妊活サプリの夫婦

[妊活男性サプリ/亜鉛]亜鉛不足は男性不妊の原因になる!亜鉛不足を解消するマカサプリの効果

[妊活男性サプリ/亜鉛]亜鉛が男性妊活に効果的な3つの理由

妊活男性サプリ・亜鉛摂取の妊活効果

男性妊活では精子の質(精子の量・運動率・奇形率・濃度)の改善のため、亜鉛摂取が必要です。男性妊活サプリは「亜鉛」「葉酸」「アミノ酸」を豊富に含むものを選ぶことをおすすめします。妊活サプリマカナは夫婦で兼用でき、「亜鉛」「葉酸」「アミノ酸」が豊富でおすすめです。

 

妊活男性サプリ/亜鉛配合のおすすめサプリ

 

亜鉛が男性妊活に効果的な理由1・精子の元となる亜鉛を摂取すると精子の量が増える

ミネラルの1つである亜鉛は別名「セックスミネラル」と呼ばれ、男性妊活に効果的な成分だと言われています。

それは、亜鉛は精子の元となる成分であり、亜鉛が不足すると精子の生成が滞り、精子の質の低下や量の低下に繋がり、妊活に悪影響を与える可能性が高いからです。

男性側が原因の不妊症では、多くの男性に亜鉛不足が見られるとの報告があるように、男性妊活では亜鉛は欠かせない成分と言えます。

 

亜鉛は精子の元となる成分

精子は精子細胞が細胞分裂し成長・成熟することで生成されます。

細胞の生成には亜鉛が不可欠で、精子の中には亜鉛が豊富に含まれています。

亜鉛は精子の元となる成分と言えます。

亜鉛が不足すると、亜鉛の元となる成分が不足するため精子の生成がスムーズに行えません。

精子の生成がスムーズに行えないと、精子の量の低下・運動率の低下・奇形率の上昇に繋がり、男性妊活に悪影響を与えます。

男性妊活では、質の良い精子を作ることが重要で、質の良い精子は受精率や妊娠率を上昇させることができます。

亜鉛は食物からは摂取が難しく、また吸収率の低い成分です。

男性妊活では亜鉛が豊富に含まれている妊活サプリを摂ることをおすすめします。

精子の数が増えると妊娠率がアップする

亜鉛は精子の中に豊富に含まれる成分です。

亜鉛を十分に摂取すると精子の生成がスムーズに行えるため、精子の量が増えると言われています。

一度の射精で放出される精子は約3.5ミリリットルで、1~4億個ですが、子宮内のアルカリ性により死滅し、卵管采までたどり着くのはほんの数百匹程度です。

子宮内を移動中に大半の精子は死滅してしまうため、精子の数が少ない男性は受精率が低くなります。

亜鉛を十分に摂ることで精子の数が増えれば、卵管采までたどり着く精子の数も増えるので、受精率を上げることができます。

受精率を上げるためには、質の良い精子の生成が必要です。

精子の元となる亜鉛を摂取することで、精子の質が改善し受精率・妊娠率の上昇に期待が持てます。

妊活は女性のみではなく、男性も一緒に取り組むことで受精率・妊娠率の上昇が期待できます。

夫婦で一緒に飲むことのできる妊活サプリマカナは、亜鉛を豊富に含んでおりおすすめです。

 

亜鉛が男性妊活に効果的な理由2・細胞分裂を促す亜鉛を摂取すると奇形精子が減少し運動率が上がる

亜鉛は酵素の活性に不可欠なミネラルで、細胞分裂や新陳代謝に深く関わる成分です。

精子は精子細胞が細胞分裂・成長を繰り返すことで生成されます。

精子の細胞の成長には亜鉛は不可欠と言えます。

亜鉛不足により精子が正常に細胞分裂ができないと、奇形精子の数が増え、受精率・妊娠率の低下に繋がります。

妊活では健康な精子を十分に作る必要があるため、しっかりと亜鉛を摂取して、精子が正常に細胞分裂できるようにしたいですね。

 

