妊活サプリの夫婦

[男性妊活サプリ/葉酸]葉酸は精子の質の改善に効果的!男性妊活におすすめの葉酸サプリ

[男性妊活サプリ/葉酸]葉酸は精子の質の改善により男性不妊に効果的

男性妊活サプリ・葉酸が男性妊活に必須の理由

男性妊活では精子の質(精子の量・運動率・奇形率・濃度)の改善に繋がる葉酸の摂取が必要です。男性妊活サプリを選ぶ時は、男性妊活の必須成分「葉酸」「亜鉛」「アミノ酸」が豊富に含まれるものを選びましょう。妊活サプリマカナは、夫婦で兼用でき「葉酸」「亜鉛」「アミノ酸」が豊富に含まれおすすめです。

 

男性におすすめの葉酸配合の妊活サプリ

 

 

葉酸が男性妊活に必須の理由1・精子の質の改善

葉酸は精子細胞の成長に必須の成分

葉酸が不足すると健康な精子の量が低下する

葉酸が男性妊活に必須の理由2・受精率のアップ

 

受精率アップには健康な精子が必要

受精率アップには奇形精子の数を減らす必要がある

奇形精子は細胞分裂のエラーにより起こる

葉酸が男性妊活に必須の理由3・妊娠率のアップ

質の悪い精子・質の悪い卵子は受精できても着床・妊娠しない確率が高い

健康な受精卵なら流産率が低下する

[男性妊活サプリ/葉酸]葉酸の働きと効果について

葉酸は水溶性のビタミンで体内への吸収率が低い

葉酸は、ほうれんそうなどの植物性食品の他、レバーなどの動物性食品にも多く含まれて い。これらの食品に含まれている葉酸(「食事性葉酸」)は、ほとんどが複数のグルタ ミン酸が結合した「ポリグルタミン酸型」であるが、加工食品などに添加されている葉酸は、 グルタミン酸が一つ結合した「モノグルタミン酸型」(プテロイルモノグルタミン酸)である 。食品中の「ポリグルタミン酸型の葉酸」は、調理や加工、胃の酸性下で遊離し、 消化管の酵素によって分解され、「モノグルタミン酸型の葉酸」となった後、小腸の上皮細胞 から吸収される。「食事性葉酸」の体内での利用効率(相対生体利用率)はプテロイルモノグ ルタミン酸と比べ、25~81%と報告されており、「日本人の食事摂取基準(2010年版)」では 50%としている。

引用:胎児の正常な発育に役立つ「葉酸」を摂取できるとうたった健康食品(国民生活センター

 

葉酸の働き・赤血球の生成、貧血予防

葉酸の働き・細胞分裂のサポート

葉酸サプリ摂取の効果・うつ病の改善

葉酸サプリ摂取の効果・認知症の予防

 

葉酸サプリ摂取の効果・月経異常の改善

 

葉酸サプリ摂取の効果・がんリスクの低減

葉酸サプリ摂取の効果・眼精疲労・肩こりの改善

葉酸サプリ摂取の効果・美肌・美髪

葉酸サプリ摂取の効果・ダイエット効果

 

[男性妊活サプリ/葉酸]妊活効果が高いサプリを選ぶポイント

葉酸サプリの選び方・原材料、成分が安全なものを選ぼう

葉酸サプリの選び方・ミネラルが豊富なものを選ぼう

葉酸サプリの選び方・GMP工場で製造されたものを選ぼう

葉酸サプリの選び方・放射能検査チェック済みのものを選ぼう

 

 

[男性妊活サプリ/葉酸]男性不妊の原因と改善方法について

男性不妊の原因・ミネラル不足

男性不妊の原因・妊活必須成分の不足

男性妊活の必須成分・ビタミンB2

男性妊活の必須成分・ビタミンB6

男性妊活の必須成分・ビタミンB12

男性妊活の必須成分・葉酸(ビタミンB9)

男性妊活の必須成分・ビタミンE

男性妊活の必須成分・ビタミンC

男性妊活の必須成分・アミノ酸

 

男性不妊の原因・加齢によるミトコンドリアの機能低下

男性不妊には体質改善が必要・亜鉛で体質改善

男性不妊には体質改善が必要・コエンザイムQ10でミトコンドリアを活性化

男性不妊には体質改善が必要・ビタミンEで抗酸化

男性妊活に必要なこと・食生活の改善

 

