妊活サプリの夫婦

[妊活男性サプリ/亜鉛]亜鉛不足は男性不妊の原因になる!亜鉛不足を解消するマカサプリの効果

[妊活男性サプリ/亜鉛]亜鉛が男性妊活に効果的な3つの理由

妊活男性サプリ・亜鉛摂取の妊活効果

男性妊活では精子の質(精子の量・運動率・奇形率・濃度)の改善のため、亜鉛摂取が必要です。男性妊活サプリは「亜鉛」「葉酸」「アミノ酸」を豊富に含むものを選ぶことをおすすめします。妊活サプリマカナは夫婦で兼用でき、「亜鉛」「葉酸」「アミノ酸」が豊富でおすすめです。

 

妊活男性サプリ/亜鉛配合のおすすめサプリ

子どもを授かる目的で行う妊活は女性だけでなく、パートナーでもある男性も協力することで、着床率・妊娠率はその分高くなります。

また、妊娠率を高めるために、妊活サプリなどのサプリメントなどで、日々不足しがちな妊活必須成分を補うことも大切です。

男性妊活で妊活サプリを使用する際は、亜鉛の配合されているものを選ぶようにしましょう。

亜鉛の効果として、滋養強壮・疲労回復・精力増強・免疫力の向上などがあり日ごろから積極的に摂取したい栄養素です。

また、亜鉛は精子の材料となるので、男性が亜鉛を摂取することで、精子の量が増加したり、精子の運動率が増加して、精子の質を高めることが出来ます。

質のいい精子で受精することで、受精卵の質の改善もできるため、受精した卵子が順調に成長しやすくなる確率も上がり、妊娠率アップに繋がるからです。

亜鉛が男性妊活に効果的な理由1・精子の元となる亜鉛を摂取すると精子の量が増える

ミネラルの1つである亜鉛は別名「セックスミネラル」と呼ばれ、男性妊活に効果的な成分だと言われています。

それは、亜鉛は精子の元となる成分であり、亜鉛が不足すると精子の生成が滞り、精子の質の低下や量の低下に繋がり、妊活に悪影響を与える可能性が高いからです。

男性側が原因の不妊症では、多くの男性に亜鉛不足が見られるとの報告があるように、男性妊活では亜鉛は欠かせない成分と言えます。

男性妊活において、亜鉛は滋養強壮・勢力増強・免疫力の向上などの様々な効果があり、積極的に摂取したい成分のひとつです。

亜鉛が男性妊活に効果的な理由のとして「精子のもととなり、摂取することで精子の量が増える」という点が挙げられます。

亜鉛は精子細胞の材料になる成分なので、妊活中に亜鉛を摂取することにより、精子の量が増加します。

妊娠するために精子は必要不可欠なので、精子の質をたかめたり、量を増やすことで受精率・着床率・妊娠率を高めることが出来ます。

亜鉛は身体に必須の微量ミネラルであるとともに、吸収されにくい成分なので、毎日の食事や食事で不足した亜鉛をサプリメントなどで補充して、継続して摂取することが大切です。

亜鉛は精子の元となる成分

精子は精子細胞が細胞分裂し成長・成熟することで生成されます。

細胞の生成には亜鉛が不可欠で、精子の中には亜鉛が豊富に含まれています。

亜鉛は精子の元となる成分と言えます。

亜鉛が不足すると、亜鉛の元となる成分が不足するため精子の生成がスムーズに行えません。

精子の生成がスムーズに行えないと、精子の量の低下・運動率の低下・奇形率の上昇に繋がり、男性妊活に悪影響を与えます。

男性妊活では、質の良い精子を作ることが重要で、質の良い精子は受精率や妊娠率を上昇させることができます。

亜鉛は食物からは摂取が難しく、また吸収率の低い成分です。

男性妊活では亜鉛が豊富に含まれている妊活サプリを摂ることをおすすめします。

精子の数が増えると妊娠率がアップする

亜鉛は精子の中に豊富に含まれる成分です。

亜鉛を十分に摂取すると精子の生成がスムーズに行えるため、精子の量が増えると言われています。

一度の射精で放出される精子は約3.5ミリリットルで、1~4億個ですが、子宮内のアルカリ性により死滅し、卵管采までたどり着くのはほんの数百匹程度です。

子宮内を移動中に大半の精子は死滅してしまうため、精子の数が少ない男性は受精率が低くなります。

亜鉛を十分に摂ることで精子の数が増えれば、卵管采までたどり着く精子の数も増えるので、受精率を上げることができます。

受精率を上げるためには、質の良い精子の生成が必要です。

精子の元となる亜鉛を摂取することで、精子の質が改善し受精率・妊娠率の上昇に期待が持てます。

妊活は女性のみではなく、男性も一緒に取り組むことで受精率・妊娠率の上昇が期待できます。

夫婦で一緒に飲むことのできる妊活サプリマカナは、亜鉛を豊富に含んでおりおすすめです。

身体内での亜鉛の働きには、滋養強壮、疲労回復、不妊症の改善、勃起不全の改善、免疫力の向上、味覚を正常に保つなど、様々なプラスの効果があります。

また、亜鉛は精子の生成・質の向上にも関わっているので、摂取することで、精子に良い効果を得ることができます。

亜鉛は精子の材料となり、細胞の元となる成分でもあるため、亜鉛が充分に摂取できていると、身体内での精子の生成が促進されて、精子細胞が増えていきます。

精子の量が多いほど受精率・着床率・妊娠率は高くなります。また、健康な精子が増えることで、胎児の先天性障害の予防にもつながります。

亜鉛は男性が妊活を行う際に、様々なプラスの効果のある成分なので、妊活中は積極的に亜鉛を摂取しましょう。

精子の数が増えると妊娠率がアップする

亜鉛は男性妊活に欠かせない成分のひとつです。

亜鉛の効果には「摂取することで精子の材料となり、精子の数を増加させること」が挙げられます。

亜鉛は精子の元となる成分なので、積極的に摂取することで精子の数を増やすことができます。

また、亜鉛の効果には、精子の質の改善や運動率を高める効果もあります。

精子の量が増え、質が向上した精子の量が多くなるため、受精しやすくなり、受精した卵子の質も高めることができ、受精卵の質の改善に繋がります。

質のいい精子で受精した受精卵は健康状態が良く、質が高くなるため、妊娠率をアップさせることができるのです。妊活を成功させるためにも、妊活中に男性は積極的に亜鉛を摂取するようにしましょう。

亜鉛が男性妊活に効果的な理由2・細胞分裂を促す亜鉛を摂取すると奇形精子が減少し運動率が上がる

亜鉛は酵素の活性に不可欠なミネラルで、細胞分裂や新陳代謝に深く関わる成分です。

精子は精子細胞が細胞分裂・成長を繰り返すことで生成されます。

精子の細胞の成長には亜鉛は不可欠と言えます。

亜鉛不足により精子が正常に細胞分裂ができないと、奇形精子の数が増え、受精率・妊娠率の低下に繋がります。

妊活では健康な精子を十分に作る必要があるため、しっかりと亜鉛を摂取して、精子が正常に細胞分裂できるようにしたいですね。

亜鉛は男性妊活に欠かせない成分のひとつです。亜鉛の効果には「細胞分裂をサポートするはたらき」があります。

細胞分裂が活性化することで、新しく健康な細胞が増えます。

精子も細胞からできるため、細胞分裂の回数が増えて、健康な細胞が多くなることで、質のいい精子の数も増えていきます。

健康で質のいい精子を増やすことで、運動率の悪い奇形精子を減少させ、精子の運動率の改善に繋がります。

奇形精子は運動率が低く、受精率が低かったり、受精しても卵子が正常に成長しにくいため、奇形精子を減らし運動率の良い元気な精子を増やすことが妊娠率アップにつながり、受精卵の質の改善にもつながります。

正常で健康な精子で受精した受精卵も質が高くなるため、妊娠後の受精卵の安定した成長にもつながります。

奇形精子は運動率が低いため妊娠率が低下する

精子は子宮の中を泳げるように、頭部・体部・尾部により形成され、尾部を左右に振ることで前進し卵管采に向かうことができます。

しかし、精子の細胞分裂が正常に行えないと、精子の形状に異常が起こり、運動率の低い精子がたくさん作られます。

運動率の低い精子は卵管采までたどり着けずに、子宮内のアルカリ性により死滅してしまうため、受精率が低下します。

妊娠率の上昇には、運動率の良い精子が必要となります。

亜鉛は細胞分裂や新陳代謝に関わる成分であり、亜鉛が不足すると精子の元となる細胞は正常な細胞分裂を行うことができません。

細胞分裂では、遺伝子情報のコピーが行われますが、亜鉛が不足し細胞分裂がスムーズに行えないと、遺伝子情報のコピーにエラーが起き、異常な精子が生成されてしまいます。

異常な精子は運動率が悪く、卵管采にたどり着ける確率はとても低いですし、たどり着けたとしても受精する能力が低く、妊娠には至らないことがほとんどです。

妊活に取り組む時は、女性だけではなく男性も一緒に取り組むことで、妊娠率の上昇が期待できます。

男性妊活では亜鉛を豊富に含む妊活サプリを摂ることをおすすめします。

奇形精子とは、その名のとおり本来の正常な形の精子に比べて、形がいびつな精子のことです。

いびつな形状の精子は運動率が低く、卵子までたどり着けず受精できないことが多いため、受精率の低下に繋がります。

また、奇形精子は精子としての質も低いため、受精したとしても奇形精子で受精した卵子は着床率が低く、妊娠率の低下に繋がります。

奇形精子での受精はDNA損傷を招く恐れもあり、遺伝子奇形により先天性の障害のリスクが高まってしまう可能性もあります。

奇形精子の減少、精子の質の向上は妊活において必要不可欠なことなので、妊活の際に男性は亜鉛やマカなど、精子によい効果をもたらす成分を積極的に摂取して、精子の質の改善、向上を行い、奇形精子の数を減らすことが大切です。

奇形精子の減少には正常な細胞分裂が必須

奇形精子の数が多いと、受精能力が低くなります。

奇形精子は、精子細胞の異常な細胞分裂により起こります。

精子細胞の細胞分裂は亜鉛などのミネラルやアミノ酸により行われますが、亜鉛が不足するとスムーズに細胞分裂ができません。

精子細胞は正常な細胞分裂により増殖すると、質の良い精子が生成されるため、奇形率は低く、運動率の高い精子が作られます。

しかり、亜鉛が不足し細胞分裂に支障が出ると、質の良い精子を生成することができず、運動率の低い精子が生成されます。

異常な精子は運動率が低いため、卵管采までたどり着くことができず妊娠には至りません。

正常な細胞分裂には亜鉛の十分な摂取が不可欠です。

男性妊活では十分な亜鉛の摂取が必要であり、妊活サプリマカナは亜鉛が豊富に含まれておりおすすめです。

受精率アップ、妊娠率アップ、健康な胎児の成長のためには、正常な精子の生成が必要不可欠です。

奇形精子は運動率が悪く、卵子まで到達できないことが多く、受精率・着床率が悪かったり、到達できたとしても遺伝子情報の伝達エラーにより、受精卵が正常に成長しなかったり、胎児の先天的障害の原因となってしまう場合があります。

奇形精子の数を減少させるには、正常な細胞分裂の回数を増やして、健康な精子を増やすことが大切です。

質のいい精子・運動率の良い精子は妊活において重要なものなので、男性は細胞分裂を促すミトコンドリアの働きを活性化させるサプリメントや、亜鉛・マカなどの精子の材料となる成分を積極的に摂取することが大切です。

亜鉛が男性妊活に効果的な理由3・性ホルモンの元となる亜鉛を摂取すると受精卵の質が改善し妊娠率がアップする

亜鉛は性ホルモンの生成に関わる成分です。

性ホルモンは男性なら男性ホルモンの生成に関与し、女性なら女性ホルモンの生成に関与します。

男性ホルモンのテストステロンは、精子の生成に関与するホルモンで、性機能の維持にも重要な役割を持ちます。

女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロンは、妊娠に向けた体作りや、妊娠の維持に重要な役割を持ちます。

亜鉛は性ホルモンの生成に関わる成分であり、不足すると性ホルモンの生成に悪影響を及ぼします。

男性妊活・女性妊活では、性ホルモンが十分量に生成されることが重要であり、妊娠率を左右します。

妊娠率のアップには、性ホルモンが十分に生成される必要があり、性ホルモンの生成に関与する亜鉛は不可欠な成分と言えます。

亜鉛には「男性ホルモンの分泌を促進する」効果があります。

亜鉛は性ホルモンの元となるため、積極的に摂取することで、男性ホルモンのアンドロゲンが多く分泌されます。

アンドロゲンは精力増強・筋肉増強・生殖機能の発育に関わるホルモンです。

男性の精力を高めてくれるため、アンドロゲンは男性妊活において重要なホルモンなのです。

また、アンドロゲンは男性ホルモンで主に男性の体内で分泌されるホルモンですが、女性も卵巣内でアンドロゲンが生成されます。

卵巣で分泌されたアンドロゲンは女性ホルモンであるエストロゲンに変換されてホルモンバランスを整えてくれる効果があります。

ホルモンバランスを整えることで、生理不順の改善・生理周期が整い妊娠しやすい身体を作りやすくなります。

亜鉛を摂取することで、性ホルモンであるアンドロゲン・エストロゲンの分泌量を増やすことが出来るので、性ホルモンの分泌量が増加して、元気な精子や卵子を生成することが出来ます。