奇形精子は運動率が低いため妊娠率が低下する

精子は子宮の中を泳げるように、頭部・体部・尾部により形成され、尾部を左右に振ることで前進し卵管采に向かうことができます。

しかし、精子の細胞分裂が正常に行えないと、精子の形状に異常が起こり、運動率の低い精子がたくさん作られます

運動率の低い精子は卵管采までたどり着けずに、子宮内のアルカリ性により死滅してしまうため、受精率が低下します。

妊娠率の上昇には、運動率の良い精子が必要となります。

亜鉛は細胞分裂や新陳代謝に関わる成分であり、亜鉛が不足すると精子の元となる細胞は正常な細胞分裂を行うことができません。

細胞分裂では、遺伝子情報のコピーが行われますが、亜鉛が不足し細胞分裂がスムーズに行えないと、遺伝子情報のコピーにエラーが起き、異常な精子が生成されてしまいます。

異常な精子は運動率が悪く、卵管采にたどり着ける確率はとても低いですし、たどり着けたとしても受精する能力が低く、妊娠には至らないことがほとんどです。

妊活に取り組む時は、女性だけではなく男性も一緒に取り組むことで、妊娠率の上昇が期待できます。

男性妊活では亜鉛を豊富に含む妊活サプリを摂ることをおすすめします。

 

奇形精子の減少には正常な細胞分裂が必須

奇形精子の数が多いと、受精能力が低くなります。

奇形精子は、精子細胞の異常な細胞分裂により起こります。

精子細胞の細胞分裂は亜鉛などのミネラルやアミノ酸により行われますが、亜鉛が不足するとスムーズに細胞分裂ができません。

精子細胞は正常な細胞分裂により増殖すると、質の良い精子が生成されるため、奇形率は低く、運動率の高い精子が作られます。

しかり、亜鉛が不足し細胞分裂に支障が出ると、質の良い精子を生成することができず、運動率の低い精子が生成されます。

異常な精子は運動率が低いため、卵管采までたどり着くことができず妊娠には至りません。

正常な細胞分裂には亜鉛の十分な摂取が不可欠です。

男性妊活では十分な亜鉛の摂取が必要であり、妊活サプリマカナは亜鉛が豊富に含まれておりおすすめです。

 

亜鉛が男性妊活に効果的な理由3・性ホルモンの元となる亜鉛を摂取すると受精卵の質が改善し妊娠率がアップする

亜鉛は性ホルモンの生成に関わる成分です。

性ホルモンは男性なら男性ホルモンの生成に関与し、女性なら女性ホルモンの生成に関与します。

男性ホルモンのテストステロンは、精子の生成に関与するホルモンで、性機能の維持にも重要な役割を持ちます。

女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロンは、妊娠に向けた体作りや、妊娠の維持に重要な役割を持ちます。

亜鉛は性ホルモンの生成に関わる成分であり、不足すると性ホルモンの生成に悪影響を及ぼします。

男性妊活・女性妊活では、性ホルモンが十分量に生成されることが重要であり、妊娠率を左右します。

妊娠率のアップには、性ホルモンが十分に生成される必要があり、性ホルモンの生成に関与する亜鉛は不可欠な成分と言えます。

 

亜鉛は性ホルモンの生成に関わる成分であり男性妊活・女性妊活ともに効果的

男性ホルモンの1つであるテストステロンは、精子の生成をコントロールするホルモンであり、分泌量が低下すると精子の生成がスムーズに行えません。

女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンは、お互いの作用によりホルモンバランスをコントロールしており、どちらか一方が不足すると相互作用により不足が生じる可能性が高いです。

女性ホルモンは2つのホルモンがバランスよく分泌されることでホルモンバランスを保ち、妊娠に向けた体を作っています。

亜鉛は性ホルモンの生成に深く関わることから、男性妊活・女性妊活の両方で重要な成分です。

妊活は女性のみが行うのではなく、夫婦で一緒に取り組むことで妊娠率の上昇が期待できます。

妊活サプリマカナは、亜鉛が豊富に含まれ、夫婦兼用できるためおすすめです。

 

関連記事:([妊活サプリ/男性]男性不妊にはマカ・亜鉛が効果的)ではマカに豊富に含まれる亜鉛と男子不妊について詳しく紹介しています。

 

性ホルモンが正常に生成されることで受精卵の質が改善する

受精卵の質は主に卵子の質に左右されると言われています。

もちろん、精子の質にも左右されますが、卵子の質が低ければ、質の良い精子であっても受精率は低くなります。

男性は男性ホルモンであるテストステロンにより精子の生成がコントロールされ、女性は女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンの作用により卵子の生成がコントロールされています。

性ホルモンが不足すると精子や卵子をスムーズに作ることができないため、質の悪い卵子・質の悪い精子となる可能性が高くなります。

質の悪い精子や質の悪い卵子は受精率がとても低く、受精ができたとしても細胞分裂の段階で成長が止まってしまったり、受精卵となり子宮までたどり着いても着床できない可能性が高いのです。

