[マカナサプリ/副作用]妊活中・妊娠中・授乳中も安心!赤ちゃんにも安全の理由

[マカナサプリ/副作用]妊活中から妊娠中・授乳中でも安全な3つの理由

 

 

妊活サプリマカナは妊活中はもちろん、妊娠中・授乳中も副作用の心配がなく安心して飲むことができます。

マカナサプリの主成分は日本産マカ100%は、安全性の高い妊活有効成分です。

マカナサプリの主な成分は全て、安全性の高いものを使用しています。

お母さんにも赤ちゃんにも安心・安全な妊活サプリです。

 

 

 

 

マカナサプリは副作用の危険性が少ない・主成分は日本産マカ100%

 

 

マカナサプリは副作用の危険性が少ない日本産マカが主成分の妊活サプリです。

多くのサプリメントは、ペルー産のマカを使用していますが、日本産に比べると、品質管理栄養価の面でデメリットが多いと言えます。

安全性が高く、栄養価の高い日本産マカを100%使用したマカナサプリは、安心して飲むことができる妊活サプリです。

 

日本産マカ100%が安心・安全な理由

マカは主にペルーで栽培され、標高4,000m以上の厳しい環境で育つ高原植物です。

標高4,000m以上の環境は、酸素濃度が低く、太陽光がダイレクトに降り注ぎ、朝晩の寒暖の差は30度を越えます。

このような過酷な環境で、その土壌の栄養を全て吸い上げたくましく育つのが、奇跡のスーパーフードと言われるマカです。

ペルー産のマカは、標高4,000m級の山岳地帯で生産されるため、温度調整や水分調整は全て自然任せであり、人の手による厳密な品質の管理ができません。

そのため、品質や栄養価にバラツキがあります。

日本産マカは、この20年で品質改良・栽培方法の確率・土壌改良を重ね、今や世界最高品質のマカになりました。

また日本産マカは無農薬で、人や機械で厳密に管理されており、品質・栄養価が高く均一です。

高品質な日本産マカは、妊活中・妊娠中・授乳中のどの期間でも、安心・安全に摂取することができます。

 

参考:日本マカ株式会社

 

 

日本産マカ100%配合の妊活サプリマカナはこちら

 

 

マカナサプリは副作用の危険性が少ない・過剰摂取を予防する成分配合バランス

 

妊活サプリマカナは成分の配合バランスがよく過剰摂取の危険性が少ない

 

妊活中・妊娠中・授乳中は、お母さんはもちろん、赤ちゃんへの副作用や影響が心配されるデリケートな時期です。

過剰摂取により赤ちゃんに悪影響を与えると言われる、葉酸・ビタミンA・カフェインの摂取には注意が必要です。

妊活サプリマカナは、成分の配合量がバランスよく、過剰摂取による副作用の危険性はありません。

 

 

過剰摂取により赤ちゃんへの副作用が心配される成分・葉酸

葉酸は妊活中・妊娠中は、胎児の先天性以上のリスク低減のため摂取が推奨される成分です。

でも、過剰摂取により赤ちゃんへの副作用が報告されています。

 

 

妊活中・妊娠中・授乳中の葉酸1日推奨量と摂取量の上限

時期 食事などから 栄養補助食品から 上限量(/1日)
妊娠1ヶ月前~妊娠3か月 240μg +400μg 1000μg(~20代・900μg)
妊娠4ヶ月~出産 240μg +240μg 1000μg(~20代・900μg)
産後・授乳中 240μg +100μg 1000μg(~20代・900μg)

 

 

妊娠を計画している女性に関しては、神経管閉鎖障害の発症リスクを低減させるために、妊娠の1ヶ月以上前から妊娠3か月までの間、葉酸をはじめその他のビタミンなどを多く含む栄養のバランスがとれた食事が必要であること。(一部省略)

最近の米国等の報告では神経管閉鎖障害の発症リスク低減に関しては、食事からの摂取に加え0.4mg(400μg)の栄養補助食品からの葉酸摂取が勧告されていること等の理由から、当面、食品からの葉酸摂取に加えて、いわゆる栄養補助食品から1日0.4mgの葉酸を摂取すれば、神経管閉鎖障害の発症リスクが集団としてみた場合に低減することが期待できる旨情報提供を行うこと。(一部省略)

葉酸摂取量は1日当たり1mg(1000μg)を超えるべきではないことを必ず合わせて情報提供をする。

 

引用:神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係わる適切な情報提供の推進について(厚生労働省)

 

 

 

厚生労働省では、葉酸の摂取目的を「胎児の神経管閉鎖障害のリスク低減のため」としており、葉酸の1日摂取上限量を1000μgとしています。

多くの妊活サプリや葉酸サプリの葉酸含有量は200~400μgなので、容量・用法を守っていれば、葉酸の過剰摂取の危険性はありません。

 

 

 

葉酸の過剰摂取の赤ちゃんへの影響について

 

 

 

 

オーストラリアのアデレード大学の研究チームが550人を対象に行った調査では、妊娠後期(16週~30週)に入っても葉酸サプリを摂取し続けた女性で、生まれた子供がぜんそくを発症する確率が30%高くなるとの結果でした。