健康で元気な精子・卵子で受精した受精卵は質の改善に期待が出来るため、妊娠率アップにつながります。

亜鉛は性ホルモンの生成に関わる成分であり男性妊活・女性妊活ともに効果的

男性ホルモンの1つであるテストステロンは、精子の生成をコントロールするホルモンであり、分泌量が低下すると精子の生成がスムーズに行えません。

女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンは、お互いの作用によりホルモンバランスをコントロールしており、どちらか一方が不足すると相互作用により不足が生じる可能性が高いです。

女性ホルモンは2つのホルモンがバランスよく分泌されることでホルモンバランスを保ち、妊娠に向けた体を作っています。

亜鉛は性ホルモンの生成に深く関わることから、男性妊活・女性妊活の両方で重要な成分です。

妊活は女性のみが行うのではなく、夫婦で一緒に取り組むことで妊娠率の上昇が期待できます。

妊活サプリマカナは、亜鉛が豊富に含まれ、夫婦兼用できるためおすすめです。

関連記事:([妊活サプリ/男性]男性不妊にはマカ・亜鉛が効果的)ではマカに豊富に含まれる亜鉛と男子不妊について詳しく紹介しています。

亜鉛の効果のひとつとして、「性ホルモンの生成」があります。

性ホルモンは男性は主に精巣で分泌される男性ホルモンの一種であるアンドロゲン、女性の場合は卵巣で分泌されたアンドロゲンが変換されて出来る女性ホルモンの一種であるエストロゲンなどのことを指します。

性ホルモンは生殖器の形成・発達に効果が当たり、性欲を高めたり、身体の巡り(生理)を整えたりする働きがあります。

性ホルモンは男性妊活・女性妊活どちらにも必要不可欠なホルモンで、性ホルモンが十分に分泌されることで、精子や卵子の発育を促して、健康で元気な精子・卵子で妊活することが出来ます。

妊活中に亜鉛を積極的に摂取することで、性ホルモンの分泌を促進させることができ、妊活における活力を夫婦一緒に高めることが出来るのです。

性ホルモンが正常に生成されることで受精卵の質が改善する

受精卵の質は主に卵子の質に左右されると言われています。

もちろん、精子の質にも左右されますが、卵子の質が低ければ、質の良い精子であっても受精率は低くなります。

男性は男性ホルモンであるテストステロンにより精子の生成がコントロールされ、女性は女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンの作用により卵子の生成がコントロールされています。

性ホルモンが不足すると精子や卵子をスムーズに作ることができないため、質の悪い卵子・質の悪い精子となる可能性が高くなります。

質の悪い精子や質の悪い卵子は受精率がとても低く、受精ができたとしても細胞分裂の段階で成長が止まってしまったり、受精卵となり子宮までたどり着いても着床できない可能性が高いのです。

受精率のアップには質の良い精子と質の良い卵子が必要なのです。

亜鉛は性ホルモンの生成に深く関与しており、卵子や精子の正常な成長には亜鉛が欠かすことはできません。

質の良い卵子や質の良い精子は受精率が高く、受精卵を正常に細胞分裂することができるため、着床率や妊娠率の上昇に繋がります。

妊活の基本は、質の良い精子・質の良い卵子を作ることです。

亜鉛は質の良い卵子・質の良い精子の生成に必要な成分であり、妊活では亜鉛が豊富に含まれる妊活サプリを選ぶことをおすすめします。

妊活サプリマカナは、夫婦で兼用できるサプリであり、亜鉛を豊富に含むことから男性妊活・女性妊活の両方に効果的だと言えます。

関連記事:(【妊活サプリの夫婦におすすめ】効果で選ぶサプリメント)では夫婦で妊活するメリットについて紹介しています。

性ホルモンの分泌促進が行われ、性ホルモンが正常に生成されることで、男性も女性も生殖器官の機能の働きが正常に活発に行われるようになります。

生殖器官の働きが活発になることで、精子細胞の正常な細胞分裂や卵子細胞の正常な細胞分裂が行われるため、奇形精子やDNAに異常のある精子の数が減少して、質の高い健康な精子や卵子が生成されやすくなります。

健康で質の高い精子・卵子で受精した受精卵も健康で質が高いため、細胞分裂が正常に行われてく確率が高くなるので、受精卵の質の改善につながります。

健康な受精卵は、着床率アップ・妊娠率アップ・流産率の低下など健康で元気な赤ちゃんを産むためのプラス効果がたくさんあるので、妊活中は性ホルモンの分泌を促進させて、ホルモンバランスを調えることが大切です。

 

[妊活男性サプリ/亜鉛]亜鉛の妊活効果と男性妊活に必要な栄養素について

男性が妊活サプリを選ぶ際は、男性妊活に必要なビタミン類・葉酸・亜鉛・鉄分・カルシウム・マカなどの妊活必須栄養素が配合されているものを選ぶようにしましょう。また、細胞内に存在しているミトコンドリアを活性化させる成分が配合されているサプリメントもおすすめです。ミトコンドリアを活性化させることで、新陳代謝が活発になり細胞分裂の回数が増え、健康で若々しい精子や卵子も作られやすくなります。どの成分も妊活には必要不可欠ですが、亜鉛は精力増強・滋養強壮・疲労回復・免疫力の向上など、男性妊活に役立つ様々な効果を持った成分なので、妊活中には積極的に摂取したい成分です。また、亜鉛は精子の材料でもあるため、亜鉛を摂取することで、精力を高めながら精子も生成することができる男性にうってつけの成分なのです。妊活サプリを選ぶ際には、妊活必須成分や亜鉛がしっかりと配合されているものを選ぶようにしましょう。

男性不妊の原因となる精子異常について

男性不妊の原因のひとつとして、精子異常が挙げられます。ストレスや寝不足、栄養不足、疲労状態、ホルモンバランスの乱れなど原因は様々ですが、身体の健康状態が乱れたり悪いと、精子の生成も正常に行われず奇形精子の数が増えたりと、精子異常を起こしてしまいます。精子の状態がわるいと、受精率・着床率が低くなってしまったり、受精卵が遺伝子異常を起こしてしまい、胎児の障害の原因となってしまう可能性があります。妊活で健康な赤ちゃんを出産するには、健康な受精卵が必要不可欠なので、健康な受精卵をつくるためにも、男性は精子を作ったり、質を高める亜鉛を積極的に摂取するなど、奇形精子の数を減らし、健康状態の良い精子の数を増やすことが大切です。

乏精子症

男性不妊の原因のひとつに「乏精子症」という症状があります。精液内1mlに含まれている精子の数が1500万以下の状態のことを乏精子症と呼びます。乏精子症の原因は生殖機能のトラブルなどにより、精巣で精子が作られにくい状態になっているためと言われています。治療方法としては、精子の質の改善を行うことが大切なので、抗酸化物質であるビタミンEやビタミンCを摂取したり、精子のもととなり、質や運動率を高めてくれる成分である亜鉛を摂取して、体質改善をすることで症状が緩和される場合があります。精子は精液中1ml内に4000万以上含まれていることが妊娠に望ましいので、普段からビタミンや亜鉛を積極的に摂取して、精子を生成しやすい体づくりをすることも大切です。

無精子症

無精子症とは、精液の中に精子が含まれていない症状のことを指します。精子が精液中に存在しない状態なので、妊活を行っても当然妊娠することが出来ず、男性不妊の原因となってしまいます。生殖機能の障害や先天的な精巣・精管の障害などで起こる無精子症には2種類の症状があり、精子そのものが作られていない状態である「非閉塞性無精子症」と精子は正常に作られているのに、精子の通り道がふさがってしまっている状態を「閉塞性無精子症」と呼びます。男性の100妊に1人が無精子症と言われていて、妊活の際は治療を行わなければなりません。しかし、無精子症にはいくつか治療法が確立されているため、治る病気と言えます。無精子症の治療法には、精巣と精管の間にある精巣上体という場所から精子を採集する「MESA(精巣上体精子回収術)」という方法や、精子の通り道である精管から直接精子を回収する「ReVSA(精管精子回収術)」という方法、精巣から組織を採集して、その中から精子を回収する「Conventional TESE(精巣精子回収術)」や、顕微鏡で精細管を調査して精子の作られている場所から精子を回収する「MD-TESE(顕微鏡下精巣精子回収術)」といった治療方法があります。

精子無力症

精子無力症は、精子の活動率・全身率が全体の40%未満の状態のことを指します。乏精子症との合併症となって起こることが多い症状です。精子無力症は、先天的な異常や、前立腺・精巣の炎症などにより、精子が作られにくくなっていたり「精索静脈瘤」という精巣付近の静脈に肥大したこぶが出来てしまう病気により、精巣機能が低下して精子が作られないなどの原因が挙げられます。精子無力症は、妊活を行っても動く精子が少ないため受精しにくく、男性不妊の原因となります。治療の方法としては、漢方薬・ビタミンEの摂取により、精巣機能の向上・精子の質の向上をおこなったり、ミトコンドリア活性を促し、細胞分裂を活発にさせ精子の生成量を増やしたり、人工授精を行うことで妊娠を目指します。また、症状が深刻な場合は、顕微授精を行います。

奇形精子症

健康で生殖機能が正常に機能している男性でも、精液の中に含まれる精子は8割がいびつな形をした奇形精子です。しかし、精子全体数の96%以上が奇形精子を占める状態は奇形精子症と呼びます。奇形精子症の原因は不明であることが多いですが、過度なストレスや食生活の偏りなどや、精索静脈瘤が原因ともいわれています。奇形精子が多く受精しにくいため、男性不妊の原因となりえます。治療方法は確立されていませんが、乏精子症・精子無力症・逆流性射精などの治療の過程で、奇形精子症も改善する場合があります。また、症状が改善しない場合は顕微授精をおこなったり、ミトコンドリアを活性化させて、精子の生成量を高めることも効果的です。

女性の妊活に亜鉛が必要な理由

男性妊活だけでなく、女性妊活にも亜鉛は大切な成分です。亜鉛の働きには、性ホルモンの材料となったり、新陳代謝を高めて細胞分裂を活発にしたり、免疫力を高めてくれる効果などがあります。性ホルモンが分泌されることにより、ホルモンバランスが整ったり、細胞分裂が活発になることで細胞から出来ている卵子の質も高まったり、妊娠中は体調を崩しやすいため、亜鉛を摂取して免疫力を高めることで妊娠中も健康に過ごすことができます。どの効果も妊活には欠かせない効果です。しかし、亜鉛などの微量ミネラルは身体に取り込みにくく、常に不足しがちな成分でもあります。そのため、妊活中は亜鉛の多い食材を使った料理を食べたり、サプリメントで亜鉛を摂取するようにしましょう。

亜鉛は性ホルモンの原料となるため女性ホルモンの分泌量アップに繋がる

亜鉛の働きのひとつに「性ホルモンの原料となり、女性ホルモンの分泌量がアップする」という効果が挙げられます。性ホルモンの材料となる亜鉛を積極的に摂取することで、女性ホルモンの分泌促進が行われます。ホルモンの分泌が充分だと、ホルモンバランスが整い、ホルモンバランスの改善に繋がります。ホルモンバランスが整っていると、生理が毎月予定通りに来たり、排卵が正常に行われたりと、女性のからだの巡りを整えることができるので、妊活をするためのタイミングを取りやすくなります。性ホルモンの分泌量が不十分だと、卵子の生成がスムーズに行われなかったり、生理不順を起こしてしまう場合があるので、妊活中に亜鉛を積極的に摂取して、ホルモンを分泌を促進することが大切です。

亜鉛はホルモンバランスの異常による排卵障害の改善に繋がる

亜鉛の働きには、性ホルモンの原料となり、女性ホルモンの分泌促進をしてくれる効果があります。女性ホルモンの分泌量が増えることで、ホルモンバランスの改善につながります。ホルモンバランスが整うことで、甲状腺の機能低下や下垂体腫瘍により起こる「中枢性の排卵障害」「卵巣機能低下」「未熟な卵胞が大量発生してしまう「多嚢胞性卵巣症候群」女性ホルモンの一種である黄体ホルモンの分泌量が減ってしまう「黄体機能不全」排卵がうまくされず、卵胞が残ってしまう「黄体化非破裂卵胞」脳下垂体から分泌されるプロラクチンという物質が過剰に分泌されてしまう「高プロラクチン血症」などの症状を緩和できるので、妊活中もそうでないときも女性は亜鉛を積極的に摂取することが大切です。

男性妊活に亜鉛が良い理由

ベビ待ちをしている男性不妊に葉酸と並んでおすすめなのが亜鉛です。

葉酸と一緒に摂取すると正常な精子が増えると言われています。

最近は男性側が原因で赤ちゃんを授からない夫婦が増えています。

「亜鉛を飲んだら妊娠した!」とはなりませんが、亜鉛の量は基本的に不足しがちですので、ぜひ、意識して取っていきたい成分の1つです。

亜鉛は精子細胞の正常な細胞分裂をサポートする

亜鉛不足から精子の妊娠する効果が減少してしまうということは、不妊の夫婦で良くあることです。

亜鉛不足にはなりますが、亜鉛を摂り過ぎるという事はまずありえません。

亜鉛の吸収量は条件や他の栄養素と一緒に飲むことで変わってきますが、一般的に30%程度で、吸収率の悪い栄養素です。

精子に限りませんが、新しい細胞をつくるために必要な必須ミネラルです。

亜鉛は性機能障害(ED)を改善する

一般的にEDになってしまうと自己治療はかなり難しいです。

しかし、亜鉛を摂取することで性力増強につながる可能性があります。

そのため精力減退になってしまったときは、亜鉛不足チェックをすると良いと思います。

亜鉛を摂取することで勃起力がアップするかもしれません。

亜鉛は、生殖機能に関わる前立腺や睾丸に多く存在している位ので、亜鉛不足症状はテストステロンの分泌量を低下させることになります。

テストステロンの分泌が減ると性欲の減退のような精神的な問題を引き起こします。

関連記事:([妊活サプリ/男性]男性不妊にはマカ・亜鉛が効果的)では、マカに豊富に含まれる亜鉛と男性不妊の関係について詳しく紹介します。

 

