妊活サプリの夫婦

[妊活サプリ/葉酸・マカ]葉酸・マカの併用の注意点と正しい飲み方

[妊活サプリ/葉酸・マカ]妊活中は葉酸とマカを併用することで妊娠効果がアップする!

妊活中に葉酸とマカを同時に摂取することで、妊娠効果がアップするからです。マカは精子の量や質を改善する効果があり、葉酸には胎児の先天性異常の予防に効果的なので、夫婦二人で葉酸とマカを摂取することで、妊娠確率を高められるとともに、葉酸を妊娠前から摂取することで妊娠してからの先天性の脳障害のリスクも下げることが出来ます。また、マカには妊活必須成分である、アミノ酸・微量ミネラル・タンパク質・亜鉛が豊富に含まれています。どの成分も、妊活には欠かせない成分なので、マカは妊活中に積極的に摂取したい成分です。妊活サプリを選ぶときには、マカと葉酸の両方の成分が1日に必要な推奨量が摂取できるサプリメントを選ぶようにしましょう。

マカの男性への効果・精子の量や質を改善する

マカは男性妊活に効果的な成分です。マカにはアミノ酸・タンパク質・亜鉛や鉄分などの微量ミネラルが豊富に含まれていて、滋養強壮・自律神経の調整・免疫力の向上・疲労回復・不妊症や勃起障害の改善などの効果があります。また、マカに含まれている亜鉛は精子の原料となる成分のため、精子の生成量が増えたり、精子の質の改善に効果的だったり、精子の運動率を高めるなどの効果があります。タンパク質も精子を構成する成分の一つなので、男性妊活に必須の成分なのです。妊活中にマカの配合されたサプリを積極的に摂取することで、男性不妊の予防や改善が出来たり、妊娠率を高めることが出来るのです。妊活サプリを選ぶ際は、マカが配合されたものを選ぶようにしましょう。

精子の染色体異常を防止し受精率・妊娠率をアップする

マカに含まれている亜鉛には滋養強壮・疲労回復・免疫力の向上・不妊症の改善など身体を健康に保つ様々な効果があります。さらに、亜鉛には精子の染色体異常の防止の効果があり、正常で健康な精子の生成を促す効果があります。亜鉛は精子の元となるミネラルなので、亜鉛を摂取すると精子の量が増えたり精子の質が向上したり、運動率を高めることが出来ます。精子の量が増えることで、奇形精子の数が減少し正常な精子の数が増え、受精率がアップします。適切な亜鉛の量を摂取することで、妊娠率アップにつながります。亜鉛不足は男性不妊の原因となるため、男性妊活に必要不可欠な成分なのです。妊活サプリを選ぶ際は、マカが配合されたものを選ぶようにしましょう。

精子の染色体異常を防止し胎児の先天性異常の予防に繋がる

マカに含まれている微量ミネラルの一種、亜鉛には亜鉛は精子の元となるミネラルなので、亜鉛を摂取すると精子の量が増えたり精子の質が向上したり、運動率を高めることが出来ます。また、亜鉛には精子の染色体異常の防止の効果があります。亜鉛を摂取することで、正常な精子の生成が増え、奇形精子が減少します。奇形精子が減少することで、正常な精子による受精が行われ、胎児の先天性以上の予防に繋がります。精子の質を高めてくれる亜鉛が含まれるマカは男性妊活に欠かせない成分と言えます。妊活をする際は、正常な精子を生成するためにマカを摂取するようにしましょう。妊活サプリを選ぶ際もマカが十分に配合されているものを選ぶことをおすすめします。

葉酸の効果・葉酸は細胞分裂に欠かせない成分であり染色体異常のある卵子や精子の生成を予防する

葉酸には細胞分裂をサポートする役割があり、推奨量をしっかり摂取することで、細胞分裂が活発に行われます。卵子や精子も細胞の一部なので、葉酸のサポートによる細胞分裂によって、健康な卵子、健康な精子も生成されやすくなります。葉酸が不足して、細胞分裂が正常におこなわれないと、卵子の染色体異常や精子の染色体異常が多くなり、受精したときの胎児の先天性異常のリスクが高まる危険性があります。葉酸は染色体異常の予防や、胎児の先天性異常の予防だけでなく、造血作用やホルモンバランスを整える効果もあるので、妊活、妊娠中には欠かせない栄養素のひとつなのです。妊活サプリを選ぶ際は、1日の推奨量の葉酸が配合されているものを選び、男性も女性もしっかり摂取するように心がけましょう。

染色体異常のある卵子は受精率・妊娠率が低く不妊症の原因となる

葉酸は妊活中・妊娠中に欠かせない栄養素の一つです。葉酸には造血作用・ホルモンバランスの調整などの効果があります。また、細胞分裂をサポートする役割もあるため、葉酸を推奨量摂取することで、細胞分裂が活発に行われます。細胞分裂が活発に行われると、正常な細胞が増え、細胞を健康に保つことが出来ます。卵子も細胞の一部なので、細胞分裂が活発になることで卵子の質の改善もすることが出来ます。葉酸が不足した場合、細胞分裂が正常に行われないため、卵子にも染色体異常が起きてしまいます。卵子の染色体異常が起こっていると、受精率の低下に繋がります。卵子の染色体異常の原因は、葉酸不足によって細胞分裂がスムーズに行われないために起こります。卵子の染色体異常は不妊症の原因のひとつで、妊娠率の低下に繋がります。葉酸は女性妊活・男性妊活どちらにも大切な栄養素なので、妊活中はしっかりと葉酸を摂取するようにしましょう。

染色体異常のある精子は運動率が悪く受精率・妊娠率とも低下する

1日の推奨量の葉酸が摂取できていないと、細胞分裂の回数が減り、健康な細胞・健康な精子の生成が行われなくなります。精子の生成が滞ると、精子の染色体異常が多くなってしまいます。精子の染色体異常が起こっていると、運動率が低い精子ばかりが増えてしまい、受精率の低下、妊娠率の低下に繋がります。質の悪い精子を健康な精子に改善するには、葉酸を1日推奨量である400ugきちんと摂取することが大切です。葉酸には、造血作用やホルモンバランスを整える効果や、細胞分裂をスムーズに行うために必要不可欠な栄養素です。葉酸をしっかりと摂取することで、細胞分裂が活発に行われ、精子の質があがり運動率も高まります。男性妊活、受精率アップには精子の質の改善が大切なので、葉酸をしっかりと摂取するように心がけるようにしましょう。

マカに含まれる男性妊活に効果的な成分・亜鉛

マカには、男性妊活に効果的な微量ミネラルの亜鉛が含まれています。亜鉛には滋養強壮・疲労回復・免疫力の向上・不妊症の改善など様々な効果のある成分で、人が健康に生きていくうえで欠かせないミネラルの一つです。さらに、亜鉛は精子の材料となる成分なので、精子量の増加、質の向上、運動率の向上などの効果があります。亜鉛の摂取によって質の良い

精子が精子が生成されることで、受精率も上がります。妊活は夫婦双方の協力があると効果的に行うことが出来るため、健康な精子を保つことは妊活に必須と言えます。マカには亜鉛以外にも・アミノ酸やたんぱく質など男性妊活に欠かせない成分が多数含まれているため、妊活サプリを選ぶ際には、マカがしっかりと配合されているものを選ぶようにしましょう。

亜鉛は精子の量や質を改善する

マカは妊活に必要不可欠な成分で、アミノ酸・たんぱく質・亜鉛などが含まれています。マカに含まれている微量ミネラルのひとつ、亜鉛には滋養強壮・疲労回復・免疫力の向上・不妊症の改善など様々な効果があります。亜鉛は精子のもととなる成分なので、摂取することで精子の量の増加・精子の質の向上・運動率アップなど精子の健康状態の改善効果があり、男性不妊に悩んでいる人にも最適な成分です。さらに、亜鉛の摂取により奇形精子の数も減少します。奇形精子の数が減って、正常で健康な精子の数が増えることにより受精率を高めることが出来るのです。妊活において亜鉛不足は妊娠率の低下・男性不妊の原因となりえるため、積極的に摂取し成分です。妊活サプリを選ぶ際は、亜鉛や亜鉛が豊富に含まれているマカの配合されたサプリメントを選ぶようにしましょう。

マカに含まれる女性妊活に効果的な成分・アミノ酸

マカは女性妊活にも効果的な成分です。マカはペルー原産の植物で、アミノ酸が含まれていています。このアミノ酸にはたんぱく質を構成する材料となります。アミノ酸を適切に摂取して、たんぱく質が足りていると、たんぱく質により新しい細胞が作られていき、細胞が活発に作られていくと、体内の組織、細胞、臓器が健康に保たれます。妊活に直接関わる、卵子も健康に保たれるため、妊娠率がアップします。卵子を健康的に保つことは、妊活にとても大切なことなので、妊活中はアミノ酸を積極的に摂取することが望ましいです。妊活サプリを選ぶときは、アミノ酸が配合されているものや、アミノ酸が豊富に含まれているマカが配合されたものを選ぶようにしましょう。

アミノ酸はタンパク質の元となる成分で細胞を作る元となる

マカには亜鉛・アミノ酸などの女性妊活にも欠かせない栄養素が多数含まれています。マカに含まれているアミノ酸には、たんぱく質のもととなる成分でたんぱく質は細胞の材料となります。アミノ酸を摂取することで、細胞分裂が活発になり体内の細胞や臓器を健康に保つことが出来るのです。たんぱく質は卵子のもととなる成分でもあります。アミノ酸を摂取してたんぱく質を体内で生成することで、細胞分裂が活発になり、卵子の状態も健康に保たやすくなります。女性妊活において、アミノ酸は妊活必須成分と言えるので、妊活中はアミノ酸を積極的に摂取するようにしましょう。また、妊活サプリを選ぶ際は、アミノ酸が配合されているものや、アミノ酸が豊富に含まれているマカが配合されているものを選ぶようにしましょう。

 

[妊活サプリ/葉酸・マカ]葉酸とマカサプリを併用する時の注意点について

妊活サプリを使用する際、「栄養素を1日の推奨量以上摂りすぎない」「服用量を守る」などのいくつか注意点はありますが、葉酸とマカを併用することに安全性に問題はありません。マカに含まれている亜鉛・鉄分・アミノ酸・たんぱく質も葉酸も妊活には欠かせない成分です。また、マカに含まれる微量ミネラルの亜鉛は葉酸の吸収率をアップする効果があるため、どちらの成分も積極的に摂取したい成分です。ただし妊活サプリに含まれているモノグルタミン酸型葉酸は合成葉酸で吸収率は75%と自然由来のポリグルタミン酸型葉酸の吸収率50%よりも吸収率がアップするので、葉酸の1日の摂取量を守り、葉酸の過剰摂取に注意しましょう。また、亜鉛は適度に摂取することで葉酸の吸収率を高めてくれますが、摂取しすぎてしまうと葉酸の吸収率を阻害する成分でもあります。どちらの成分も妊活には必要不可欠なので、1日の推奨量を守って摂取するように心がけましょう。