受精率のアップには質の良い精子と質の良い卵子が必要なのです。

亜鉛は性ホルモンの生成に深く関与しており、卵子や精子の正常な成長には亜鉛が欠かすことはできません。

質の良い卵子や質の良い精子は受精率が高く、受精卵を正常に細胞分裂することができるため、着床率や妊娠率の上昇に繋がります。

妊活の基本は、質の良い精子・質の良い卵子を作ることです。

亜鉛は質の良い卵子・質の良い精子の生成に必要な成分であり、妊活では亜鉛が豊富に含まれる妊活サプリを選ぶことをおすすめします。

妊活サプリマカナは、夫婦で兼用できるサプリであり、亜鉛を豊富に含むことから男性妊活・女性妊活の両方に効果的だと言えます。

 

関連記事:(【妊活サプリの夫婦におすすめ】効果で選ぶサプリメント)では夫婦で妊活するメリットについて紹介しています。

 

 

[妊活男性サプリ/亜鉛]亜鉛の妊活効果と男性妊活に必要な栄養素について

男性不妊の原因となる精子異常について

乏精子症

無精子症

精子無力症

奇形精子症

女性の妊活に亜鉛が必要な理由

亜鉛は性ホルモンの原料となるため女性ホルモンの分泌量アップに繋がる

亜鉛はホルモンバランスの異常による排卵障害の改善に繋がる

男性妊活に亜鉛が良い理由

亜鉛は精子細胞の正常な細胞分裂をサポートする

亜鉛は性機能障害(ED)を改善する

 

関連記事:([妊活サプリ/男性]男性不妊にはマカ・亜鉛が効果的)では、マカに豊富に含まれる亜鉛と男性不妊の関係について詳しく紹介します。

 

亜鉛の働きについて

亜鉛の働き・新陳代謝を高め細胞の正常な成長を促す

亜鉛の働き・味覚の調整

亜鉛の働き・皮膚や髪の健康を保つ

亜鉛の働き・免疫力を高める

亜鉛の働き・性ホルモンの原料となる

亜鉛の働き・精子の質を改善する

男性不妊には男性ホルモンが関係している

男性不妊には、男性ホルモンであるテストステロンが深く関係いていると言われています。

なかなかあかちゃんを授からない場合は、男性側に原因があることも少なくありません。

不妊外来クリニックなどでは、以前は、男性の精液の検査だけを行っていましたが、最近では、テストステロンの値(男性ホルモン)を検査することも多くなってきました。

テストステロンの値は加齢によって多少は減少しますが、その割合は年1~2%なので、女性のホルモンの減少に比べるとほとんど影響ないと言えます。

つまり、テストステロンの数値が低い人は、あきらかに年齢以外の問題があるということになります。

テストステロンの数値が低いということは男性ホルモンが少ないということなので、あくまで統計学的な話ですが見た目的に体毛が薄い人はその可能性を疑っても良いかもしれません。

一般に30歳ごろから減少しはじめ、年1-2%の割合で減少する。テストステロンの減少は男性更年期と呼ばれるが、女性の更年期ほどには急激にホルモン分泌は変化せず、身体や精神に与える影響も個人差が大きい。ストレスなどで急激な減少を起こすと、男性更年期障害を起こす。テストステロンの減少率は個人差が大きく、70代になっても、30代の平均値に匹敵するテストステロン値を維持している男性も多い。20代から40代でテストステロンが低い場合は、2型糖尿病、メタボリック症候群のリスクが増大すると報告されている。