亜鉛の働きについて

亜鉛の働き・新陳代謝を高め細胞の正常な成長を促す

亜鉛の働きのひとつに「新陳代謝を高めて、細胞分裂を活発にする」ということが挙げられます。亜鉛を積極的に摂取することで、新陳代謝を高めることができます。新陳代謝の改善がおこなわれると、細胞内にエネルギーが発生するので細胞分裂が活発になり、新しい細胞が作られるようになります。卵子や精子も細胞から作られるため、細胞分裂か活発になることで、性細胞の正常な成長に繋がります。性細胞が正常だと、受精率や妊娠率、妊娠中の胎児の健康状態も良い状態を維持することが可能です。妊活において、健康な卵子や精子の生成は健康な受精卵を育てるために必要不可欠なものなので、亜鉛を摂取することが妊活効果を高めることに繋がります。

亜鉛の働き・味覚の調整

亜鉛は妊活中だけでなく、日頃から人体に必要な微量ミネラルのひとつです。亜鉛の働きに「味覚を調整して、正常に保つ」効果が挙げられます。下の中にある「味蕾(みらい)」という器官が機能することで、味を認識することが出来ています。この「味蕾(みらい)」を作る細胞の材料となるのが亜鉛です。「味蕾(みらい)」の細胞はほかの器官の細胞に比べて、生まれ変わるサイクルが短いため、常に材料となる亜鉛を必要としています。亜鉛は意識して摂取しないと、日頃の食生活では不足しがちな成分なので、妊活中・妊娠中や男性・女性に限らず、積極的に摂取することが大切です。また、食事だけでは亜鉛を摂取しづらいので、サプリメントなどで不足分を補うと効率よく亜鉛を体内に吸収させることができます。

亜鉛の働き・皮膚や髪の健康を保つ

亜鉛の働きのひとつには「皮膚や髪の毛の健康を保つ」効果があります。皮膚や髪の毛の主な成分はタンパク質です。亜鉛にはタンパク質の代謝を高める効果もあります。皮膚や髪の毛は短い周期で新しいものに生まれ変わっているため、亜鉛を積極的に摂取することで、新陳代謝が活発になり、十分な水分の保持がされるため、皮膚や髪の毛を常に若々しい状態に保つことが出来ます。皮膚や髪の毛を健康で若々しく保つことは、妊活には直接関係ありませんが、特に女性はいつまでも若々しい見た目でいたり、人から若く見られたいものなので、亜鉛を摂取して肌や髪を健康で若々しく保つことが、外見の自信につながります。若々しい気持ちでいることが、妊活に対する意欲にもつながるので、亜鉛を積極的に摂取して肌ツヤや髪の毛を健康にすることは大切と言えます。

亜鉛の働き・免疫力を高める

亜鉛の働きのひとつには「皮膚や髪の毛の健康を保つ」効果があります。皮膚や髪の毛の主な成分はタンパク質です。亜鉛にはタンパク質の代謝を高める効果もあります。皮膚や髪の毛は短い周期で新しいものに生まれ変わっているため、亜鉛を積極的に摂取することで、新陳代謝が活発になり、十分な水分の保持がされるため、皮膚や髪の毛を常に若々しい状態に保つことが出来ます。皮膚や髪の毛を健康で若々しく保つことは、妊活には直接関係ありませんが、特に女性はいつまでも若々しい見た目でいたり、人から若く見られたいものなので、亜鉛を摂取して肌や髪を健康で若々しく保つことが、外見の自信につながります。若々しい気持ちでいることが、妊活に対する意欲にもつながるので、亜鉛を積極的に摂取して肌ツヤや髪の毛を健康にすることは大切と言えます。

亜鉛の働き・性ホルモンの原料となる

亜鉛の働きのひとつに「性ホルモンの原料となり、ホルモン分泌量を増やす」ことが挙げられます。性ホルモンの分泌量が増えることで、ホルモンバランスが整うのでホルモンバランスの改善につながります。ホルモンバランスが整うことで、生理不順の解消や生殖機能の活性化につながります。生殖機能が活性化することで、精子細胞も卵子細胞も作られやすくなるため、健康な精子・卵子の量が増えて妊活において受精しやすくなります。受精率アップだけでなく、健康な精子・卵子で受精した受精卵は質も高くなるため、胎児の順調な成長につながります。性ホルモンの原料となる亜鉛は、妊活には欠かせない成分なので、男性も女性も積極的に摂取することで、妊活効果を高めることが出来るのです。

亜鉛の働き・精子の質を改善する

亜鉛は精子にも深くかかわる成分なので、男性とは切っても切れない重要な成分です。亜鉛の働きとして、精子の質の改善・精子の量の増加・精子の運動率の改善などの精子に良い効果が挙げられます。亜鉛は精子の材料となるため、積極的に摂取することで健康で質のいい精子が作られやすくなるのです。質の高く運動率の良い精子は卵子まで到達しやすく、受精の確率も上がります。質のいい精子と卵子で受精した受精卵は質の改善も行われるので、順調に成長していきやすく、妊娠率の上昇にもつながります。亜鉛を積極的に摂取することが、妊活・妊娠にとってとても重要なのです。亜鉛などの微量ミネラルは、摂取しても体内に吸収されにくい性質を持っているため、日々の食事を意識したり、サプリメントで補うことが大切です。

男性不妊には男性ホルモンが関係している

男性不妊には、男性ホルモンであるテストステロンが深く関係いていると言われています。

なかなかあかちゃんを授からない場合は、男性側に原因があることも少なくありません。

不妊外来クリニックなどでは、以前は、男性の精液の検査だけを行っていましたが、最近では、テストステロンの値(男性ホルモン)を検査することも多くなってきました。

テストステロンの値は加齢によって多少は減少しますが、その割合は年1~2%なので、女性のホルモンの減少に比べるとほとんど影響ないと言えます。

つまり、テストステロンの数値が低い人は、あきらかに年齢以外の問題があるということになります。

テストステロンの数値が低いということは男性ホルモンが少ないということなので、あくまで統計学的な話ですが見た目的に体毛が薄い人はその可能性を疑っても良いかもしれません。

一般に30歳ごろから減少しはじめ、年1-2%の割合で減少する。テストステロンの減少は男性更年期と呼ばれるが、女性の更年期ほどには急激にホルモン分泌は変化せず、身体や精神に与える影響も個人差が大きい。ストレスなどで急激な減少を起こすと、男性更年期障害を起こす。テストステロンの減少率は個人差が大きく、70代になっても、30代の平均値に匹敵するテストステロン値を維持している男性も多い。20代から40代でテストステロンが低い場合は、2型糖尿病、メタボリック症候群のリスクが増大すると報告されている。

引用元:Wikipedia

男性不妊の原因には、男性ホルモンが関係しています。精巣では、テストステロンというホルモンが分泌されていますが、このテストステロンの分泌量が減ってしまっている状態だと、精巣で精子を作る機能が低下してしまい精液中の精子の数が減ってしまう「乏精子症」精子の生成が行われなかったり、生成された精子が精巣から送られず、精液の中に精子が含まれていない「無精子症」いびつな精子が96%以上になってしまう「奇形精子症」精子の運動率が低い「精子無力症」など妊活を行うにあたって、妊娠率を下げる原因となる様々な症状を発症してしまう場合があります。男性ホルモンの分泌を促すことで、精巣の働きを活性化させて精子の生成量を増やしたり、生殖機能を高めることが出来るので、男性不妊の予防・改善につながります。

テストステロンは、ストレスに弱い

テストスレロンは、ストレスに弱いです。

男性は、女性に比べると日常的にストレスにさらされることが女性より多いです。

特に、妊活中は女性の場合、仕事をセーブしたり、休職することも考えられますが、男性は、妊活中であっても仕事をセーブすることはありません。

また、妊活中であっても世間はまだまだ女性のみの問題という認識が強く、職場や友人に妊活中であることを宣言してもなかなか配慮してもらえません。

結局は、できるだけストレスに強い自分になるか、リラックス効果によってストレスを軽減するしかないと思います。

妊活において亜鉛は必要不可欠な成分の一つです。精力増強・疲労回復・精子量の増加・精子の質の向上・精子の運動率アップなど、亜鉛はとくに男性に欠かせない成分と言えます。亜鉛不足は男性不妊の原因にもなってしまうため、注意が必要です。亜鉛は性ホルモンの分泌にもかかわっていて、亜鉛が不足すると男性ホルモン(テストステロン)の分泌量が低下してしまいます。男性ホルモンの一種であるテストステロンが減少してしまうと、生殖機能や性欲が弱まってしまい、男性が性欲や妊活における活力を失くしてしまう原因となります。妊活は夫婦一緒に行うものなので、女性だけでなく男性の協力も大切です。妊活中は亜鉛を積極的に摂取して、男性ホルモンの分泌量が減少しないよう心がけましょう。

GABA(ギャバ)によるストレス軽減

ギャバは、ストレスを和らげることができる成分の1つです。

体の中で作り出すことができるアミノ酸の一種で、不足することはまずないので、摂取する必要はありません。

しかし、強くストレスや継続的に緊張状態などが続くと体内のギャバが不足してしまいますので、体外から摂取する必要があります。

また、ギャバが不足し、ストレスが溜まっていくと結果としてEDを発症する男性もいます。

EDになったら治療するしかないので、そうならないためにストレスを軽減することが重要です。

ストレスを感じたら、サプリメントで効率的に摂取しましょう。

男性ホルモンの減少は別の病気を引き起こす原因にもなる

テストステロン値(男性ホルモン)が減少する事で、中高年の方に多い、心筋梗塞・脳梗塞の原因の1つとなると言われています。テストステロン値(=男性ホルモン)の減少が進むと、加齢現象である高血圧や内蔵脂肪の増加(メタボ)などの体の変化が起こり、これにより心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高まるのです。

引用:https://menshealth-md.com/testosterone/

男性不妊の原因となるEDについて

性交以前の問題として、男性がたたないといういわゆる勃起不全になることがあります。

仕事のストレスや人間関係で疲れてしまったということもあるかと思いますが、妊活が原因となって勃起不全になることもあるそうです。

男性は女性が考える以上にナイーブで神経質です。

あんなに大好きだった性行為が、妊活によって、子供をさずかるための義務的な行為になったと感じてしまう男性の少なくありません。

妊活が長期化すれば、するほどその傾向は強くなります。

ストレスをためないことが重要です。

ただし、勃起不全がストレスや疲れ出ない場合は、EDを疑った方がよいと思います。

EDは薬で治療できますので、すぐに検査のために病院に相談しましょう。

亜鉛で精力アップ

<亜鉛の1日摂取量>
年齢摂取量(mg/日)
18~29歳10
30~49歳10
50~69歳10
70歳以上9

 

厚生労働省は、成人男性の亜鉛の必要量を1日約10mgとしていますが、調査によるとほとんどの男性が不足しているとのことです。

とくに妊活中の男性はサプリによって補う必要があります。

亜鉛は、欧米ではセックスミネラルとよばれ、性欲の低下、勃起時の硬度や持続力などに大きくかかわっています。

また、亜鉛は、汗の中に多く含まれていますので、汗をたくさんかく仕事をしたり、環境にいたりする人は、体外へ排出される量が多いので、余計に亜鉛が不足しがちになります。

本来は、食事で亜鉛を取ることが良いのですが、いろいろな制限で厳しい場合は、亜鉛サプリを摂取しましょう。

妊活男性の射精障害の原因と対策について

勃起はするけどいかないというケースも妊娠の妨げになります。

基本的には、たたない男性と同様にストレスが原因であることが多いです。

女性は悪気がなく日常的に「子供がほしい」とか「今月は何日が排卵日よ」なんていう会話をしてしまうものです。

そういう日常的なプレッシャーがストレスにあってしまい男性がいかないという状況になってしまうのです。

妊娠では女性が主導権を握ってしまうことが多いのですが、旦那さんのことも少しだけでいいから気遣ってあげると良いかもしれませんね。

ただし、いかないという意味が射精しないということになると話は別です。

男性不妊の可能性があるので、病院に相談してくださいね。

ビタミンCでストレス発散

ビタミンCはステロイドホルモンをつくります。

人はストレスを感じると、副腎という場所からストレス抗ホルモンを出して乗り切ろうとします。

ストレスを受けたときに、ストレス抗ホルモンを分泌して、血液中に放出して体中に行き渡ります。

この時、ビタミンCが必要です。

ビタミンCは水溶性で溶けやすく、尿と一緒に排出されやすいので、食事で補えない分はサプリメントで摂取してください。

不妊男性の精子の運動率は低いことが多い

精子の運動率は、精液の精子がどれだけ運動しているか?という数値です。

この数値が低いと男性不妊の原因の1つになります。

勃起不全でもなく、射精もするのになかなか妊娠しない場合は、精子の運動率を疑いましょう。

現代では、ストレスや乱れた食生活、生活環境の変化から、精子数の減少・精子の運動率も20年前と比べて80%~50%にまで低下していると言われています。

引用元:http://www.yamano-life.jp/mokuteki/study/dansei-funin.htm

精子の運動率をあげるためには、生活習慣の見直しが必要です。

特に喫煙は精子の運動率を低下させることがわかっていますので、妊活中は禁煙しましょう。

また、適度な運動はストレス解消とともに、男性機能を活性化もするので無理のない範囲で行いましょう。

マカと亜鉛で精子の運動率があがる

マカと亜鉛を一緒に飲むことで精子を元気にして精子の運動率を上げることができるという口コミがありました。

ウチの場合はマカ(ヤマノ)と亜鉛のサプリでかなり運動率・奇形率が改善しました。
WHO基準で平均値以下だったのに、数ヶ月服用で標準値以上になってました。
以降、マカのみ続けてそのまま数値をキープしてましたよ。