妊活サプリの飲み方・葉酸とマカを併用しても安全性に全く問題はない

妊活サプリを飲むときに、マカと葉酸の併用する飲み方をしても、安全性にはまったく問題ありません。葉酸の主な働きは造血作用やホルモンバランスの調整、細胞分裂のサポートがあります。また、妊娠初期に推奨量を毎日摂取することで、胎児の先天性の障害のリスクを下げる効果もあります。マカにはアミノ酸や微量ミネラルである亜鉛・鉄分などが含まれています。マカに含まれる亜鉛は細胞の元となる成分で、マカと葉酸を一緒に摂取することで、亜鉛を元に作られている細胞が、葉酸の働きにより、活発に細胞分裂を行うため、正常で健康な細胞が作られます。葉酸もマカも妊活に必要不可欠な成分ではありますが、摂りすぎてしまった場合も身体に悪影響を与えてしまいます。どちらの成分も過剰摂取に注意して、バランスよく摂取することが大切です。

葉酸の過剰摂取による副作用・ビタミンB12欠乏症(悪性貧血)

葉酸は妊活には欠かせない栄養素の一つです。しかし、摂りすぎてしまうとビタミンB12欠乏症(悪性貧血)になり、血液中のビタミンB12が不足して、貧血や腹痛などの症状を引き起こす場合があります。しかし、葉酸はホウレンソウや小松菜などの、緑黄色野菜に多く含まれていますが、食品由来の自然葉酸の吸収率は50%程度なので、普段の食事だけで葉酸の過剰摂取による副作用は食品由来の葉酸では見られません。妊活などの場合に、サプリなどの健康食品(モノグルタミン酸型葉酸)の過剰摂取により副作用が見られます。モノグルタミン酸型葉酸は合成葉酸で、自然由来の葉酸の吸収率50%よりも吸収率75%と吸収率が高いため、手軽に摂取できる反面、摂りすぎてしまう可能性もあります。妊活でサプリメントを用いて葉酸を補給する場合は、1日の推奨量を守り、摂りすぎないように注意しましょう。

葉酸の過剰摂取による副作用・神経毒性

葉酸には造血作用・ホルモンバランスの調整・細胞分裂のサポートなど、妊活に役立つさまざまな効果のある栄養素です。また、妊活中・妊娠初期に葉酸を1日の推奨量を摂取ることで、胎児の脳の先天性障害のリスクを下げる効果もあります。妊活に重要な成分である半面、サプリメントなどで手軽に摂取できてしまい、吸収率もいいので、過剰摂取にも注意が必要です。葉酸の過剰摂取による副作用のひとつとして、葉酸には神経に障害を引き起こす神経毒性が挙げられます。これは、マウス実験の結果で判明したことで、マウス実験では神経毒性が見られたが人では明らかな関連性は認められていません。それでも安全が保障されているわけではないので、葉酸の1日の推奨量を守り、過剰摂取しないように気をつけることが大切です。

葉酸の過剰摂取による副作用・亜鉛吸収への影響

葉酸には造血作用・ホルモンバランスの調整・細胞分裂のサポートなど、妊活に役立つさまざまな効果のある栄養素です。また、妊活中・妊娠初期に葉酸を1日の推奨量を摂取ることで、胎児の脳の先天性障害のリスクを下げる効果もあります。妊活に重要な成分である半面、サプリメントなどで手軽に摂取できてしまい、吸収率もいいので、過剰摂取にも注意が必要です。葉酸の過剰摂取による副作用のひとつとして、亜鉛吸収への影響があります。葉酸を摂取しすぎると亜鉛の吸収を妨げてしまいます。葉酸の1日の推奨量は400ugですが、葉酸350μgの摂取でも亜鉛の栄養状態に悪影響を与える可能性が指摘されています。しかし、最近の報告では亜鉛吸収への影響はないとされているものもあるため、あまり過剰にならなくても大丈夫です。亜鉛も葉酸も妊活には欠かせない成分なので、どちらの成分もバランスよく摂取することを心がけましょう。

葉酸の過剰摂取による副作用・発がん性

葉酸には造血作用・ホルモンバランスの調整・細胞分裂のサポートなど、妊活に役立つさまざまな効果のある栄養素です。また、妊活中・妊娠初期に葉酸を1日の推奨量を摂取ることで、胎児の脳の先天性障害のリスクを下げる効果もあります。妊活に重要な成分である半面、サプリメントなどで手軽に摂取できてしまい、吸収率もいいので、過剰摂取にも注意が必要です。葉酸の過剰摂取による副作用のひとつとして、発がん性があることが挙げられます。葉酸の1日の推奨量は400ugで上限は1000ug(1mg)とされています。毎日、1mg以上の葉酸を摂取した場合、中咽頭がんや下咽頭がんなどの全てのがんの発生率が増加するとされた研究報告も出ています。ただし、葉酸は体内で消化吸収されたり、尿と一緒に体外に排出され続けているので、1日の推奨量を守れば問題ありません。

葉酸の過剰摂取による副作用・薬物相互作用

葉酸には造血作用・ホルモンバランスの調整・細胞分裂のサポートなど、妊活に役立つさまざまな効果のある栄養素です。また、妊活中・妊娠初期に葉酸を1日の推奨量を摂取ることで、胎児の脳の先天性障害のリスクを下げる効果もあります。妊活に重要な成分である半面、サプリメントなどで手軽に摂取できてしまい、吸収率もいいので、過剰摂取にも注意が必要です。葉酸の過剰摂取による副作用のひとつとして、薬物相互作用が挙げられます。 てんかんの治療に抗けいれん薬を服用している場合、葉酸を摂りすぎていると抗けいれん薬の効果を阻害することがあります。さらに、高容量の葉酸の摂取によって、てんかん発作の発生頻度が上昇してしまう可能性もあります。しかし、低用量の葉酸では薬物相互作用は確認されていないので、1日に定められた葉酸の推奨量400ugを目安に摂取して、上限である1000ug(1㎎)を超えないように心がければ問題ありません。

葉酸の過剰摂取による副作用・葉酸過敏症

葉酸には造血作用・ホルモンバランスの調整・細胞分裂のサポートなど、妊活に役立つさまざまな効果のある栄養素です。また、妊活中・妊娠初期に葉酸を1日の推奨量を摂取ることで、胎児の脳の先天性障害のリスクを下げる効果もあります。妊活に重要な成分である半面、サプリメントなどで手軽に摂取できてしまい、吸収率もいいので、過剰摂取にも注意が必要です。葉酸は1日に摂取すべき推奨量が定められていて、たくさん摂取すればいいわけではありません。葉酸は1日に400ug摂取するように推奨されていて、1日の上限は1000ug(1mg)と定められています。葉酸を上限1000ug(1mg)以上取り続けてしまうと、副作用で葉酸に拒絶反応を起こしてしまう葉酸過敏症を発症してしまう場合があります。しかし、毎日、推奨上限以上の葉酸を摂取しない限り、発症は非常に稀なケースなのであまり心配する必要はありませんが、症状としては、吐き気やじんましん、呼吸困難、喘息などを引き起こしてしまいます。さらに、妊娠中に葉酸過敏症になってしまった場合、胎児が生まれたときに喘息になってしまう可能性が高くなってしまいます。葉酸は妊活、妊娠中に欠かせない栄養素ですが、1日の推奨量を守るようにしましょう。

マカには微量ミネラルが豊富に含まれるため過剰摂取には注意が必要

マカは妊活中には欠かせない成分が多数含まれています。しかし、微量ミネラルである亜鉛や鉄分・マグネシウムの過剰摂取には注意が必要です。亜鉛を過剰摂取してしまった場合、吐き気や頭痛・嘔吐・下痢などの症状を引き起こしたり、免疫力が低下してしまう場合があります。鉄分はにも摂りすぎてしまうと、嘔吐・下痢などの症状が現れたり、活性酸素の量が増加して疲労を感じやすくなったり、細胞の老化につながります。マグネシウムは尿とともに定期的に体外に排出されるので過剰摂取の心配はありませんが、摂りすぎてしまった場合、血圧の低下や吐き気・下痢などの症状を引き起こす場合があります。亜鉛には滋養強壮・疲労回復・免疫力の向上・不妊症の改善など身体を健康に保つ様々な効果があります。さらに、亜鉛には精子の染色体異常の防止の効果があり、正常で健康な精子の生成を促す効果があります。亜鉛は精子の元となるミネラルなので、亜鉛を摂取すると精子の量が増えたり精子の質が向上したり、運動率を高めることが出来ます。鉄分は血液の中に存在するヘモグロビンの材料となるので、貧血を予防することが出来ます。マグネシウムは酵素の活性にかかわっていて、摂取することで効率よくエネルギーを生成することが出来ます。どの成分も妊活だけでなく、日ごろから必要不可欠な成分ですが、摂りすぎてしまっても身体に悪影響を引き起こす可能性があるので、1日の推奨量を守って摂取するようにしましょう。

妊活サプリの飲み方・一緒に摂取すると葉酸の吸収率がアップする成分

妊活をする際には、様々な栄養素が必要不可欠です。特に、葉酸は造血作用・ホルモンバランスの調整・細胞分裂をサポートする働きがあったり、妊娠初期に適切な量を摂取していると、胎児の脳の先天性障害のリスクを下げる効果もあります。葉酸は葉酸だけを摂取する飲み方よりも、ほかの栄養素と同時摂取することで、吸収率がアップしたり、相乗効果で互いの効果を最大限に発揮することが出来ます。葉酸と一緒に摂取したほうが良い5つの栄養素として、亜鉛・ビタミンC・ビタミンB6・ビタミンB2・ビタミンB12があります。亜鉛には葉酸の吸収を助ける働きがあります。ビタミンCには、葉酸を体内で活性化させる働きがあります。ビタミンB6・ビタミンB2・ビタミンB12には、代謝サイクルを上げて葉酸の吸収を助ける働きがあります。 妊活サプリを選ぶ際には、葉酸やビタミン類など妊活必須成分や一緒に摂取することでほかの栄養素の働きや吸収を助ける効果のある成分が含まれているものを選ぶようにしましょう。

マカに豊富に含まれる亜鉛は葉酸の吸収率アップに繋がる

マカに含まれている微量ミネラルの亜鉛には滋養強壮・勢力増強・免疫力の向上・疲労回復・不妊症の改善など摂取することで、身体にさまざまな良い効果があります。また、亜鉛には精子の染色体異常の防止の効果があり、正常で健康な精子の生成を促す効果があります。亜鉛は精子の元となるミネラルなので、亜鉛を摂取すると精子の量が増えたり精子の質が向上したり、運動率を高めることが出来ます。また、葉酸が体内に吸収される際に必要な酵素の働きを促して、葉酸の吸収率を高める効果があります。妊活の際には、マカに含まれている亜鉛と葉酸を一緒に摂取するのが効率的です。妊活サプリを選ぶ際は、亜鉛の含まれているマカや亜鉛・葉酸が配合されているものを選ぶようにしましょう。

葉酸の吸収サイクルに関わる5つの栄養素・亜鉛

亜鉛は身体に必須の微量ミネラルの一つです。亜鉛には滋養強壮・勢力増強・免疫力の向上・疲労回復・不妊症の改善など摂取することで、身体にさまざまな良い効果があります。また、亜鉛には精子の染色体異常の防止の効果があり、正常で健康な精子の生成を促す効果があります。亜鉛は精子の元となるミネラルなので、亜鉛を摂取すると精子の量が増えたり精子の質が向上したり、運動率を高めることが出来ます。また、葉酸が体内に吸収される際に必要な酵素の活性化を促して、葉酸の代謝サイクルを上げることにより葉酸の吸収率を高める効果があります。葉酸はホウレンソウや小松菜などの緑黄色野菜に多く含まれていますが、自然由来の葉酸はポリグルタミン酸型葉酸で、摂取して吸収する段階でポリグルタミン酸型葉酸からモノグルタミン酸型葉酸に変換される過程があります。食品からポリグルタミン酸型葉酸を大量に摂取しても、吸収率は50%程度なので食品だけで1日の推奨量である400ugの葉酸を摂取するのは大変です。葉酸を効率よく吸収するためにも、妊活サプリを選ぶ際は、亜鉛の含まれているマカや亜鉛・葉酸が配合されているものを選ぶようにしましょう。