引用元:Wikipedia

テストステロンは、ストレスに弱い

テストスレロンは、ストレスに弱いです。

男性は、女性に比べると日常的にストレスにさらされることが女性より多いです。

特に、妊活中は女性の場合、仕事をセーブしたり、休職することも考えられますが、男性は、妊活中であっても仕事をセーブすることはありません。

また、妊活中であっても世間はまだまだ女性のみの問題という認識が強く、職場や友人に妊活中であることを宣言してもなかなか配慮してもらえません。

結局は、できるだけストレスに強い自分になるか、リラックス効果によってストレスを軽減するしかないと思います。

GABA(ギャバ)によるストレス軽減

ギャバは、ストレスを和らげることができる成分の1つです。

体の中で作り出すことができるアミノ酸の一種で、不足することはまずないので、摂取する必要はありません。

しかし、強くストレスや継続的に緊張状態などが続くと体内のギャバが不足してしまいますので、体外から摂取する必要があります。

また、ギャバが不足し、ストレスが溜まっていくと結果としてEDを発症する男性もいます。

EDになったら治療するしかないので、そうならないためにストレスを軽減することが重要です。

ストレスを感じたら、サプリメントで効率的に摂取しましょう。

男性ホルモンの減少は別の病気を引き起こす原因にもなる

テストステロン値(男性ホルモン)が減少する事で、中高年の方に多い、心筋梗塞・脳梗塞の原因の1つとなると言われています。テストステロン値(=男性ホルモン)の減少が進むと、加齢現象である高血圧や内蔵脂肪の増加(メタボ)などの体の変化が起こり、これにより心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高まるのです。

引用:https://menshealth-md.com/testosterone/

男性不妊の原因となるEDについて

性交以前の問題として、男性がたたないといういわゆる勃起不全になることがあります。

仕事のストレスや人間関係で疲れてしまったということもあるかと思いますが、妊活が原因となって勃起不全になることもあるそうです。

男性は女性が考える以上にナイーブで神経質です。

あんなに大好きだった性行為が、妊活によって、子供をさずかるための義務的な行為になったと感じてしまう男性の少なくありません。

妊活が長期化すれば、するほどその傾向は強くなります。

ストレスをためないことが重要です。

ただし、勃起不全がストレスや疲れ出ない場合は、EDを疑った方がよいと思います。

EDは薬で治療できますので、すぐに検査のために病院に相談しましょう。

亜鉛で精力アップ

<亜鉛の1日摂取量>
年齢摂取量(mg/日)
18~29歳10
30~49歳10
50~69歳10
70歳以上9

 

厚生労働省は、成人男性の亜鉛の必要量を1日約10mgとしていますが、調査によるとほとんどの男性が不足しているとのことです。

とくに妊活中の男性はサプリによって補う必要があります。

亜鉛は、欧米ではセックスミネラルとよばれ、性欲の低下、勃起時の硬度や持続力などに大きくかかわっています。

また、亜鉛は、汗の中に多く含まれていますので、汗をたくさんかく仕事をしたり、環境にいたりする人は、体外へ排出される量が多いので、余計に亜鉛が不足しがちになります。

本来は、食事で亜鉛を取ることが良いのですが、いろいろな制限で厳しい場合は、亜鉛サプリを摂取しましょう。

妊活男性の射精障害の原因と対策について

勃起はするけどいかないというケースも妊娠の妨げになります。

基本的には、たたない男性と同様にストレスが原因であることが多いです。

女性は悪気がなく日常的に「子供がほしい」とか「今月は何日が排卵日よ」なんていう会話をしてしまうものです。

そういう日常的なプレッシャーがストレスにあってしまい男性がいかないという状況になってしまうのです。

妊娠では女性が主導権を握ってしまうことが多いのですが、旦那さんのことも少しだけでいいから気遣ってあげると良いかもしれませんね。

ただし、いかないという意味が射精しないということになると話は別です。

男性不妊の可能性があるので、病院に相談してくださいね。

ビタミンCでストレス発散

ビタミンCはステロイドホルモンをつくります。

人はストレスを感じると、副腎という場所からストレス抗ホルモンを出して乗り切ろうとします。

ストレスを受けたときに、ストレス抗ホルモンを分泌して、血液中に放出して体中に行き渡ります。

この時、ビタミンCが必要です。

ビタミンCは水溶性で溶けやすく、尿と一緒に排出されやすいので、食事で補えない分はサプリメントで摂取してください。

不妊男性の精子の運動率は低いことが多い

精子の運動率は、精液の精子がどれだけ運動しているか?という数値です。

この数値が低いと男性不妊の原因の1つになります。

勃起不全でもなく、射精もするのになかなか妊娠しない場合は、精子の運動率を疑いましょう。

現代では、ストレスや乱れた食生活、生活環境の変化から、精子数の減少・精子の運動率も20年前と比べて80%~50%にまで低下していると言われています。

引用元:http://www.yamano-life.jp/mokuteki/study/dansei-funin.htm

精子の運動率をあげるためには、生活習慣の見直しが必要です。

特に喫煙は精子の運動率を低下させることがわかっていますので、妊活中は禁煙しましょう。

また、適度な運動はストレス解消とともに、男性機能を活性化もするので無理のない範囲で行いましょう。

マカと亜鉛で精子の運動率があがる

マカと亜鉛を一緒に飲むことで精子を元気にして精子の運動率を上げることができるという口コミがありました。

ウチの場合はマカ(ヤマノ)と亜鉛のサプリでかなり運動率・奇形率が改善しました。
WHO基準で平均値以下だったのに、数ヶ月服用で標準値以上になってました。
以降、マカのみ続けてそのまま数値をキープしてましたよ。