でも、厚生労働省が推奨する葉酸の適切な摂取時期は、妊娠1ヶ月前から妊娠3か月(妊娠11週)までとされています。

同じくオーストラリアのアデレード大学チームの研究では、葉酸サプリを妊娠前から摂取し、妊娠から数週間でやめた女性では、子供のぜんそく発症リスクが高まることはなかったとされています。

つまり、厚生労働省が推奨する葉酸の摂取時期には積極的に葉酸を摂取し、妊娠4ヶ月以降から授乳中は、葉酸の過剰摂取に注意が必要と言えます。

妊活サプリマカナは、葉酸400μgを配合しており、厚生労働省が推奨する栄養補助食品から400μg摂取の基準を満たしています。

食事からの葉酸摂取は、体内への吸収率が悪いため、厚生労働省では食事からの葉酸摂取は過剰摂取に繋がらないとしています。

 

 

過剰摂取により赤ちゃんへの副作用が心配される成分・ビタミンA

ビタミンAは脂溶性ビタミンの1つで、視覚・聴覚・生殖等の機能維持や、成長促進、タンパク質の合成など、重要な役割を持っています。

ビタミンAを多く含む食品は、動物性食品と緑黄色野菜です。

動物性食品では、鶏レバー(生)、豚レバー(生)、うなぎ、さんま、プロセスチーズ、牛乳などは、ビタミンA含有量が豊富です。

緑黄色野菜では、にんじん、ほうれん草、春菊、カボチャ、小松菜、ブロッコリー、トマトなどは、ビタミンA含有量が豊富です。

健康維持の上で重要な役割を果たすビタミンAですが、食品やサプリメントなどによる過剰摂取により様々な副作用が報告されています。

 

 

ビタミンA過剰症には、急性と慢性があります。

 

急性の中毒症状は、腹痛、悪心、嘔吐、めまい、過敏症などが出現した後、全身の皮膚落屑がみられます。北極熊の肝臓や魚の肝油を大量摂取した場合などにみられることが知られています。一方、慢性の中毒症状では、全身の関節や骨の痛み、皮膚感想、脱毛、食欲不振、体重減少、肝脾腫、脳圧亢進による頭痛及びうっ血乳頭などを示します。

連日25,000I.U,を服用すると慢性症状が出現すると言われています。

その他、ビタミンA過剰症として催奇形性、骨密度の減少、骨粗鬆症も知られています。(一部省略)

また、厚生労働省は、妊娠3か月以内又は妊娠を希望する女性におけるビタミンA摂取の留意点として、特にビタミンAを含有する健康食品やビタミンAを高濃度に含有する食品等の継続的な多量摂取により、妊婦の推奨量を超えるような過剰摂取をしないよう注意喚起しています。

 

引用:ビタミンAの過剰摂取による影響(食品安全委員会)

 

 

 

妊娠中・授乳中のビタミンA推奨摂取量と1日上限量

時期 推奨量 1日の上限量
妊娠初期 650~700μg(非妊娠時+0) 2700μg
妊娠中期 650~700μg(非妊娠時+0) 2700μg
妊娠後期 730~780μg(非妊娠時+80μg) 2700μg
授乳中 950~1000μg(非妊娠時+300μg) 2700μg

 

ビタミンAは過剰摂取により、胎児の催奇形性のリスクがあり、特に妊娠初期の胎児の形成期には過剰摂取にならないように注意が必要です。

妊活ではさまざまな栄養素をバランスよく取ることで妊娠率アップにつながるため、各種ビタミンが豊富に含まれています。

でも、妊活サプリを選ぶときは、ビタミンAの含有がないものや、含有量が少ないものを選びましょう。

妊活サプリマカナはビタミンAは含有していないので、過剰摂取による副作用を心配する必要はありません。

 

過剰摂取により赤ちゃんへの副作用が心配される成分・カフェイン

コーヒーや紅茶に含まれるカフェインは、中枢神経を刺激し、血管や心筋などの収縮を促す働きがあります。

コーヒーや紅茶は、少量の摂取なら、カフェインのアドレナリン放出により、リラックス効果が得られるため、リフレッシュに最適です。

でも、多量に飲み過ぎることで、胎児への副作用が心配されます。

胎児は母親の血液から栄養や酸素をもらい成長をするため、カフェインの副作用により母体の血流が悪くなると、胎児に十分な栄養や酸素が供給できません。

母体の血流不足は、胎児への血流不足となり、胎児発育不全の原因となり、早産や死産に繋がることもあります。

妊娠中は、なるべくカフェイン入りの飲料は避けたほうが安全ですし、最近ではノンカフェインのコーヒーや紅茶も人気がありますよ。

妊活サプリマカナには、妊娠有効成分であるミネラルやアミノ酸・ビタミンなど、胎児の成長に重要な成分が豊富に含まれています。

特にミネラル成分である鉄分・亜鉛・カルシウムなどは、カフェインに含まれる成分であるタンニンと結合し、排尿とともに大概に排出されてしまいます。

カフェインに含まれるポリフェノールの1種であるタンニンには、強い利尿作用があるため、胎児に必要となる栄養素を体外に排出する恐れがあるため、カフェインは妊娠中の摂取は控えることをおすすめします。