葉酸の吸収サイクルに関わる5つの栄養素・ビタミンC

葉酸の吸収サイクルには亜鉛・ビタミンC・ビタミンB2 ・ビタミンB6 ・ビタミンB12といった5つの栄養素がかかわっています。ビタミンCにも葉酸の摂取をサポートする働きがあり、体内で活性化された葉酸が効率よく効果を発揮するための維持にもビタミンCは欠かせません。葉酸を摂取すると、そのまま体内に吸収するわけではなく、テトラヒドラ葉酸からメチレン-テトラヒドロ葉酸に変換されて体内効果を発揮します。ビタミンCを葉酸と一緒に摂取することで、葉酸の代謝サイクル・変換サイクルが上がり、吸収率がアップします。ビタミンC自体も肌荒れの防止やストレスの抑制など身体には欠かせない栄養素の一つです。妊活サプリを選ぶ際は、葉酸とビタミンCの両方の成分が配合されているものを選ぶようにしましょう。

葉酸の吸収サイクルに関わる5つの栄養素・ビタミンB2

葉酸の吸収サイクルにかかわる5つの栄養素の一つにビタミンB2があります。ビタミンB2にも葉酸の代謝サイクルをサポートする補酵素としての働きがあります。葉酸は体内に取り込まれると、そのまま体内に吸収されるわけではなく、テトラヒドラ葉酸からメチレン-テトラヒドロ葉酸に変換されて体内効果を発揮します。ビタミンB2は葉酸の代謝を促し変換の効率を高め、エネルギーの生産を助ける働きもあるため、葉酸とともに積極的に摂取したい成分の一つです。ビタミンB2自体にも、発育促進効果や、皮膚や髪の毛、爪などの再生にかかわる栄養素なので、妊活を行う際は葉酸もビタミンB2もどちらも配合された妊活サプリを選ぶようにしましょう。

葉酸の吸収サイクルに関わる5つの栄養素・ビタミンB6

葉酸は造血作用・ホルモンバランスの調整・細胞分裂をサポートする働きがあったり、妊娠初期に適切な量を摂取していると、胎児の脳の先天性障害のリスクを下げる効果もあります。葉酸は葉酸だけを摂取する飲み方よりも、ほかの栄養素と同時摂取することで、吸収率がアップしたり、相乗効果で互いの効果を最大限に発揮することが出来ます。ビタミンB6も葉酸の吸収サイクルにかかわる栄養素の一つです。葉酸と一緒に摂取することで、体内で葉酸が吸収されやすいように、テトラヒドロ葉酸からメチレン-テトラヒドロ葉酸に変換されるための補酵素として働き、エネルギー生成や細胞の生成の補助を行います。妊活サプリを選ぶ際は、葉酸だけでなくビタミンB6も配合されているものを選ぶようにしましょう。

葉酸の吸収サイクルに関わる5つの栄養素・ビタミンB12

葉酸は造血作用・ホルモンバランスの調整・細胞分裂をサポートする働きがあったり、妊娠初期に適切な量を摂取していると、胎児の脳の先天性障害のリスクを下げる効果もあります。葉酸は葉酸だけを摂取する飲み方よりも、ほかの栄養素と同時摂取することで、吸収率がアップしたり、相乗効果で互いの効果を最大限に発揮することが出来ます。ビタミンB12も葉酸の吸収サイクルに関わる栄養素の一つで、葉酸のサポート成分でもあります。葉酸が体内に取り込まれた際に、ビタミンB12はメチル葉酸からテトラヒドロ葉酸へと再合成するのを補助する効果がある補酵素として働きます。葉酸は体内に取り込んでからすぐに吸収されるわけではなく、テトラヒドロ葉酸といった名称の葉酸に変換されてから作用するため、体内でスムーズに葉酸が変換されるためには、ビタミンB12のようなサポート成分の働きが必要不可欠です。妊活サプリを選ぶ際は、葉酸だけでなくビタミンB12も配合されているものを選ぶようにしましょう。

葉酸は吸収率が低い栄養素のため食事にも注意が必要

葉酸には造血作用・ホルモンバランスの調整・細胞分裂のサポートなど、妊活に役立つさまざまな効果のある栄養素です。また、妊活中・妊娠初期に葉酸を1日の推奨量を摂取ることで、胎児の脳の先天性障害のリスクを下げる効果もあります。葉酸は妊活に欠かせない栄養素の一つです。食材では主に緑黄色野菜であるホウレンソウや小松菜などに多く含まれていますが、食事から摂取される葉酸はポリグルタミン酸型葉酸なので、食事からの摂取だけで摂取した場合、吸収率は50%程度と吸収率が低く、効率が良くありません。サプリなどの健康食品から摂取される葉酸は合成葉酸であるモノグルタミン酸型葉酸です。モノグルタミン酸型葉酸は吸収率が良く、自然由来のポリグルタミン酸型葉酸は吸収率50%ですが、モノグルタミン酸型葉酸は吸収率75%と吸収効率が良いという特徴があります。

葉酸の吸収をサポートする成分を積極的に摂ろう

葉酸は妊活には欠かせない栄養素の一つです。葉酸は造血作用・ホルモンバランスの調整・細胞分裂をサポートする働きがあったり、妊娠初期に適切な量を摂取していると、胎児の脳の先天性障害のリスクを下げる効果もあります。妊活に必要な成分を摂取するように食事に注意することも大切です。葉酸は葉酸だけを摂取する飲み方よりも、ほかの栄養素と同時摂取することで、吸収率がアップしたり、相乗効果で互いの効果を最大限に発揮することが出来ます。葉酸のサポート成分としては、亜鉛・ビタミンC・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミン12といった5つの栄養素があります。これらの栄養素は、葉酸と一緒に摂取することで、葉酸の吸収率を高めたり、体内での葉酸の働きをサポートしたりする効果があるため、妊活サプリを選ぶ際は、葉酸だけでなく葉酸をサポートする5つの栄養素も配合されているものを選ぶようにしましょう。

食事に含まれるポリグルタミン酸型葉酸は吸収率がとても低い

自然由来のポリグルタミン酸型葉酸は、ホウレンソウや小松菜などの緑黄色野菜に多く含まれているため、食事をしながら手軽に摂取することが出来ます。しかし、食事に含まれる葉酸は加熱や水に弱く、不安定な為、ポリグルタミン酸型葉酸は吸収率が低いこと挙げられます。ポリグルタミン酸型葉酸は水溶性ビタミンの一種なので、尿や汗とともに体外に排出されるため、体内に過剰に蓄積されることはないため、サプリメントなどと併用しない限り、食事だけで過剰摂取の危険性はほとんどありません。食事で葉酸を摂取する場合の調理の注意点として、焼いたりゆでたりなどの加熱処理をせず、サラダなどの非加熱状態で摂取することで効率よく葉酸を摂取することが出来ます。

妊活サプリの飲み方・葉酸の吸収率を阻害するもの

葉酸には造血作用・ホルモンバランスの調整・細胞分裂をサポートする働きがあったり、妊娠初期に適切な量を摂取していると、胎児の脳の先天性障害のリスクを下げる効果もあります。妊活サプリを選ぶ際は1日に必要な葉酸が摂取できるものを選ぶことをおすすめします。葉酸の飲み方の注意点として、食べ合わせ・飲み合わせに気をつける必要があることが挙げられます。食品の中には葉酸の吸収率を阻害してしまうものがあるため、注意が必要です。せっかく、妊活サプリなどで葉酸を推奨量きちんと摂取したと思っていても、吸収が阻害されてしまっていては葉酸の効果を最大限生かすことはできません。葉酸と相性の悪い食品に何があるかを把握しておくことも大切です。

葉酸吸収を阻害するもの・オレンジジュース

葉酸は妊活において必要不可欠な栄養素の一つです。葉酸には造血作用・ホルモンバランスの調整・細胞分裂をサポートする働きがあったり、妊娠初期に適切な量を摂取していると、胎児の脳の先天性障害のリスクを下げる効果もあります。葉酸は、妊活中・妊娠中は積極的に摂取したい栄養素ですが、飲み合わせ・食べ合わせを考えないと、食品の中には葉酸の吸収を妨げるものもあるため注意が必要です。オレンジジュースもそのひとつで、葉酸吸収を阻害する飲み物です。オレンジジュースにも葉酸が含まれていますが、食事で葉酸を摂取しながら、葉酸サプリなどで一緒に葉酸を摂取した場合、オレンジジュースに含まれる成分により、ポリグルタミン酸型葉酸からモノグルタミン酸型葉酸に変換するための酵素の働きを阻害してしまう場合があります。そのため、スムーズに葉酸の変換が出来ず、せっかく摂取した葉酸の効果を活用できないので、葉酸サプリや妊活サプリで葉酸を摂取する場合は、飲み合わせに注意しましょう。

葉酸吸収を阻害するもの・バナナ

葉酸は妊活において必要不可欠な栄養素の一つです。葉酸には造血作用・ホルモンバランスの調整・細胞分裂をサポートする働きがあったり、妊娠初期に適切な量を摂取していると、胎児の脳の先天性障害のリスクを下げる効果もあります。葉酸は、妊活中・妊娠中は積極的に摂取したい栄養素ですが、飲み合わせ・食べ合わせを考えないと、食品の中には葉酸の吸収を妨げるものもあるため注意が必要です。バナナもその一つで、バナナにも葉酸が含まれていますが、葉酸サプリと一緒に摂取した場合、バナナに含まれる成分が体内に取り込んだ葉酸をポリグルタミン酸型葉酸からモノグルタミン酸型葉酸に変換するのための酵素の働きを阻害する場合があります。そのため、スムーズに葉酸の変換が出来ず、せっかく摂取した葉酸の効果を活用できないので、葉酸サプリや妊活サプリで葉酸を摂取する場合は、飲み合わせに注意しましょう。

葉酸吸収を阻害するもの・抗てんかん薬(テグレトール、デパケン)

葉酸は妊活において必要不可欠な栄養素の一つです。葉酸には造血作用・ホルモンバランスの調整・細胞分裂をサポートする働きがあったり、妊娠初期に適切な量を摂取していると、胎児の脳の先天性障害のリスクを下げる効果もあります。葉酸は、妊活中・妊娠中は積極的に摂取したい栄養素ですが、飲み合わせ・食べ合わせを考えないと、食品の中には葉酸の吸収を妨げるものもあるため注意が必要です。てんかんの治療のために抗てんかん薬を服用されている方は注意が必要です。抗てんかん薬のを服用すると、てんかん薬に含まれるテグレトールやデパケンの副作用により、体内の葉酸を低下させてしまいます。妊活中・妊娠中に葉酸の数値が減少すると、胎児の先天性の障害のリスクが高まってしまいます。葉酸は妊活には欠かせないので、妊活を考えている方で抗てんかん薬を服用している方や、妊活中に抗てんかん薬を使う必要が出てきた方などはかかりつけの医師に相談して指示を仰ぐようにしましょう。