 

[男性妊活サプリ/葉酸]男性妊活・女性妊活に葉酸が必要な理由

葉酸の女性妊活への効果・受精卵を育む環境作り

葉酸の女性妊活への効果・つわりや貧血の改善

葉酸の女性妊活への効果・母乳生成のサポート

葉酸の女性妊活への効果・産後の体力回復のサポート

葉酸は男性妊活・女性妊活の両方に必要な理由・先天性障害のリスク低減

葉酸は男性妊活・女性妊活の両方に必要な理由・神経管閉鎖障害の予防

葉酸は男性妊活・女性妊活の両方に必要な理由・二分脊椎症の予防

葉酸は男性妊活・女性妊活の両方に必要な理由・無脳症の予防

葉酸は男性妊活・女性妊活の両方に必要な理由・ダウン症の予防

BACKGROUND:

Japan has been considered as “a folate sufficient area”, since traditional Japanese food contains an adequate amount of folic acid. However, the recent westernized food style of young Japanese mothers may affect the intake of folic acid among them. This food style may contribute to the occurrence of Down syndrome, which has proved to be linked to abnormal folate and homocysteine metabolisms.

AIM OF THE STUDY:

To preliminarily evaluate the levels of folic acid,homocysteine and other relevant factors which are associated with folate metabolism, among Japanese women who had pregnancies affected by Down syndrome.

METHODS:

Blood samples from 31 women who had pregnancies affected by Down syndrome (DS) were obtained. 60 age-matched control blood samples were also obtained from mothers who had not experienced miscarriages or abnormal pregnancies (CONT). Plasma homocysteine and serum folic acid, vitamin B12, and B6 were measured and compared between DS and CONT. Furthermore, the frequency of MTHFR polymorphism (C677T) was also investigated.

RESULTS:

Plasma levels of homocysteine were significantly increased in DS mothers (p = 0.004). In contrast, serum levels of folic acid were significantly decreased in DS mothers (p = 0.0001). There were no significant differences in the vitamin B12 and B6 levels between DS and CONT. Also, the frequency of 5,10-methylenetetrahydrofolate reductase gene (MTHFR) homozygous polymorphism showed no differences between DS and CONT.

CONCLUSION:

Different levels of serum folic acid and plasma homocysteine between both groups may contribute to the occurrence of Down syndrome even in Japan. Although there was no significant difference in the frequency of MTHFR polymorphism between the groups, probably because of an inadequate number of samples, further studies may contribute to the understanding of the occurrence of Down syndrome in Japan.

引用Abnormal folic acid-homocysteine metabolism as maternal risk factors for Down syndrome in Japan

(日本語訳)

バックグラウンド:

日本の伝統的な日本食は十分な量の葉酸が含まれているので、日本は「葉酸十分な地域」と考えられています。しかし、最近の欧米の若い日本人の食生活は、葉酸の摂取に影響を与える可能性があります。この食物様式は、異常な葉酸およびホモシステイン代謝に関連することが判明したダウン症候群の発生に寄与し得る。

研究の目的:

ダウン症候群に罹患した日本人女性において、葉酸、ホモシステイン、および葉酸代謝に関連する他の関連する因子のレベルを予備的に評価する。

方法:

ダウン症候群(DS)の影響を受けた妊娠している31人の女性の血液サンプルを得た。流産や異常妊娠を経験していない母親からも年齢が一致した60のコントロール血液サンプルを得た(CONT)。血漿ホモシステインと血清葉酸、ビタミンB12、およびB6を測定し、DSとCONTとの間で比較した。さらに、MTHFR多型(C677T)の頻度も調査した。

結果:

ホモシステインの血漿レベルは、DS母親において有意に増加した(p = 0.004)。対照的に、葉酸の血清レベルはDS母親において有意に減少した(p = 0.0001)。 DSとCONTの間のビタミンB12およびB6レベルに有意差はなかった。また、5,10-メチレンテトラヒドロ葉酸レダクターゼ遺伝子(MTHFR)同型接合多型の頻度は、DSとCONTの間に差異を示さなかった。

結論:

両方の群の血清葉酸および血漿ホモシステインのレベルが異なると、日本においてもダウン症の発生に寄与する可能性がある。おそらく不十分なサンプル数のために、群間のMTHFR多型の頻度に有意差はなかったが、更なる研究は日本におけるダウン症の発生の理解に寄与する可能性がある。

引用:(和訳):ダウン症の重要危険要因としての葉酸ホモシステインの代謝異常

葉酸の男性妊活への効果・精子の質の改善

葉酸の男性妊活への効果・勃起障害(ED)の改善・・・・(血流改善)

 

 

[男性妊活サプリ/葉酸]男性妊活・女性妊活で葉酸が必要な時期

女性妊活では妊娠の1ヶ月以上前から葉酸を摂取しましょう

妊娠を計画している女性に関しては、神経管閉鎖障害の発症リスクを低減させるために、妊娠の1ヶ月以上前から妊娠3か月までの間、葉酸をはじめその他のビタミンなどを多く含む栄養のバランスがとれた食事が必要であること。

なお、野菜を350g程度摂取するなど、各食品について適正な摂取量を確保すれば、1日0.4mgの葉酸の摂取が可能であるが、現状では食事由来の葉酸の利用効率が確定していないことや各個人の食生活によっては0.4mgの葉酸摂取が困難な場合もあること、最近の米国等の報告では神経管閉鎖障害の発症リスク低減に関しては、食事からの摂取に加え0.4mgの栄養補助食品からの葉酸摂取が勧告されていること等の理由から、当面、食品からの葉酸摂取に加えて、いわゆる栄養補助食品から1日0.4mgの葉酸を摂取すれば、神経管閉鎖障害の発症リスクが集団としてみた場合に低減することが期待できる旨情報提供を行うこと。

引用神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に関わる適切な情報提供の推進について(厚生労働省)

妊娠超初期は胎児の神経系の生成のため葉酸の必要性が高い

妊娠1ヶ月前からの葉酸摂取で神経管閉鎖障害の予防に繋がる

男性妊活では妊娠の3か月以上前から葉酸を摂取しましょう

 

精子形成の過程DNAコピー数/染色体本数
精原細胞2回/46本(細胞分裂)
一次精母細胞4回/2×46本(一次減数分裂)
二次精母細胞2回/2×23本(二次減数分裂)
精細胞1回/23本(精子形成)
精子1回/23本(排精)

引用精子形成(Wikipedia)

 

質の良い精子は受精率・妊娠率のアップに繋がる

 

 

 

[男性妊活サプリ/葉酸]葉酸を豊富に含む食品と葉酸の吸収率をアップする成分

葉酸サプリは男性も摂取すべき? 効果&気をつけたいポイント

<男性不妊症の原因疾患>

原因疾患割合
特発性造精機能障害63.2%
精索静脈瘤25.1%
染色体異常2.3%
クラインフェルター症候群1.7%
閉塞性無精子症4.9%
前立腺炎0.9%
精機能障害2.2%

引用元:不妊症(日本産婦人科学会)

 

<男性不妊の割合>

画像引用:男性不妊(医療法人 浅田レディースクリニック)

上記のグラフのように、男性側に原因のある不妊の割合は約48%と言われています。

不妊治療は、女性が主体となって行うという従来のイメージがありますが、実際は男性側が原因の不妊が約半数であり、夫婦で一緒に妊活に取り組む必要性があります。

年々、晩婚化が進み、男女共に第一子の出産年齢は上がり続けています。

女性の年齢が高くなれば、夫の年齢も高くなり、夫婦で高齢というカップルも増加しており、今後はますます不妊のカップルが増えると言われています。

不妊は女性だけの問題ではなく、男性にとっても必要であり、夫婦で取り組むことで妊活効果を高めることができます。

 

夫婦で飲め妊活サプリ「マカナ」はこちら

 

