[マカナサプリ/添加物]妊活サプリマカナの成分は妊活中・妊娠中・授乳中も安全

[マカナサプリ/添加物]妊活サプリマカナが安心・安全な理由

 

 

妊活サプリマカナは着色料・香料・保存料・酸味料・甘味料・増粘安定剤の全てが無添加です。

マカナサプリは妊活有効成分の配合量が多く、危険性の高い添加物は含まれていません。

妊活中から妊娠中・授乳中も安心して飲むことができます。

 

 

↓無添加の妊活サプリはこちら

 

 

妊活サプリマカナは無添加で安心!

 

 

妊活サプリマカナは、香料・着色料・保存料・酸味料・甘味料・増粘着色料の全てが無添加です。

多くの妊活サプリは、添加物が多く含まれ、妊活有効成分の含有量が低いため妊活効果が低いものが多いのです。

でも妊活サプリマカナは、主成分は妊活の王様と呼ばれる「マカ」であり、妊活有効成分が豊富に含まれており妊活効果が高いと言えます。

妊活サプリを選ぶときは、妊活有効成分が多く、添加物が少ないものを選びたいですね。

 

香料が無添加

18類香料リスト
類番号 類または誘導体
1 イソチオシアネート類
2 インドール及びその誘導体
3 エーテル類
4 エステル類
5 ケトン類
6 脂肪酸類
7 脂肪族高級アルコール類
8 脂肪族高級アルデヒド類
9 脂肪族高級炭化水素類
10 チオエーテル類
11 チオール類
12 テルペン系炭化水素類
13 フェノールエーテル類
14 フェノール類
15 フルフラール及びその誘導体
16 芳香族アルコール類
17 芳香族アルデヒド類
18 ラクトン類

引用:食品香料リスト(日本香料工業会)

 

食品に使用される香料は、「化学合成品」と「天然香料」があり、化学合成品は150品目、天然香料が600品目ほどあると言われています。

香料を使用する目的は、香り付けや、香りの増強であり、サプリメントを飲みやすい香りにすることができます。

妊活サプリマカナは30種類の野菜や果物の乾燥粉末を使用し、葉酸やビタミン類などが豊富に含まれているため、臭いが苦手と言う方もいます。

マカナサプリは香料を使用していないため、素材の臭いがそのまま出ており、臭いが強いと感じる人もいます。

良い臭いのサプリや、飲みやすいサプリには香料を使用しているものが多いのですが、香料は本来は必要のない成分です。

香料はさまざまな食品の香りを作り出すことが可能ですが、妊活には関係のない成分です。

添加物の量が多いと言うことは、妊活有効成分の割合は少ないと言うことになります。

妊活サプリを選ぶときは、妊活有効成分が主成分となっており、添加物が少ないものを選びたいですね。

妊活サプリマカナは香料無添加で安心です。

 

 

着色料が無添加

着色料の目的は、食品に色をつけることで食欲を増進させたり、食生活に彩りを持たせるなどがあります。

妊活サプリマカナは、30種類の野菜や果物が含まれているため、サプリメントの色は緑色をしています。

マカナサプリは着色料を使用していないため、原材料のそのままの色がサプリメントの色になっています。

また、サプリメントなどは、開封後は空気に触れて酸化し、色が劣化することがあるため、品質管理の面からも着色料を使用することがあります。

着色料は、魚介類・肉・野菜類に使用することは禁止されています。

これらの生鮮食品に着色料を使用することで、鮮度の判断が難しくなる恐れがあるため、着色料の使用は生鮮食品以外のものと定められています。

着色料には健康に悪影響を与える可能性のあるものが含まれており、妊活サプリを選ぶときは着色料を使用しているものは避けたほうが安心です。

着色料には天然着色料と合成着色料があり、欧米では合成着色料の一部は使用禁止とされています。

危険性の高い合成着色料は、赤色104号・赤色105号・赤色106号・青色1号・緑色3号の5種類では発がん性が指摘されており、欧米では使用禁止の着色料です。

また、アレルギー誘発の危険性のある着色料は、赤色40号・赤色102号があります。

これらの健康に害を及ぼす恐れのある着色料は石油やタールから作られています。

妊活サプリを選ぶときは、妊活有効成分が豊富に含まれ、添加物が少ないものを選びたいですね。

 

 

注意が必要な合成着色料
合成着色料 食用赤色2号 食用赤色3号 食用赤色40号 食用赤色102号 食用赤色104号 食用赤色105号 食用赤色106号 食用黄色4号 食用黄色5号 食用緑色3号 食用青色1号 食用青色2号 ベータカロテン

 

 

天然着色料一覧
赤系色素 赤キャベツ色素 赤ダイコン色素 アカネ色素 エルダーベリー色素 クチナシ赤色素 コチニール色素 シソ色素 トマト色素 ピートレッド色素 ブドウ果汁色素 ベニコウジ色素 ムラサキイモ色素 ムラサキコーン色素 ラック色素
橙色系色素 アナトー色素 トウガラシ色素 ヘマトコッカス色素
黄色系色素 ウコン色素 カロテン色素 クチナシ黄色素 トウモロコシ色素 ベニコウジ黄色素 ベニバナ黄色素
緑系色素 クチナシ黄色+クチナシ青色素 ベニバナ黄色+クチナシ青色素 ベニコウジ黄色素+クロロフィル色素
青系色素 クチナシ青色素 スピルリナ色素 各種製剤
黒茶系色素 イカスミ色素 カカオ色素 竹炭色素 玉ねぎ色素 タマリンド色素 

引用:食品添加物-着色料一覧(Food Village)

 

妊活サプリマカナは着色料無添加で安心です。

 

 

保存料が無添加

保存料は、食品の変質や腐敗を防ぎ品質が長期間維持できるように添加されます。

保存料にはさまざまな種類があり、健康被害の危険性が高いものもあり、欧米では使用が禁止されている保存料もあります。

 

主な合成保存料
保存料名称 健康被害の可能性
亜硫酸ナトリウム(亜硫酸塩) アレルギー性 発がん性
安息香酸(安息香酸ナトリウム) 発がん性 染色体異常
AF2(フリルフラセイド) 発がん性 すでに禁止
次亜硫酸ナトリウム(ハイドロサルファイト) 毒性が高い
ソルビン酸