葉酸吸収を阻害するもの・避妊ピル メトトレキセート

葉酸は妊活において必要不可欠な栄養素の一つです。葉酸には造血作用・ホルモンバランスの調整・細胞分裂をサポートする働きがあったり、妊娠初期に適切な量を摂取していると、胎児の脳の先天性障害のリスクを下げる効果もあります。葉酸は、妊活中・妊娠中は積極的に摂取したい栄養素ですが、飲み合わせ・食べ合わせを考えないと、食品の中には葉酸の吸収を妨げるものもあるため注意が必要です。葉酸サプリと避妊ピルは相性が悪く、お互いの効果を阻害しあってしまうため注意が必要です。ピルにはビタミンの吸収を阻害する作用があり、葉酸吸収阻害の原因になってしまいます。妊活中に、葉酸サプリと避妊ピルの併用は避けたほうがいいでしょう。メトトレキサートは関節リウマチの治療薬ですが、葉酸の吸収を阻害する作用があるため注意が必要です。

葉酸吸収を阻害するもの・アルコール摂取

葉酸は妊活において必要不可欠な栄養素の一つです。葉酸には造血作用・ホルモンバランスの調整・細胞分裂をサポートする働きがあったり、妊娠初期に適切な量を摂取していると、胎児の脳の先天性障害のリスクを下げる効果もあります。葉酸は、妊活中・妊娠中は積極的に摂取したい栄養素ですが、飲み合わせ・食べ合わせを考えないと、食品の中には葉酸の吸収を妨げるものもあるため注意が必要です。葉酸の吸収を阻害するものとして、酒類に含まれるアルコールが挙げられます。アルコールを摂取すると、アルコールを分解するために代謝が上がります。アルコールは小腸から吸収されます。同時に葉酸も小腸から吸収されるため、アルコールが葉酸の吸収を阻害して、葉酸不足になってしまう可能性があります。葉酸が不足すると、DNAの合成異常により発がんリスクが高まる可能性があるため注意が必要です。妊活中・妊娠中は飲酒などのアルコールの摂取を控え、葉酸を吸収しやすい身体を作りましょう。

葉酸サプリを飲み始めるタイミング

神経管閉鎖障害の児の妊娠暦のある女性に関しては、神経管閉鎖障害発症のリスクが高いことから、妊娠の1か月異常前から妊娠3か月までの間、医師の管理かでの葉酸の摂取が必要である。妊娠を計画している女性に関しては、神経管閉鎖障害の発症リスクを低減させるため、妊娠の1ヶ月以上まえから妊娠3か月までの間、葉酸をはじめその他のビタミンなどを多く含む栄養のバランスがとれた食事が必要である。

引用:https://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/02/dl/h0201-3a3-03c.pdf

葉酸の摂取目的は主に神経管閉鎖障害のリスク低減

厚生省では、葉酸摂取の目的を「神経管閉鎖障害のリスク低減」のためとしています。

特に、神経管閉鎖障害の妊娠暦のある女性に関しては、医師の管理の元で葉酸を十分に摂取することが推奨されています。

神経管閉鎖障害は、遺伝的な要因が指摘されており、神経管閉鎖障害の妊娠暦のある女性が繰り返し神経管閉鎖障害児を妊娠する可能性が高い。

葉酸摂取は、神経管閉鎖障害の発症歴のある女性にも予防効果が期待されている。

もちろん、神経管閉鎖障害児の妊娠暦はないが、妊娠を希望する女性は、葉酸を摂取することにより神経管閉鎖障害の発症リスクが低減することが期待されています。

葉酸は妊娠を計画した時から摂取が必要

葉酸は妊活において必要不可欠な栄養素の一つです。葉酸には造血作用・ホルモンバランスの調整や、妊娠初期に適切な量を摂取していると、胎児の脳の先天性障害のリスクを下げる効果もあります。また、葉酸には細胞分裂をサポートする働きがあり、健康な細胞の生成には欠かせない栄養素です。卵子も細胞から作られているため、葉酸は妊活に必須の成分なのです。また、卵子の生成には約9ヶ月かかります。健康な卵子の生成には時間がかかるため妊娠判明後に葉酸を摂取しても遅く、葉酸摂取は妊娠を計画した時から、積極的に摂取していく事をおすすめします、葉酸を積極的に摂取して、健康な卵子を作ることで、卵子の染色体異常の予防につながります。卵子の染色体異常は胎児の先天性異常の原因となるため、日頃から葉酸をしっかり摂取して、卵子や細胞の健康を保つことが大切です。

葉酸は妊活中・妊娠中・授乳中の全ての期間で必要な栄養素

葉酸は妊活において必要不可欠な栄養素の一つです。葉酸には造血作用・血流改善・ホルモンバランスの調整・細胞分裂をサポートする働きがあったり、妊娠初期に適切な量を摂取していると、胎児の脳の先天性障害のリスクを下げる効果もあります。そのため葉酸は妊活中、妊娠中、授乳中、全ての期間で必要な栄養素です。妊娠中は胎児に血液を通して栄養を与えるため、非妊娠時の約2倍の血液量が必要となり貧血になりやすいです。造血作用のある葉酸を摂取することで、妊娠中の貧血予防になります。また、母乳は血液から作られているので、授乳中に葉酸を積極的に摂取することで、母乳分泌の促進をすることができます。葉酸の摂取で、造血作用による血流改善により卵巣機能が活性化しホルモンバランスの改善も期待できます。葉酸には、子宮内膜を厚くする効果があるため、妊活・妊娠中に摂取することで、子宮内環境の改善をすることができ、着床率を高めることができます。妊活中から授乳中まで、葉酸は必須の成分なので、葉酸摂取量を守りながらしっかり摂取することが大切です。

妊娠可能年齢の女性の<葉酸の食事摂取基準(μg/1日)>
項目 平均必要量 推奨量 上限量
18~29歳 200μg 240μg 900μg
30~49歳 200μg 240μg 1,000μg
妊婦 +200μg +240μg
授乳婦 +80μg +100μg

引用:日本人の食事摂取基準(2015年版)の概要(厚生労働省

マカサプリを飲み始めるタイミング

妊活において、マカサプリの摂取は特に推奨されていません。しかし、マカには微量ミネラルの亜鉛や鉄分、カルシウムやアミノ酸、たんぱく質など妊活に必要な成分が豊富に含まれているため、妊活男性にも妊活女性にも妊活効果が期待できるので積極的に摂取したい栄養素です。亜鉛には滋養強壮・勢力増強・免疫力の向上・疲労回復・不妊症の改善など摂取することで、身体にさまざまな良い効果があります。また、亜鉛には精子の染色体異常の防止の効果があり、正常で健康な精子の生成を促す効果があります。亜鉛は精子の元となるミネラルなので、亜鉛を摂取すると精子の量が増えたり精子の質が向上したり、運動率を高めることが出来ます。妊娠中は大量の血液が必要になります。鉄分は血液中のヘモグロビンの材料で、積極的に摂取することで妊娠中の貧血予防になります。マカサプリは妊活中・妊娠中・授乳中にも良い効果が期待できるので、活用したいサプリメントです。マカサプリを妊活に取り入れる場合、タイミングはいつでも大丈夫です。好きなときに飲みはじめて問題ありません。

健康な精子の生成には約75日かかる

精子は睾丸で作られています。睾丸で精子の元となる細胞が成長し成熟するまでに75日ほど期間が必要になります。つまり、妊活をはじめて妊活サプリを摂取してもすぐに健康な精子が作られているわけではなく、健康な精子の生成には75日は必要になるため、妊活してすぐの状態は健康な精子以前の状態の精子ということになります。妊活において、健康な精子は必要不可欠です。健康な精子なら受精率がアップし、健康な精子なら妊娠率もアップするため、妊活を考えている場合は早めにサプリメントなどで精子に良い影響を与える、マカや亜鉛、葉酸などを摂取するように心がけましょう。特に、亜鉛には精子の染色体異常の防止の効果があり、正常で健康な精子の生成を促す効果があります。亜鉛は精子の元となるミネラルなので、亜鉛を摂取すると精子の量が増えたり精子の質が向上したり、運動率を高めることが出来ます。妊活中に男性は積極的に亜鉛を摂取して、精子を健康な状態に保つようにしましょう。

健康な卵子の生成には約9ヶ月かかる

健康な卵子の生成には約9ヶ月の期間が必要です。健康な卵子は受精率をアップするため、日頃から卵子によい成分を意識して摂取していると、妊活を始めたときに健康な卵子は妊娠率アップするため、効果的です。マカに含まれるアミノ酸はタンパク質を構成する成分で細胞の生成には欠かせない成分のひとつです。卵子も細胞の一部なので、アミノ酸を積極的に摂取して、たんぱく質を作ることが、健康な卵子の成分に繋がります。また、マカに含まれる鉄分は血液中のヘモグロビンの材料になるミネラルなので、摂取することで血液が作られやすくなり、貧血の改善に繋がります。血液が増えるこ、血流の改善による卵巣・子宮機能の活性化に繋がり、子宮・卵巣の活性化によりホルモンバランスが整い妊娠しやすい体質となります。マカは妊活中に役立つ成分が多数含まれているので、積極的に摂取することをおすすめします。

妊活中のマカが逆効果になるケースもある

マカは妊活に欠かせない栄養素が多数含まれています。妊活中にマカを摂取することで、様々な効果を得ることが出来ます。マカに含まれるアミノ酸はたんぱく質の材料で、たんぱく質は細胞の材料となるため、摂取することで卵子の細胞のもとにもなり、健康な卵子を生成することが出来ます。マカに含まれるミネラルである、亜鉛・鉄分・カルシウムも身体には欠かせない成分です。特に、亜鉛には精子の染色体異常の防止の効果があり、正常で健康な精子の生成を促す効果があります。亜鉛は精子の元となるミネラルなので、亜鉛を摂取すると精子の量が増えたり精子の質が向上したり、運動率を高めることが出来ます。また、マカは女性ホルモンに似た作用を持ちホルモンバランスの調整に役立ちます。しかし、妊活中にマカを摂取することは逆効果の場合もあるため注意が必要なこともあります。

マカはホルモンバランスを整える作用があり排卵が順調な人はバランスを崩す可能性もある

マカには妊活中に必要な成分・栄養素(アミノ酸 ミネラル 亜鉛 鉄分 マグネシウム)が多数含まれています。マカに含まれるアミノ酸はたんぱく質の材料で、たんぱく質は細胞の材料となるため、摂取することで卵子の細胞のもとにもなり、健康な卵子を生成することが出来ます。女性は血液が不足しやすく、貧血になりやすい人が多いですが、鉄分を摂取することで、血液中のヘモグロビンが生成され血流が良くなり、貧血を予防することが出来ます。マカには女性ホルモンに似た作用があり、ホルモンバランスの調整に役立ちます。女性ホルモンが整うことで、卵巣・子宮機能の活性化が行われ妊娠率を上げることが出来るのです。しかし、妊活中のマカが逆効果になるケースがあります。生理や排卵が毎月同じ感覚できている人は体内の調子がよくホルモンバランスも整っています。この時にマカをサプリメントなどで摂取すると、マカのホルモンバランス調整と人が本来持っているホルモンバランスを整える機能が反発してしまい、排卵が順調な人はホルモンバランスが逆に崩れてしまうケースもあるので、注意が必要なことがあります。

妊娠が分かったら産科の医師にマカサプリの服用について相談しよう

<妊娠中のホルモン分泌・ホルモンバランスの変化>
項目 活発な時期 働き 兆候・症状
性腺刺激ホルモンまたはゴナドトロピン(HCG) 妊娠初期 エストロゲンとプロゲステロンの生成を刺激 ほてり 微熱
卵胞ホルモン(エストロゲン) 妊娠初期 胎盤の発育を助ける つわり