ただ、仕事のストレスなんかも大きく関係していたと思います。
マカはもともと野菜だし、試しに飲んでみてもいいと思いますよ。

引用元:不妊治療の広場

マカは精子の運動率を上げるだけでなく、精子形成の維持、形や質の向上に効果があります。

また、亜鉛は、精子の運動を活発にするだけでなく、精子の数を増やす効果もあります。

精子の運動率を上げることは妊活中の男性にとって不可欠です。

特にマカは食事から摂取することはほぼ不可能なので、サプリメントから摂取するのが一般的です。

ビタミンB12は精子の活動率をアップさせる

精子を作るには、ビタミンB12が必要だということが世界中の研究者によって報告されています。

ビタミンB12を男性不妊の男性に1日あたり1000~6000μgを数週間飲んでもらったところ、平均で40%の精子が増え、精子の活動も向上したという報告があります。

妊活男性のセックスの回数

 

妊活中の夫婦生活について

まず始めに、妊活前に比べてセックスの回数が増えたか聞いてみました。
「はい」と回答した人が57.0% 、「いいえ」と回答した人が43.0%でした。
回数が増えたと回答した人がやや多いものの、妊活中でも特に変わらないという人が4割以上おり、「今までどおり週2~3回」という回答からも、それまでも定期的にセックスをしていたカップルは、妊活中だからといって特に回数を増やす必要はないのかもしれません。
一方、自由回答には、「お互いがシフトの仕事ため、休みが合う時などに」「遠距離なので月2回」などの意見もみられ、様々な事情で回数が限られてしまう人もいることがわかります。また、「妊活前の方が回数も多かった」「妊活前は週2~3回していたのに、妊娠を意識してからは、排卵日周辺でしかしなくなった」など、妊活を始めたことで、かえって回数が減ってしまったという回答もありました。

引用:ルナルナ

女性のカラダと心の健康サイトルナルナによると妊活前に比べて性行為が劇的に増えたという人は実はあまり増えていません。

やや増えただけという印象です。

妊活以前であってもセックスの回数がある程度ある夫婦は妊活中だからと言って回数は増えないのでしょう。

また、排卵日付近のみでしかセックスをしなくなってしまいかえって回数が減ってしまったという夫婦もいるそうです。

 

妊活中の夫婦生活について

また、妊活中のセックスの回数は月3~4回というデータがありますが、妊活中のセックスの回数について満足している女性は約6割でした。

この6割を満足と思うか、足りないと思うのかは個人の自由ですが、妊活を希望する女性にとっては、妊活中はセックスの回数を増やしたいと思っているようですね。

引用元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000262.000002943.html

頭では夫婦の協力が必要とわかっていても、忙しかったり疲れてしまったりして実際にはネットで少し検索するようなケースも多いです。

これでは、女性側の精神的な負担が増えるばかりです。

不妊治療に頑張っている女性も旦那が他人事で傷つき、離婚を考えてしまう女性もいるようです。

妊活疲れ離婚というそうです。

そうならないために、夫婦で日ごろから話あい、助け合って妊活しましょう。

 

亜鉛不足の症状について

亜鉛は身体にとって必要不可欠な微量ミネラルのひとつです。もし亜鉛が慢性的に不足した場合、亜鉛不足の症状として「性機能の低下」「性成熟の遅延」「味覚障害」「脱毛」「肌荒れ」「免疫力の低下」「貧血」などが挙げられます。亜鉛は生殖機能を助けたり、成熟を促したり、精子を作ったり、性欲を高めてくれたり、味覚細胞の材料となったり、髪の毛や皮膚の材料となったり、血液を作る助けをしたり、免疫力を高めてくれたり、人体の様々な器官や機能にとって欠かせない成分です。亜鉛は必須成分ですが、体内に吸収されにくい成分でもあります。亜鉛が不足すると、人体に様々な不調や悪影響が出てしまうため、亜鉛の豊富な食材を摂取したり、サプリメントで補うことが大切です。

亜鉛不足の症状・性機能低下

亜鉛は生殖機能にも深くかかわる成分です。亜鉛には、精力を高めてくれる効果があり、妊活にたいしての意欲を高めるのに役立ちます。亜鉛が不足していると、性機能が低下して、ED (勃起不全)などの症状があらわれたり、性欲自体が低下してしまう場合があります。性機能の低下は男性の性への自信・意欲を損なうものなので、夫婦一緒に行う妊活において深刻な問題と言えます。また、妊活相手である女性に対しても、不安にさせたり、自信を失わせてしまう可能性もあります。そうならないためにも、日ごろから亜鉛を積極的に摂取することで、性機能の低下を防ぎ、男性としての自信を保つことが大切です。また、亜鉛は不足しやすい成分なので、亜鉛サプリなどで1日の推奨量をきちんと摂取することで、亜鉛不足を改善することも大切です。

亜鉛不足の症状・生成熟の遅延

亜鉛は人体にとって必要不可欠な成分で、人体の様々な器官で必要になります。また、女性も男性も亜鉛を摂取することで妊活において、良い効果をたくさん得ることが出来るので、積極的に摂取したい成分です。また、亜鉛は成人だけでなく、成長期にも必要で、十分な量を摂取することで性機能・生殖機能の成長・成熟を促してくれます。もし、この時期に亜鉛が不足していて性成熟が遅延してしまうと、生殖機能が十分に発達しないため、不妊の原因になったり、精子や卵子の生成に支障をきたしてしまう場合があります。妊活・受精・妊娠には健康な精子と健康な卵子が必要不可欠です。健康な卵子・精子で受精した受精卵も質が良くなるため、受精後も順調に胎児が成長できるのです。成長期から亜鉛を必要量摂取することが大切です。

亜鉛不足の症状・味覚障害

亜鉛には「味覚を正常に保つ」効果があります。亜鉛不足の状態が続くと、食事などで食べ物を口に入れたときに、正しい味がわからなくなってしまう、味覚障害の症状が現れる可能性があります。味覚が正常に働かないと、料理本来の味やおいしさを感じられず、食事に対する意欲が薄れてしまい、食事量が減ってしまう可能性があります。その結果、食事量の減少とともに亜鉛以外の栄養素も不足してしまう可能性があります。また、味覚は身体の安全のためにも必要不可欠なものです。もし、口にした食べ物が痛んだり・腐敗していたり、人体に悪影響のあるものだったとした時、味覚が正常なら味の異変に気付きすぐに吐き出したり、食べるのを中断することが出来ますが、味覚障害で味がわからなくなってしまっていると、傷んだ食べ物でもそのまま食べ続けてしまい、体調不良や病気になってしまうかもしれません。日ごろから亜鉛を積極的に摂取することで、正常な味覚を維持し、食事・食べ物本来の味を感じることが出来るのです。

亜鉛不足の症状・脱毛

亜鉛の働きのひとつには「皮膚や髪の毛の健康を保つ」効果があります。皮膚や髪の毛の主な成分はタンパク質で、亜鉛にはタンパク質の代謝を高める効果もあります。髪の毛や皮膚は常に新しいものが生成されていくため、大量のたんぱく質が必要になります。そのため、亜鉛によってたんぱく質の代謝が高まることで、髪の毛や皮膚の生成サイクルが高まり、新しい皮膚や髪の毛がスムーズに作られます。もし、亜鉛が不足してしまった場合に現れる症状として、たんぱく質の代謝が悪くなり、新しい髪の毛が作られず、脱毛して髪の毛の量が少なくなってしてしまう可能性があります。薄毛などの髪の毛の悩みは多くの男性が抱えているものです。亜鉛を摂取することで、脱毛を予防できるので、日ごろから亜鉛を積極的に摂取することが大切です。

亜鉛不足の症状・貧血

血液中に存在するヘモグロビンの材料として、鉄分は必要不可欠です。鉄分が不足すると十分なヘモグロビンが作られず、「鉄欠乏性貧血」になってしまいます。亜鉛も鉄分と同じくらい血液には重要な成分で、亜鉛も不足すると「亜鉛欠乏性貧血」という赤血球の数が減ってしまう貧血となってしまいます。貧血でたちくらみやめまいの症状が出るだけでなく、疲れやすかったり免疫力の低下などの症状も起こることがあります。「亜鉛欠乏性貧血」になることで、味覚障害や肌荒れなどの症状も起こるため注意が必要です。「亜鉛欠乏性貧血」は「スポーツ貧血」とも呼ばれ、運動をする人に起こりやすい症状です。亜鉛は体内に吸収されにくいミネラルなので、日々の食生活で意識して摂取することが大切です。

亜鉛不足の症状・免疫力低下

亜鉛は身体内に侵入した細菌やウイルスを排除してくれる白血球の材料にもなる成分です。十分な量の亜鉛を摂取することで、白血球が作られるので、病気に強い身体を作ることができます。もし、亜鉛不足になってしまうと免疫力が低下してしまい、風邪や病気などの症状になりやすくなってしまいます。日頃の生活も、妊活でも丈夫な身体でいることが大切です。とくに、妊活中・妊娠中に風邪や病気にかかってしまうと、母体である女性だけでなく、おなかの中の胎児にも悪影響が出てしまう可能性があります。体調不良で十分な食事がとれず、胎児にも栄養が十分にいきわたらなかったり、重い病気が胎児にも影響して障害のリスクが高まったり、未熟児で早産になってしまう可能性もあります。免疫力を高めて、身体を健康に保つことは自分自身の身も、赤ちゃんも守ることにつながります。

亜鉛以外に男性妊活に必要な栄養素

亜鉛は精力を高めたり、生殖機能の働きを高めたり、精子の材料となる成分なので、男性には欠かせない成分です。しかし、男性妊活には亜鉛だけを過不足なく摂取しておけば言い訳ではありません。男性妊活には、亜鉛以外にも、ビタミンE、ビタミンC、コエンザイムQ10、セレン、ナイアシン、マカ、アルギニンなどの栄養素が必要です。どの成分も亜鉛と同じくらい大切な栄養素で、身体の機能や生殖機能を高めることが出来るので各栄養素を推奨量をバランスよく摂取することが大切です。妊活の際に、サプリメントなどで栄養素を補う場合は、成分表をチェックしてこれらの成分が「すべて配合されているか」「バランスよく配合されているか」チェックして適したものを選ぶようにしましょう。

男性妊活に効果的な成分・ビタミンE(抗酸化物質)

ビタミンEは抗酸化作用のある栄養素なので、男性妊活において必須栄養素の一つです。細胞内に活性酸素がたまると、細胞は老化していきます。この活性酸素を除去して、細胞を若々しく保つのにビタミンEは欠かせない栄養素なのです。精子も細胞から出来ているため、細胞が酸化してしまうと、精子の酸化・老化につながります。老化して衰えた精子は運動率が悪く、受精率を下げる原因となってしまいます。日ごろから、ビタミンEを多く含まれる食材を使って食事をしたり、ビタミンEが配合されている妊活サプリメントを摂取するなどしてビタミンEを積極的に摂取することで、細胞の老化を予防することが出来るのです。男性妊活には、元気で健康な質のいい精子が必要不可欠です。精子だけでなく、ビタミンEの抗酸化作用で身体全体の老化を予防することで若々しく元気な身体で妊活を行うことが出来ます。

男性妊活に効果的な成分・ビタミンC(ビタミンEのサポート成分)

ビタミンEは抗酸化作用のある栄養素なので、男性妊活において必須栄養素の一つです。細胞内に活性酸素がたまると、細胞は老化していきます。この活性酸素を除去して、細胞を若々しく保つのにビタミンEは欠かせない栄養素なのです。精子も細胞から出来ているため、細胞が酸化してしまうと、精子の酸化・老化につながります。老化して衰えた精子は運動率が悪く、受精率を下げる原因となってしまいます。日ごろから、ビタミンEを多く含まれる食材を使って食事をしたり、ビタミンEが配合されている妊活サプリメントを摂取するなどしてビタミンEを積極的に摂取することで、細胞の老化を予防することが出来るのです。男性妊活には、元気で健康な質のいい精子が必要不可欠です。精子だけでなく、ビタミンEの抗酸化作用で身体全体の老化を予防することで若々しく元気な身体で妊活を行うことが出来ます。