ソルビン酸K(カリウム)

発がん性 染色体異常
デヒドロ酢酸ナトリウム 毒性が強い 催奇形性 染色体異常 肝機能低下
パラオキシ安息香酸 肝硬変 球性毒性 発がん性 染色体異常
ピロ亜硫酸カリウム

ピロ亜硫酸ナトリウム

毒性が高い

 

 

食品の品質保持のために使用される保存料ですが、逆に健康被害のリスクが高いものが多く、妊活サプリを選ぶときは保存料無添加のものを選びたいですね。

特に催奇形性染色体異常は、赤ちゃんに係わる問題なので、妊活中・妊娠中は保存料を使用した食品の摂取を避けたいですね。

妊活サプリを選ぶときは保存料無添加で安全性の高いものを選びたいですね。

妊活サプリマカナは保存料無添加なので安心して飲むことができます。

 

 

酸味料が無添加

酸味料は、食品に酸味を与えたり、酸化防止、味の調整などの目的で使用されます。

サプリメントの場合は、酸化防止のために使用されることが多いです。

サプリメントは、開封後に空気に触れると酸化して、品質が低下してしまうため、酸味料を添加して品質の低下を防ぎます。

 

主な食品添加物(酸味料)

酸味料名称 健康被害の可能性
アジピン酸 強い刺激性
クエン酸 特になし
グルコノデルタラクトン 特になし
グルコン酸 特になし
コハク酸 胃腸障害
酢酸ナトリウム 特になし
酒石酸

酒石酸ナトリウム

強い急性毒性

染色体異常

乳酸 中毒症(未熟児)

急性出血性赤血球減少

亜硫酸ナトリウム(亜硫酸塩) 発がん性

アレルギー性

EDTA-Na

EDTA-Ca-Na

強い毒性

胎児毒性

催奇形性

エリソルビン酸

エリソルビン酸ナトリウム

発がん性

染色体異常

次亜硫酸ナトリウム(ハイドロサルファイト) 強い毒性
二酸化硫黄 胃腸障害

循環障害

BHT(ジプチルヒドロキシトルエン) 発がん性

染色体異常

ビタミンC 特になし
ビタミンE 特になし
ピロ亜硫酸カリウム

ピロ亜硫酸ナトリウム

強い毒性

引用:用途別 主な食品添加物 酸味料(東京都福祉保健局)

 

サプリメントを製造する際に、どうしても必要となる添加物が少量ながらあるが、酸味料は全く添加の必要はありません

酸味料や酸化防止剤の多くに、染色体異常や催奇形性など、赤ちゃんや胎児に影響を与える危険性があり、酸味料や酸化防止剤を使用しているサプリメントは危険性が高いと言えます。

妊活サプリを選ぶときは、酸味料や酸化防止剤を使用していないものを選びたいですね。

妊活サプリマカナは、酸味料無添加なので安心して飲むことができますよ。

 

 

甘味料が無添加

甘味料は、食品に甘味を与えることで食欲を増進させたり、味のバリエーションを広げるなどの目的で使用されます。

サプリメントの形成においては、甘味料は不要な添加物と言えます。

特に錠剤のサプリメントは、砕いて服用することもないため甘味料の使用は不要です。

低価格のサプリメントは、添加物を増やすことでサプリメントを形成し、成分の半数以上が添加物と言うケースも少なくありません。

甘味料の中には健康被害や、赤ちゃん・胎児に影響のあるものもあるため、甘味料無添加のサプリメントを選びたいですね。

 

主な食品添加物(甘味料)
添加物名称 健康被害
アスパルデーム 胎児への悪影響の指摘があり妊婦は避けたほうが良い
アセスルファムK 特になし
キシリトール 消化器症状(腹痛・下痢など)

過剰摂取により白内障

クエン酸三ナトリウム 特になし
グリチルリチン酸ニナトリウム 急性毒性

染色体異常

サッカリン

サッカリンナトリウム

染色体異常

発がん性

アメリカ・カナダでは使用禁止とされている

スクラロース 特になし
ソルビトール 特になし
チクロ すでに使用禁止(輸入品に含まれていることがある)

引用:食品添加物一覧表(ジーライブ)

 

 

甘味料の中には、染色体異常の危険があるものがあり、妊娠中の服用は控えたほうが良いとされています。

妊活サプリを選ぶときは、甘味料無添加のものを選ぶと安心ですね。

妊活サプリマカナは、甘味料無添加なので安心です。

 

 

増粘安定剤が無添加

増粘安定剤は、サプリメントを形成する際に、接着を強くし形が崩れないようにする目的で使用されます。

サプリメントは、1錠ごとに成分の含有量が定められているため、形が崩れたり割れてしまうと、必要の摂取ができなくなってしまうため、サプリメントの形成では必要な添加物と言えます。

増粘安定剤の多くは天然由来の多糖類が用いられることがほとんどで、でんぷんや果実・藻類などから抽出されており、安全性が高い成分が大半です。

 

 

食品添加物(増粘安定剤)
添加物名称 健康被害
ペクチン アレルギー

消化器症状(下痢・腹痛など)

グアーガム 低血糖

消化器症状(下痢・腹痛など)

キサンタンガム 消化器症状(下痢・腹痛など)
タマリンドガム 消化器症状(下痢・腹痛など)
カラギーナン 消化器症状(下痢・腹痛など)
プロピレングリコール 軽度の刺激性を持つ
カルボキシメチルセルロース 特になし

 

 

増粘安定剤は天然由来の多糖類から抽出されているため大きな健康被害の報告はなく、安心・安全な添加物とされています。

サプリメントの形成上、必要性が高い添加物と言えます。

増粘安定剤の一部は、消化器官でほとんど分解されない食物繊維の1種とされており、過剰に摂取することで消化器症状(腹痛・下痢など)が起こる可能性がある。

しかし、サプリメントに含まれる増粘安定剤の含有量では過剰摂取になる危険はないため、ほとんど副作用の心配はない添加物と言えます。

妊活サプリマカナは増粘安定剤も無添加となっており、より安全性が高い妊活サプリと言えますね。

 