気分の浮き沈み

黄体ホルモン(プロゲステロン) 妊娠初期 子宮内膜の形成 乳腺と骨盤付近に血液供給を増やす ほてり 微熱

気分の浮き沈み

リラキシン 妊娠後期 分娩に備えて靭帯を緩める 関節の靭帯を緩める

骨盤付近の痛み

陣痛時の子宮頚管拡張

オキシトシン 妊娠後期

出産後

母乳分泌を助ける

母性を育てる

愛情と信頼を育てる

陣痛後の幸福感

プロラクチン 妊娠後期

出産後

母乳の分泌を促す 乳腺の発達

陣痛後の幸福感

 

引用:妊娠中のホルモンについて知っておきたいこと(パンパース

女性は、月経が開始されると月経の周期に合わせて女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンが相互作用しながら分泌されている。

排卵前には卵胞ホルモン(エストロゲン)が急激に分泌され、排卵後にはエストロゲンの分泌量が急減し、黄体ホルモン(プロゲステロン)が急激に分泌が促進される。

月経前の週から月経の週まではエストロゲン、プロゲステロンともに分泌量は低下しており、女性ホルモンの変化によりイライラ・落ち込み・抑うつ・疲れやすい・怠いなどの不快症状が現れる。

受精後は、体内では子宮内膜の環境を整えるため黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が急激に増え、着床後(妊娠確定後)は胎盤の発育を助けるため卵胞ホルモン(エストロゲン)が急激に増加する。

妊娠中と非妊娠時は体内のホルモンバランスが急激に変化するため、ほてり・微熱・気分の浮き沈み・イライラ・消化不良・疲労感などつわり症状が現れやすい。

マカは「妊娠の王様」ぼ呼ばれる植物で、卵胞ホルモン(エストロゲン)と似た作用を持つことで知られています。

妊活中は、ホルモンバランスを整えることで妊娠に向けた体作りが必要となりますが、妊娠後は体内のホルモンバランスが急激に変化することで体調不良を起こしやすくなります。

妊娠により分泌が増加した卵胞ホルモン(エストロゲン)と似た作用を持つマカを摂取することで、体内のホルモンバランスがさらに乱れ、さらに体調不良に繋がる恐れがあります。

そのため妊娠判明後は、マカ配合のサプリメントを服用する時は、産科の医師に確認をすることをおすすめします。

妊活サプリ「マカナ」の妊娠中の服用について

引用:妊活サプリマカナ公式サイトより

葉酸とマカを豊富に配合している妊活サプリ「マカナ」は、妊娠中の服用も健康上問題ないとしていますが、産科の医師に確認をすることを推奨しています。

 

[妊活サプリ/葉酸・マカ]葉酸とマカが一緒に摂れるサプリメントを比較

マカも葉酸も妊活には欠かせない成分です。葉酸は妊活において必要不可欠な栄養素の一つです。葉酸には造血作用・血流改善・ホルモンバランスの調整・細胞分裂をサポートする働きがあったり、妊娠初期に適切な量を摂取していると、胎児の脳の先天性障害のリスクを下げる効果もあります。そのため葉酸は妊活中、妊娠中、授乳中、全ての期間で必要な栄養素です。マカには微量ミネラルである亜鉛・鉄分やカルシウム・アミノ酸などが含まれています。妊活サプリを選ぶ際は、葉酸とマカが一緒に摂れるように両方の成分が配合されたサプリメントを選ぶことがおすすめです。市販されている妊活サプリ、通販限定の妊活サプリなど、さまざまな妊活サプリがあります。料金や配合されている成分もさまざまなものがあったり、マカの産地も日本産やペルー産のものもあるため、どのサプリメントが安全性が高くて、効果が高いのか比較することも大切です。

葉酸・マカを一緒に摂れる妊活サプリ・マカナ

項目 妊活サプリマカナ
価格 3,980円/1ヶ月(定期便・初回価格)
成分 マカ粉末(国産) 乾燥野菜粉末 亜鉛含有酵母 ナイアシンアミド含有酵母 ビタミンE含有植物油 金時ショウガ末 ルイボス茶エキス スピルリナ GABA マグネシウム含有酵母 DHA含有精製魚油粉末 セルロース 貝Ca ビタミンC HPC ステアリン酸Ca 酸化ケイ素 ピロリン酸鉄 加工デンプン パントテン酸Ca セラック グルコン酸銅 ビタミンB6 ビタミンB1 ビタミンB2 葉酸 ビオチン ビタミンB12
マカの産地 日本産100%
特徴・特典 1)日本産マカ100%

2)妊活成分を全て含むオールインワンサプリ

3)妊活専門の管理栄養士が開発に関わっている

 

妊活サプリマカナの特徴1・日本産マカ100%

妊活サプリである、マカナサプリの特徴として日本産マカ100%という点が挙げられます。マカナの主成分はマカで、マカ配合量は業界トップクラスです。日本産マカは栄養価が豊富で、アミノ酸の一種であるアルギニンはペルー産の4倍・ベンジルグルコシノレートはペルー産の10倍以上・リジンはペルー産の1.7倍・プロリンはペルー産の2倍以上と必須アミノ酸の量がペルー産よりも多いのが特徴です。マカには亜鉛・鉄分などのミネラルや、タンパク質・アミノ酸類が多数含まれているので、妊活にに欠かせない成分です。葉酸は妊活において必要不可欠な栄養素の一つです。葉酸には造血作用・血流改善・ホルモンバランスの調整・細胞分裂をサポートする働きがあったり、妊娠初期に適切な量を摂取していると、胎児の脳の先天性障害のリスクを下げる効果もあります。そのため葉酸は妊活中、妊娠中、授乳中、全ての期間で必要な栄養素です。マカナサプリはマカも葉酸も同時に摂取できるので、妊活サプリとしておすすめです。

妊活サプリマカナの特徴2・オールインワン妊活サプリ

妊活サプリであるマカナサプリの特徴は、オールインワン妊活サプリであるということです。マカナサプリには、妊活必須成分(鉄分・亜鉛・ビタミンC・ビタミンE・ビタミンB2 ビタミンB6・ビタミンB12・葉酸 葉酸含有量400μg・ミトコンドリア活性成分・還元型コエンザイムQ10・α-リポ酸)がすべて配合されていて、どの成分も妊活にはとても大切なのです。すべての妊活必須成分をバランスよく摂取できるため、マカナサプリはオールインワン妊活サプリと言えます。マカナは、細胞の酸化を防いで活性化させるα-リポ酸や、コエンザイムQ 10が配合されているため高齢妊活にもおすすめの妊活サプリです。マカナは男性妊活にも女性妊活にも必要な栄養素が多数含まれているため、夫婦で兼用可能です。公式サイトでも、定期便コースの中に夫婦協力コースという二個同時購入コースがあり、夫婦で飲むことをおすすめしています。

妊活サプリマカナの特徴3・妊活専門の管理栄養士が開発に携わっている

妊活サプリマカナの特徴・妊活専門の管理栄養士

妊活サプリとして販売されているマカナサプリの特徴として、妊活専門の管理栄養士が開発に携わっていることがあげられます。マカナはオールインワン妊活サプリとして、管理栄養士が妊活必須成分(鉄分 亜鉛 ビタミンC ビタミンE ビタミンB2 ビタミンB6 ビタミンB12 葉酸 葉酸含有量400μg ミトコンドリア活性成分・還元型コエンザイムQ10・α-リポ酸)をバランスよく配合してあるので、妊活に必要な成分を効率よく摂取することができます。そのため「妊活サプリ支持率No1」「妊活サプリ口コミ人気No1」「妊活サプリ満足度No1」といった多くの評価を得ています。販売実績も100,000袋を突破する人気商品です。特に、使用した方々の満足度がNo.1なので、妊娠率アップ効果に期待できるので、妊活サプリとしておすすめです。

葉酸・マカを一緒に摂れる妊活サプリ・AFC、mitete

AHCの妊活サプリmiteteについて

 

項目 妊活サプリmitete(AFC)
価格 1,994円/1ヶ月(単品購入)
成分 ライスマグネシウム 還元麦芽糖水飴 食用油脂 酵母(亜鉛 銅 セレン含有) 還元パラチノース 貝カルシウム セルロース ビタミンC ピロリン酸第二鉄 HPC ステアリン酸Ca ナイアシン パントテン酸Ca シェラック ビタミンB6 増粘多糖類 ビタミンB1 ビタミンB2 葉酸 トウモロコシたん白 ビタミンD 酸化防止剤(ビタミンE) ビタミンB12
マカの産地
特徴・特典 1)コストパフォーマンスが良い

2)妊活必須成分(ミネラル)が豊富

3)つわり中でも飲みやすい大きさ・匂い

 

妊活サプリmitete(AFC)の特徴1・コストパフォーマンスが良い

AFCのmiteteの流通コスト・コストパフォーマンスが良い理由

妊活サプリ「mitete(AFC )」は、他の妊活サプリに比べて、コストパフォーマンスがいいのが特徴です。「Mitete (AFC )」は他の妊活サプリや、葉酸サプリなどに比べて値段が安く、さらにセット購入がお得となっています。AFCは製造から販売まで全て行っているメーカーです。自社工場で製造した商品を自社販売店で販売するので、流通にかかるコストをカットしたり、他業者に委託販売するなどで発生する中間マージンがカットできるため、お客様にも低価格で商品を提供することができるのです。サプリメントは医薬品ではないため、効果が現れたり、効果を実感できるまでに時間がかかります。そのため、継続して飲み続けていかないといけないため、サプリメントも購入し続ける必要があります。毎月購入し続けた場合、それだけお金がかかります。購入値段が安いと、長い期間購入した場合に、他の妊活サプリを購入した場合に比べて、コストを抑えられるといった利点があります。

妊活サプリmitete(AFC)の特徴2・妊活必須成分(ミネラル)が豊富

AFCのmiteteのミネラル含有量について

妊活サプリとしても利用できる葉酸サプリ「mitete」は葉酸だけでなく、カルシウム、鉄、亜鉛、銅、セレンなどのミネラルも豊富に配合されています。特に鉄分と亜鉛は妊活必須成分なので、妊活サプリは選ぶ際は、両方の成分が配合されているものを選ぶようにしましょう。現代人は慢性的に鉄分や亜鉛などのミネラルが不足しがちです。鉄分不足は貧血の原因となります。貧血状態では血流が不足するため生殖器の機能が低下するため、鉄分をしっかり摂取するようにしましょう。亜鉛は細胞の元となる成分です。亜鉛を摂取することで、卵子細胞や精子細胞が活発に生成され、健康で正常な卵子や精子が増えていきます。精子な卵子や精子が増えることで、卵子や精子の染色体異常の数が減り、胎児の先天性の障害のリスクを下げることができます。男性妊活も女性妊活もミネラルや葉酸は欠かせない栄養素なので、妊活サプリを選ぶ際は、ミネラルなどの必須成分がバランスよく配合されたものを選ぶようにしましょう。

