン菜はあくが強くないため、生でも食べることができ、サラダなどにして食べるのもおすすめです。マカナにはチンゲン菜も乾燥野菜粉末として含まれているため、手軽に摂取することができ、おすすめです。

マカナに含まれる成分:乾燥野菜粉末(パセリ)

妊活効果の高い成分のひとつとしてマカナのレシピに入っている成分にパセリがあります。パセリには「食物繊維」「ビタミンA・ビタミンB群・ビタミンC・ビタミンE・ビタミンK」「カリウム」「カルシウム」「鉄分」「マグネシウム」「アピオール」などの多くの栄養素が含まれています。以上のように、パセリは他の野菜と比べても栄養素がすごく多いことが分かります。生活習慣病の改善などに効果的なため、夫婦で摂取するのがおすすめです。また、パセリに含まれるアピオールは月経不順の治療にも効果的とされており、加熱することで独特の臭みや味を薄めることができるため、パセリの独特の臭みや味が苦手という方に効果的な食べ方です。ただし、パセリに栄養素が多く含まれているからと言って、食べ過ぎには注意が必要です。なぜなら、アピオールの過剰摂取が肝臓や腎臓などの臓器に刺激を与え、強い吐き気などを引き起こす可能性があるためです。アピオールは適量の摂取なら人体に良い影響を与える成分ですが、過剰摂取により思わぬ症状が出る可能性があるため、200g以上は食べないという摂取目安を守っての摂取がおすすめです。

マカナに含まれる成分:乾燥野菜粉末(人参)

妊活効果の高い成分のひとつとしてマカナのレシピに入っている成分に人参があります。人参には「ビタミンA」「食物繊維」「カリウム」などの栄養素が含まれています。これらの栄養素は、「便秘の解消」「免疫力の向上」「肌の調子を整える」などの効果が期待できます。ビタミンAは脂溶性ビタミンのため、油と一緒に摂取することで吸収率を上げることができ、加熱調理に向いています。そのため、人参は天ぷらなどの揚げ物調理もおすすめです。マカナに含まれる人参は、おたね人参(高麗人参)などの生薬に使用されるものとは異なる野菜の人参です。おたね人参は、マカと同じようにホルモンバランスを整える作用があるため、一緒に摂取することはおすすめできません。不妊には効果的かもしれませんが、妊婦はホルモンバランスが崩れやすいデリケートな時期のため、摂取は医師との相談が必要です。マカナは妊娠中や授乳中であっても飲み続けることができる成分で作られているため、安心です。

マカナに含まれる成分:乾燥野菜粉末(セロリ)

妊活効果の高い成分のひとつとしてマカナのレシピに入っている成分にセロリがあります。セロリには「カリウム」が特に多く含まれており、その他にも「食物繊維」「葉酸」「ビタミンU」「βーカロテン」などの栄養素が含まれています。セロリは茎よりも葉の部分に多くの栄養素が含まれています。例えば、葉には茎に比べて約2倍のβーカロテンが含まれています。その他にもビタミンB群・ビタミンC・ビタミンEなどの栄養素が含まれているため、栄養を摂取する目的で摂取する場合は、茎だけでなく葉も食べることをおすすめします。セロリにはビタミンDは含まれていません。また、セロリに含まれるアンドロステロンという成分は、男性ホルモンの分泌を促し、フェロモンや性欲を増進させると言われています。そのため、セロリの摂取は性欲アップに繋がり、男性不妊にも効果的だと言えます。セロリは夫婦での摂取がおすすめです。しかし、セロリに含まれるカリウムは、過剰摂取によって尿管結石を招く危険性があるため、摂取量には注意が必要です。

マカナに含まれる成分:乾燥野菜粉末(苦瓜)

妊活効果の高い成分のひとつとしてマカナのレシピに入っている成分にゴーヤ(苦瓜)があります。ゴーヤには「ビタミンC」「鉄分」「食物繊維」「カルシウム」などの栄養素が含まれています。ゴーヤは苦みが特徴の夏野菜で、少量の摂取であれば胃もたれの緩和に効果的です。しかし注意点として、過剰摂取によって消化液が出過ぎてしまうことで、胃の中を刺激して傷付けてしまう可能性があります。ゴーヤの苦み成分は過剰摂取により毒となってしまう可能性があるため、食べ過ぎには注意が必要です。過剰摂取は、腹痛や下痢、胃痛を引き起こす原因となります。妊娠初期の妊婦がゴーヤを食べることで、流産などの悪影響を引き起こす可能性があると言われることもありますが、その根拠はなく、腹痛や胃痛から連想されたものだと考えられます。ただし、食べ過ぎに注意が必要なことには変わらないため、摂取量には注意しましょう。しかし、ゴーヤは特に1日の摂取量が決まっておらず、人によって食べられる量(毒となる苦みの許容量)が異なります。それでもたくさん食べたいという場合は、調理の際になるべく水に浸けることで苦みを取り除く方法が有効です。ゴーヤには美肌効果やむくみの解消などが期待でき、ゴーヤチャンプルやゴーヤ茶などの調理が一般的です。