ただ、仕事のストレスなんかも大きく関係していたと思います。
マカはもともと野菜だし、試しに飲んでみてもいいと思いますよ。

引用元:不妊治療の広場

マカは精子の運動率を上げるだけでなく、精子形成の維持、形や質の向上に効果があります。

また、亜鉛は、精子の運動を活発にするだけでなく、精子の数を増やす効果もあります。

精子の運動率を上げることは妊活中の男性にとって不可欠です。

特にマカは食事から摂取することはほぼ不可能なので、サプリメントから摂取するのが一般的です。

ビタミンB12は精子の活動率をアップさせる

精子を作るには、ビタミンB12が必要だということが世界中の研究者によって報告されています。

ビタミンB12を男性不妊の男性に1日あたり1000~6000μgを数週間飲んでもらったところ、平均で40%の精子が増え、精子の活動も向上したという報告があります。

妊活男性のセックスの回数

 

妊活中の夫婦生活について

まず始めに、妊活前に比べてセックスの回数が増えたか聞いてみました。
「はい」と回答した人が57.0% 、「いいえ」と回答した人が43.0%でした。
回数が増えたと回答した人がやや多いものの、妊活中でも特に変わらないという人が4割以上おり、「今までどおり週2~3回」という回答からも、それまでも定期的にセックスをしていたカップルは、妊活中だからといって特に回数を増やす必要はないのかもしれません。
一方、自由回答には、「お互いがシフトの仕事ため、休みが合う時などに」「遠距離なので月2回」などの意見もみられ、様々な事情で回数が限られてしまう人もいることがわかります。また、「妊活前の方が回数も多かった」「妊活前は週2~3回していたのに、妊娠を意識してからは、排卵日周辺でしかしなくなった」など、妊活を始めたことで、かえって回数が減ってしまったという回答もありました。

引用:ルナルナ

女性のカラダと心の健康サイトルナルナによると妊活前に比べて性行為が劇的に増えたという人は実はあまり増えていません。

やや増えただけという印象です。

妊活以前であってもセックスの回数がある程度ある夫婦は妊活中だからと言って回数は増えないのでしょう。

また、排卵日付近のみでしかセックスをしなくなってしまいかえって回数が減ってしまったという夫婦もいるそうです。

 

妊活中の夫婦生活について

また、妊活中のセックスの回数は月3~4回というデータがありますが、妊活中のセックスの回数について満足している女性は約6割でした。

この6割を満足と思うか、足りないと思うのかは個人の自由ですが、妊活を希望する女性にとっては、妊活中はセックスの回数を増やしたいと思っているようですね。

引用元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000262.000002943.html

頭では夫婦の協力が必要とわかっていても、忙しかったり疲れてしまったりして実際にはネットで少し検索するようなケースも多いです。

これでは、女性側の精神的な負担が増えるばかりです。

不妊治療に頑張っている女性も旦那が他人事で傷つき、離婚を考えてしまう女性もいるようです。

妊活疲れ離婚というそうです。

そうならないために、夫婦で日ごろから話あい、助け合って妊活しましょう。

 

亜鉛不足の症状について

亜鉛不足の症状・性機能低下

亜鉛不足の症状・生成熟の遅延

亜鉛不足の症状・味覚障害

亜鉛不足の症状・脱毛

亜鉛不足の症状・貧血

亜鉛不足の症状・免疫力低下

亜鉛以外に男性妊活に必要な栄養素

男性妊活に効果的な成分・ビタミンE(抗酸化物質)

男性妊活に効果的な成分・ビタミンC(ビタミンEのサポート成分)

男性妊活に効果的な成分・コエンザイムQ10

 

 