妊活サプリmitete(AFC)の特徴3・つわり中でも飲みやすい大きさ・匂い

AFCのmiteteのサイズ・形状について

mitete飲みやすさの工夫・原材料のコーティング

妊活サプリとしても活用できる、葉酸サプリ「mitete」は、改良を重ねて粒の大きさを小さくしていて、飲みやすさを追及しています。 妊娠中のつわりはひどい場合は食事もできないくらいの時もあるため、つわり中でも飲みやすいような大きさや飲み込みやすい形状になっていて、錠剤が苦手な人にも飲みやすいサプリメントです。また、妊娠中は自律神経の乱れから匂いに敏感になりやすく、サプリメントなどの錠剤の匂いにも過敏に反応してしまうことがあります。葉酸サプリなどは、配合されている成分によっては独特な匂いがするものも多くあります、そこで、「mitete」は1粒1粒をコーティングしたり、原材料をコーティングすることで、匂いを元からコーティングして無臭にすることで飲みやすい葉酸サプリとなっています。

葉酸・マカを一緒に摂れる妊活サプリ・AFC、HAGマカ

AFCのHAGマカの特徴について

 

項目 妊活サプリHAGマカ(AFC)
価格 2,484円/1ヶ月(単品購入)
成分 有機マカ末 還元麦芽糖水飴 デキストリン 酵母(亜鉛 セレン含有)食用油脂(ビタミンE含有) セルロース ビタミンC L-アルギニン パントテン酸Ca ステアリン酸Ca ビスベンチアミン ビタミンB6 微粒二酸化ケイ素 加工デンプン 増粘剤(アラビアガム) ビタミンB12 ビタミンD3 酸化防止剤(ビタミンE)
マカの産地 記載なし
特徴・特典 1)有機マカ末使用

2)ビタミン4類を豊富に配合

3)疲労回復成分を豊富に配合

 

妊活サプリHAGマカ(AFC)の特徴1・有機マカ末使用

AFCのHAGマカの特徴・有機マカ末を使用

妊活サプリとしても利用できる、マカサプリ「HAGマカ(AFC)」は「はぐマカ」という有機マカを使用しています。はぐマカには妊活に欠かせない栄養素が豊富に含まれています。はぐマカは、無農薬栽培されて、有機認定工場で加工を行い、じっくりと天日干しすることで、アミノ酸が増え、グルコシノレート、アルギニン、リジン、ビタミン、ミネラル、不飽和脂肪酸、サポニンなどの成分が豊富に含まれていて、従来のペルー産のマカに比べて妊活効果が高いのでおすすめです。アミノ酸の一種であるリジンには、代謝を上げて疲労回復を促す効果があり、力強い体づくりに役立ちます。アルギニンは血行を促進させ精子の量を増やしたり、精力増強効果があるため男性妊活に適した成分です。マカには微量ミネラルである、亜鉛や鉄分も含まれていて、亜鉛を摂取することで、滋養強壮・精力増強・免疫力の向上・不妊症の改善などの効果があります。また、精子のもととなる成分なので、精子の増量・質の向上・運動率アップの効果もあります。マカに含まれているアミノ酸はたんぱく質の細胞のもととなる材料です。アミノ酸を積極的に摂取することで、細胞が活発に作られるため、卵子細胞や精子細胞も活発に生成され、健康で正常な卵子や精子が増えていきます。精子な卵子や精子が増えることで、卵子や精子の染色体異常の数が減り、胎児の先天性の障害のリスクを下げることができます。HAGマカには妊活に効果の高い成分が複数配合されているため、妊活に適したサプリだといえます。

妊活サプリHAGマカ(AFC)の特徴2・ビタミン4種を豊富に配合

妊活サプリとしても利用できる、マカサプリ「HAGマカ(AFC)」には、ビタミン4種類(ビタミンB群・ビタミンC・ビタミンD・ビタミンE)を豊富に配合してあります。マカもビタミン類も妊活必須成分で妊活中に積極的に摂取したい栄養素です。ビタミンB群の一種であるビタミンB6・ビタミンB12には葉酸のサポート成分としての役割があり、葉酸と一緒に摂取することで体内の補酵素の働きを活性化させ、葉酸の吸収率を高めてくれます。ビタミンCは妊活だけでなく美容にも欠かせないビタミンで、肌荒れ防止や肌質の改善にも役立ちます。また、抗酸化作用がありビタミンCの抗酸化物質が活性酸素の働きを抑え、細胞の老化を防ぐので、卵子や精子の老化も予防することが出来るので高齢妊活を考えている方にも大切な成分と言えます。ビタミンDは免疫力の向上やがんの予防に役立ちます。また、カルシウムの吸収を助ける働きもあり、妊活・妊娠中に摂取することでカルシウム不足を防ぎます。特に妊娠中は胎児に血液を通して栄養を送るため、カルシウムが不足しがちになります。血液中のカルシウムが不足しつづけると、骨の中のカルシウムを血液中に移動させてカルシウム不足を補うため、イライラしたり骨粗しょう症になってしまう可能性があります。ビタミンEはコレステロールの酸化防止や動脈硬化予防に効果があります。これらのビタミンを積極的に摂取することで、ミトコンドリアが活性化して細胞を健康で若々しく保つことが出来るので、ビタミン4種が配合された「HAGマカ(AFC)」は妊活に適したサプリメントと言えます。

妊活サプリHAGマカ(AFC)の特徴2・ビタミン4種を豊富に配合

妊活サプリの日「HAGマカ(AFC)」は妊活目的で葉酸、マカの摂取ができるだけでなく、疲労回復成分である、亜鉛、セレン、アルギニンも含まれていて、疲労回復にも有効です。亜鉛は体内の酵素の働きを活性化する働きがあり、酵素の活性化によりエネルギーの生成量が増えるため、精力的に活動することができます。ミネラルのセレンは老化防止やがんの予防に効果があり、精力の増強にも効果的です。セレンを摂取することで精子の運動率が高まるため、男性妊活におすすめの成分なのです。アルギニンもアミノ酸の1つで、精力増強に効果的です。アルギニンを摂取することで、精力が高まり活力があふれ、妊活に対しての意欲も高まります。また、アルギニンは精子のもととなる成分でもあり、積極的に摂取することで精子量を増やすことが出来ます。亜鉛・セレン・アルギニンはマカに豊富に含まれている成分で、男性妊活にも女性妊活にも大切な成分です。

妊活サプリHAGマカ(AFC)の特徴3・疲労回復成分を豊富に配合

妊活サプリとしても利用できる、葉酸サプリ「ベジママ」にはアイスプラントというマメ科の植物に含まれている、ピニトールが高配合されています。ピニトールには多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)という、排卵障害を引き起こしたり、卵巣内の男性ホルモン値が高い状態になり、不妊症の原因となる症状を改善する効果があります。海外ではPCOSの治療にピニトールが使用されているため、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の予防・改善に効果があることが証明されています。多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)は体内のインスリンの数値が上昇することで起こります。インスリンは血糖値を下げるホルモンですが、生活習慣病や糖尿病などでインスリンが身体でうまく作用しないと、LH(黄体化ホルモン)やFSH(卵胞刺激ホルモン)の数値も上昇してしまい、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の症状を発症してしまうのです。ピニトールは妊活サプリでは「ベジママ」にしか配合されていません。多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)になってしまうと、健康的な妊活・妊娠は難しいので、妊活の際に多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の予防のためにも「ベジママ」を利用することは効果的です。

葉酸・マカを一緒に摂れる妊活サプリ・ベジママ

妊活サプリベジママの特徴について

 

項目 妊活サプリベジママ
価格 2,750円/1ヶ月(定期便・初回価格)
成分 ピニトール 還元麦芽糖水飴 ルイボス茶抽出物(デキストリン ルイボス茶エキス) アイスプラント末 デキストリン ビタミンE含有植物油 マンガン含有酵母 結晶セルロース ビタミンC ビタミンB1 ビタミンB6 ステアリン酸Ca ビタミンB2 パントテン酸Ca 葉酸 ビタミンB12
マカの産地 未使用
特徴・特典 1)ピニトール高配合で多嚢胞性卵巣昇降分(PCOS)に効果的

2)無期限の返金保証あり

3)ポリフェノールが豊富で高齢妊活におすすめ

 

妊活サプリベジママの特徴1・ピニトール高配合で多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)に効果的

妊活サプリとしても利用できる、葉酸サプリ「ベジママ」にはアイスプラントというマメ科の植物に含まれている、ピニトールが高配合されています。ピニトールには多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)という、排卵障害を引き起こしたり、卵巣内の男性ホルモン値が高い状態になり、不妊症の原因となる症状を改善する効果があります。海外ではPCOSの治療にピニトールが使用されているため、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の予防・改善に効果があることが証明されています。多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)は体内のインスリンの数値が上昇することで起こります。インスリンは血糖値を下げるホルモンですが、生活習慣病や糖尿病などでインスリンが身体でうまく作用しないと、LH(黄体化ホルモン)やFSH(卵胞刺激ホルモン)の数値も上昇してしまい、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の症状を発症してしまうのです。ピニトールは妊活サプリでは「ベジママ」にしか配合されていません。多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)になってしまうと、健康的な妊活・妊娠は難しいので、妊活の際に多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の予防のためにも「ベジママ」を利用することは効果的です。

妊活サプリベジママの特徴2・無期限の返金保証あり

妊活サプリベジママの無期限返金保証

妊活サプリとしても利用できる、葉酸サプリ「ベジママ」は無期限の返金保証(先着500名様限定)があるため、商品が合わなかった場合でも気軽に返品することが出来ます。  「ベジママ」は購入後の期間に一切関係なくいつでも商品代金を全額返金でき、さらに返金の際の振込手数料も無料(会社が負担)です。サプリメントをとりあえず使ってみようと思っている方でも、返金保証があるため気軽に購入することが可能です。もちろん、「ベジママ」は葉酸サプリとして葉酸はもちろんのこと、葉酸の吸収をサポートする成分であるビタミンB6・ビタミンB12や、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)を予防・改善できるピニトールが配合されています。妊活に対して、自信を持っておすすめする商品ではありますが、サプリメントの相性も人それぞれ違うので、体質に合わない方や、効果を実感できない方もいます。そういった方でも妊活を始めたい方は、「ベジママ」は返品できるためお試しサプリとしてもおすすめです。

妊活サプリベジママの特徴3・ポリフェノールが豊富で高齢妊活におすすめ

妊活サプリベジママはポリフェノール豊富で高齢妊活におすすめ

妊活サプリとしても利用できる、葉酸サプリ「ベジママ」にはポリフェノールが豊富なルイボスを配合してあります。ルイボスはルイボスティーの原料にもなっている植物で、亜鉛、カリウム、マンガンといったミネラルをバランスよく豊富に配合されています。亜鉛を摂取することで、滋養強壮・精力増強・免疫力の向上・不妊症の改善などの効果があります。また、精子のもととなる成分なので、精子の増量・質の向上・運動率アップの効果もあります。マカに含まれているアミノ酸はたんぱく質の細胞のもととなる材料です。アミノ酸を積極的に摂取することで、細胞が活発に作られるため、卵子細胞や精子細胞も活発に生成され、健康で正常な卵子や精子が増えていきます。精子な卵子や精子が増えることで、卵子や精子の染色体異常の数が減り、胎児の先天性の障害のリスクを下げることができます。また、ルイボスには抗酸化物質が含まれているので、活性酸素の活性化を抑えて除去することができます。活性酸素を抑制することで、細胞内のミトコンドリアが活性化して細胞分裂が活発になり、細胞の老化を防ぐことが出来るため、高齢妊活におすすめです。活性酸素の増加は体内の老化を早め卵巣・子宮・精巣などの生殖器の機能を低下させるため、抗酸化物質を積極的に摂取してミトコンドリアの活性化を促することは妊活・高齢妊活にとってとても大切です。