 

 

カフェインの胎児への影響

胎盤を通して胎児に血液が供給されますが、母親の摂取したものはダイレクトに胎盤を通過して胎児に運ばれます。

胎児には有害物質を体外に排出する力が備わっていないため、カフェインなどの有害物質を大量に摂取すると、胎児の脳内にカフェインが蓄積されてしまいます。

カフェインは中枢神経を刺激し興奮を高めたり、血管を収縮させる働きがあるため、胎児への血流が不十分となり、酸素や栄養素が十分に供給することができません。

カフェインの大量な摂取を続けると、胎児の発育不全や発育遅延により、流産・死産・早産などの原因となる可能性が高くなります。

妊活サプリマカナは、カフェインなどの有害物質は一切使用していないので、安心して飲むことができますよ。

妊活サプリマカナに含まれるルイボスティー粉末にはカフェインは一切含まれていないので安心して飲むことができます。

 

 

妊活有効成分をバランスよく含む妊活サプリマカナはこちら

 

 

マカナサプリは副作用の危険性が少ない・安全性が高い成分のみ配合

 

妊活サプリマカナの副作用・安全性の高い成分のみを配合

 

妊活サプリマカナに含まれる成分は、安全性が高く副作用の危険性が低いもののみを使用しています。

妊活中・妊娠中・授乳中のデリケートな時期に、安心して飲むことができる成分のみを使用しています。

 

 

マカナサプリの主な妊活有効成分と副作用の危険性

妊活サプリマカナの主な妊活有効成分は、日本産マカ・葉酸・スピルリナ・金時ショウガ・GABA・ルイボスティー・α-リポ酸・還元型コエンザイムQ10・国産野菜&フルーツなどです。

妊活サプリマカナの主な妊活有効成分は、ミネラル・アミノ酸・ビタミンなど、妊活必須の栄養素を豊富に含んでいます。

マカナサプリの主成分「マカ」は、ホルモンバランスの調整に効果的とされ、男性妊活・女性妊活の両方に効果的とされています。

でも、体質によってはマカの摂取を控えた方が良いケースもあります

マカはホルモンバランスを整える作用があり、女性の場合は女性ホルモンの分泌促進だけではなく、男性ホルモンの分泌も促進されます。

女性の場合は男性ホルモンの分泌量が増えると、生理の周期や基礎体温に影響を与えたり、ニキビ肌や脂性肌になったりなどの影響が出ることがあります。

特に男性ホルモンの分泌過多が原因とされる、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の指摘をされたことがある方は、マカを摂取することで男性ホルモンの分泌が促進されるとPCOSの症状が強くなる可能性があります。

マカ含有のサプリを選ぶときは、マカの産地を確認し、品質や栄養価の面で優れている日本産マカ100%のものを選ぶと安心です。

妊活サプリマカナは、日本産マカ100%使用しており、品質や栄養面は世界最高基準となっています。

妊活サプリを選ぶときは、何か1つの成分のみに注目するのではなく、成分の配合バランスや、原材料の産地などに注意して選ぶと安心ですね。

 

 

 

 

関連記事:[妊活サプリマカナ/口コミ]人気No1!makanaマカナサプリは葉酸・マカ配合で妊活効果が高い!

 

 

 

[マカナサプリ/副作用]妊活サプリマカナの主な成分と副作用の危険性

 

 

妊活サプリマカナの主な成分と副作用について紹介します。

マカナサプリの主成分のマカや、葉酸・スピルリナ・ルイボスティー・DHAなど、妊活に効果的と言われる成分の安全性や、過剰摂取による副作用について紹介します。

また、妊活サプリマカナが副作用の危険性が少ない妊活サプリである理由を紹介します。

 

マカナサプリの成分と副作用・日本産マカ

 

 

妊活サプリマカナの主成分「日本産マカ」は、妊活必須成分であるアミノ酸・ミネラル・ビタミンがバランスよく含まれており、「妊活の王様」と呼ばれています。

妊活有効成分を豊富に含むマカですが、作用があれが「副作用」の危険性もあります。

マカの副作用について詳しく見てみましょう。

 

 

一般的なマカ粉末(100gあたり)の主要な栄養成分
栄養素・ミネラル 含有量(マカ粉末100gあたり)
カルシウム 586mg
11.5mg
タンパク質 11.3mg
亜鉛 7.93mg

 

 

 

一般的なマカ粉末(100gあたり)の主要な栄養成分
栄養素・アミノ酸 含有量(マカ粉末100gあたり)
アラニン 0.39g
アルギニン 0.61g
アスパラギン酸 0.67g
グルタミン酸 0.73g
グリシン 0.35g
ヒスチジン 0.19g
イソロイシン 0.28g
ロイシン 0.45g
リジン 0.31g
メチオニン 0.11g
フェニルアラニン 0.29g
プロリン 2.49g
セリン 0.33g
トレオニン 0.33g
チロシン 0.20g
バリン 0.39g

参考:マカ(wikioedia)

 

 

 