 

妊活サプリマカナは高い品質管理で安全

 

 

妊活サプリマカナは国内の認定GMP工場で製造されており、医薬品並の品質管理がされており、安心・安全な妊活サプリです。

また、マカナサプリには野菜や果物が約30種類が使用されており、農薬や放射能の影響も心配されますが、第三者機関にて放射能検査を実地し検出なしの結果を得ています。

マカナサプリは安全性の高い妊活サプリと言えますね。

 

国内のGMP認定工場で製造

 

妊活サプリマカナはGMP認定工場で製造された、安全性の高い妊活サプリです。

GMP認定工場は、製品の品質を保つために、厚生労働省の「健康食品GMPガイドライン」に基づいて審査・査察を受けて認定された工場です。

 

健康食品GMPガイドラインの3原則

☑各製造工程における人為的な誤りの防止

☑人為的な誤り以外の要因による製品そのものの汚染および品質低下の防止

☑全製造工程を通じた一定の品質の管理

 

上記は厚生労働省が定めたガイドラインであり、GMP認定工場はこのガイドラインに沿って工場運営がされており、GMP認定工場で製造されたサプリメントは、品質管理が徹底されていると言えます。

 

GMP認定工場で行わる品質管理

 

☑正しい原材料が使用され、製品に含まれている量は正確か

☑衛生的に作られたか(施設や作業員の衛生状態など)

☑異物が混入したり、他の製品との混同が生じたりしていないか

☑どの製品も均質で設計どおりの内容か

☑賞味期限内の品質は本当に保証されているか

☑製造と品質管理に関する全ての記録が規定どおりに作成され、保管されているか

☑規格外の製品が出荷されないよう、チェックする体制ができているか

☑苦情などに対応できるよう、サンプルや製造・品質等の記録が残されているか

 

引用:GMPマークを目印に健康食品を選びましょう!(日本健康・栄養食品協会)

 

 

GMP認定工場では上記のように品質管理が厳密に行われています。

この中でも、「正しい原材料が使用され製品に含まれている量は正確か」と言う点は重要で、表記された原材料とは異なるものが使用されていたり、含有量が異なる場合は、摂取できる栄養素が異なったり、摂取量に誤りが出たりします。

妊活サプリは、妊活有効成分をバランスよく摂取することが重要なので、表記された原材料が使用され、含有量が正確であることは重要です。

外国産の妊活サプリや葉酸サプリは、原材料や添加物の表記方法が異なっていたり、栄養素の上限値が異なったりするので注意が必要です。

妊活サプリを選ぶときは「GMP認定工場で製造されている」ものを選ぶと安心です。

妊活サプリマカナはGMP認定工場で製造されており安心・安全な妊活サプリです。

 

 

放射能検査実施済み

 

 

妊活サプリマカナは放射能検査済みであり「検出なし」の結果を得ており、安心して飲むことができる妊活サプリです。

2011年の東北大地震の際の原発事故により、今でも土壌汚染され、放射性物質が検出される地域もあります。

妊活サプリマカナは、自主的に放射能検査を行い、安心・安全なサプリメントであることを証明しています。

妊活サプリマカナに含まれる野菜は全て国産であり、果物は一部外国産を使用していますが産地が明確で安全性の高いものを使用しています。

 

妊活サプリマカナに含まれる国産野菜の一覧
大麦若葉 ケール さつまいも(アヤムラサキ) ほうれん草 カボチャ 人参 桑の葉 大葉 トマト マカ 茶葉 小麦麦芽 にんにく ブロッコリー キャベツ 玉ねぎ オリーブ きゅうり アスパラガス

引用:妊活サプリマカナ公式サイトより

 

 

マカナサプリに含まれる野菜の全ては国産であり、放射能検査を実地し「放射能を検出せず」の結果を得ています。

また、原子力災害対策特別措置法では、出荷制限の対象食品と対象地域を細かく指定していますが、これに該当しない食品や地域の農産物の放射能検査については必要はありません。

 

 

原子力災害対策特別措置法に基づく出荷制限の対象食品(厚生労働省)はこちらを参考にしてください

 

 

放射能を検出する恐れがある地域や食品はすでに出荷制限がされており流通がされていないため、サプリメントに放射性物質が混在する危険性はほとんどありません

マカナサプリは、妊活中や妊娠中・授乳中などデリケートな時期に飲むサプリメントであるため、自主的に放射能検査を行い、安全性を確認しています。

妊活サプリを選ぶときは、放射能検査実地済みのものを選ぶと安心ですね。

 

 

妊活サプリマカナは日本産マカ100%使用で安心・安全

 

 

妊活サプリマカナの主成分は「日本産マカ100%」で、高品質で高い妊活効果が期待されます。

マカは植物の特性上、品質管理が難しく、ペルー産のマカは品質にバラツキがあると言われています。

衛生管理や品質管理が世界トップクラスの日本産マカは、安心・安全と言えます。

 

 

日本産マカは品質管理・衛生管理が最高レベル

 

マカは4,000m以上の過酷な環境に自生する植物で、その土地の養分を全て吸収するほどの生命力を持つと言われ、「妊活の王様」とされています。

日本には4,000メートル以上の環境はなく、マカはペルー産のものがほとんどでした。

でも、日本産マカはこの20年の間に、品種改良・栽培方法の確立・土壌改良を行い、日本の風土にあった製法で、世界最高品質のマカを生産することが可能となりました。

ペルー産のマカは4,000メートル級の過酷な環境で栽培されるため、手の行き届いた管理が難しく、品質管理や衛生管理を不安視する声もありました。

でも日本産マカは現在、国内の数十箇所で栽培が可能となり、農薬を一切使わずに安心安全なマカを生産することができます。

日本産マカは、ペルー産のような過酷な環境(低酸素・太陽の強烈・寒暖の差が激しいなど)ではなく、ビニールハウスで、温度・水・湿度などを厳密に管理しながら栄養価たっぷりに生産します。