葉酸・マカを一緒に摂れる妊活サプリ・ヤマノのマカ

ヤマノのマカサプリの特徴について

項目 ヤマノのマカサプリ
価格 1,980/1ヶ月(定期便・初回価格)
成分 マカ 亜鉛 トンカットアリ セレン酵母 ブドウ種子抽出物(ポリフェノール) ショ糖エステル
マカの産地 ペルー産
特徴・特典 1)マカ1日摂取量1680mg

2)JAS有機認定で安心・安全

3)1日のコスト66円と低価格

 

ヤマノのマカサプリの特徴1・マカ1日摂取量1680mg

ヤマノの販売しているマカサプリには、ペルー産マカ純度100%を使用していて、マカ1日摂取量1680mgを配合してあります。マカは妊活の王様とも言われていて、マカに含まれる天然ミネラル9種類(マグネシウム マンガン ナトリウム 銅 リン 亜鉛 鉄 カルシウム カリウム)はどれも妊活に必要な栄養素です。また、健康増進効果のあるグルコシノレートという成分も含まれています。マカには女性ホルモン(エストロゲン)と似た作用があるため、ホルモンバランスを調整してくれます。生理不順など生理が乱れやすい女性が摂取することで生理周期を整えることができるため、女性妊活におすすめです。また、マカに含まれている亜鉛を摂取することで、滋養強壮・精力増強・免疫力の向上・不妊症の改善などの効果があります。また、精子のもととなる成分なので、精子の増量・質の向上・運動率アップの効果もあります。マカに含まれているアミノ酸はたんぱく質の細胞のもととなる材料です。アミノ酸を積極的に摂取することで、細胞が活発に作られるため、卵子細胞や精子細胞も活発に生成され、健康で正常な卵子や精子が増えていきます。精子な卵子や精子が増えることで、卵子や精子の染色体異常の数が減り、胎児の先天性の障害のリスクを下げることができます。亜鉛には不妊症の改善にも効果があるため、マカを夫婦一緒に摂取することで、妊娠力をアップも期待が出来ます。ヤマノのマカサプリは純度100%ペルー産・フニン産マカ使用、高度4000m以上の山岳地帯で生育したマカのみを使用しています。

ヤマノのマカサプリの特徴2・JAS有機認定で安心・安全

妊活サプリとしても利用できる、ヤマノのマカサプリに配合されているマカはJAS有機認定をされたものだけを使用しています。JASはJASの規格をクリアした商品にだけつけられるマークです。ヤマノのマカは化学肥料不使用・農薬不使用のマカなので有機JASマークがついているので、安心して服用できます。サプリメントは医薬品ではないため、効果が現れたり、効果を実感したりするまでに時間がかかります。サプリメントも毎日服用しなければ効果が出ないため、少しでも農薬が含まれていると妊活成分と一緒に有害な農薬も体内に蓄積してしまう可能性があります。妊活中・妊娠中に農薬の毒素が体内に残っていると、胎児にも悪影響を及ぼす可能性があるため、化学肥料無使用・農薬不使用のヤマノのマカサプリは安全なので、安心して使用することが出来ます。

ヤマノのマカサプリの特徴3・1日のコスト66円と低価格

妊活サプリとしても利用できる、ヤマノのマカサプリの特徴として、マカサプリ一つに入っているサプリの量を1日のコストで計算した場合、66円ととても低価格のため、コストパフォーマンスに優れています。薬局やドラッグストアで販売されている、妊活サプリなどでも低価格な商品はあはらますが、市販されているサプリメントは妊活必須成分の含有量が少なかったり、そもそも配合されていなかったりして、妊活効果に期待ができないものが多いです。また、市販のサプリメントには、商品の腐敗防止や、飲みやすくするためや、製造過程でついてしまう匂いを隠すために、保存料や着色料、増粘剤、香料、甘味料などの添加物が多く含まれている場合があります。添加物には、自然由来の身体に影響のないものもありますが、人工の添加物もあります。人工の添加物のなかには、安全性が証明されていなかったり、摂取し続けると発ガン性のある成分が含まれているものがあるので注意が必要です。市販のサプリメントは「妊活必須成分が少ない・配合されていない」「添加物が多く安心できない」といった理由から、低価格で手軽に購入しやすくても、おすすめできません。ヤマノのマカサプリは、安くて妊活効果が高く、男性妊活にも女性妊活にも必須成分といえるマカが配合されているのでおすすめです。

葉酸・マカを一緒に摂れる妊活サプリ・井藤漢方の葉酸+マカ

 

項目 葉酸+マカサプリ(井藤漢方)
価格 932円/1ヶ月(単品購入)
成分 マカエキス(ベンジルグルコシノレート0.36&含有) 葉酸 ビタミンB6 ビタミンB12
マカの産地 記載なし
特徴・特典 1)マカエキス200mg配合

2)2粒で1日に必要なビタミン類を摂取できる

2)コストパフォーマンスが良い

 

葉酸+マカサプリ(井藤漢方)の特徴1・マカエキス200mg配合

妊活サプリとしても利用できる、葉酸サプリ+マカサプリ(井藤漢方)はマカエキス200mg(ベンジルグルコシノレート 0.36&含有)が配合されています。葉酸もマカも一緒に配合されているので、女性妊活にも男性妊活にもおすすめです。マカに含まれる天然ミネラル9種類(マグネシウム マンガン ナトリウム 銅 リン 亜鉛 鉄 カルシウム カリウム)はどれも妊活に必要な栄養素です。特に、亜鉛は滋養強壮・疲労回復・免疫力の向上・不妊症の改善などの効果があります。また、亜鉛は精子を作る成分でもあるので、精子量の増加・質の向上・運動率アップなど男性妊活や男性不妊の改善に効果があります。葉酸+マカサプリ(井藤漢方)はミネラル豊富・アミノ豊富と妊活必須成分がたくさん含まれているので妊活に適しています。

葉酸+マカサプリ(井藤漢方)の特徴2・2粒で1日に必要なビタミン類を摂取できる

妊活サプリとしても利用できる、葉酸サプリ+マカサプリ(井藤漢方)はマカエキス200mg(ベンジルグルコシノレート 0.36&含有)が配合されています。葉酸もマカも一緒に配合されているので、女性妊活にも男性妊活にもおすすめです。葉酸サプリ+マカサプリ(井藤漢方)の特徴として、2粒で1日に必要なビタミン類を摂取することが出来るという点が挙げられます。ビタミンB群の一種であるビタミンB6・ビタミンB12には葉酸のサポート成分としての役割があり、葉酸と一緒に摂取することで体内の補酵素の働きを活性化させ、葉酸の吸収率を高めてくれます。葉酸・ビタミンB6・ビタミンB12にはどれも欠かせない妊活必須成分です。葉酸サプリ+マカサプリ(井藤漢方)なら1日2粒で必要量を摂取出来るので、サプリメントが苦手な方でも飲みやすく栄養を摂取しやすいサプリメントと言えます。

葉酸+マカサプリ(井藤漢方)の特徴3・コストパフォーマンスが良い

妊活サプリとしても利用できる、葉酸サプリ+マカサプリ(井藤漢方)はマカエキス200mg(ベンジルグルコシノレート 0.36&含有)が配合されています。葉酸もマカも一緒に配合されているので、女性妊活にも男性妊活にもおすすめです。葉酸サプリ+マカサプリ(井藤漢方)の特徴として、2粒で1日に必要なビタミン類を摂取することが出来るという点が挙げられます。1日2粒でいいので、サプリメントの消費量を抑えることが出来るため、1日のコスト約30円とコストパフォーマンスに優れています。妊活サプリは最低でも3か月以上の継続がおすすめなので、コストが高いサプリは購入金額が高くなってしまうため、継続して飲むことが難しいというデメリットがあります。葉酸サプリ+マカサプリ(井藤漢方)は低価格・低コストで妊活効果を続けられるため、「妊活サプリはコストパフォーマンスを重視したい」という方におすすめの妊活サプリです。また、市販の忍殺サプリと違い、妊活必須成分も多数配合されているので、妊活効果が高いこともおすすめのポイントです。

 

 

[妊活サプリ/葉酸・マカ]葉酸+マカサプリを配合のサプリメントの選び方

妊活サプリ(葉酸+マカサプリ)を選ぶときのポイントとして、「葉酸とマカを配合」「葉酸配合量400μg以上(葉酸の1日の推奨量)」「日本産マカ100%」「安全性が高い」「 品質管理が徹底されている」「モノグルタミン酸型葉酸配合」とった部分に重点を置いて選ぶことが大切です。葉酸もマカも妊活には欠かせない栄養素です。葉酸には造血作用・血流改善・ホルモンバランスの調整・細胞分裂をサポートする働きがあったり、妊娠初期に適切な量を摂取していると、胎児の脳の先天性障害のリスクを下げる効果もあります。そのため葉酸は妊活中、妊娠中、授乳中、全ての期間で必要な栄養素です。マカには微量ミネラルである、亜鉛や鉄分も含まれていて、亜鉛を摂取することで、滋養強壮・精力増強・免疫力の向上・不妊症の改善などの効果があります。また、精子のもととなる成分なので、精子の増量・質の向上・運動率アップの効果もあります。マカに含まれているアミノ酸はたんぱく質の細胞のもととなる材料です。アミノ酸を積極的に摂取することで、細胞が活発に作られるため、卵子細胞や精子細胞も活発に生成され、健康で正常な卵子や精子が増えていきます。
精子な卵子や精子が増えることで、卵子や精子の染色体異常の数が減り、胎児の先天性の障害のリスクを下げることができます。妊活サプリを選ぶ際は、葉酸とマカ両方の成分が配合されているものを選びましょう。また、マカはペルー産のものよりも日本産マカが配合されているものがおすすめです。日本産マカは、ペルー産マカと比較して妊活成分が豊富に含まれています。日本産マカは、全国の優秀な生産者がビニールハウス栽培を行い、品質管理の徹底・土壌管理・土壌改良・温度管理をしているため、ペルー産のマカよりも高品質なのです。サプリメントは医薬品ではないため、即効性はありません。効果を実感するには、毎日継続して飲み続ける必要があり、効果が表れるのには個人差もありますが、数か月かかる場合もあります。そのサプリメントに毒素や添加物が混じっていては、服用し続けた時に栄養と一緒に毒素も体内にため込んでしまう可能性があります。健康で元気な赤ちゃんを産むためにも、品質管理を徹底しているサプリメントを選ぶことが大切です。また、葉酸は合成葉酸であるモノグルタミン酸型葉酸が配合されているものを選びましょう。理由としては、モノグルタミン酸型葉酸は吸収率が75%と自然由来のポリグルタミン酸型葉酸の吸収率50%よりも25%も吸収率が高いので、効率よく葉酸を摂取することが出来るからです。

妊活サプリの選び方・葉酸の配合料が400μg以上のものを選ぼう

妊活サプリの選び方の一つのポイントとして、「葉酸配合料400μg以上のもの」を選ぶようにしましょう。葉酸には造血作用・血流改善・ホルモンバランスの調整・細胞分裂をサポートする働きがあったり、妊娠初期に適切な量を摂取していると、胎児の脳の先天性障害のリスクを下げる効果もあります。そのため葉酸は妊活中、妊娠中、授乳中、全ての期間で必要な栄養素です。葉酸は、厚生労働省も胎児の先天性障害予防のために妊婦の方に、毎日400μg摂取することを推奨しているくらい大切な栄養素なのです。また、葉酸サプリは日本産の葉酸サプリを使用することをおすすめします。海外産の葉酸サプリもありますが、海外産の葉酸サプリは葉酸の配合量が多すぎて過剰摂取のリスクがあります。葉酸は過剰摂取してしまった場合も、神経毒や葉酸過敏症などの症状を発症してしまう場合があるため、注意が必要なので、1日の推奨量の目安を守って葉酸が配合されている妊活サプリを選ぶようにしましょう。