葉酸は男性の不妊に効果的

葉酸は男性にも女性にも必要な妊活成分の1つです。

葉酸は、細胞分裂が盛んな脳や生殖器に多く存在しています。

精子を造る睾丸(精巣)では、たくさんの葉酸を必要としています。

精子は1つの細胞が細胞分裂を繰り返し、成熟することで精子となります。

葉酸は、細胞分裂を行う際に必要不可欠の栄養素であり、精子の元となる細胞が細胞分裂を行う際にも葉酸が必要となります。

細胞は、細胞分裂を行う際に遺伝子情報をコピーします。

1つの細胞につき1つのと呼ばれる遺伝情報がストックされている場所があり、核によって遺伝情報の共有が行われています。

葉酸は主に核の遺伝情報の共有をサポートする役割があるため、葉酸が不足すると遺伝情報が正確に伝達できなくなります

遺伝情報のコピーや伝達のエラーにより染色体異常の精子となると、受精能力が低くなり、なかなか妊娠ができなくなります。

葉酸は女性だけでなく、妊活男性にも必須の成分であり、普段の食事に加えて葉酸サプリを併用して、しっかりと葉酸を補うことをおすすめします。

 

男性におすすめの葉酸配合の妊活サプリ「マカナ」はこちら

 

男性が摂るべき葉酸の量

妊活を希望する女性は、非妊娠時の約2倍の葉酸が必要と言われています。

妊娠可能年齢の女性は、通常の葉酸摂取量200μgの約2倍の480μgの葉酸摂取が推奨されています。

妊活女性が普段の2倍の葉酸が必要なのは、質の良い卵子を造る目的だけでなく、胎児の成長授乳にも必要な栄養素だからです。

妊活男性が葉酸を飲む目的は、質の良い精子を造ることなので、妊活中だから特別に葉酸の必要量が増えることはありません。

妊活男性に必要な葉酸量は、240μg(18歳以上の男性)/1日です。

葉酸は緑黄色野菜に多く含まれるため、自炊をしている男性なら食事から必要量の葉酸を摂取することも可能です。

でも、外食が多い方や食事が不規則な方、忙しい方などは、葉酸サプリでの補給がおすすめです。

また、葉酸はビタミンB群の1種であり、食事から摂取できる栄養素ですが、水溶性のため「水に浸すこと」により栄養価が減少したり、熱に弱いため「加熱」することにより栄養価が減少し、十分に吸収することが難しいのです。

そのため、妊活中は必要量の葉酸をしっかりと補えるように、男女共に葉酸サプリを摂取することをおすすめします。

 

葉酸配合の妊活サプリ「マカナ」はこちら

 

葉酸を多く含む食べ物

葉酸は緑黄色野菜に多く含まれるビタミンB群の1種です。

<葉酸を多く含む野菜の一覧>※ゆで野菜は茹でた状態の葉酸含有量を記載

順位食品名(野菜)/100g含有量(μg)
1位えだまめ260
2位モロヘイヤ250
3位パセリ220
4位芽キャベツ220
5位菜の花190
6位グリーンアスパラガス180
7位クレソン150
8位小ネギ120
9位サニーレタス120
10位そら豆120
11位にんにくの茎120
12位ブロッコリー120
13位わけぎ120
14位オクラ110
15位ヤングコーン110
16位しそ110
17位ほうれん草110
18位リーフレタス110
19位明日葉100
20位春菊100

 

葉酸を多く含む食べ物1:ほうれん草

ほうれん草は1年中手に入る身近な野菜です。

妊活中は食生活の改善に取り組むことで妊活効果を高めることが可能です。

ほうれん草は、基本的に加熱をして食べる野菜です。

葉酸はビタミンB群であり、加熱に弱い特徴があります。

生の状態のほうれん草の100gあたりの葉酸含有量は210μgに対して、上記一覧のように、茹でた状態のほうれん草100gあたりの葉酸含有量は110μgに減少します。

加熱することにより、ほうれん草の葉酸量は半減することがわかります。

妊活中の男性の葉酸推奨量は280μgなので、ほうれん草約200gほどで摂取できる計算になります。

でも、実際は加熱により葉酸量が半減するため、必要量を摂取するためには、ほうれん草400gほどを毎日食べる必要があります。

ほうれん草400gは、ほうれん草2袋ほどの量です。

ほうれん草2袋を毎日食べるのはストレスが溜まるので、葉酸サプリでの摂取が経済的でおすすめです。

 

葉酸配合のおすすめ妊活サプリはこちら

 