マカナに含まれる成分:乾燥野菜粉末(ほうれん草)

妊活効果の高い成分のひとつとしてマカナのレシピに入っている成分にほうれん草があります。ほうれん草には「ビタミンC」「鉄分」「βーカロテン」「カリウム」「マンガン」「シュウ酸」「葉酸」などの多くの栄養素が含まれています。葉酸は妊娠力を高めてくれる成分で、妊活中の女性にには特に欠かすことのできない成分です。葉酸の摂取のタイミングにおすすめなのは、特に吸収率の高い夕食時の摂取です。ビタミンCはビタミンEと一緒に摂取することで吸収率を上げることができ、効率良く摂取することができるため、一緒に摂取するのがおすすめです。ほうれん草にはビタミンDは含まれていません。また、ほうれん草に含まれるシュウ酸は、カルシウムと結び付くことで尿管結石の原因となるため、食べ過ぎには注意が必要です。そのため、1日1kg以上は摂取しないよう、摂取量をしっかりと守ることが大切です。

マカナに含まれる成分:乾燥野菜粉末(桑の葉)

妊活効果の高い成分のひとつとしてマカナのレシピに入っている成分に桑の葉があります。桑の葉には「ビタミンB1・ビタミンE」「食物繊維」「GABA」「亜鉛」「カルシウム」「DNJ(デオキシノジリマイシン)」「鉄分」などの多くの栄養素が含まれています。桑の葉は青汁の原料としても人気の高い成分です。桑の葉から作られる桑茶は、ノンカフェインのため妊娠中でも安心して飲むことができます。また、亜鉛が多く含まれていることから、不妊で悩んでいる男性の妊活にも高い効果が期待できるため、夫婦で摂取することがおすすめです。ミトコンドリアは精子や卵子の細胞を構成するもののひとつで、その機能が低下することで新しい細胞を作り出したり、傷を修復したりという機能が弱まってしまいます。このミトコンドリアや葉酸を含んだ桑の葉のサプリメントが市販されランキングにも載っていますが、マカナには桑の葉以外にも様々な栄養素が含まれているオールインワンサプリのため、おすすめです。

マカナに含まれる成分:乾燥野菜粉末(モロヘイヤ)

妊活効果の高い成分のひとつとしてマカナのレシピに入っている成分にモロヘイヤがあります。モロヘイヤには「βーカロテン」「食物繊維」「カルシウム」「ビタミンK」「葉酸」などの栄養素が含まれています。葉酸は、細胞分裂の手助けをしたり、造血作用によって健康な血液作りをしたりと、妊娠力アップのために必要な栄養素です。造血作用により自律神経が整い、ホルモンバランスが整うため、夫婦で一緒に摂取するのがおすすめです。葉酸が不足することで葉酸欠乏症を引き起こし、細胞分裂や造血作用が弱まり、貧血などの症状を招きます。また、胎児の神経管閉鎖障害などのリスクを高める可能性があるため、プレママは特に葉酸をしっかりと摂取するよう食事の見直しが必要となります。また、葉酸の効能を高めるため、ビタミンB12を一緒に摂取することをおすすめします。

マカナに含まれる成分:乾燥野菜粉末(よもぎ)

妊活効果の高い成分のひとつとしてマカナのレシピに入っている成分によもぎがあります。よもぎには「クロロフィル(葉緑素)」「食物繊維」「ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンC・ビタミンK」「鉄分」「カルシウム」「リン」「カロチン」などの多くの栄養素が含まれています。また、よもぎは食べ物としてだけでなく、よもぎを使ったよもぎ蒸しでは、体内の毒素を排出する効果が期待できます。市販のよもぎ蒸しパッドを使用した方の口コミからは、使用するタイミングは生理後から排卵後まで、頻度としては週2~毎日の使用をしている方もいるようでした。よもぎ蒸しはからだを温め排卵が早まるなど、不妊に効果的だと言われています。ただし、血行を促進する効果があるため、妊娠超初期などのデリケートな時期には避けた方が良いです。

マカナに含まれる成分:乾燥野菜粉末(白菜)

妊活効果の高い成分のひとつとしてマカナのレシピに入っている成分に白菜があります。白菜には「ビタミンC・ビタミンK」「葉酸」などの栄養素が含まれています。妊娠初期には、葉酸の含まれる食べ物として、白菜スープを取り入れたり、葉酸の含まれている豆腐を使ったお味噌汁を取り入れたりと、食事にも気を配る必要があります。妊娠中には塩気の多いたくあんやポン酢、水銀などの心配がある魚介類、あん肝やホタルイカなどのビタミンAが多く含まれているものの摂取は控えた方が良いです。また、チャンジャのように火の通っていない食べ物も避けた方が良いでしょう。どうしても食べたくなった場合は、妊娠中にはサザエのつぼ焼きなど、火の通っているものを選ぶようにしましょう。また、薬膳効果のあるシナモンやアロエ、ハト麦などの食材も避けるのがおすすめです。効能をしっかりと把握したうえで食材選びを行なえば、薬膳料理に挑戦するのも良いでしょう。