乾燥マカ100gの栄養構成は、炭水化物59g、タンパク質10.2g、繊維8.5g、脂質2.2gで、他に大量の必須アミノ酸や、じゃがいもの倍以上の鉄分とカルシウムを含む。その他リノール酸、パルミチン酸、オレイン酸といった脂肪酸、ビタミンB群、ミネラル、グルコシノレート等も含有する。

引用:マカ(wikioedia)

 

マカは極めて優れた栄養価を示す植物で、妊活有効成分をバランスよく配合しています。

食品安全員会は、ドイツ連邦リスク評価研究所が発表したマカを含むサプリメント及び食品のリスク評価

を元に、マカは作用・副作用についてのデータが不十分のため、食品及びサプリメント中のマカについて

健康へ問題のない摂取量を算出することはできないとしている。

つまり、サプリメントに含有するマカには上限量が設けられていないと言うことになります。

マカは、ホルモンバランス改善効果・男性機能の改善・生殖器への影響(精子の質の改善など)などの妊活効果があると言われています。

でも、これらの効果の科学的な根拠は今のところありません

マカは薬用ハーブであり医薬品ではないので、不妊症を改善する効果はありません。

でも、極めて優れた栄養価や、妊活有効成分をバランスよく含むことから、妊活効果に期待が持たれています。

また、マカの健康被害などは今のところ報告はなく、安全性を疑問視する声も聞かれていない。

ただ、植物であるため植物アレルギー(アブラナ科の植物アレルギー)のある人は注意が必要です。

 

 

 

 

妊活サプリマカナは、品質・栄養価が優れた日本産マカ100%使用しており、安全性が高い妊活サプリです。

 

 

妊活有効成分が豊富な妊活サプリマカはこちら

 

 

マカナサプリの成分と副作用・葉酸

 

 

妊活サプリマカナの主な成分である葉酸は、妊娠前1ヶ月~妊娠3か月までに積極的に飲むことが推奨されている成分です。

厚生労働省では、葉酸を服用する目的を「胎児の神経管閉鎖障害の予防」のためとしています。

葉酸を摂取することで、胎児の神経管閉鎖障害が予防できるとされており、産科クリニックなどでも葉酸サプリメントの摂取を推奨しています。

でも、葉酸の過剰摂取による副作用も報告されています。

 

 

葉酸の過剰摂取により赤ちゃんの喘息発症率が上昇する

葉酸の過剰摂取による副作用は、先述したように「特に妊娠後期での葉酸過剰摂取により、赤ちゃんに喘息が発症する割合が高くなる」と言うものです。

喘息の発症は、赤ちゃん側の副作用ですが、母親側の副作用もあります。

 

 

神経症状と消化器症状が出やすい

葉酸の過剰摂取により、特に神経症状と消化器症状が出やすいとされています。

葉酸は脳神経に働きかける成分のため、過剰摂取により神経症状が出やすくなります。

神経症状には不眠などの症状があります。

吐き気や食欲不振などの消化器症状は、葉酸の過剰摂取による中毒症状と言えます。

その他の中毒症状として、蕁麻疹・呼吸障害・むくみなどがあります。

葉酸は1日のトータル摂取量が1000μgを超えないように、サプリメントの葉酸配合量のチェックをすることをおすすめします。

厚生労働省では、妊娠1ヶ月前から妊娠3か月までは、食事からの葉酸摂取に加えてサプリメントからの葉酸摂取400μgを加えるように推奨します。

妊活サプリマカナは、葉酸400μg配合で、葉酸の必要量を摂取ができ、過剰摂取のリスクもありません。

 

 

モノグルタミン酸型葉酸は過剰摂取の危険性があるため注意が必要

葉酸は、食事から摂取されるポリグルタミン酸型葉酸(食事由来葉酸)とサプリメントに配合されているモノグルタミン酸型葉酸(合成葉酸)があり、食事由来の葉酸摂取では過剰摂取の心配はないとされています。

サプリメントに配合されているモノグルタミン酸型葉酸は体内で吸収されやすい形に変換された葉酸のため、食事由来の葉酸に比べて吸収率が高く、葉酸サプリメントを摂取するときには過剰摂取とならないように、葉酸含有量400μg程度のものを選ぶと安心です。

妊活サプリマカナは、葉酸含有量400μgで過剰摂取の心配はありません。

 

 

ビタミンB12欠乏症の診断が困難になる

ビタミンB12は、水溶性ビタミンの1つで、赤血球細胞の形成、DNA合成、神経機能などの働きをする重要な成分です。

ビタミンB12欠乏症は、食事からの吸収不全、悪性貧血、術後の吸収不良などが原因となり発症する。

ビタミンB12が欠乏すると神経機能がスムーズに働かなくなるため、手足のしびれや刺痛などの神経障害を引き起こす。

ビタミンB12欠乏症により、赤血球細胞の形成がスムーズにできず、異常な赤血球が増加することにより巨赤芽球貧血を起こすことがある。

葉酸にもビタミンB12と同じく、赤血球細胞の生成をサポートする働きがあるため、ビタミンB12欠乏症が進行しても、葉酸を過剰に摂取することで巨赤芽球貧血を改善させることができるため、ビタミンB12欠乏症の診断が困難になることがある。