葉酸を多く含む食べ物2:ブロッコリー

ブロッコリーも1年中コンスタントに手に入る野菜の1つです。

生では食べることができないので、基本的には加熱して食べますが、やはり熱に弱く葉酸量が半減してしまいます。

加熱時よりも、加熱後に水に浸す時に水に葉酸が溶けでてしまうため、この工程を行わない方が葉酸量の減少は少なくなります。

おすすめの方法は、シリコンスチーマーでの調理です。

シリコンスチーマーなら水に葉酸が溶け出すこともないので、葉酸量が半減することもありません。

葉酸の摂取は、食事からの摂取が基本ではありますが、しっかりと必要量の葉酸を摂取するためにも、葉酸含有の妊活サプリでの補給がおすすめです。

 

葉酸含有の妊活サプリはこちら

 

葉酸を多く含む食べ物3:春菊

春菊は冬の野菜であり、1年中コンスタントに手に入りませんよね。

春菊は苦味があるため、好き嫌いが分かれる野菜の1つです。

また、春菊は1袋に100g程度の量しか入っていないため、毎日購入するのも大変です。

春菊は茎が硬いため、シリコンスチーマーでも柔らかくすることが難しく、鍋での加熱がおすすめです。

葉酸の1日量を確実に摂りたい妊活中の人には不向きな野菜とも言えます。

妊活中の葉酸摂取は、質の良い卵子・質の良い精子を造るために必須なので、1日の必要量をしっかりと補いたいですよね。

妊活中は、葉酸含有の妊活サプリで葉酸の補給をすることをおすすめします。

 

葉酸含有の妊活サプリ「マカナ」はこちら

 

葉酸を多く含む食べ物4:レバー(鶏・牛・豚)

肉卵類も葉酸を多く含む食品がたくさんあります。

その中でも、レバーは断トツで葉酸の含有量が多い食品です。

肉卵類の中で最も葉酸の含有量が多いのは、鶏レバーです。

鶏レバーの葉酸含有量は1300μg、牛レバーの葉酸含有量は1000μg、豚レバーの葉酸含有量は810μgです。

レバー100gで1日の必要な葉酸量を補うことができますが、レバーは身近な食品ではないため、レバーでの葉酸補給は現実的ではありません。

葉酸は過剰摂取による副作用の報告もあるため、男性も女性も葉酸の1日摂取量の上限はしっかりと守りたいですね。

レバーは葉酸の含有量がとても高く、妊活中は避けた方が良いと言われるビタミンAを豊富に含んでいることから、頻繁に食べることは避けたほうが良い食品だと言えます。

レバーを食べるのは週に1回や、月に2~3回にして、過剰摂取にならないように注意が必要です。

男性が葉酸とともに摂取したい栄養素:葉酸の吸収率をアップする栄養素

葉酸は男性妊活に必須の栄養素の1つですが、吸収率が低く、注意が必要な栄養素です。

葉酸は水溶性ビタミンであり、ビタミンB群の一種です。

葉酸は水溶性であるため、水に浸すことで栄養素が水に溶けだしやすい性質があります。

葉酸をしっかりと補給するためにも、葉酸の吸収率をアップする成分を同時に摂ると効果的です。

<葉酸の代謝について>

画像引用:葉酸の働きをサポートする5つの栄養のチカラ!(エレビット)

 

葉酸の吸収率をアップする成分3:ビタミンB2

体内では、食事から摂取した糖質・脂質・タンパク質を代謝してエネルギーに変換しています。

ビタミンB2は、エネルギー代謝に深く関わる成分で、体内では葉酸の代謝に必須の成分です。

葉酸の代謝サイクルを効率良く回し、体内への吸収率をアップさせるためには、ビタミンB2は欠かせません。

妊活サプリを選ぶ時は、ビタミンB群がバランス良く含まれるものを選びたいですね!