マカナに含まれる成分:乾燥野菜粉末(アスパラガス)

妊活効果の高い成分のひとつとしてマカナのレシピに入っている成分にアスパラガスがあります。アスパラガスには「ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンC・ビタミンE」「カリウム」「カルシウム」「鉄」「食物繊維」などの多くの栄養素が含まれています。アスパラガスには特に、多くのビタミン類が含まれていることが分かります。カルシウムはビタミンDと一緒に摂取することで吸収率を高めることができるため、一緒に摂取することをおすすめします。葉酸サプリは体内の妊娠準備を進めてくれる成分のため、特に妊娠前からの摂取が必要となります。しかし、ホルモンバランスを整える効果の高いマカは、妊活にとって逆効果となる可能性があり、妊娠前、妊娠中の摂取には医師へ摂取方法を相談する必要があります。

マカナに含まれる成分:乾燥野菜粉末(トマト)

妊活効果の高い成分のひとつとしてマカナのレシピに入っている成分にトマトがあります。トマトには「リコピン(主要カロテノイド)」「ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンC・ビタミンE」「カリウム」「マグネシウム」「カルシウム」「鉄」「食物繊維」などの多くの栄養素が含まれています。トマトは。トマトスープやトマトジュースの他、ミニトマトをサラダに入れるなど、調理の幅の広い食材です。トマトには、女性ホルモンや男性ホルモンと同様の働きをする成分が含まれているため、継続的な摂取がおすすめです。女性の生理周期を安定させることや、男性への効果として、精子の運動率を上げるなど男性不妊に対しての効果が期待されています。また、その他にも体内の血液を増やす効能があるため、妊活中から妊娠中にも継続的な摂取が望まれます。妊活中に摂取することで、妊娠力アップ効果が期待できます。また、トマトはミトコンドリアを増やす働きもあり、卵子や精子を生み出すミトコンドリアの働きを増進させてくれます。

マカナに含まれる成分:乾燥野菜粉末(野沢菜)

妊活効果の高い成分のひとつとしてマカナのレシピに入っている成分に野沢菜があります。野沢菜には「ナトリウム」「カリウム」「カルシウム」「マグネシウム」「リン」「鉄」「亜鉛」「食物繊維」「βーカロテン」「ビタミンC」などの多くの栄養素が含まれています。妊娠初期のつわりの時期には、普段と違うものが食べたくなることがあります。そんな時におすすめの組み合わせが、野沢菜ご飯です。妊娠中には塩分の高い漬物はなかなか食べられませんが、野沢菜ご飯であればそこまで塩分も多く摂取することなく普段と味の違う塩味の効いたものを食べることができます。もちろん、食べ過ぎには注意が必要です。野沢菜には亜鉛などの男性妊活にも効果的な成分が含まれているため、40代以上の高齢での妊活を考えている場合、精子や卵子の質を低下させないためにも、摂取したい成分です。マカナ葉酸サプリには、野沢菜の成分も含まれているため、手軽に欲しい成分を摂取することができ、おすすめです。

マカナに含まれる成分:乾燥野菜粉末(れんこん)

妊活効果の高い成分のひとつとしてマカナのレシピに入っている成分にれんこんがあります。れんこんには「ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンC」「カリウム」「食物繊維」「カルシウム」「鉄」などの栄養素が含まれています。れんこんに含まれるビタミンCは、れんこんのデンプン質に守られているため、加熱調理でも成分が壊れにくく、他の野菜に比べてしっかりと栄養素を体内へ取り入れることができます。れんこんはβーカロテンやビタミンEなどの栄養素がほとんど含まれていないため、一緒に調理することで効率良く栄養素を取り入れることができます。また、ビタミンDを一緒に摂取することで、カルシウムの吸収率を高めることができるため、おすすめです。れんこんは根菜のため、からだを温めてくれる効果があり、冷え性対策としても一役買ってくれます。また、れんこんは昔からその穴で先を見通すことができるという縁起物の食べ物でもあります。まずは妊活1週間の献立から食事の見直しを行ない、妊娠力アップに繋げましょう。その際のれんこんを使ったおすすめレシピは「れんこんと鶏肉の甘酢生姜炒め」です。妊活栄養サプリであるマカナには、れんこんも乾燥野菜粉末となって成分に含まれています。そのため、手軽に栄養素を摂取することができ、おすすめです。

 - マカナサプリ