葉酸の過剰摂取によりビタミンB12欠乏症による巨赤芽球性貧血が改善した場合でも、ビタミンB12欠乏症による手足のしびれなどの神経障害は改善しないのが特徴となる。

葉酸は、妊活中から妊娠中・授乳中にかけて重要となる成分ですが、過剰摂取とならないように注意が必要です。

妊活サプリマカナは、厚生労働省が推奨する葉酸1日摂取量の400μgを配合しており、過剰摂取の危険性は低い。

葉酸サプリメントを摂取するときは、容量・用法を守り、過剰摂取とならないように注意しましょう。

 

 

 

マカナサプリの成分と副作用・スピルリナ

 

 

タンパク質・鉄分が豊富

スピルリナは藻類の1種で、古くから健康食品として幅広く利用されています。

スピルリナはタンパク質を60%含み、ビタミン・ミネラル・食物繊維など、妊活有効成分を豊富に含んでいます。

また消化率が95%と高く、スピルリナの妊活有効成分が体内に吸収されやすい性質があります。

スピルリナの特徴で注目するポイントは、アミノ酸バランスの優れたタンパク質が55~70%と豊富に含まれていることです。

アミノ酸は、食事から摂取した栄養素をエネルギーに変換する働きがあり、新しい細胞を生成する際のエネルギー源として重要な役割を持ちます。

妊活では健康な卵子や精子の生成が必須であり、新しい細胞の生成には多くのエネルギーが必要となります。

アミノ酸バランスに優れたタンパク質を豊富に含むスピルリナは、体内のエネルギー生産に影響を与え、健康な卵子や精子の生成をサポートすると考えられます。

 

 

強い抗酸化作用があり高齢妊活に最適

またスピルリナには、γ-リノレン酸が豊富に含まれ強い抗酸化作用を持ちます。

特に高齢妊活では、健康な卵子や精子を生成する働きが加齢により低下しており、新しい細胞を生成するエネルギー生産も十分にできません。

高齢妊活では、抗酸化物質を摂取することで新しい細胞の生成を活性化し、健康な卵子や精子の生成に役立ちます。

 

 

 

WHOやJAXAなどが安全性や栄養価をコメント

妊活有効成分が豊富に含まれたくさんの効果が期待されるスピルリナですが、国立健康・栄養研究所は「ヒトでの有効性には十分なデータが見当たらない」としています。

しかし、WHO(世界保健機構)やJAXA(宇宙航空研究開発機構)などからスピルリナの安全性や栄養価についてのコメントが得られています。

 

 

 

WHO(世界保健機構)のコメント

1993年、「スピルリナは優れた食品であり、特に鉄、タンパク質が多い、安全性に問題なく、子供達も利用できる栄養補助食品として理想的なものである」とコメントしました。

引用:マカナサプリ公式サイト

 

 

米国NASA(航空宇宙局)と日本JAXA(宇宙航空研究開発機構)は共同でスピルリナを利用した宇宙密閉空間で長期間にわたり人間が生活できるシステムを研究しています。

引用:マカナサプリ公式サイト

 

 

スピルリナは、FAO(国際連合食糧農業機関)が公に有用性を認定した食品で、FDA(米国食品医薬品局)のフードリスト(GRAS list)(安全性が高いと認められる食品リスト)に載っています。

引用:マカナサプリ公式サイト

 

 

スピルリナのような古くから親しまれている健康食品は、科学的なデータや、有効なデータが存在しないものが多く、安全性を疑う意見が聞かれるのも事実です。

健康食品を摂取するときは、原料が日本国産であるものを選び、品質管理や衛生管理が十分にされているものを選ぶことをおすすめします。

妊活サプリマカナは、原材料は日本国産であり安心・安全と言えます。

 

 

マカナサプリの成分と副作用・金時ショウガ

 

 

金時ショウガは日本独自の品種

金時ショウガは、日本独自の品種で、一般的なショウガとは栽培方法が大きく異なります。

金時ショウガは、土壌の栄養成分を全て吸収して育つため、一度栽培をすると、土壌の養分が低下しており品質が低下してしまうため、数年間は同じ畑を使用することができません。

それほどに土壌の栄養素を吸収する金時ショウガは、香り成分のガラノラクトン、辛味成分のショーガオール・シンゲロールを多く含みます。

 

 

ガラノラクトンの作用と副作用

ショウガの香り成分のガラノラクトンは、血栓を予防したり、血流を改善する働きがあります。

血流の改善により体の末端まで血液の流れがよくなると、冷え性は改善し、体温の低下を抑制することが期待されます。

血流の流れが改善することで、全身の血流が改善し、子宮や卵巣などの生殖器への血流も改善するため、生殖機能の改善が期待されます。

生殖器機能の改善は、ホルモンバランスの改善や基礎体温の維持など、妊活に有効と言えます。

また、血管拡張作用により体の緊張が取れ、リラックス効果も期待できます。

逆に、血管拡張作用により血圧が低下し、低血圧の人や貧血の人は、フラつきやめまいを起こす可能性もあります。

 