男性妊活に効果的な成分・コエンザイムQ10

男性妊活には亜鉛だけでなく、様々な栄養素が必要不可欠です。妊活必須栄養素のなかのひとつ、コエンザイムQ10には、エネルギーを生成して疲労回復に効果があったり、体内で抗酸化物質を作り出し、活性酸素を抑制する働きがあります。活性酸素は、体内で細胞を酸化させて、細胞を老化させてしまうため、身体を若々しく保つには、活性酸素を除去する必要があります。コエンザイムQ10を摂取することで、活性酸素の働きをおさえ細胞の老化を防止することができます。精子も細胞から出来ているので、活性酸素により老化していきます。精子の老化は運動率の低下や、精子自体の質の低下を招いてしまうため、コエンザイムQ 10を摂取することで、精子の老化防止を行い若々しい精子で妊活をすることができます。

[妊活男性サプリ/亜鉛]亜鉛サプリを選ぶポイントと注意点

男性妊活を行う際に、日々の食生活だけでは妊活に必要なすべての栄養素をバランスよく摂取することは難しいといえます。意識していたとしても、食事だけで栄養素を摂取しようとした場合、栄養素が調理の過程で失われてしまったり、摂取しても吸収できない分は体外に排出されてしまったりするからです。そのため、食事だけでは補いにくい妊活必須栄養素を妊活サプリで補うことは大切です。特に、亜鉛は精子の材料となる成分です。積極的に摂取することで、ホルモンバランスを整えたり、免疫力を高めてくれたり、精子の量の増量・精子の質の向上・運動率アップなどの効果があります。妊活サプリ・亜鉛サプリを選び方として、1日に必要な推奨量の亜鉛が配合されているものを選ぶようにしましょう。

亜鉛サプリの選び方・亜鉛の含有量をチェックしよう

亜鉛サプリを妊活サプリとして利用する場合の選び方のポイントとして「亜鉛がどれくらい配合されているか?」パッケージなどの成分表をチェックして、亜鉛の含有量を確かめることが大切です。亜鉛は1日に摂取すべき推奨量が定められています。亜鉛は摂取量が多すぎても、過剰摂取で身体に悪影響があらわれたり、逆に摂取量が少なくても、身体機能に支障をきたす場合があるため、1日の推奨量を守ることが大切です。サプリメントで補う場合、食事でもある程度の量の亜鉛を摂取しているため、含有量が多いと亜鉛をとりすぎてしまう可能性があります。亜鉛がどれくらいの量配合されているかをキッチリ調べることは身体を健康に維持したり、妊活をスムーズにおこなうために大切なことなのです。

亜鉛サプリの選び方・亜鉛の原材料をチェックしよう

亜鉛は身体に欠かせない成分ですが、食事だけでは1日の推奨量を摂取しにくい成分でもあります。そのため、亜鉛サプリなどのサプリメントで亜鉛を補うことは効果的です。亜鉛サプリを利用する際の選び方のポイントとして、成分表やパッケージなどの表示を確認して、原材料をチェックするようにしましょう。亜鉛は、吸収率の悪いミネラルですが、サプリメントなどに配合されている亜鉛は、身体に吸収しやすいように考えられた「グルコン酸亜鉛」が配合されている場合もあるため、この吸収されやすい「グルコン酸亜鉛」が配合されたものを選ぶことで効率よく亜鉛を摂取することが出来ます。また、亜鉛はビタミンCと一緒に摂取することで、吸収率がアップするため、亜鉛とビタミンCが一緒に配合されているものを選ぶこともおすすめです。

亜鉛サプリの選び方・亜鉛の吸収率をアップする成分の有無をチェックしよう

亜鉛サプリの選び方のポイントのひとつとして、亜鉛の吸収率をアップさせる成分の有無をチェックしましょう。亜鉛は身体の機能や器官に欠かせない成分です。妊活においても、精子のもととなったり、ホルモンバランスを整えてくれたりと良い効果をもたらすため、積極的に摂取したい成分です。しかし、亜鉛などの微量ミネラルは食事などで摂取しても身体に吸収されにくい性質を持っています。そこで、亜鉛の吸収率をアップさせる成分と一緒に摂取することで、効率よく亜鉛を取るこむことが出来るのです。たんぱく質やビタミンC・ビタミンAは亜鉛の吸収率を高めるサポートをしてくれる成分なので、これらの成分が配合されているサプリメントを選ぶことをお勧めします。

亜鉛サプリの選び方・無添加で安全性の高いものを選ぼう

亜鉛サプリの選び方のポイントの一つとして「無添加で安全性が高いものを選ぶ」ことが大切です。サプリメントは医薬品ではないため、即効性はありません。効果が表れるまでには、3か月ほど毎日継続して飲み続ける必要があります。毎日、飲み続けるものなので、添加物など化学物質や発がん性のある成分が含まれているものは安全性に疑問が残ります。人体に悪影響を及ぼす可能性がある成分が含まれていた場合、たとえその成分がごくごく微量であったとしても、毎日飲み続けることで体内に蓄積されて、あとから病気や症状が現れる可能性があるからです。毎日飲み続けるものだからこそ、安全性を考えて無添加と表示されているサプリメントを選ぶようにしましょう。

亜鉛サプリの選び方・続けやすい料金のものを選ぼう

亜鉛サプリの選び方のポイントとして「続けやすい商品・コスパのいい商品を選ぶ」ことが大切です。サプリメントは医薬品と違い、即効性はなく継続して飲み続けて初めて効果があらわれます。効果を実感んするためには、最低でも3ヶ月程度は飲み続ける必要があります。飲み続けなければならないため、当然飲み続ける期間の分だけサプリメントを購入し続ける必要があります。単純に計算しても、サプリメントを服用し続ければし続けるだけ、その分コストもかかります。サプリメントの中に含まれている成分や添加物の有無・含有量などをチェックすることも大切ですが、商品の料金が安ければ安いほど服用する期間が長期間になっても続けやすいため、サプリメントを選ぶ際はコストパフォーマンスも考えて購入することが大切です。

マカに含まれる精子の質を改善する成分・亜鉛

マカに含まれる成分には、亜鉛・鉄分・カルシウム・たんぱく質などのミネラルや、必須アミノ酸を豊富に含んでいます。中でも微量ミネラルである亜鉛は、生殖機能の働きを高めたり、ホルモンバランスを整えて不妊症の改善に効果があったり、精子の材料となる成分です。精子の材料なので、亜鉛を摂取すると精巣内での精子の生成が活発になるため、新しい精子が作られるサイクルが早くなります。新しい精子がどんどん作られていくので、精子の質を改善させることにも繋がります。受精率をアップさせて、健康的赤ちゃんを出産するためには、健康な精子や健康な卵子が必要不可欠なので、男性にとって亜鉛を積極的に摂取して精子の質を高めることは大切です。

マカに含まれる精子の質を改善する成分・アルギニン

マカはペルー原産の植物で、亜鉛を始め、鉄分・カルシウムなどのミネラル成分や、人間に必要な必須アミノ酸を豊富に含んでいるため、妊活に適した成分です。マカに含まれる成分で、アミノ酸の一種である「アルギニン」は男性の活力の源となる成分で、市販されているエナジードリンクなどにも配合されたりしています。「アルギニン」は男性妊活にも重要なアミノ酸で、活力を得られるだけでなく、精子の質も改善してくれる効果があります。健康で元気な精子が増えると、精子が卵子までたどり着く確率が上がり、受精率がアップします。また、受精卵の質も高まるため、胎児が健康な状態で順調に成長することもできます。「アルギニン」は男性妊活に適したアミノ酸なので、妊活中に積極的に取り入れることで、妊娠率アップに繋がります。

マカに含まれる精子の質を改善する成分・シトルリン

マカに含まれている成分で、アミノ酸の一種である「シトルリン」には血流の流れをよくする効果があるため、活力の源となるアミノ酸です。また、体内で発生して細胞を酸化・老化させてしまう活性酸素を分解してくれる効果もあるため、アンチエイジングにも適したアミノ酸なのです。「シトルリン」は体内に取り込まれると同じアミノ酸である「アルギニン」にも変換されます。「アルギニン」の量が増えることで、精子の質の改善にもなるため「シトルリン」男性妊活にも適したアミノ酸です。血流をよくして身体を若々しく保つことは、妊活において重要なことなので「シトルリン」も妊活に欠かせないアミノ酸と言えます。シトルリンは食事だけでは1日に必要な推奨量を摂取するのは難しいため、サプリメントなどで不足分を補うことは効果的です。

マカに含まれる精子の質を改善する成分・セレン

マカは亜鉛や鉄分・カルシウムなどの成分を豊富に含んだ植物で、妊活に適しています。また、必須アミノ酸の量も豊富です。マカに含まれる成分の一つ、アミノ酸の「セレン」は身体に欠かせないアミノ酸のひとつです。「セレン」には抗酸化作用があり、体内の活性酸素を除去して、細胞の老化を防いでくれる効果があります。また、ビタミンEと一緒に摂取することで感染症予防の抗体を作る働きがあったり、免疫力を高めてくれる効果もあるアミノ酸です。また、「セレン」は精子にも欠かせない成分で、積極的に摂取することで精子の質の改善をすることができるので、男性妊活には欠かせない成分と言えます。そのため、サプリメントなどでセレンを補うことはとても効果的と言えます。

亜鉛サプリを摂取するときの注意点・亜鉛の過剰摂取に注意

亜鉛は身体には欠かせない微量ミネラルの一種です。滋養強壮、疲労回復、精力増強、免疫力の向上などの効果や、男性の精子の材料となり、質がよくて元気な精子を作る効果があったり、ホルモンバランスを整えてくれるので、不妊症や生理不順などの改善にも効果があるので、男性も女性も積極的に摂取したい成分です。亜鉛などの微量ミネラルは体内に吸収されにくい成分なので、普段の食生活だけでは意識して摂取しない限り不足しがちな成分でもあります。そのため、妊活中などとくに亜鉛を必要とする場合には、亜鉛サプリなどで亜鉛を補うことも効果的です。しかし、サプリメントを活用するときの注意点として、1日の推奨量を越えないようにすることが大切です。亜鉛に限らず、身体に必要な栄養素や成分は不足しても健康を損なったり、身体機能が上手く機能しなくなる場合がありますが、過剰摂取してしまった場合も身体に悪影響を及ぼす可能性があるからです。サプリメントを使用する場合は、亜鉛の含有量がどれくらい配合されているか量を確認して、1日の推奨量を越えないように気をつけましょう。

亜鉛の過剰摂取の症状・吐き気、嘔吐、腹痛などの胃腸障害

亜鉛は身体に欠かせない成分ですが、摂りすぎてしまっても身体に悪影響や良くない症状が表れてしまいます。亜鉛の過剰摂取の症状としてあげられるのは「吐き気」「嘔吐」「腹痛」「胃腸障害」などがあります。亜鉛は身体に吸収されにくいミネラルなので、普段の食事だけでは不足しがちです。妊活でもホルモンバランスを整えてくれたり、精子の材料となったり、性欲を高めてくれたりと必要不可欠な成分なので積極的に摂取したいため、サプリメントなどで不足分を補うことはとても効果的です。しかし、亜鉛は1日に必要な摂取量が男性と女性で定められています。1日の推奨量は、男性は11㎎・女性は9㎎です。サプリメントなどに配合されている亜鉛は吸収率を高めてあるものもあるため、必要以上に亜鉛を摂取しないように、亜鉛の配合量をチェックすることも大切です。

亜鉛の過剰摂取の症状・腰痛

亜鉛は1日に摂取すべき摂取量が男性は11㎎・女性は9㎎と定められています。また、1日の上限もあり30㎎が目安とされています。年齢や性別で差はありますが、30㎎以上の亜鉛を摂取し続けると、亜鉛の過剰摂取により人体に悪影響が表れる場合があり、そのひとつが腰痛です。腰痛はその名の通り、腰に耐えがたい痛みの走る身体のトラブルです。一度なってしまうと、慢性的に腰痛を患ってしまう可能性もあります。亜鉛を摂取しすぎると、腰痛になってしまうリスクも高まるため、注意が必要です。亜鉛は身体に欠かせない成分です。同時に、吸収されにくく体内に取り込みにくい成分でもあります。妊活中などに、亜鉛サプリなどで不足しがちな亜鉛を摂取することは大切ですが、サプリメントに頼りすぎて、1日の上限を超えてしまうような量の亜鉛を摂取してしまうと、腰痛など身体に負担がかかってしまうことがあるので気をつけましょう。

亜鉛の過剰摂取の症状・低血圧

亜鉛は身体に欠かせない微量ミネラルの一つです。ホルモンバランスの調整や、生殖機能の発達・機能向上、精子の生成・質の改善・運動率のアップなど男性にも女性にも欠かせない成分です。そのほかにも、味覚を正常に保ってくれたり、免疫力を高めてくれたり、皮膚や髪の毛の材料だったりと、人体の様々な部分で必要になってきます。亜鉛は摂取しても、吸収されにくい成分なので、亜鉛サプリなどで不足分を補うことは大切です。ただし、亜鉛サプリと妊活サプリの併用や、サプリメントの用法・用量を守らずに摂取してしまうと1日の摂取量の上限を超えてしまう可能性があります。亜鉛の過剰摂取によって引き起こされる症状には、低血圧があります。亜鉛の過剰摂取により、ほかの栄養素の吸収や効果が阻害されてしまい、栄養不足により血液が作られず、血圧が下がってしまう可能性があります。亜鉛は日々健康で過ごすために必要ですが、亜鉛以外の栄養素ももちろん大切なので、すべての栄養素をバランスよく摂取することが必要です。