妊活サプリの選び方・複数のサプリを併用する時は過剰摂取に注意

妊活サプリの選び方のひとつの方法として、「妊活成分がバランスよく配合されている」ものを選ぶようにしましょう。妊活にはいろいろな栄養素が必要になります。複数のサプリメントの併用で、栄養素を補給しようとすると、含有量によっては過剰摂取になってしまう場合があるため注意が必要です。葉酸の過剰摂取は神経毒や、葉酸過敏症になる恐れが、鉄分の過剰摂取は吐き気や嘔吐などの症状が、亜鉛の過剰摂取は吐き気や下痢、食欲不振、免疫力の低下などの症状を招いてしまう恐れがあるため注意が必要です。妊活成分が全てふくまれている妊活サプリなら複数のサプリを併用する必要がないため、妊活サプリを選ぶ際は、妊活必須成分がすべて配合されているものを選ぶようにしましょう。

妊活サプリの選び方・サプリの品質や成分をチェックしよう

妊活サプリの選び方のひとつのポイントとして、パッケージなどの成分表を見て、成分量や原材料をチェックすることが大切です。「成分含有量に妊活必須成分がしっかり配合されているか?」「妊活必須成分はなにがどの程度の量配合されているのか?」「品質管理は徹底されているか?」「葉酸吸収率の高い、モノグルタミン酸型葉酸が配合されているか?」 「葉酸の吸収をサポートする成分5種類(亜鉛 ビタミンC ビタミンB2 ビタミンB6 ビタミンB12)が葉酸と一緒に配合されているか?」「添加物が無添加なのか?もしくは、自然由来の添加物か?」これらの項目をチェックして、妊活に最適な妊活サプリを選ぶことが大切です。特に、葉酸は亜鉛、ビタミンC、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12の5種類の葉酸をサポートする成分と一緒に摂取することで吸収率が高まります。葉酸の配合率も大切ですが、妊活サプリを選ぶ際は、葉酸のサポート成分も一緒にバランスよく配合されているものがおすすめです。

吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸を配合している

葉酸は妊活において必要不可欠な栄養素の一つです。葉酸には造血作用・血流改善・ホルモンバランスの調整・細胞分裂をサポートする働きがあったり、妊娠初期に適切な量を摂取していると、胎児の脳の先天性障害のリスクを下げる効果もあります。そのため葉酸は妊活中、妊娠中、授乳中、全ての期間で必要な栄養素です。葉酸サプリには、葉酸吸収率が高いモノグルタミン酸型葉酸を配合されています。モノグルタミン酸型葉酸は合成葉酸で吸収率が75%と高いのが特徴です。食事・食材に含まれる天然葉酸はポリグルタミン酸型葉酸で主にホウレンソウや小松菜などの緑黄色野菜に多く含まれています。ポリグルタミン酸型葉酸は熱や水に弱く調理の過程で吸収率が50%程度に落ちてしまいます。また、ポリグルタミン酸型葉酸は体内に入ると酵素によりモノグルタミン酸型葉酸に変換され最終的に小腸より吸収されるため、変換の過程をまたぐこともあり吸収率が悪いのです。天然葉酸より合成葉酸の方が吸収率が高いので、サプリメントで葉酸を摂取することは効率が良いのです。

葉酸の吸収サポート成分が全て配合されている(亜鉛・ビタミンC・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンB12)

葉酸は妊活において必要不可欠な栄養素の一つです。葉酸には造血作用・血流改善・ホルモンバランスの調整・細胞分裂をサポートする働きがあったり、妊娠初期に適切な量を摂取していると、胎児の脳の先天性障害のリスクを下げる効果もあります。そのため葉酸は妊活中、妊娠中、授乳中、全ての期間で必要な栄養素です。その葉酸の代謝には5つの栄養素(亜鉛 ビタミンC ビタミンB2 ビタミンB6 ビタミンB12)が関わっています。葉酸は身体に取り込んでそのまま作用するわけではなく、メチレンテトラヒドロ葉酸に変換されて体内で様々な効果を発揮します。そのためには、葉酸のサポート成分である5つの栄養素を葉酸と一緒に摂取して、葉酸の吸収・酵素・補酵素・葉酸の再活性といった葉酸の代謝サイクルを活発にさせる必要があります。葉酸だけを1日の推奨量摂取しても、効果を十分に発揮できないので、葉酸サプリ・妊活サプリを選ぶときは葉酸のみではなく葉酸のサポート成分が全て含まれているものを選びましょう。

妊活サプリの選び方・マカの産地が100%日本のものを選ぼう

妊活サプリの選び方の一つとして、日本産100%のマカが配合されているものを選ぶようにしましょう。 日本産マカは、ペルー産マカと比較して妊活成分が豊富に含まれています。日本産マカは、全国の優秀な生産者がビニールハウス栽培を行い、品質管理の徹底・土壌管理・土壌改良・温度管理をしています。日本産マカは日々手を加えて育てているため、栄養豊富なのです。対して、ペルー産マカは種まきから栽培まで何も手を加えない栽培方法なので、品質管理が徹底されておらず、出来上がったマカの品質はひとつひとつがバラバラで安定していません。スーパーフードとして注目されている日本産のマカには、ベンジルグルコシノレートはペルー産マカの十数倍、アミノ酸の一種である、アルギニン・プロリン・リジン・ギャバはペルー産マカの数倍と高品質・高容量な成分が含まれていて、世界最高峰の品質でもあります。以上の点から、マカサプリを選ぶ際は日本産100%のマカが配合されているものを選ぶことをおすすめします。

日本産マカは品質管理が徹底されている

日本産マカは、ペルー産マカと比較して妊活成分が豊富に含まれています。日本産マカは、全国の優秀な生産者がビニールハウス栽培を行い、品質管理の徹底・土壌管理・温度管理をしています。日本産マカは日々手を加えて育てているため、栄養豊富なのです。対して、ペルー産マカは種まきから栽培まで何も手を加えない栽培方法なので、品質管理が徹底されておらず、出来上がったマカの品質はひとつひとつがバラバラで安定していません。もちろん、ペルー産のマカの中には品質の高いものもありますが、市販の妊活サプリ・マカサプリにペルー産の高品質のマカが配合されているかどうかはわからないので、マカサプリを使用する際は、日本産マカ100%のものをおすすめします。

日本産マカはペルー産マカと比較して妊活成分が豊富に含まれている

日本産マカは、ペルー産マカと比較して妊活成分が豊富に含まれています。日本産マカは、全国の優秀な生産者がビニールハウス栽培を行い、品質管理の徹底・土壌管理・温度管理をしています。日本産マカは日々手を加えて育てているため、栄養豊富なのです。対して、ペルー産マカは種まきから栽培まで何も手を加えない栽培方法なので、品質管理が徹底されておらず、出来上がったマカの品質はひとつひとつがバラバラで安定していません。マカサプリを使用する際は、日本産マカ100%のものをおすすめします。マカにはベンジルグルコシノレートという妊活成分も含まれています。脂質をエネルギー変換する働きがあり、細胞の活性化を促します・細胞が活性化すると、健康な細胞が増えていきますが、卵子も精子も細胞からできているので、卵子細胞の活性化や精子細胞の活性化、細胞のミトコンドリアの活性化につながります。卵子や精子・ミトコンドリアの活性化により、細胞の老化を防ぎ、若々しく健康な細胞が増えるため、高齢妊活にも効果的です。

妊活サプリの選び方・安全性の高いものを選ぼう

妊活サプリの選び方として、「安全性が高いもの」「品質管理の徹底がされているもの」「GMP工場で製造されているもの」「放射能検査実施済みのもの」「添加物が配合されていないもの・少ないもの」を選ぶようにしましょう。サプリメントは医薬品ではないため、即効性はありません。効果を実感するには、毎日継続して飲み続ける必要があり、効果が表れるのには個人差もありますが、数か月かかる場合もあります。サプリメントの品質が悪かったり、身体に有害な成分が入っていると、服用し続けたことで体内に毒素をため込んでしまう原因となります。せっかく、妊活サプリを使って妊活を行うので、身体によい妊活サプリを選び、健康にいも気をつけながら妊活を行いましょう。

品質管理が徹底されたGMP認定工場で製造されている

妊活サプリを選ぶ際は、国内でGMP認定をされた、GMP工場で製造されているものを選ぶことをおすすめします。GMPとは厚生労働大臣が定めた品質管理・製造段階での衛生管理の基準のことです。このGMP認定がされている工場で製造された商品は、品質管理が徹底されているので、有害な物質が含まれておらず安心して使用することが出来ます。さらに、GMP工場は国内工場だけなので、製造されている商品も日本産で、海外製品ではないため安心です。サプリメントは医薬品ではないため、即効性はありません。効果を実感するには、毎日継続して飲み続ける必要があり、効果が表れるのには個人差もありますが、数か月かかる場合もあります。サプリメントの品質が悪かったり、身体に有害な成分が入っていると、服用し続けたことで体内に毒素をため込んでしまう原因となります。せっかく、妊活サプリを使って妊活を行うので、身体によい妊活サプリを選び、健康にいも気をつけながら妊活を行いましょう。

添加物の有無に注意が必要

妊活サプリを選ぶ際には、添加物の有無を確認することも大切です。市販の妊活サプリは主成分が添加物のサプリメントもあるため、注意が必要です。添加物は、商品に香りをつけたり、ほかのにおいをごまかす目的で使用される「香料」、食品の酸化や腐敗防止のために使用される「保存料」、タブレットなどの形状を保ったり、粘り気を持たせるために使われる「安定剤・増粘剤」製品に甘みをつける「甘味料」商品に色を付けて、見た目の彩を浴する「着色料」苦味などの成分を緩和するために商品に酸味をつける「酸味料」などがあります。添加物は自然由来のものもありますが、中には科学的に作られた人工的な添加物も含まれています。化学合成で作られた添加物は安全性が証明されていないものや、発がん性のあるものもあるため注意が必要です。妊活中・妊娠中に添加物ばかり摂取してしまうと母体である女性だけでなく、おなかの中の胎児にも悪影響が及ぶ場合があります。妊活サプリを購入するにあたって、パッケージをチェックして成分の含有量をチェックし、無添加のものや自然由来の添加物が含まれているものを選ぶようにしましょう。

放射能検査で安全性が確認されている

妊活サプリを選ぶ際には、放射能検査を実施して安全性が確認されているサプリメントを選ぶようにしましょう。サプリメントに放射能が含まれていた場合、そのサプリメントを服用してしまうと、放射能物質が細胞の染色体異常を引き起こす可能性があります。体内で染色体異常が起こった場合、卵子や精子の染色体にも異常が及ぶ場合があります。染色体異常状態の卵子や精子で受精してしまった場合、胎児の先天性異常の障害のリスクが高まってしまう可能性や流産率の増加を招き、妊娠率の低下につながります。妊活サプリを選ぶ際は、第三者機関を通して、放射能検査を実施して「放射性物質検出せず」と銘打って、安心して使用できるものを選ぶようにしましょう。