ジンゲロール・ショウガオールの効果と副作用

ショウガの辛味成分であるジンゲロール・ショウガオールには、ガラノラクトンと同じく血管拡張作用があり、血の巡りを改善する効果が期待されます。

妊活サプリには妊活有効成分が豊富に含まれますが、血流が悪い状態では有効成分を十分に吸収することができません。

血流の改善は全身の器官の活性化に繋がり、生殖機能の改善によるホルモンバランスの改善が期待される。

また体温低下抑制作用により、基礎体温の維持(特に高温期の維持)が期待される。

副作用として、辛味成分による胃腸症状が起こる可能性がある。

ジンゲロール・ショウガオールは、唐辛子などにも含まれる辛味成分で、胃腸に刺激を与え胃痛・腹痛・下痢・胃もたれなどを感じる人もいます。

サプリメントの場合は辛味成分を粉末にしており、胃腸に対して強い刺激を与える心配はないため、副作用の危険性は低いと言えます。

妊活サプリマカナは金時ショウガを豊富に含有し、冷え性改善やホルモンバランスの改善が期待されます。

 

 

マカナサプリの成分と副作用・GABA

 

 

GABAはアミノ酸の1つで、主に抑制性の神経伝達物質とされています。

GABAは主に脳内や脊髄に存在し、抗ストレス作用により、気持ちを落ち着かせたり、リラックスさせる働きがあります。

GABAは抗ストレス作用に加え、血管拡張作用を持つため、全身の緊張が解けリラックス効果が高いと言われています。

GABAは体内でも生成される物質ですが、ストレスを解消させるために消費されてしまうため、ストレスの多い現代人は常にGABAが不足していると言われています。

妊活ではストレスを感じるケースが多く、男性よりも女性に多い傾向があります。

男性妊活に比べると、女性妊活の方が精神的・身体的に苦痛を伴うため、女性妊活ではストレスが大きいのです。

ストレスを感じると全身に力が入り緊張状態となるため、血管は細くなり血流が低下します。

ストレスが多い人は血流が低下し、冷え性の原因となるケースも多いです。

GABAは、血液脳関門を通過できないため、体外からGABAを摂取しても神経伝達物質として働くことはないとされていますが、GABAの血管拡張作用によりリラックス効果が得られることに違いはありません。

反対に、血管拡張作用により血流が改善すると、低血圧の人や貧血の人は、目眩やフラつき、吐き気などを感じることもあります。

妊活サプリマカナは、妊活有効成分をバランスよく含んでおり、妊活ではイライラ対策リフレッシュ対策は必須であると考えています。

そのため妊活サプリマカナは、リラックス効果やストレス緩和作用のあるGABAをバランス良く配合しており、妊活によるストレス緩和が期待されます。

 

 

マカナサプリの成分と副作用・DHA・EPA

 

 

DHA・EPAは必須脂肪酸であり、体内ではほとんど生成されない成分です。

体内では主に網膜、神経、心臓、精子、母乳中に多く含まれています。

DHA・EPAは性ホルモンの生成をサポートする働きがあり、妊活有効成分の1つです。

また、DHA・EPAの多くが精子の中に存在していることから、DHA・EPAの摂取は精子の生成や精子の質の改善が期待できます。

DHAは血中の脂質(コレステロール、中性脂肪)を低下させる作用により血流が改善し、血圧下降作用があると言われています。

つまり、コレステロールや中性脂肪によりドロドロで流れの悪かった血液がDHAの作用によりサラサラになり、全身の器官に十分に血液を送ることができるようになります。

血流の改善により生殖器機能が改善することで、ホルモンバランスの改善が期待されます。

DHA・EPAは1日3g以上の摂取により、血液の凝固機能が低下し、出血傾向になることが報告されています。

容量・用法を守れば血栓防止効果が期待されますが、過剰摂取により凝固機能の低下・出血傾向となります。

DHA・EPAの適量は1日1g~1.5gとされており、1日3g以上の摂取は控えるようにと言われています。

妊活サプリマカナは、DHA・EPAを適量含んでおり、過剰摂取の心配はありません

 

 

マカナサプリの成分と副作用・ルイボスティー

 

 

ルイボスは南アフリカに唯一自生するハーブの1種で、さまざまな妊活有効成分を豊富に配合しています。

ルイボスは、さまざまな栄養素がバランス良く含まれていますが、特にミネラルが豊富に含まれます。

ミネラルには、マグネシウム、カリウム、カルシウム、亜鉛、鉄などがあり、妊活で重要な役割を持ちます。

 

亜鉛を豊富に含む

特に亜鉛は、性ホルモンの生成をサポートする成分で、し、子宮環境を整える作用があります。

また鉄分には血液細胞の1つであるヘモグロビンを生成する働きがあり、鉄分の造血作用により貧血の改善が期待されます。

貧血が改善すると、全身の器官が活性化し、生殖機能の活性化も期待されます。

生殖機能の活性化によりホルモンバランスが整い、妊活に向けた体作りに有効と言えます。

またミネラルは、食事から摂取した成分からエネルギーを生成する働きを持ち、新しい細胞の生成をサポートします。

新しく健康な卵子や精子の生成にはミネラルは欠かせません。

 