日本産マカは、しっかりとした品質管理により世界最高水準のマカとなり、ペルー産のマカと比べて栄養成分が豊富なのが特徴となっています。

妊活サプリマカナは品質管理・衛生管理が行き届いた日本産マカを100%使用しており、安心安全な妊活サプリと言えますね。

 

 

ペルー産マカは品質にバラツキがある

ペルー産マカは品質にバラツキがあり、高品質とは言えません

品質にバラツキがある理由は、自然栽培が主流だからです。

ペルー産マカは、高山地域の過酷な環境に自生しており、ほとんど人の手を加えずに生産されます。

そのため、気象条件による品質が左右され、一定の品質を保てないのです。

またマカは、その土地の養分を全て吸収するほどの生命力があるため、土壌の状態によっても品質が左右されます。

マカを栽培した後の土地は養分がなくなり、同じ土地では栄養価の高いマカを育てることができません。

自然環境では土壌改良ができないため、品質を一定に保つのは難しいと言えます。

マカは、妊活有効成分であるミネラル・アミノ酸・ビタミンをバランスよく含んでおり、品質管理が行き届いている日本産マカはペルー産マカに比べて、妊活有効成分の含有量が多いのです。

日本産マカは土壌改良をしっかりと行い、肥料や水などの管理を的確に行っているため、均質のマカを生産することが可能であり、高い妊活効果が期待できます。

妊活サプリを選ぶときは、日本産マカ100%使用のものを選びたいですね。

マカナサプリは、日本産マカ100%使用のため、高い妊活効果が期待できます。

 

 

↓日本産マカ100%使用の妊活サプリ

 

 

 

[マカナサプリ/添加物]妊活サプリマカナの成分と添加物について

 

 

妊活サプリマカナに含まれる成分と添加物について紹介します。

マカナサプリは、香料・着色料・保存料・甘味料・増粘安定剤・酸味料が全て無添加の安全性の高い妊活サプリです。

サプリメントの形成上に必要となる、安全性の高い添加物もあるため、一概に添加物が全てダメと言うことではありません。

ただ、サプリメントの形成上に必要となる添加物以外は不要な添加物のため、妊活サプリを選ぶときは不要の添加物の有無を確認することをおすすめします。

 

 

マカナサプリに含まれる添加物について

 

 

マカナサプリに含まれる添加物について紹介します。

マカナサプリは、サプリメントの形成上に必要となる添加物を少量使用していますが、安全性が確保されているもののみを使用しているため安心です。

また、栄養を付加するために添加物を使用していますが、こちらも安全性が確保されたもののみを使用しているので安心です。

 

 

マカナサプリの成分表(原材料)

 

マカ粉末(国産) 乾燥野菜粉末(大麦若葉 ケール ブロッコリー キャベツ 大根葉 南瓜 さつまいも(アヤムラサキ) チンゲン菜 パセリ 人参 セロリ 苦瓜 ほうれん草 桑の葉 モロヘイヤ よもぎ 白菜 アスパラガス トマト 野沢菜 レンコン) 亜鉛含有酵母 ナイアシンアミド含有酵母 ビタミンE含有植物油 金時ショウガ末 ルイボス茶エキス マグネシウム含有酵母 スピルリナ GABA DHA含有精製魚油粉末(乳成分含む) /セルロース 貝Ca ビタミンC HPC ステアリン酸Ca 酸化ケイ素 ピロリン酸鉄 パントテン酸Ca セラック グルコン酸銅 ビタミンB6 ビタミンB1 ビタミンB2 葉酸 ビオチン ビタミンB12

引用:妊活サプリマカナ公式サイトより

 

 

妊活サプリマカナの製造過程で必要となる添加物

 

妊活サプリマカナの原材料で、サプリメントの製造過程で必要となる添加物が含まれます。

マカナサプリは、50種類以上の栄養成分を凝縮しており、さまざまな野菜や果物を使用しています。

それらの栄養素を抽出し、乾燥させて粉にした後に、錠剤として形成しています。

粉を錠剤に形成するためには、少量の添加物が必須となります。

粉を錠剤に形成する際に必要となるのが、成形剤や結合剤です。

マカナに含まれるセルロースはサプリメントを成形する際に必要となる安全性の高い添加物です。

マカナに含まれるHPCはサプリメントを結合する際に必要となる安全性の高い添加物です。

マカナに含まれるステアリン酸Caはサプリメントを乳化する際に必要となる安全性の高い添加物です。

マカナに含まれるセラックは光沢剤で、サプリメントを飲み込みやすくするために必要な添加物です。

妊活サプリマカナに含まれる添加物は、サプリメントの形成上必要なもののみで、安全性が確立しているものばかりです。

多くの妊活サプリは、添加物が多く、妊活有効成分は少量しか含まれていません。

添加物の割合が高い妊活サプリは、妊活有効成分の割合が少ないので妊活効果は期待できません。

妊活サプリを選ぶときは、添加物の含有量が少ないものを選びたいです。

 

 

妊活サプリマカナの栄養強化のための添加物

 

妊活では、妊活有効成分をバランスよく摂取することで妊活効果を得ることができます。

妊活に良いとされる特定の栄養素のみを摂取しても妊活効果を得ることができません。

栄養素のバランスも重要で、相乗効果が得られる栄養素を組み合わせて摂取することで高い妊活効果を得ることができます。

妊活サプリマカナは、妊活有効成分を全て含むオールインワンサプリです。

妊活有効成分をただ含んでいるのではなく、相乗効果が得られるようにバランスよく配合されているのがポイントです。

妊活有効成分をバランスよく摂取するために、栄養を強化する添加物が必要です。

天然の栄養素だけでは、妊活有効成分をバランスよく配合することが難しいのです。

無添加のサプリメントは一見、体に良さそうなイメージがありますが、サプリメントの性質上、必要な添加物も少量あります

添加物は一切ダメと言うわけではありません。

妊活中や妊娠中には避けたほうが良いとされる添加物を事前に知ることで、安心してサプリメントを飲むことができます。

妊活サプリマカナには、妊活必須成分を人工的に添加することで、妊活有効成分をバランスよく配合しています。

亜鉛含有酵母、ナイアシンアミド含有酵母、ビタミンE含有酵母、GABA、マグネシウム含有酵母、DHA含有精製魚油、貝Ca、酸化ケイ素、ピロリン酸鉄、グルコン酸銅、ビタミンB6,ビタミンB1、ビタミンB2、葉酸、ビオチン、ビタミンB12は、人工的に添加された栄養強化のための添加物です。