[妊活男性サプリ/亜鉛]亜鉛サプリを選ぶポイントと注意点

亜鉛サプリの選び方・亜鉛の含有量をチェックしよう

亜鉛サプリの選び方・亜鉛の原材料をチェックしよう

亜鉛サプリの選び方・亜鉛の吸収率をアップする成分の有無をチェックしよう

亜鉛サプリの選び方・無添加で安全性の高いものを選ぼう

亜鉛サプリの選び方・続けやすい料金のものを選ぼう

マカに含まれる精子の質を改善する成分・亜鉛

マカに含まれる精子の質を改善する成分・コエンザイムQ10

マカに含まれる精子の質を改善する成分・アルギニン

マカに含まれる精子の質を改善する成分・シトルリン

マカに含まれる精子の質を改善する成分・セレン

亜鉛サプリを摂取するときの注意点・亜鉛の過剰摂取に注意

亜鉛の過剰摂取の症状・吐き気、嘔吐、腹痛などの胃腸障害

亜鉛の過剰摂取の症状・腰痛

亜鉛の過剰摂取の症状・低血圧

亜鉛の過剰摂取を防ぐために妊活サプリの併用は避けましょう

亜鉛サプリを摂取するときの注意点・薬との併用は要注意

ペニシラミン(リウマチ薬)との併用はNG

アプレゾリン(降圧剤)との併用はNG

亜鉛サプリを飲むタイミング・食前は吸収率が悪いから食後の摂取がおすすめ

亜鉛サプリを飲むタイミング・空腹時は胃腸に負担がかかるから避けよう

 

 

 

 

[妊活男性サプリ/亜鉛]日本産マカに含まれるアミノ酸・ミネラルの妊活効果について

日本産マカ・ペルー産マカに含まれるアミノ酸含有量(マカ粉末100g)

 

項目日本産マカ(粉末100g)ペルー産マカ(粉末100g)
アスパラギン酸1050mg670mg
スレオニン460mg
セリン470mg330mg
グルタミン酸2200mg730mg
グリシン360mg350mg
アラニン460mg390mg
バリン560mg390mg
システィン160mg
トリプトファン100mg
メチオニン120mg110mg
イソロイシン320mg280mg
ロイシン450mg450mg
チロシン230mg200mg
フェニルアラニン310mg290mg
ギャバ262mg
ヒスチジン290mg190mg
リジン540mg310mg
アルギニン2560mg610mg
ブロリン5850mg2490mg

 

日本産マカのミネラル含有量とミネラルの1日必要量(マカ粉末100g)

 

項目日本産マカ(粉末100g)1日必要量(推奨量)
ナトリウム39.7mg男性8.0g(食塩相当)

女性7.0g(食塩相当)

マンガン0.69mg男性4.0mg

女性3.5mg

上限11mg(男女とも)

カルシウム312mg男性650mg

女性650mg

上限2500mg(男女とも)

マグネシウム94.3mg男性370mg

女性290mg

鉄分3.26mg男性7.5mg

女性(月経なし)6.5mg

女性(月経あり)10.5mg

上限50mg(男性)

上限40mg(女性)

亜鉛2.53mg男性10mg

女性8mg

上限45mg(男性)

上限35mg(女性)

リン397mg男性1000mg

女性800mg

上限3000mg(男女とも)

0.67mg男性1.0mg

女性0.8mg

上限10mg(男女とも)

 

マカの妊活効果・強壮効果

マカの妊活効果・性欲増強効果

マカの妊活効果・勃起障害の改善効果

マカの妊活効果・生理不順の改善効果

マカの妊活効果を実感するまでには最低3か月は必要

マカの妊活効果を実感するまでには最低3か月は必要

卵子の成熟・排卵は約9ヶ月が必要

精子の成熟には約70日が必要

 

 

[妊活男性サプリ/亜鉛]亜鉛を豊富に含む食品と吸収率をアップする栄養素

亜鉛の1日に必要な摂取量・男性11mg

亜鉛の1日に必要な摂取量・女性9mg

亜鉛の1日に必要な摂取量・妊婦11mg

亜鉛の1日に必要な摂取量・授乳婦12mg

亜鉛は体内への吸収率が低い成分のため効率的な摂取が必要

亜鉛の吸収率をアップする成分・タンパク質

亜鉛の吸収率をアップする成分・クエン酸

亜鉛の吸収率をアップする成分・ビタミンC

亜鉛の吸収率をアップする成分・葉酸

亜鉛の吸収を妨げる成分・タンニン

亜鉛の吸収を妨げる成分・食物繊維

亜鉛の吸収を妨げる成分・フィチン酸

亜鉛の吸収を妨げる成分・ポリリン酸

亜鉛の吸収率を妨げる成分・シュウ酸

亜鉛の吸収率を妨げる成分・カルシウム

 