 

高齢妊活に効果的な成分を配合

ルイボスは豊富に含まれるミネラルに加えて、強力な抗酸化物質であるSOD(スーパーオキシドジムスターゼ)が豊富に含まれます。

特に高齢妊活では加齢により体内には活性酸素が増え、生殖器などの機能を低下させています。

体内の活性酸素は抗酸化物質の摂取により除去することができるため、特に高齢妊活では抗酸化物質の摂取は必要です。

 

 

血糖値を下げる成分には注意が必要

ルイボスに含まれるピニトールと言う成分は、血糖値を下げる働きがあり、それと同時に男性ホルモンを減少させる働きがあるためPCOS(多嚢胞性卵巣症候群)の治療に効果的と言われています。

でも、血糖値を下げる作用があることから、もともと血糖値が低い人や運動後などの服用により血糖値が下がりすぎてしまう危険性があります。

血糖値が下がり過ぎると、冷や汗・動機・気分不快・目眩・手足のしびれなどの低血糖症状が現れます。

ルイボスに含まれるピニトールにより低血糖症状が出たと言う報告は聞きませんが、血糖値をコントロールする成分であることから注意は必要だと言えます。

妊活サプリマカナは、ルイボスに含まれるミネラル・ビタミンをバランスよく抽出しており、有害な成分は配合されていません。

妊活サプリマカナは安心して飲むことができる妊活サプリです。

 

 

マカナサプリの成分と副作用・α-リポ酸

 

 

α-リポ酸は強い抗酸化作用を持つ抗酸化物質であり、また体内で効率的にエネルギー生成を行うことができる成分です。

α-リポ酸は多くの食品の中に含まれており、体内でも生成できる成分だが、加齢により生成できる量が低下していきます。

α-リポ酸の働きで特に注目されるのが強い抗酸化作用で、体内の活性酸素の除去に効果的な成分です。

特に高齢妊活では、活性酸素が増え、全身の器官は活性酸素により働きが低下します。

α-リポ酸は活性酸素を除去するとともに、体内のビタミンC・ビタミンEを再生し、再吸収することができます。

ビタミンC・ビタミンEも同じく抗酸化物質であり、α-リポ酸により再吸収され、体内で十分な抗酸化作用が得られ、高齢妊活に効果的です。

 

 

多くの科学者が、アルファリポ酸を理想的な抗酸化物質と考えている。

といのは、とりわけ、簡単に素早く吸収されるので、フリーラジカル(活性酸素)をすぐに中和できるからだ。

老化を遅らすと考えられている。

アルファリポ酸は高い抗酸化作用で、あらゆる状況でフリーラジカルのダメージを防ぐ。

脳、血液、体脂肪、心臓、脾臓、腎臓、骨、関節、肝臓など、あらゆる臓器のあらゆる細胞の中で働く。

 

引用:医療法人 再生未来

 

α-リポ酸には特に高齢妊活に効果的だと注目されていますが、副作用として低血糖症の発症に繋がる危険性があることが指摘されています。

α-リポ酸の摂取による低血糖症は、HLA遺伝子が原因だとされており、HLA遺伝子は日本人の約⑧%が持っており、欧米人は1%程度とされており、α-リポ酸摂取による低血糖は日本など東アジアでの特徴と言えます。

 

 

参考:α-リポ酸の低血糖症の発症原因の解明(株式会社シクロケムバイオ)

 

 

α-リポ酸を主成分としたサプリメントは数多く販売されていますが、妊活サプリマカナはα-リポ酸は主成分ではありません。

それほど多くのα-リポ酸を含有していませんし、マカナを服用して低血糖になったと言う副作用の報告もありません。

妊活サプリを選ぶときは、副作用の報告の有無を確認することをおすすめします。

妊活サプリマカナでは問い合わせフォームや電話から直接質問することができすよ。

 

 

マカナサプリの成分と副作用・還元型コエンザイムQ10

 

 

 

コエンザイムQ10は、ほとんどすべての細胞に存在し、ミトコンドリア内でエネルギー生成する際に補酵素として働きます

食事から摂取した栄養は、細胞内のミトコンドリアでエネルギーに変換されます。

ミトコンドリアはほとんどすべての細胞に存在し、エネルギーを生成する工場の役割を持ちます。

エネルギーの生成は生体の維持には欠かせませんし、エネルギーが不足すると新しい細胞を生成したり、器官の機能を維持・活性化することができず、全身の機能は低下します。

コエンザイムQ10は体内で生成することができますが、20歳を超えると体内で生成される量は低下していきます。

高齢妊活では妊娠率が低いのは、加齢によりコエンザイムQ10の生成量が減り、ミトコンドリアが活性化できないからだと考えられており、高齢妊活に対抗するためにはミトコンドリアの機能を活性化する必要があります

 

コエンザイムQ10は重篤な副作用は報告されていない

コエンザイムQ10の使用に関連した重篤な副作用は報告されていませんが、最も多く認められた副作用は不眠症・肝酵素上昇・発疹・上腹部痛・浮腫性めまい・光線過敏症・頭痛・胸焼けなどです。