これらの成分は、安全性が確保されており、幅広い食品で使用されています。

妊活サプリを選ぶときは、必要な添加物と不要な添加物を確認して、不要な添加物の含有量が少ないものを選ぶと安心です。

 

 

↓無添加の妊活サプリマカナはこちら

 

 

 

[マカナサプリ/添加物]妊活サプリマカナの栄養を強化する安全な添加物について

 

 

妊活サプリマカナは、妊活有効成分をバランスよく配合するため、栄養を強化する添加物が含まれています。

栄養強化の添加物は、安全性が確保されているもののみを使用していため、安心して服用することができます。

 

妊活サプリマカナの添加物・亜鉛含有酵母

 

 

亜鉛含有酵母は、酵母菌体由来の亜鉛で、酵母に取り込まれた亜鉛は一般的な亜鉛に比べて、成長・免疫強化・回復効果が高いことが分かっています。

食生活の乱れや飲酒量の増加などにより、亜鉛が慢性的に不足している日本人が増えています。

亜鉛は、性ホルモンの生成をサポートしたり、成長や免疫力の強化には欠かせない成分です。

不妊男性・不妊女性ともに、亜鉛不足の人が多く、亜鉛が不足することにより、精巣が萎縮し、男性ホルモンの分泌量が低下することが分かっており、亜鉛の補給はとても重要となります。

亜鉛酵母は、一般的な亜鉛に比べて吸収率が高く、また有効性も高いことが分かっています。

マカナサプリは、男性妊活・女性妊活の両方に必要と言われる亜鉛を豊富に含んでいます。

マカナサプリに含まれる亜鉛の含有量は5.3mgとなっており、普段の食事から摂取できる亜鉛と合わせて、亜鉛の1日推奨摂取量10mgを摂取することができます。

妊活サプリを選ぶときは、亜鉛含有酵母が含まれているものを選びましょう。

 

 

妊活サプリマカナの添加物・ナイアシンアミド含有酵母

 

 

妊活サプリマカナに含まれるナイアシンアミドは、ビタミンB3の化合物のことを言います。

ビタミンB3は、糖質・脂質・たんぱく質の代謝に不可欠な成分です。

食事から摂取した糖質・脂質・たんぱく質は、ビタミンB3のような補酵素によりエネルギー代謝されます。

妊活では健康な卵子・精子の生成が必要であり、新しい細胞の生成にはたくさんのエネルギーが必要となります。

エネルギー産生が滞ると、細胞の新陳代謝がスムーズに行えないため、新しい細胞が生成できません。

妊活ではエネルギー代謝の際の補酵素となるビタミンB群の摂取は不可欠と言えます。

妊活サプリマカナは、エネルギー代謝の際に補酵素となるビタミンB3(ナイアシン)を、化合物(ナイアシンアミド)として添加しています。

ナイアシンアミドは、栄養強化のための添加物であり、必要な添加物と言えます。

ナイアシンは、過剰摂取により皮膚障害・高血糖・尿酸値上昇などの副作用があるが、マカナサプリに含まれるナイアシンは過剰摂取の危険性がない配合量なので、安心して飲むことができますよ。

 

 

妊活サプリマカナの添加物・ビタミンE含有酵母

 

 

妊活サプリマカナに含まれるビタミンE含有酵母は、酵母にビタミンEを取り込ませることで体内への有効性を高めています。

ビタミンEは、強力な抗酸化物質で、特に高齢妊活では重要となる成分です。

高齢妊活では、加齢により体内に活性酸素が蓄積することで、全身の機能が低下している状態です。

活性酸素が蓄積すると全身の機能が低下し、卵巣・子宮・精巣などの生殖機能が低下するため、妊娠率は低下します。

ビタミンEは、活性酸素を除去する働きがあり、高齢妊活では特に有効な成分です。

妊活サプリマカナにはビタミンEの化合物が配合されており、ビタミンEの吸収率をアップするビタミンCの化合物も配合されています。

ビタミンEは必要な添加物であり、特に体への副作用の報告はありません

ビタミンは、過剰摂取をしても体外に排出されてしまうため、重篤な副作用に繋がることはありません。

また、妊活サプリマカナに含まれるビタミンEは、過剰摂取の危険のない配合量のため、安心して飲むことができますよ。

 

 

妊活サプリマカナの添加物・GABA

 

 

妊活サプリマカナに含まれるGABAは、アミノ酸の1種で、主に神経系に働きかけます。

GABAは、もともと体内でも合成が可能な成分ですが、年齢と共にGABAが合成される量は低下していきます。

また、GABAは神経系に直接働きかけてストレスを軽減させる働きがあるため、ストレスが多い環境では体内のGABAは消費されてしまいます。

ストレスを感じると体は緊張状態となり全身には力が入り、血管は細く締まり血流が悪くなります

血流の悪化は、全身の機能低下につながり、生殖器機能の低下にも繋がります。

生殖機能が低下するとホルモン分泌量が低下し、妊娠力は低下していきます。

妊活では血流の改善がとても重要と言えます。

GABAは、ストレス解消に必要な成分ですが、体内で合成されるGABAだけでは不足してしまうため、サプリメントで補うと効果的です。

GABAは、身近な食品にも含まれており、特に含有量が多いのが発芽玄米やきのこ類です。

食品からの摂取では、日々の食生活によりGABAの摂取状況が変わってしまい、安定的にGABAを摂取することができません。

妊活サプリマカナは、妊活の大敵であるストレス軽減に重点を置いているため、GABAを添加しています。

GABAは1日摂取量の上限が定められていない成分ですが、1日30mg程度の摂取で効果的といわれています。

マカナサプリは、妊活有効成分をバランスよく配合しており、GABAの効果を実感できる配合量となっています。

 