亜鉛を多く含む食品

 

項目食品
魚介類牡蠣 スルメ 数の子 煮干 サザエ ホタテ など
海藻類あまのり ひじき など
豆類きな粉 小豆 納豆 など
種実類カシューナッツ アーモンド ゴマ など
野菜類パセリ 干し椎茸 シソ など
飲料抹茶 前茶 ココア など
穀類そば粉 玄米 など
肉類豚レバー 牛もも肉 牛レバー など

 

亜鉛を多く含む食品の亜鉛含有量ベスト7

 

項目食品100g中の亜鉛含有量
1位 煎茶(飲料)135mg
2位 牡蠣(魚介類)73mg
3位 数の子(魚介類)55mg
4位 あまのり(海藻類)27mg
5位 ゴマ(種実類)14mg
6位 豚レバー(肉類)6.9mg
7位 牛もも肉(肉類)4.5mg

 

亜鉛摂取の注意点・亜鉛は体内の吸収率が悪い成分

亜鉛は食事摂取のみでは必要量を満たせないためサプリでの補給がおすすめ

亜鉛の吸収率が低下する原因・インスタント食品の添加物

亜鉛の吸収率が低下する原因・ストレス

亜鉛の吸収率が低下する原因・飲酒

亜鉛の吸収率が低下する原因・たばこ

亜鉛の吸収率が低下する原因・加齢

亜鉛の吸収率が低下する原因・肥満

 

 

[妊活男性サプリ/亜鉛]日本産マカに含まれるアミノ酸・ミネラルの妊活効果について

妊活男性サプリ・亜鉛を豊富に含む日本産マカの妊活効果

 

日本産マカ・ペルー産マカに含まれるアミノ酸含有量(マカ粉末100g)

 

 

項目日本産マカ(粉末100g)ペルー産マカ(粉末100g)
アスパラギン酸1050mg670mg
スレオニン460mg
セリン470mg330mg
グルタミン酸2200mg730mg
グリシン360mg350mg
アラニン460mg390mg
バリン560mg390mg
システィン160mg
トリプトファン100mg
メチオニン120mg110mg
イソロイシン320mg280mg
ロイシン450mg450mg
チロシン230mg200mg
フェニルアラニン310mg290mg
ギャバ262mg
ヒスチジン290mg190mg
リジン540mg310mg
アルギニン2560mg610mg
ブロリン5850mg2490mg

 

 

日本産マカのミネラル含有量とミネラルの1日必要量(マカ粉末100g)

 

項目日本産マカ(粉末100g)1日必要量(推奨量)
ナトリウム39.7mg男性8.0g(食塩相当)

女性7.0g(食塩相当)

マンガン0.69mg男性4.0mg

女性3.5mg

上限11mg(男女とも)

カルシウム312mg男性650mg

女性650mg

上限2500mg(男女とも)

マグネシウム94.3mg男性370mg

女性290mg

鉄分3.26mg男性7.5mg

女性(月経なし)6.5mg

女性(月経あり)10.5mg

上限50mg(男性)

上限40mg(女性)

亜鉛2.53mg男性10mg

女性8mg

上限45mg(男性)

上限35mg(女性)

リン397mg男性1000mg

女性800mg

上限3000mg(男女とも)

0.67mg男性1.0mg

女性0.8mg

上限10mg(男女とも)

 

参考:日本で丹精込めて栽培した世界最高品質の日本産マカ

 

マカの妊活効果・強壮効果

マカの妊活効果・性欲増強効果

マカの妊活効果・勃起障害の改善効果

マカの妊活効果・生理不順の改善効果

マカの妊活効果を実感するまでには最低3か月は必要

体質改善には最低3か月は必要

卵子の成熟・排卵は約9ヶ月が必要

精子の成熟には約70日が必要

 