これらの副作用は、コエンザイムQ10の中毒症状として見られ、発症頻度は稀とされています。

また、コエンザイムQ10は抗凝固剤ワーファリンの作用を低下させるとの報告があり、薬との併用に注意が必要です。

 

 

参考:コエンザイムQ10(統合医療情報発信サイト)

 

 

妊活サプリマカナに含まれるコエンザイムQ10は、体内ですぐにエネルギーに変換できる「還元型コエンザイムQ10」で、高齢妊活への効果が期待されます。

高齢妊活では、ミトコンドリアの活性化が鍵となり、コエンザイムQ10は唯一ミトコンドリアに直接作用する補酵素であるため、妊活に効果的な成分と言えます。

 

 

↓高齢妊活に最適なコエンザイムQ10を配合

 

 

[マカナサプリ/副作用]妊活サプリマカナのアレルギー表示成分について

 

 

 

妊活サプリマカナは、無添加で安心・安全な妊活サプリですが、一部にアレルギー表示成分が含まれます。

マカナサプリの含有成分からアレルギーの可能性のあるものを調べました。

特に妊娠中や授乳中はホルモンバランスの影響から体質が変わりやすく、普段はアレルギーを起こさないものでアレルギーを発症するケースもあります。

アレルギー成分について事前に知っておくことで安心してサプリメントを服用することができますよ。

 

マカナサプリの成分と副作用・アレルギー表示成分の大豆

 

 

 

 

大豆アレルギーについて

大豆アレルギーは、かつては卵・牛乳と並んで湿疹を誘発しやすい「3大アレルゲン」と言われていました。しかし、本当の大豆アレルギーはそれほど多くありません

かつて、油料理やスナック菓子をたくさん食べると湿疹が悪化する人が多いことを反映して、大豆油にアレルゲン性が強いと言われていたことがあります。

しかしその主な原因は、リノール酸の過剰摂取や酸化した油の摂取による湿疹の悪化だと推測され、本当のアレルギー反応ではありません。

これは、菜種油やコーン油など他の食用油とも共通の問題です。

最近は、豆乳を飲む人が増加するにつれて、豆乳で強いアレルギー反応を起こす人が増えています。

典型的な即時型大豆アレルギーを起こす人は比較的少なく、アナフィラキシーの報告も極めて希です。

引用:食品別・食物アレルギーのマメ知識(アレルギー支援ネットワーク)

 

大豆アレルギーは3大アレルギーの1つですが、上記のように即時型アレルギー(アレルギーの原因となる食品を摂取して数分~2時間以内に症状が現れる)を起こす人は少ないとのことです。

大豆アレルギーは、大豆を使用した食品・飲料の種類によっても発症頻度が異なります。

大豆アレルギーの原因は大豆タンパク質の摂取であることから、大豆タンパク質の吸収率が90%と高い豆乳などで大豆アレルギーの発症が増加しています。

豆乳はオカラ成分もまるごと使用した種類もあり、一般的な大豆食品ではアレルギー症状が出ない方でも、豆乳ではアレルギー症状が出ると言うケースが増えています。

また、大豆アレルギーの発症とカバノキ科花粉症(白樺・ハンノキ)との関連例を示す学会報告がされており、一般的な大豆アレルギーを摂ってもアレルギーを発症しない人が、花粉症のシーズンや体調不良のときに大豆アレルギーを起こすケースが報告されています。

妊活サプリマカナに含まれる大豆はごく少量であり、豆乳のように吸収率が良い性状ではないため、一般的な大豆アレルギーがない方なら心配ないと言えます。

アレルギーの発症には、その時の体調が大きく関係しており、妊娠中や授乳中などホルモンバランスが不安定になる時期や、産後の疲れや寝不足が続く時期では、普段はアレルギーを起こさない人がアレルギーを発症するリスクもあり、慎重になる必要があります。

 

 

マカナサプリの成分と副作用・アレルギー表示成分の乳製品

 

 

牛乳アレルギーは、卵アレルギーに次いで多い食物アレルギーで、牛乳に含まれるたんぱく質(α-カゼイン)により起こります。

牛乳アレルギーの主な症状は、胃腸症状(32~60%)、皮膚症状(5~90%)、アナフィラキシー(1%)とされています。

症状としては、蕁麻疹、嘔吐、下痢、便秘、鼻炎、胃痛などが比較的多く見られ、頻度の低い症状としてはアナフィラキシー、喘息、大腸炎、偏頭痛などがあります。

牛乳アレルギーは低年齢ほど羅患率が高く、年齢が高くなるにつれ割合は減少し、成人では牛乳アレルギーの割合は1~4%とされています。

妊活サプリマカナは、牛乳は使用されていないが、乳成分入りの材料が使用されているため、牛乳アレルギーの人の摂取を控える必要があります。

牛乳アレルギーは、大豆アレルギーと比べて重篤な副作用を起こすことが多く、命に係わることもあるため、アレルギーが疑われる人は注意が必要です。

妊活サプリを選ぶときは、アレルギー表示成分の有無をしっかりとチェックすることをおすすめします。

 

 

↓安全性の高い妊活サプリはこちら

 

 

 

 

 - マカナサプリ , , , ,