妊活サプリマカナの添加物・マグネシウム含有酵母

 

 

妊活サプリマカナに含まれるマグネシウムは、骨や歯の形成、たんぱく質の合成、エネルギー代謝のサポートなど生体機能に必要な成分です。

マグネシウムは、食事から摂取しにくい成分であり、厚生労働省が定めた「日本人の食事摂取基準(2015年版)」のマグネシウム推奨摂取量より不足しています。

 

 

参考:「日本人の食事摂取基準(2015年版)」(厚生労働省)

 

マグネシウムはミネラルの1つであり、妊活有効成分の1つです。

ミネラルは、体内のエネルギー産生をサポートする働きがあり、マグネシウムが不足するとエネルギー産生がスムーズに行えないため、体内はエネルギー不足となります。

健康な卵子や精子を生成するためには、沢山のエネルギーが必要であり、ミネラル不足は不妊症の原因となります。

マグネシウムは玄米や精製度の低いお米に多く含まれ、現代の食事では不足しがちな栄養素です。

妊活サプリマカナは、マグネシウム不足を補うために、マグネシウム含有酵母を添加しています。

マグネシウムなどのミネラルは微量元素であり、過剰摂取になりやすい成分です。

マグネシウムの過剰摂取は、急性毒症により重篤な腎不全などの副作用に繋がるケースもあります。

マカナサプリに含まれるマグネシウムは過剰摂取の危険がない配合量であり、安心して飲むことができます。

 

 

妊活サプリマカナの添加物・DHA含有精製魚油

 

 

妊活サプリマカナに含まれるDHA含有精製魚油は、青魚の油に多く含まれるDHAを抽出し添加しています。

DHAは青魚に多く含まれますが、現代の食生活では不足しがちな栄養素です。

DHAは、性ホルモンの生成に関わる成分であり、DHAの不足は不妊の原因の1つとなります。

またDHAは、血栓の形成を予防したり、血管壁を柔らかくしたり、血流の改善に欠かせない脂肪酸です。

妊活では血流の改善が重要で、血流改善により生殖機能の活性化に繋がります。

DHAは血栓を予防する働きがありますが、過剰摂取により出血傾向などの副作用もあります。

DHAの過剰摂取は1日1000mg以上のDHAを摂取した場合であり、妊活サプリマカナのDHA含有量は過剰摂取の危険性がないため安心して飲むことができます。

 

妊活サプリマカナの添加物・貝Ca

 

 

妊活サプリマカナに含まれる貝Caは、貝の化石をパウダー化したもので、カルシウムの栄養補強のために添加された添加物です。

カルシウムの主な働きは、骨や歯の形成であり、体内のカルシウムの99%は骨や歯に存在し、残りの1%のカルシウムは血管や筋肉に存在しています。

カルシウムは、胎児の骨や歯の形成に必要な栄養素であり、妊娠中は積極的に摂取したい成分です。

授乳中も、母親の摂取したカルシウムは母乳を通して赤ちゃんに届くため、積極的に摂取したい成分です。

妊娠中は胎盤を通して胎児に栄養を補給するため、母体は栄養が不足しがちです。

母体の栄養不足は、胎児の発育不全に繋がります。

カルシウムは、過剰摂取しても尿として対外に排出されてしまうので、過剰摂取の心配はありません

多くのサプリメントには、栄養補強の目的で貝Caが配合されており、安全性が確立した添加物です。

マカナサプリに含まれる貝Caも、カルシウムの補給目的で添加されており、安全性の高い添加物です。

 

 

妊活サプリマカナの添加物・ピロリン酸鉄

 

 

妊活サプリマカナに含まれるピロリン酸鉄は、鉄分の補給目的で添加された添加物です。

鉄分は、肉や魚などの動物性食品に含まれる「ヘム鉄」と、野菜などの植物性食品に多く含まれる「非ヘム鉄」があり、ピロリン酸鉄は、植物性食品に含まれる非ヘム鉄の1つです。

ヘム鉄と非ヘム鉄の違いは体内での吸収率で、体内での吸収率はヘム鉄が20~30%、非ヘム鉄が5%程度です。

鉄分は食事からの摂取では不足しがちな栄養素ですが、過剰摂取になりやすい微量ミネラルでもあります。

妊活サプリマカナに含まれるピロリン酸鉄は、非ヘム鉄のため体内での吸収率が低いですが、過剰摂取とならない量を配合されており、安心して飲むことができます。

女性は月経により鉄欠乏性貧血の割合が高く、鉄分は積極的に摂取した妊活有効成分の1つです。

鉄分は血液成分の1つであるヘモグロビンの生成に係わり、造血作用により血流の改善が見込めます。

血流改善は妊活ではとても重要で、生殖器の活性化につながります。

妊活サプリマカナは、ピロリン酸鉄を栄養強化の目的で添加していますが、過剰摂取の危険性のない配合量となっており、安心して飲むことができます。

また、ピロリン酸鉄は安全性の確立した添加物であり、栄養強化のために必要な添加物と言えます。

 

 

妊活サプリマカナの添加物・パントテン酸Ca

 

 

妊活サプリマカナに含まれるパントテン酸カルシウムは、ビタミンB群の補給の目的で添加された添加物です。

パントテン酸はビタミンB5とも呼ばれ、食事から摂取した糖分・脂質・たんぱく質をエネルギーに変換する際に補酵素として働き、生体の維持に重要な成分の1つです。

ビタミンB群は、エネルギー代謝の際の補酵素として働く重要な成分であり、妊活有効成分です。

パントテン酸カルシウムは、ビタミンBの補給目的以外にも、抗生物質による副作用の予防や、接触性皮膚炎・湿疹などの皮膚治療、便秘治療にも用いられます。

パントテン酸カルシウムは、多量摂取により下痢や腹痛などの副作用が報告されています。

また、パントテン酸カルシウムは医薬品としての取り扱いもあり、妊娠中・授乳中の服用は医師に相談とされています。

妊活サプリマカナに含まれるパントテン酸カルシウムは、医薬品としてのパントテン酸カルシウムの容量に比べ少なく、過剰摂取による危険性のない配合量となっています。

妊活サプリマカナに含まれるパントテン酸カルシウムは、ビタミンBの補給が目的であり、医薬品のパントテン酸カルシウムとは用途が違います。

マカナサプリに含まれるパントテン酸カルシウムはビタミンBの栄養強化のために添加された添加物であり、安心して飲むことができます。

 