妊活サプリ「マカナ」は、ビタミンB群をバランス良く含んでいます。

葉酸の吸収率をアップする成分2:ビタミンB6

体内では、タンパク質を合成し、筋肉や血液を造るのに欠かせない成分です。

タンパク質の代謝に深く関わり、葉酸の代謝にも関わっています。

葉酸は、体内でさまざまな補酵素により代謝され、体内への吸収がされやすい形に変化させています。

ビタミンB6は、葉酸の代謝に関わる補酵素の1つで、体内への吸収率アップには欠かせない成分です。

妊活サプリを選ぶ時は、葉酸の吸収率をアップさせるビタミンB群をバランス良く含むものを選びたいですね。

妊活サプリ「マカナ」は、ビタミンB群をバランス良く含んでいます。

葉酸の吸収率をアップする成分1:ビタミンB12

ビタミンB12は、葉酸と共に血液成分の1つであるヘモグロビンの生成をサポートする成分です。

血液中のヘモグロビンは、肺にある酸素を血管内に取り込む働きがあり、ヘモグロビンが不足すると、貧血を引き起こします。

男性の妊活では、精巣機能の改善が効果的であり、十分に酸素を含んだ血液を精巣内に送る必要があります。

葉酸と同時にビタミンB12を摂取することで、ヘモグロビンの生成をサポートし、精巣内に十分に酸素を含んだ血液を送ることができます。

また、ビタミンB12は、葉酸の代謝サイクルの中で、葉酸の再生産に関わる成分であり、葉酸を効率よく吸収するために欠かせない成分と言えます。

妊活サプリを選ぶ時は、ビタミンB群がバランス良く配合されたものを選びたいですね。

妊活サプリ「マカナ」は、ビタミンB群をバランス良く含んでいます。

葉酸の吸収率をアップする成分4:ビタミンC

ビタミンCは、体内ではタンパク質の合成に関わる栄養素の1つです。

ビタミンCは、細胞と細胞を結ぶコラーゲンと言うタンパク質を造るために必要であり、細胞分裂が活発に行われる時に重要です。

精子や卵子の生成、受精卵の生成、胎児の成長など、さまざまな場面で必要と言えます。

また、ビタミンCは、体内で活性化された葉酸の働きを維持する働きがあり、葉酸を効率良く吸収するために欠かせません。

妊活サプリを選ぶ時は、ビタミンCを豊富に含むものを選びたいですね。

妊活サプリ「マカナ」は、ビタミンCを豊富に含んでいます。

葉酸の吸収率をアップする成分5:鉄

鉄分は血液成分の1つである赤血球の生成に関わる成分です。

赤血球の中にはヘモグロビンが充満しており、赤血球はヘモグロビンに酸素を送り込む働きがあります。

赤血球は肺にある酸素を血管内に取り込み、体内の二酸化炭素を体外に排出する役割も持っています。

赤血球の生成には鉄分が欠かせませんし、赤血球の中にあるヘモグロビンの生成には葉酸が欠かせません。

葉酸が不足しても貧血を引き起こし、鉄分が不足しても貧血を引き起こします。

妊活中は、酸素を十分に含んだ血液を全身に送る必要があり、普段よりも意識的に鉄分や葉酸を摂取する必要があります。

鉄分と葉酸を同時に摂取することで、貧血を予防し、全身に酸素を十分に含む血液を運搬することで、精巣や卵巣などの生殖器の機能を改善することに繋がります。

妊活サプリを選ぶ時は、葉酸と鉄分がバランス良く含んでいるものを選びたいですね。

妊活サプリ「マカナ」は、葉酸と鉄分をバランスよく含んでいます。

 

葉酸と亜鉛は一緒に飲んでも大丈夫?葉酸の吸収を阻害する成分

亜鉛が葉酸の吸収を阻害するって本当?