亜鉛の過剰摂取を防ぐために妊活サプリの併用は避けましょう

亜鉛を過剰摂取してしまうと「腹痛」「吐き気」「めまい」「嘔吐」「免疫力の低下」などの症状を引き起こしてしまう場合があります。亜鉛などの微量ミネラルは摂取しても、吸収されにくい性質を持っているため、日々の食事だけで1日の摂取量の上限を超えることは、まずありません。しかし、妊活などで亜鉛サプリや妊活サプリを活用している場合、サプリメントに配合されている亜鉛は吸収率が通常の亜鉛よりもいい場合があるため、摂りすぎに注意が必要です。また、サプリメントの注意点として、亜鉛サプリ・妊活サプリの併用は避けるようにしましょう。亜鉛は妊活にも役立つ様々な効果があるため、妊活サプリにも配合されている場合があります。亜鉛サプリなどと併用してしまうと、1日の摂取量の上限を簡単に超えてしまう場合があるため、どちらかのサプリの使用を中断することが好ましいといえます。

亜鉛サプリを摂取するときの注意点・薬との併用は要注意

亜鉛サプリで亜鉛を摂取する場合の飲み方の注意点として「薬との併用」には注意が必要です。サプリメント自体は健康食品扱いなので、用法・容量を守っていれば人体に副作用の出るような成分は入っていないため、気軽に飲むことが出来ます。しかし、亜鉛サプリを服用中に病気の治療などで薬を併用する場合や、すでにくするを飲んでいて亜鉛サプリを飲み始める場合には飲み合わせによっては、互いの成分の効果を半減させてしまうこともあるので注意が必要です。薬との併用をする場合は、薬を飲み終わるまでは服用を控えたり、かかりつけの医師に相談したり、薬が吸収されて飲んでも問題ない時間帯にサプリの服用をずらすなどの飲み方を考える必要があります。

ペニシラミン(リウマチ薬)との併用はNG

亜鉛サプリを飲み際の注意点として「薬との併用には注意が必要なことがある」というものがあります。特にペニシラミン(リウマチ薬)との併用は禁忌です。リウマチ薬は関節リウマチの治療薬で、リウマチによる症状の緩和・改善に用いられます。関節リウマチは、身体内の免疫が異常をきたし、関節や骨を外的とみなして攻撃し、関節に腫れや痛みを伴う疾患です。ペニシラミンにはこの免疫状態を改善する効果がありますが、この時に亜鉛サプリなどで亜鉛を摂取してしまった場合、亜鉛には免疫力を高める効果があるため、逆効果となってしまいます。ペニシラミン(リウマチ薬)を使用する場合は、亜鉛サプリの服用を避けたり、治療が完了するまで服用してはいけません。

アプレゾリン(降圧剤)との併用はNG

亜鉛サプリは、サプリメントなので薬との併用・飲み合わせは基本的には問題ありませんが、アプレソリン(降圧剤)との併用は禁忌です。アプレゾリン(降圧剤)は、高血圧の治療薬として使用され、血圧を下げる効果があります。それと同時に副作用で、亜鉛を体外に尿と一緒に排出しやすくする効果もあるため、亜鉛を効率よく吸収することが出来ません。亜鉛サプリと一緒に摂取してしまっても、亜鉛を吸収できず、サプリメントを活用する意味がなくなってしまうため注意が必要です。また、降圧剤には性欲の減退や、勃起不全などを引き起こす恐れもあり、男性妊活においてはマイナスの効果の大きい医薬品とも言えます。降圧剤を服用する場合は、亜鉛サプリの服用を控えたり、かかりつけの医師に相談するなどの対策が必要です。

亜鉛サプリを飲むタイミング・食前は吸収率が悪いから食後の摂取がおすすめ

亜鉛サプリなどのサプリメントは健康食品なので、医薬品のように食後・食前など決まった時間に飲まなければならないなどの飲み方に決まりはありません。朝起きた直後や、就寝前など飲むタイミングは服用する人の好きなタイミングで大丈夫です。ただし、飲むタイミングは自由ですが、吸収率のよいタイミングはあるため呑むタイミングをきちんと決めたほうが効果的です。サプリメントも体内に吸収されるものなので、食前は胃や腸の働きが鈍い食前は吸収率が低いため、胃腸の活動が盛んになる、食後の摂取がおすすめです。食後30分前後にサプリメントを摂取することで、食事の栄養素と一緒にサプリの成分も吸収され、効果を最大限得ることが出来るからです。

亜鉛サプリを飲むタイミング・空腹時は胃腸に負担がかかるから避けよう

亜鉛サプリなどのサプリメントを飲む場合、飲むタイミングは決まっておらず飲み方は自由です。自分の好きな時間帯、飲みやすい時間にのむことが可能です。ただし、サプリメントも体内に取り込むものなので、吸収されやすい効率のいい時間や、逆に吸収されにくかったり、身体に負担をかけてしまう時間もあります。特に、空腹時は胃腸に負担がかかってしまうので避けたほうが良いでしょう。空腹時でもサプリメントを服用することはできますが、サプリメントだけを服用しても胃は消化液を出してしまうため、ほぼ空っぽの状態の胃に胃液を分泌してしまうことになり、胃に負担がかかってしまうのです。サプリメントは胃腸に負担をかけにくい食後に服用することをおすすめします。また、胃腸に負担がかからないだけでなく、食後に摂取することで、サプリメントの成分を食事の栄養と一緒に効率よく摂取することが出来るからです。

 

[妊活男性サプリ/亜鉛]日本産マカに含まれるアミノ酸・ミネラルの妊活効果について

マカサプリや妊活サプリを利用して男性妊活を行う場合、日本産マカを使用しているサプリは成分が豊富に含まれているためおすすめです。日本産マカはペルー産のマカよりも亜鉛・鉄分・カルシウムなどのミネラルや必須アミノ酸が豊富に含まれています。マカに含まれている成分は、どの成分も妊活には欠かせない成分なのです。ペルー産マカを使用しているマカサプリや妊活サプリもあり、値段も安い場合がありますが、ペルー産マカは輸入品で品質に不安があったり、栄養価が低かったり安定しないものが多いためおすすめできません。日本産マカは高品質で、日本産のため安全性も高く、栄養素も豊富なので、日本産マカを使用している妊活サプリはおすすめです。

日本産マカ・ペルー産マカに含まれるアミノ酸含有量(マカ粉末100g)

項目日本産マカ(粉末100g)ペルー産マカ(粉末100g)
アスパラギン酸1050mg670mg
スレオニン460mg
セリン470mg330mg
グルタミン酸2200mg730mg
グリシン360mg350mg
アラニン460mg390mg
バリン560mg390mg
システィン160mg
トリプトファン100mg
メチオニン120mg110mg
イソロイシン320mg280mg
ロイシン450mg450mg
チロシン230mg200mg
フェニルアラニン310mg290mg
ギャバ262mg
ヒスチジン290mg190mg
リジン540mg310mg
アルギニン2560mg610mg
ブロリン5850mg2490mg

マカは妊活に欠かせない栄養素が豊富に含まれたペルー原産の植物です。マカはアミノ酸やミネラルなどが豊富に含まれていて、妊活に最適なものなので、マカサプリや妊活サプリに配合されています。最近では日本でも栽培されている日本産マカを使用したマカサプリや妊活サプリも存在しています。日本産マカはペルー産のマカに比べて品質が良く、日本で栽培されているので安心できます。二つのマカのいちばんの違いは含まれている成分の含有量です。日本産マカは、ペルー産のマカに比べて含まれているアミノ酸やミネラルの数・量が豊富なのが特徴です。妊活サプリ・マカサプリを選ぶ際は、ペルー産マカ使用のサプリメントよりも、日本産マカを使用したサプリメントを購入することをおすすめします。

日本産マカのミネラル含有量とミネラルの1日必要量(マカ粉末100g)

項目日本産マカ(粉末100g)1日必要量(推奨量)
ナトリウム39.7mg男性8.0g(食塩相当)

女性7.0g(食塩相当)

マンガン0.69mg男性4.0mg

女性3.5mg

上限11mg(男女とも)

カルシウム312mg男性650mg

女性650mg

上限2500mg(男女とも)

マグネシウム94.3mg男性370mg

女性290mg

鉄分3.26mg男性7.5mg

女性(月経なし)6.5mg

女性(月経あり)10.5mg

上限50mg(男性)

上限40mg(女性)

亜鉛2.53mg男性10mg

女性8mg

上限45mg(男性)

上限35mg(女性)

リン397mg男性1000mg

女性800mg

上限3000mg(男女とも)

0.67mg男性1.0mg

女性0.8mg

上限10mg(男女とも)

引用元:http://macajapan.com/?page=menu4

マカはペルー原産の植物で、根っこの部分にたくさんの栄養素が詰まっています。亜鉛・鉄分・カルシウム・リン・銅などの妊活必須成分を多数含んでいることから、マカサプリや妊活サプリに配合されることが多く、妊活に適した植物と言えます。マカはペルー原産なので、ペルーでの栽培が盛んですが、日本でも日本産マカを栽培しています。日本産マカはペルー産マカに比べて、含まれている成分が豊富です。また、日本人が1日に摂取すべきミネラル1日推奨量と比較しても、日本産のマカ100㎎に含まれるミネラル含有量は、1日必要量のミネラルを十分補える量が含まれています。ペルー産のマカは日本産のマカに比べて、栄養素のバランスが悪かったり、品質自体が悪いものもあるためおすすめできません。マカサプリ・妊活サプリを利用する際は、日本産マカが配合されているものを選ぶようにしましょう。

マカの妊活効果・強壮効果

マカはペルー原産の植物で、根の部分に妊活には欠かせない成分が多数含まれています。また、マカサプリなどでマカを摂取することにより、滋養強壮効果を得ることが出来ます。マカの滋養強壮効果は、サプリメントだけでなく、栄養ドリンクなどにも使用されるほど有名で、効果も科学的に実証されて根拠・効果があります。マカの滋養強壮効果で、身体の疲労を回復したり、身体全体に栄養をいきわたらせることで、健康で活力ある身体を手に入れることが出来ます。妊活も大切ですが、男性も女性もまずは自分が健康でなければ、妊活にも取り組めなかったり、効果が表れなかったり、支障をきたしてしまうかもしれません。任克サプリにもマカが配合されているものがあるため、マカを摂取することで、自分の身体をいたわりながら、妊活にも取り組むことが出来ます。

マカの妊活効果・性欲増強効果

マカを摂取すると、妊活に適した様々な効果を得ることが出来るので、認傘に最適な成分と言えます。そのなかの一つの効果に「性欲増強効果」があります。年齢を重ねるごとに、女性も男性も、個人差はありますが性欲は減退していきます。妊活は継続して行うことが大切ですが、性欲が弱くなって夫婦の営みの回数自体が減ってしまったり、パートナーに対する性の意欲が衰えてしまうと妊活にも支障をきたす場合があります。マカを摂取することで、性欲が高まるので、営みの回数が増えたり、積極的に妊活を行う手助けとなります。「性欲増強効果」だけでなく、マカには疲労回復効果や滋養強壮効果・勃起障害の改善など妊活の手助けとなる効果が多いので、妊活中は男性も女性も積極的にマカを摂取するようにしましょう。

マカの妊活効果・勃起障害の改善効果

マカには様々な妊活効果があり「勃起障害の改善」もそのひとつです。マカを積極的に摂取することで、勃起力を高めることが出来るので、勃起不全などに悩む男性の強い味方と言え、男性妊活に適しています。妊活は夫婦で行うものなので、男性器が機能しないと妊活そのものを行うことが出来なかったり、男性の自信をそこなってしまう可能性もあります。マカには「勃起障害の改善」以外にも「滋養強壮効果」や「精力増強効果」など妊活に適した効果を持っています。マカを摂取することで、勃起障害を改善しながら性欲も高めることができるので、妊活に対する活力を得ることが出来るのです。妊活中は、マカサプリや妊活サプリなど、マカの配合されたサプリメントを積極的に活用することで、妊活をッ効率よく行うことが出来ます。

マカの妊活効果・生理不順の改善効果

マカには「勃起障害の改善」「精力増強」など男性の活力の手助けとなる効果がありますが、男性だけでなく、女性が摂取しても妊活に適した効果を得ることが出来ます。マカには「ホルモンバランスの改善」をしてくれる効果があり、生理不順や不妊症の改善に役立ちます。マカには「エストロゲン」「プロゲステロン」などの女性ホルモンと似た作用を持っているため、女性が摂取することでホルモンバランスを整えるのに期待が出来ます。ホルモンバランスの乱れは、生理不順や不妊症だけでなく、肌荒れや便秘・冷え性など身体に悪影響を及ぼすため、妊活で体の調子を整えるだけでなく、日々の生活を健康に過ごすためにもホルモンバランスの改善はとても重要です。女性もマカを摂取して、身体の巡りを整えることが大切です。