 

妊活サプリマカナの添加物・グルコン酸Ca

 

 

妊活サプリマカナに含まれるグルコン酸カルシウムは、カルシウムの補給目的で添加された添加物であり、低カルシウム血症の治療で最も使用されるカルシウムの形態です。

多くの妊活サプリや、ミネラルサプリにはカルシウムが添加されており、グルコン酸カルシウムは多くのサプリメントに添加されており、安全性が確立しています。

また、医療現場でも使用されており、安全性の高い添加物です。

カルシウムは骨や歯の形成に重要な成分で、特に胎児への栄養補給では必須の栄養素です。

カルシウムが不足すると胎児の発育不全に繋がる恐れがあるため、妊活中から積極的に摂取したい栄養素です。

カルシウムは過剰摂取しても尿として排出されるため重篤な副作用に繋がることはありませんが、長期に渡り過剰摂取することで高カルシウム血症となる危険性があります。

妊活サプリマカナに含まれるグルコン酸カルシウムは、過剰摂取の危険性のない配合量のため、安心して飲むことができます。

 

 

妊活サプリマカナの添加物・ビタミンB6

 

 

妊活サプリマカナに含まれるビタミンB6は、ビタミンBの補給目的で添加された添加物です。

ビタミンB6は、葉酸の吸収をサポートする成分で、葉酸を含むサプリメントでは重要な成分の1つです。

ビタミンB6は、葉酸の体内での吸収を助ける働きがあり、葉酸代謝の際の補酵素として働きます。

妊活サプリマカナは葉酸を豊富に含むサプリメントであり、葉酸サポート成分のビタミンB6は必須成分と言えます。

ビタミンB6は、過剰摂取をしても尿となり体外に排出されるため重篤な副作用の報告はありません

ビタミンB6は多くのサプリメントで、ビタミンBの栄養強化の目的で配合されており、安全性の高い添加物と言えます。

 

 

妊活サプリマカナの添加物・ビタミンB1

 

 

妊活サプリマカナに含まれるビタミンB1はチアミンと呼ばれるビタミンB群の1つです。

ビタミンB1は、ビタミンの補給目的で添加される添加物です。

ビタミンB1は、食事から摂取した糖分をエネルギーに変換する際に補酵素として働く重要な栄養素です。

エネルギー生成により新しい細胞が作られ、精子や卵子の細胞が生成されます。

エネルギーが不足すると新しい細胞の生成がスムーズにできず新陳代謝が低下します。

健康な卵子・精子の生成にはエネルギーが必要です。

妊活では、ビタミンB群はとても重要な役割を持ちます。

ビタミンB1は、過剰摂取しても尿として体外に排出されるため重篤な副作用に繋がることはありません

ビタミンB1は多くのサプリメントにビタミンB群の栄養強化の目的で添加されており、安全性が確立した成分です。

 

妊活サプリマカナの添加物・ビタミンB2

 

 

妊活サプリマカナに含まれるビタミンB2は、ビタミンBの補給目的で添加された添加物です。

ビタミンB2は、葉酸のサポート成分であり、葉酸の体内での吸収率アップに繋がる重要な成分です。

またビタミンB2は、食事から摂取した糖分・脂質・たんぱく質をエネルギーに変換する際に補酵素として働きます。

ビタミンB2は、妊活有効成分の1つで、不足すると不妊症の原因の1つとなります。

ビタミンB2は過剰摂取しても尿として体外に排出されるため、重篤な副作用の危険性はありません

ビタミンB2は、多くのサプリメントでビタミンBの栄養強化の目的で添加されており、安全性が確保された添加物です。

 

 

妊活サプリマカナの添加物・葉酸

 

 

 

妊活サプリマカナに含まれる葉酸は、合成葉酸(添加物)であるモノグルタミン酸型葉酸です。

葉酸は、食事由来の天然葉酸(ポリグルタミン酸型葉酸)と、合成葉酸(添加物)モノグルタミン酸型葉酸の2種類があります。

サプリメントに含まれているのは、ほとんどが体内での吸収率が高いモノグルタミン酸型葉酸です。

葉酸は妊活中から妊娠中・授乳中も積極的に摂取したい成分の1つで、厚生労働省では妊娠1ヶ月前~妊娠3か月まで、食事からの葉酸摂取に加えてサプリメントから1日400μg追加で摂取することを推奨しています。

厚生労働省では、葉酸の摂取を食事由来の天然葉酸ではなく、添加物である合成葉酸から摂取することを推奨しています。

 

参考:神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係わる適切な情報提供の推進について(厚生労働省)

 

 

葉酸は神経管閉鎖障害のリスク低減のために必須の栄養素ですが、特に妊娠後期の過剰摂取により赤ちゃんの喘息発症率が上昇するとのデータもあり、サプリメントの葉酸配合量は400μgを目安とすることをおすすめします。

妊活サプリマカナは、モノグルタミン酸型葉酸400μgを配合しており、過剰摂取の危険性はありません。

 

 

妊活サプリマカナの添加物・ビオチン

 

 

妊活サプリマカナに含まれるビオチンはビタミンB7と呼ばれる水溶性ビタミンの1つです。

ビオチンは多くのサプリメントで、ビタミンBの補給目的で添加されています。

ビオチンは、食事から摂取した脂肪・たんぱく質・糖質を代謝してエネルギーに変換される際に補酵素として働きます。

ビオチンが不足するとエネルギー変換が滞るため、新陳代謝が低下し、全身の機能は低下します。

ビオチンの不足は、うつ症状・神経症状・消化器症状などにつながります。

ビオチンは過剰摂取しての尿として体外に排出されるため、過剰摂取の危険性はありません

 

 

参考:ビオチンとは(東北大学病院)