[妊活男性サプリ/亜鉛]亜鉛を豊富に含む食品と吸収率をアップする栄養素

亜鉛の1日に必要な摂取量・男性11mg

亜鉛の1日に必要な摂取量・女性9mg

亜鉛の1日に必要な摂取量・妊婦11mg

亜鉛の1日に必要な摂取量・授乳婦12mg

亜鉛は体内への吸収率が低い成分のため効率的な摂取が必要

亜鉛の吸収率をアップする成分・タンパク質

亜鉛の吸収率をアップする成分・クエン酸

亜鉛の吸収率をアップする成分・ビタミンC

亜鉛の吸収率をアップする成分・葉酸

亜鉛の吸収を妨げる成分・タンニン

亜鉛の吸収を妨げる成分・食物繊維

亜鉛は、体内で吸収されにくい成分で、摂取量の約30%しか吸収されないと言われています。

亜鉛は微量ミネラルの1つであり、タンパク質の合成や、DNAの合成に必須であり、健康な精子や卵子の生成には欠かせない成分です。

亜鉛は、吸収率が低い成分のため、吸収を妨げる成分との組み合わせには注意が必要です。

亜鉛の吸収を妨げる成分として「食物繊維」があります。

食物繊維は、胃で消化されることなく腸まで届き、有害物質を吸着させ、便として体外に排出する働きがあります。

食物繊維を多く摂ると便の量が増えるのは、有害物質をたくさん吸着して、便の量が増えるからです。

でも、食物繊維はビタミンやミネラルなどの栄養素も吸着させてしまうため、亜鉛の吸収率低下の原因ともなります。

妊活サプリを飲む時は、食物繊維を多く含む食品と一緒に摂ることは避けたほうが良いです。

食前寝る前に飲むと、亜鉛の吸収への影響が少なくなります。

妊活サプリを飲む時は、「ごぼう茶」などの食物繊維を多く含む飲み物で飲むのは控えましょう。

 

⇒亜鉛・葉酸を含む妊活サプリ「マカナ」はこちら

 

亜鉛の吸収を妨げる成分:フィチン酸

フィチン酸は米や小麦などの穀物に多く含まれる成分で、強い抗酸化作用があります。

フィチン酸は、体内のミネラルと強く結合する性質があり、体内の亜鉛・鉄・カルシウムなどのミネラルと結合し、複合体を作ります。

フィチン酸は体内のミネラルと結合することで、異常な細胞分裂(がん化細胞の増殖)を制御したり、体内のコレステロールや中性脂肪を正常化させる働きがあります。

フィチン酸が、ガンや動脈硬化に効果的と言われているのは、上記のような理由からです。

でも、妊活中は普段よりも多くの亜鉛が必要であり、不妊男性では亜鉛の重要性はより高いのです。

意識的に亜鉛を摂取しても、フィチン酸により亜鉛が結合されてしまうと、体内の正常化に亜鉛が使われてしまう、本来の妊活効果を得ることができません

妊活中は、健康な精子や卵子の生成には亜鉛は欠かすことのできない成分のため、フィチン酸と一緒に摂取するのは避けたほうが良いです。

健康食として認知されている玄米ですが、フィチン酸を多く含むため、妊活中には不向きと言えますね。。。

 

⇒亜鉛・鉄などのミネラルを豊富に含む妊活サプリ「マカナ」はこちら

 

亜鉛の吸収を妨げる成分・ポリリン酸

亜鉛の吸収率を妨げる成分・シュウ酸

亜鉛の吸収率を妨げる成分・カルシウム

亜鉛を多く含む食品

 

項目食品
魚介類牡蠣 スルメ 数の子 煮干 サザエ ホタテ など
海藻類あまのり ひじき など
豆類きな粉 小豆 納豆 など
種実類カシューナッツ アーモンド ゴマ など
野菜類パセリ 干し椎茸 シソ など
飲料抹茶 前茶 ココア など
穀類そば粉 玄米 など
肉類豚レバー 牛もも肉 牛レバー など

 

引用:味覚障害(桃山学院大学)

亜鉛を多く含む食品の亜鉛含有量ベスト7

 

項目食品100g中の亜鉛含有量
1位 煎茶(飲料)135mg
2位 牡蠣(魚介類)73mg
3位 数の子(魚介類)55mg
4位 あまのり(海藻類)27mg
5位 ゴマ(種実類)14mg
6位 豚レバー(肉類)6.9mg
7位 牛もも肉(肉類)4.5mg

 

亜鉛摂取の注意点・亜鉛は体内の吸収率が悪い成分

亜鉛は食事摂取のみでは必要量を満たせないためサプリでの補給がおすすめ

亜鉛の吸収率が低下する原因・インスタント食品の添加物

亜鉛の吸収率が低下する原因・ストレス

亜鉛の吸収率が低下する原因・飲酒

亜鉛の吸収率が低下する原因・たばこ

亜鉛の吸収率が低下する原因・加齢

 

亜鉛の吸収率が低下する原因・肥満

 - , , ,