マカの妊活効果を実感するまでには最低3か月は必要

マカには、男性も女性にも適した多くの妊活効果のある成分です。ただし、医薬品ではなく健康食品扱いのため、即効性はありません。効果を実感するには、毎日同じ量を継続して飲み続ける必要があります。マカの効果を実感するのには個人差があり、飲む期間は決まっていませんが、最低3か月は飲み続けたほうがいいでしょう。体内の組織・細胞などは1度に生まれ変わるわけではなく、順番に生まれ変わっています。また、新しい細胞が出来るのには90日程度かかるといわれているため、マカを摂取して効果を実感するためにも3か月という目安が必要なのです。3か月飲み続けるのは、購入代金のコストもその分かかり、夫婦で妊活のために飲んだ場合、すぐに効果を実感できず不安になるかもしれませんが、継続することが大切です。

マカの妊活効果を実感するまでには最低3か月は必要

妊活サプリ、マカサプリ、亜鉛サプリなどのサプリメントは医薬品ではないため、飲み初めてすぐに効果があらわれるわけではありません。効果を実感出来るようになるには、個人差もありますが、最低3ヶ月続けて飲む必要があります。飲み続けることで、サプリメントの成分が一定の水準で体内に維持され続けるため、卵巣機能の改善・子宮機能の改善・精巣機能の改善など、体内環境も次第に整っていきます。1ヶ月程度飲み続けて効果を感じられずに服用をやめてしまう人もいますが、体内機能は徐々に改善されていくものなので、根気強く続けていくことが大切です。サプリメントが体質に合わない、効果を実感できないという理由からサプリメントの利用をやめたり、ほかのサプリに変更する場合でも、3か月継続してから中止や変更を考えても遅くはありません。

卵子の成熟・排卵は約9ヶ月が必要

新しい卵子の生成から、卵子の成熟、卵子の生成から排卵までには、約9ヶ月の期間が必要になります。健康な卵子は、質が高く受精率や、その後の成長も順調に行われる確率が高くなります。妊活において、卵子の質の改善は大切なことなので、健康な卵子を作るためにも、マカや亜鉛、葉酸かどの妊活に必要な栄養素を摂取して、卵巣機能の改善を行うことが重要です。サプリメントなどで栄養素を補う場合、サプリメントは医薬品ではないため、効果があらわれるまでに時間がかかります。新しい卵子の準備には約9ヶ月必要なので、健康な卵子で妊活を行いたい場合は、9ヶ月前からサプリメントを摂取する必要があります。9か月となるとなかなか長い期間なので、効果を実感しにくいかもしれませんが、継続することが大切なので、妊活は根気強く続けることが大切です。

精子の成熟には約70日が必要

精子は日々、精巣で作られますが、成熟には約70日必要です。健康で質のいい精子は運動率が高く、卵子まで到達する確率も上がります。そのため、受精率もアップして、子どもを授かりやすくなります。亜鉛は精子の材料となる成分で、積極的に摂取することで精子の生成率が上がります。成熟した健康な精子が増えていくのは、亜鉛をサプリメントなどで摂取しはじめてから約70日後なので、妊活を考えはじめたら、すぐにでも摂取することをおすすめします。また、亜鉛には滋養強壮・精力増強・免疫力の向上など、身体によい様々な効果のある成分なので、日頃から不足しないように積極的に摂取したい成分です。そのため、サプリメントなどで不足分を補うことも効果的と言えます。日頃から、サプリメントを摂取することで、妊活を始めようとした時に、精子が成熟した状態なので、健康な精子ですぐに妊活を始めることができます。

[妊活男性サプリ/亜鉛]亜鉛を豊富に含む食品と吸収率をアップする栄養素

妊活サプリに含まれている亜鉛には、妊活に適した様々な効果があり、積極的に摂取したい成分です。亜鉛を豊富に含む食材には、牡蠣・小麦・パプリカ・鯖・かぼちゃ・チーズ・いわし・ココアなどがあります。特に貝類である牡蠣はほかの食材よりも亜鉛の含有量が豊富です。日ごろから牡蠣ばかりを摂取することは難しいですが、牡蠣には亜鉛が豊富なのも事実です。また、亜鉛の吸収率をアップさせる栄養素に「ビタミンC」「クエン酸」があります。亜鉛は、人体に吸収されにくい成分ですが、ビタミンCやクエン酸と一緒に摂取することで吸収率を上げることが出来ます。カキフライには、レモン汁をかけることがあるため、効率の良い食べ方と言えます。

亜鉛の1日に必要な摂取量・男性11mg

亜鉛は必須ミネラルのひとつで、毎日摂取すべき成分です。男性は1日に11mg摂取することが推奨されています。亜鉛などの微量ミネラルは、人体の機能や器官に必要不可欠である反面、吸収されにくい成分でもあります。牡蠣などの亜鉛を豊富に含む食材もありますが、食事に積極的に取り入れたとしても、食事からは摂取が難しい成分なので、1日の推奨量11mgを摂取するのは大変です。亜鉛は妊活において必要不可欠な成分なので、食事だけでなく亜鉛サプリなどのサプリメントを併用するなどして、推奨量をキッチリ摂取することが大切です。亜鉛サプリ以外にも、妊活サプリやマカサプリなど、亜鉛が配合されているサプリメントがあるため、自分の用途に適したサプリメントを選ぶようにしましょう。

亜鉛の1日に必要な摂取量・女性9mg

亜鉛はホルモンバランスの調整、不妊症の改善、免疫力の向上など、女性にとっても妊活においても重要な成分です。女性の場合、亜鉛の1日の摂取量は9mg摂取することを推奨しています。亜鉛や鉄分などの微量ミネラルは、体内に吸収されにくいため、食事からは摂取が難しい成分でもあります。食事からの摂取でも吸収率は、3割~4割程度のため、亜鉛は不足しがちな成分と言えます。そのため、サプリメントなどで不足分の亜鉛を補うことが大切です。ただし、亜鉛は摂りすぎてしまっても身体に悪影響を及ぼす場合があります。とくに女性は男性よりも1日の推奨量が3㎎少ないため、サプリメントを服用する場合は、1日の推奨量を超えないように気をつけることも大切です。

亜鉛の1日に必要な摂取量・妊婦11mg

微量ミネラルの一種である亜鉛は、ホルモンバランスの調整、不妊症の改善、免疫力の向上など、女性にとっても妊活においても重要な成分です。亜鉛の1日の摂取量は、男性は11㎎・女性は9㎎と定められています。しかし、妊婦の方の場合は通常よりも2㎎多い11㎎の亜鉛の摂取が必要になってきます。亜鉛は、食事だけでは摂取が難しい成分でもあるため、妊活中・妊娠中は亜鉛サプリなどのサプリメントを利用して、不足分を補うことは効果的です。妊娠中に亜鉛が必要な理由としては、胎児に栄養を送るときに亜鉛も消費されるため、亜鉛の消費量分が必要だったり、亜鉛を摂取することで新陳代謝の改善が行われ、細胞分裂が活性化するので、受精卵の正常な細胞分裂のサポートに必要なので、通常よりも多くの亜鉛が必要になってきます。

亜鉛の1日に必要な摂取量・授乳婦12mg

亜鉛は1日に必要な摂取量が定められていて、女性の場合は9㎎の亜鉛を1日に摂取することが推奨されています。また、妊娠中は胎児に栄養を送る分の亜鉛も追加で必要になるため、2㎎多い11㎎の亜鉛が必要です。さらに、出産後、赤ちゃんへの授乳中には12㎎と男性の1日の摂取推奨量11㎎よりも多い量の亜鉛を摂取する必要があります。亜鉛や鉄分などの微量ミネラルは、食事からは摂取が難しい成分でもあります。日々の食事だけでは摂りきれない亜鉛をサプリメントで補うことは有効です。特に、授乳中は亜鉛が不足しがちなので、さらに効果的です。授乳中に亜鉛が必要な理由として、母乳から栄養を摂取する乳児も亜鉛を大量に必要とするため、母乳に含まれる亜鉛の分だけ、普段の状態よりも亜鉛が必要になるからです。赤ちゃんが健康に育つのにも亜鉛が必要不可欠です。授乳中は普段以上に亜鉛を摂取することを心がけましょう。

亜鉛は体内への吸収率が低い成分のため効率的な摂取が必要

亜鉛は人体には欠かせない成分の一つです。しかし、同時に体内への吸収率が低い成分でもあるため、ただ食事するだけでは1日に必要な摂取量を摂取することは難しいです。亜鉛の吸収率を高めるため、サプリメントなどを活用する場合に効果的な飲み方のひとつとして「飲む時間を工夫する方法」があります。空腹時は胃腸の働きが弱く、サプリメントなどを服用しても成分を効率よく吸収することはできません。なので、朝食や夕食などの食後30分前後に摂取することをおすすめします。食後にサプリメントを摂取することで、食べ物を消化するために活発に活動している胃や腸にサプリメントの成分も吸収されるため、吸収率をアップさせることが出来るのです。亜鉛は摂取・吸収が難しい成分ですが、ちょっとした工夫で吸収率を高めることが可能です。また、あ亜鉛の吸収をサポートする成分もあります。たんぱく質・クエン酸・ビタミンCなどの成分は亜鉛の吸収率を上げてくれるため、亜鉛と一緒に積極的に摂取したい成分です。

亜鉛の吸収率をアップする成分・タンパク質

亜鉛の吸収率をアップさせる成分のひとつに、タンパク質があります。タンパク質は亜鉛と一緒に摂取することで効率よく亜鉛を摂取することが出来るのです。タンパク質も筋肉や臓器の材料となる身体に欠かせない成分のひとつです。タンパク質は主に、豚肉・牛肉・鶏肉などの肉類に含まれているため、摂取しやすい成分と言えます。また、タンパク質には、亜鉛の吸収を阻害する食物繊維やフィチン酸などの成分の作用を緩和してくれる働きもあるので、亜鉛との組み合わせが良い成分と言えます。亜鉛もたんぱく質も日々の生活の中で消費され続けていく成分なので、毎日の食事やサプリメントでバランスよく摂取して不足しないよう心がけることが大切です。

亜鉛の吸収率をアップする成分・クエン酸

亜鉛の吸収率をアップさせる成分のひとつに、クエン酸があります。クエン酸は梅干しや、レモン・オレンジなどの果物の酸味成分です。このクエン酸と亜鉛を一緒に摂取することで、亜鉛の吸収率を高めることが出来ます。亜鉛は牡蠣に豊富に含まれています。クエン酸はレモンに含まれているので、牡蠣フライにレモン汁をかけて食べる食べ方は、おいしく、かつ効率よく亜鉛とクエン酸を一緒に摂取する方法と言えます。クエン酸には疲労回復効果や美肌効果などの効果があったり、積極的に摂取することで痛風予防にもなります。亜鉛もクエン酸も積極的に摂取することで、身体に良い影響がたくさんあるので、普段からバランスよく摂取することを心がけましょう。

亜鉛の吸収率をアップする成分・ビタミンC

亜鉛の吸収率をアップさせる成分のひとつに、ビタミンCがあります。ビタミンCはストレスを緩和してくれたり、病気に対する抵抗力を高めたり、美肌効果があったり、がんの予防や動脈硬化予防、抗酸化作用などがあります。ビタミンCはレモンやオレンジなどの果物や緑黄色野菜などに多く含まれています。ビタミンCと亜鉛を一緒に摂取することで、亜鉛の吸収率がアップします。さらに、亜鉛の吸収率をアップさせる成分の「クエン酸」を一緒に摂取することで、亜鉛の吸収率をさらに高めることが可能です。クエン酸も、レモン・オレンジなどの柑橘類に多く含まれているため、ビタミンCと同時に摂取することが出来ます。ビタミンC・亜鉛・クエン酸の成分は、体内に吸収するにあたって、切っても切ってない関係の栄養素と言えます。

亜鉛の吸収率をアップする成分・葉酸

亜鉛の吸収をアップさせる成分のひとつに、葉酸があります。葉酸はビタミンB群のビタミンの一種です。また、亜鉛とともに妊活に欠かせない栄養素のひとつでもあります。葉酸には、造血作用やホルモンバランスを整える効果があったり、妊娠初期に摂取することで、胎児の先天的な脳の障害を予防することもできます。亜鉛と葉酸を一緒に摂取することで、相乗効果で互いの成分の吸収率を高めることが可能です。葉酸は、ホウレンソウや小松菜などの緑黄色野菜に多く含まれているため、食事から摂取しやすい栄養素です。葉酸を摂取することで、亜鉛の吸収率も上がるため、葉酸も亜鉛も毎日の食事でバランスよく不足しないように摂取することが大切です。

亜鉛の吸収を妨げる成分・タンニン

亜鉛の吸収率を妨げる成分のひとつに「タンニン」があります。「タンニン」はコーヒー・緑茶・紅茶などの渋みの成分です。タンニン自体は、ポリフェノールの一種なので人体にとって害のある成分ではありません。しかし、亜鉛と一緒に摂取してしまうと、亜鉛の吸収率を阻害してしまうため注意が必要です。コーヒーや緑茶は食事の際によく一緒に飲まれているポピュラーな飲料と言えます。そのため、タンニンは亜鉛とも一緒に摂取する機会が多い成分です。亜鉛をしっかり吸収して、体内で効果を発揮させるためには、タンニンと同時に摂取することを控えるようにしましょう。特に食後すぐにコーヒーを飲んでしまうのはよくないため、飲む場合も2~3時間ほど間隔をあけて飲むようにしましょう。