 

 

ビオチンは多くのサプリメントに配合されるビタミンB群の1つで、安全性が確立された成分です。

妊活サプリマカナに含まれるビオチンは、過剰摂取の危険のない配合量となっており安心して飲むことができます。

 

 

妊活サプリマカナの添加物・ビタミンB12

 

 

 

妊活サプリマカナに含まれるビタミンB12は、ビタミンB群の補給目的で添加された添加物です。

ビタミンB12は、葉酸のサポート成分であり、葉酸の体内での吸収率を上昇させる働きがあります。

ビタミンB12は、葉酸の代謝サイクルをスムーズに回るために必要な栄養素で、体内で活性化した葉酸を再吸収する際に必要となる補酵素です。

葉酸は、妊活中から妊娠中は特に摂取が推奨される成分です。

妊活サプリマカナは葉酸の1日推奨摂取量400μgを配合しており、ビタミンB12を同時に摂取することで相乗効果を得ることができます。

葉酸配合のサプリメントでは、ビタミンB12の添加は欠かせないと言うことですね。

ビタミンB12は、多くのサプリメントや医薬品に添加されており、安全性の確立した成分です。

ビタミンB12は、過剰摂取しても体外に排出されるため、過剰摂取による重篤な副作用の危険性はありません

妊活サプリマカナに含まれるビタミンB12は、過剰摂取の危険のない配合量となっており、安心して飲むことができます。

 

 

↓無添加で安心な妊活サプリマカナはこちら

 

 

 

[マカナサプリ/添加物]妊活サプリマカナの製造過程で必要な添加物

 

 

 

妊活サプリマカナに含まれる添加物は、サプリメントの形成上必要となるもので、副作用の危険性のある成分は含まれません。

安全性の確立した添加物のみを使用しており、安心して飲むことができます。

サプリメントは形成上、必要となる添加物が少量あります。

妊活サプリを選ぶときは、妊活有効成分が豊富に含まれ、不要な添加物が含まれないものを選びましょう。

 

 

↓無添加の妊活サプリマカナはこちら

 

 

 

妊活サプリマカナの添加物・酸化ケイ素

 

 

妊活サプリマカナに含まれる酸化ケイ素はシリカとも呼ばれ、体内にも微量に含まれています。

体内のシリカは毛髪・血管・骨・関節などに含まれ、特に骨形成の細胞層に集中して存在しています。

シリカは骨や髪・爪の形成、コラーゲンの再生、免疫力の強化などに関わります。

食品添加物としての酸化ケイ素は、厚生労働省より使用が認められており、サプリメント生成では主に、乾燥剤・吸湿剤として添加されます。

妊活サプリマカナは、50種類以上の栄養素を含み、野菜や果物の抽出液を乾燥させ粉状にしたものを錠剤に形成しているため、乾燥剤や吸湿剤を利用しないと、粉がダマになってしまい形成することができません。

また、錠剤同士がくっついてしまったり、管理状態が保てません。

そのため、サプリメントの形成上に必要となる添加物として酸化ケイ素が使用されています。

サプリメントの形成では、必要な添加物と不要な添加物があり、酸化ケイ素はサプリメントの形成にて必要な添加物と言えます。

二酸化ケイ素(シリカ)は必須ミネラルでもあり、シリカの摂取により骨密度が上昇するとのデータもある。

妊娠中は胎児に栄養補給するため、カルシウムが不足し骨密度が低下するため、二酸化ケイ素(シリカ)の摂取は効果的と言えます。

 

 

妊活サプリマカナの添加物・セルロース

セルロースとは

セルロースの安全性

 

妊活サプリマカナの添加物・HPC

 

 

妊活サプリマカナに含まれるHPC(ヒドロキシプロピルセルロース)は、医薬品錠剤の結合剤やコーティング剤に使用される食品添加物です。

HPCは生体には全くの無害であり、医薬品添加物として国内外で幅広く使用されており、安全性が確立した添加物です。

特に日本では医薬品の結合剤として90%以上がHPCを利用しており、その安全性が認められています。

妊活サプリマカナは、30種類の野菜と果物の抽出液を乾燥させ粉状にしたものをサプリメントに形成しています。

錠剤の形成には結合剤が必須であり、近年では健康食品(サプリメント)の増粘剤・乳化安定剤としても幅広く使用されています。

HPCはサプリメントの形成上必要な添加物であり、安全性の高い添加物です。

 

 

妊活サプリマカナの添加物・ステアリン酸Ca

 

妊活サプリマカナに含まれるステアリン酸カルシウムは、サプリメントの固結防止剤、乳化剤などとして使用される食品添加物です。

ステアリン酸カルシウムの使用の歴史は古く、アメリカでは1920年頃からさまざまな用途で食品に使用されてきました。

ステアリン酸カルシウムの使用歴史の長いアメリカでは、GRAS物質(安全と認められる物質)に認定されています。

妊活サプリマカナは錠剤のサプリメントであり、サプリメントの形成では粉がダマになって固まらないように固結防止剤や、滑らかにする乳化剤が必須です。

ステアリン酸カルシウムはサプリメントの形成上必要な添加物であり、安全性の高い添加物です。

 

参考:ステアリン酸カルシウムの食品添加物の指定に関する添加物部会報告書(厚生労働省)

 

 

妊活サプリマカナの添加物・セラック

 

妊活サプリマカナに含まれるセラックは天然樹脂のことであり、サプリメントのコーティング剤として利用されています。

セラックの歴史は古く、食品添加物以外にも幅広い用途で使用されています。

サプリメントにコーティング剤が必要な理由は、飲みやすさの向上です。

コーティング剤を塗布することで、舌触りがなめらかになり飲み込みやすくなります

妊活サプリマカナは飲み込みやすい形状をしており、さらに飲み込みやすさを向上させるために、セラックを使用しています。

セラックは安全性が高く、さまざまなサプリメントのコーティング剤として使用されている添加物で安全性が確立しています。

 

参考:天然樹脂セラッ

 

 

 

 

↓無添加の妊活サプリマカナはこちら

 

 

 - マカナサプリ , , , , , , ,