亜鉛の吸収を妨げる成分・食物繊維

亜鉛は、体内で吸収されにくい成分で、摂取量の約30%しか吸収されないと言われています。

亜鉛は微量ミネラルの1つであり、タンパク質の合成や、DNAの合成に必須であり、健康な精子や卵子の生成には欠かせない成分です。

亜鉛は、吸収率が低い成分のため、吸収を妨げる成分との組み合わせには注意が必要です。

亜鉛の吸収を妨げる成分として「食物繊維」があります。

食物繊維は、胃で消化されることなく腸まで届き、有害物質を吸着させ、便として体外に排出する働きがあります。

食物繊維を多く摂ると便の量が増えるのは、有害物質をたくさん吸着して、便の量が増えるからです。

でも、食物繊維はビタミンやミネラルなどの栄養素も吸着させてしまうため、亜鉛の吸収率低下の原因ともなります。

妊活サプリを飲む時は、食物繊維を多く含む食品と一緒に摂ることは避けたほうが良いです。

食前や寝る前に飲むと、亜鉛の吸収への影響が少なくなります。

妊活サプリを飲む時は、「ごぼう茶」などの食物繊維を多く含む飲み物で飲むのは控えましょう。

亜鉛の吸収を妨げる成分・フィチン酸

フィチン酸は米や小麦などの穀物に多く含まれる成分で、強い抗酸化作用があります。

フィチン酸は、体内のミネラルと強く結合する性質があり、体内の亜鉛・鉄・カルシウムなどのミネラルと結合し、複合体を作ります。

フィチン酸は体内のミネラルと結合することで、異常な細胞分裂(がん化細胞の増殖)を制御したり、体内のコレステロールや中性脂肪を正常化させる働きがあります。

フィチン酸が、ガンや動脈硬化に効果的と言われているのは、上記のような理由からです。

でも、妊活中は普段よりも多くの亜鉛が必要であり、不妊男性では亜鉛の重要性はより高いのです。

意識的に亜鉛を摂取しても、フィチン酸により亜鉛が結合されてしまうと、体内の正常化に亜鉛が使われてしまう、本来の妊活効果を得ることができません。

妊活中は、健康な精子や卵子の生成には亜鉛は欠かすことのできない成分のため、フィチン酸と一緒に摂取するのは避けたほうが良いです。

健康食として認知されている玄米ですが、フィチン酸を多く含むため、妊活中には不向きと言えますね。。。

⇒亜鉛・鉄などのミネラルを豊富に含む妊活サプリ「マカナ」はこちら

亜鉛の吸収を妨げる成分・ポリリン酸

亜鉛は食べ合わせを気をつけないと吸収率が下がってしまう場合があります。亜鉛の吸収率を妨げる成分のひとつに「ポリリン酸」があります。「ポリリン酸」は「リン酸ナトリウム」と表示されて、スナック菓子・インスタント食品に含まれている添加物です。ポリリン酸は、保存料や香料、増粘剤や乳化剤など様々な用途に使用されています。ポリリン酸自体は人体に存在している「リン酸」を変化させた成分なので身体に害はありません。しかし、「ポリリン酸」は亜鉛を体外に排出してしまう作用があるため、注意が必要です。妊活中だけでなく、亜鉛は日ごろから身体にとって必要不可欠な成分です。スナック菓子やインスタント食品ばかりの偏った食生活は、栄養バランスを崩し、亜鉛以外の成分や栄養素も不足してしまう原因となるため、ほどほどにすることが大切です。

亜鉛の吸収率を妨げる成分・シュウ酸

亜鉛の吸収率を妨げる成分のひとつに「シュウ酸」があります。シュウ酸は、チョコレート・ココア・紅茶・コショウ・ナッツ類・なす・ほうれんそう・パセリ・豚肉など日ごろ食事や間食で口にしやすい様々な食材に含まれています。シュウ酸と亜鉛を一緒に摂取すると

亜鉛とシュウ酸が結びついてしまうため、体内への吸収質が低下してしまうのです。しかし、亜鉛を摂取するためにほかの食材を控えると、今度はほかの栄養素が不足してしまう原因となります。栄養素や成分は互いを高めあい、吸収率をサポートする効果のあるものや、競合してしまい互いの吸収を阻害してしまう成分もあります。妊活に限らず、日々の生活を健康に過ごすには様々な栄養素や成分が必要なので、肉・魚・野菜などの食材をバランスよく摂取することが大切です。

亜鉛の吸収率を妨げる成分・カルシウム

カルシウムは人体に欠かせない成分で、主に骨や骨格を形成したり、血液中に存在しています。カルシウム不足になると、イライラしたり、血液中のカルシウムを補充するために、骨からカルシウムを移動させるため、骨がもろくなってしまう病気「骨粗しょう症」になってしまう可能性があります。この、カルシウムも亜鉛の吸収を妨げてしまう成分でもあります。普段の食生活で、亜鉛とカルシウムを一定量摂取する分には問題がありませんが、カルシウムを取りすぎると、亜鉛の吸収を阻害してしまうので注意が必要です。亜鉛もカルシウムも身体にとっては欠かせない成分なので、どちらかの成分だけを大量に摂取するのではなく、どちらの成分も毎日バランスよく摂取することが大切です。

⇒亜鉛・葉酸を含む妊活サプリ「マカナ」はこちら

亜鉛を多く含む食品

項目食品
魚介類牡蠣 スルメ 数の子 煮干 サザエ ホタテ など
海藻類あまのり ひじき など
豆類きな粉 小豆 納豆 など
種実類カシューナッツ アーモンド ゴマ など
野菜類パセリ 干し椎茸 シソ など
飲料抹茶 前茶 ココア など
穀類そば粉 玄米 など
肉類豚レバー 牛もも肉 牛レバー など

引用元:味覚障害(桃山学院大学)

 

亜鉛を多く含む食品の亜鉛含有量ベスト7

 

項目食品100g中の亜鉛含有量
1位 煎茶(飲料)135mg
2位 牡蠣(魚介類)73mg
3位 数の子(魚介類)55mg
4位 あまのり(海藻類)27mg
5位 ゴマ(種実類)14mg
6位 豚レバー(肉類)6.9mg
7位 牛もも肉(肉類)4.5mg

 

亜鉛摂取の注意点・亜鉛は体内の吸収率が悪い成分

亜鉛は微量ミネラルの一種で、ホルモンバランスを整えたり、生殖機能が向上したり、免疫力を高めたり、人体の様々な器官や機能が正常に機能するためには欠かせない成分です。その反面、亜鉛は体内への吸収率が悪い成分でもあります。亜鉛摂取の注意点として、食物に含まれている亜鉛を食事で摂取しても、その分の量の亜鉛がそのまま体内にすべて吸収される訳ではないのです。むしろ、亜鉛や鉄分などの微量ミネラルは体内に吸収されにくく、食事だけで亜鉛を吸収するのは難しいと言えます。亜鉛を効率よく摂取したい場合は、亜鉛の吸収を高める「ビタミンC」「タンパク質」「クエン酸」などの成分と一緒に摂取したり、吸収率を高めてある亜鉛を配合した亜鉛サプリなどを活用して不足分の亜鉛を補うことも大切です。

亜鉛は食事摂取のみでは必要量を満たせないためサプリでの補給がおすすめ

亜鉛は体内への吸収率が悪い成分です。牡蠣などの食材にも含まれていますが、食事からの摂取だけでは、摂取が難しい成分でもあります。亜鉛はホルモンバランスを整えてくれたり、精子の材料となり、精子の質の向上や運動率を高めてくれる効果があります。また、滋養強壮・精力増強・免疫力の向上など身体にとっても、妊活においても亜鉛は重要な効果を発揮します。亜鉛の効果を得るためには食事だけでは、吸収が不十分なので、吸収率を高めてある亜鉛が配合された亜鉛サプリや亜鉛がふくまれている妊活サプリでの補給がおすすめです。特に、妊活中や妊娠中は胎児にも栄養を送るため、亜鉛をはじめとした栄養素がいつも以上に必要になります。亜鉛が不足してしまうと、母体である女性も、穴化の中の胎児にも悪影響なので、不足しないように注意しましょう。

亜鉛の吸収率が低下する原因・インスタント食品の添加物

亜鉛は体内に吸収されにくい成分です。注意しないと、さらに吸収率が低下してしまいます。吸収率が低下する原因のひとつに、インスタント食品中心の食事が挙げられます。インスタント食品には、香料、酸化防止剤、防腐剤など添加物が大量に含まれています。この添加物が、他の栄養素の吸収を阻害してしまう場合があり、もともと吸収率の悪い亜鉛はさらに吸収率が下がってしまう可能性があります。インスタント食品だけでは充分な栄養を摂取することはできません。むしろ、インスタント食品だけでは、栄養バランスが悪く体調不良や生活習慣病などの病気になってしまう可能性があります。妊活だけでなく、日頃から野菜や魚、肉などの食材をバランスよく摂取することで、体調を整えて健康な身体で過ごすことができるため大切です。

亜鉛の吸収率が低下する原因・ストレス

亜鉛は人体への吸収率が悪い成分です。身体の状態によっては、更に吸収率が低下してしまう場合があります。吸収率が低下する原因として「ストレス」が挙げられます。亜鉛が不足すると、味覚障害や免疫力の低下・生殖機能の衰えなど、人体に悪影響が起こりやすくなります。ストレスは日々生きる中で、だれしも感じるものですが、ストレスをためすぎると精神的にも身体的にも良くないことが起きます。ストレスにより病気になったり、髪の毛が抜けてしまったり、うつ病になってしまう可能性もあります。ストレスは亜鉛の吸収を妨げるだけでなく、亜鉛以外の栄養素の吸収率も下げてしまいます。妊活だけでなく、日々を健康に過ごすためには、ストレスを上手に発散して、亜鉛などの成分を身体に取り込みやすい体内環境を作る必要があります。

亜鉛の吸収率が低下する原因・飲酒

亜鉛の吸収率が低下する原因のひとつに「飲酒」があります。飲酒をした際に、身体内ではお酒に含まれるアルコールを代謝するために亜鉛を使用します。アルコールを摂取することで、亜鉛が使用されてしまうため、体内の亜鉛が不足してしまう原因となってしまうのです。また、アルコールは尿と一緒に亜鉛を体外に排出してしまう作用もあるため、注意が必要です。亜鉛は、滋養強壮・疲労回復効果・免疫力の向上など身体に欠かせない様々な効果を持った成分です。日々の生活を健康で元気に過ごすには、亜鉛などの微量ミネラルの働きが必要不可欠です。飲酒がすべて悪いわけではありませんが、過度な飲酒は亜鉛の吸収を阻害して、身体機能に不調や悪影響を及ぼす可能性があるため、ほどほどにすることが大切です。

亜鉛の吸収率が低下する原因・たばこ

亜鉛は身体に欠かせない様々な効果のある微量ミネラルの一種です。亜鉛などの微量ミネラルは、身体に吸収されにくい成分なので、普段の食事だけでは不足しがちな成分でもあります。さらに、吸収率が低下する原因のひとつに「たばこ」の喫煙が挙げられます。たばこに含まているニコチンにはビタミンCを破壊する作用があることが分かっています。ビタミンCは亜鉛の吸収率を高めてくれるビタミンなので、たばこによる喫煙でビタミンCが破壊されてしまうと、亜鉛の吸収率も低下してしまう結果となります。亜鉛の吸収率が悪くなるだけでなく、喫煙は肺がんや脳卒中・心筋梗塞などの病気のリスクを高めたり、寿命自体を知事めてしまう可能性もあります。日々の生活を健康で元気に過ごすためにも、たばこの利用は控えたほうがいいといえます。

亜鉛の吸収率が低下する原因・加齢

亜鉛は身体に欠かせない様々な効果のある微量ミネラルの一種です。亜鉛などの微量ミネラルは、普段の食事だけでは不足しがちな成分でもあります。それは、微量ミネラル自体の吸収率の低さが原因で、食事などで摂取した場合吸収率は3~4割程度と言われています。さらに、吸収率が低下する原因のひとつに「加齢」があります。加齢により、細胞分裂の回数が減ることにより、亜鉛の体内への吸収率も下がってしまうため、亜鉛不足んあってしまう場合があります。人は誰でも年を取っていくものなので、加齢自体は防ぎようがありませんが、日々、亜鉛を積極的に摂取することで、亜鉛不足を解消することは可能です。食事だけでは難しいので、亜鉛サプリなどのサプリメントを併用することも効果的です。サプリメントに配合されている亜鉛は、通常の亜鉛よりも吸収率に優れたものが配合されている場合もあるため、効率よく亜鉛を摂取することが出来るのです。

亜鉛の吸収率が低下する原因・肥満

亜鉛は人体に欠かせない成分ですが、同時に食事などでは摂取しずらい成分でもあります。亜鉛の吸収率が低下する原因の一つに「肥満」があります。亜鉛はインスリンの材料にもなる成分です。インスリンは血糖値を下げる働きがある成分で、肥満の人は血糖値が高い傾向にあり、このインスリンが通常より多く必要になります。そのため、亜鉛がインスリンの材料として消費され、身体内のほかの部分にいきわたらない可能性があります。また、肥満の人は食事バランスが悪く、亜鉛の摂取量自体も不足している可能性があるため、日ごろから食事に意識して亜鉛の含まれる食材を取り入れたり、亜鉛の吸収率を高める「ビタミンC」「クエン酸」などを一緒に摂取したり、亜鉛サプリなどのサプリメントで亜鉛不足を補うことも大切です。

 

 

 

 

 - , , ,