葉酸と亜鉛を同時に摂取すると、亜鉛の吸収率が悪くなると言われることがありますが、お互いが吸収を阻害することはありません

亜鉛は、葉酸が体内で吸収されやすい形に変化する際に必要な成分であり、葉酸を効率よく吸収するためには欠かせません。

食品から葉酸を摂取すると、まず最初に亜鉛によって、体内に吸収されやすい形に変換されます(ポリグルタミン酸型葉酸⇒モノグルタミン酸型葉酸)。

葉酸サプリメントの場合は食品とは違い、最初から体内に吸収されやすいモノグルタミン酸型葉酸となっているため、より効率よく葉酸を吸収することができます。

葉酸と亜鉛の同時摂取は全く問題ありませんし、妊活中は亜鉛・葉酸は必要不可欠の成分であるため、積極的に摂ることをおすすめします。

葉酸・亜鉛の同時摂取で精子の質が改善する効果

オランダで行われた実験によると、葉酸と亜鉛を同時に摂取することで、精子の質が大幅に改善すると言う結果が得られました。

参考文献:葉酸および硫酸亜鉛が男性因子の不妊症に及ぼす影響:二重盲??検、無作為化、プラセボ対照試験。

<日本語訳>
葉酸および硫酸亜鉛が男性因子の不妊症に及ぼす影響:二重盲??検、
無作為化、プラセボ対照試験。
Wong WY1、Merkus HM、Thomas CM、Menkveld R、
Zielhuis GA、Steegers-Theunissen RP。
著者情報
抽象
目的:
妊娠中および不妊症男性の精液変数に対する葉酸および
硫酸亜鉛処理の影響を研究すること。

設計:
二重盲検、プラセボ対照介入試験。

設定:
オランダの2つの外来受精院と9つの助産師実習。

参加者(S):
108人の妊娠可能な男性と103人の劣悪な男性。

介入(S):
両群は、葉酸およびプラセボ、硫酸亜鉛およびプラセボ
硫酸亜鉛および葉酸、および2種のプラセボを
26週間にわたって4つの治療の1つにランダムに割り付けた。
葉酸は5mgの1日用量で与えられ、
硫酸亜鉛は66mgの1日用量で与えられた。

主要成果(S):
治療の前後に、世界保健機関のガイドラインに基づいて
精子の濃度、運動性および形態の決定のために
標準化された精液および血液試料を得た。
厳密な基準による精液形態;および葉酸および
血中濃度を測定する。 
4つの介入の効果を、不妊症および
肥満の男性で別々に評価した。

結果):
劣等男性は、正常な精子総数の有意な74%の増加と
4%の異常な精子のわずかな増加を実証した。
肥沃な男性でも同様の傾向が見られた。
葉酸および亜鉛の血中および精漿中の介入前の濃度は
妊娠可能な男性と不妊の男性の間で有意
に異ならなかった。

結論(S):
総正常精子数は、不妊症男性と肥沃な男性の両方で
硫酸亜鉛と葉酸の併用後に増加する。
妊孕性に有益な効果はまだ確立されていないが
この発見は将来の妊娠可能性の研究と治療の道筋を開き
公衆衛生に影響を与える可能性がある。

上記のように、葉酸と亜鉛を同時摂取することで、精子の質を優位に改善することが証明されました。

妊活男性は、葉酸と亜鉛を同時摂取することで、質の良い精子の生成をサポートしたいですね。

妊活サプリを選ぶ時は、亜鉛と葉酸がバランスよく配合されているものを選びましょう。

亜鉛はマカに豊富に含まれる栄養素で、葉酸とマカがバランスよく配合された妊活サプリ「マカナ」はおすすめですよ。

 

 

[男性妊活サプリ/葉酸]男性が葉酸を飲むメリットと葉酸不足の症状

男性の妊活サプリ効果は、精子の質を高め、健康な赤ちゃんが望めることです。女性だけでなく男性の妊活にも必須の葉酸を摂取して、精子の質を改善させましょう。

 

 

男性が葉酸サプリを摂取するメリット

妊活男性が葉酸サプリを摂取するメリットはたくさんあります。

精子の質を改善することで、染色体異常の精子の生成を優位に抑えることができます。

メリット1:葉酸摂取により染色体異常の精子数が20~30%低下する

妊活男性が葉酸サプリを摂取するメリットは「染色体異常の精子数」が20~30%低下することです。

染色体異常のある精子は、受精能力が低く妊娠に至らないばかりか、受精・着床したとしても流産率が高くなります。

染色体異常のある精子は、高速で子宮内を遊泳することができない(運動率が悪い)ため、子宮内のアルカリ性により受精能力を失います。

質の良い精子は、高速で直進できるような形をしているため、子宮内のアルカリ性により受精能力を失うこともなく、卵管内にある卵子の元にたどり着くことができます。

1回の射精で数千万~数億個の精子が放出されますが、無事に卵管までたどり着くのは、100個ほどに激減します。

染色体異常の精子の割合が増えるほど、卵管までたどり着く精子が減少するため、受精率は低くなります。

精子の染色体異常の割合は、加齢精巣機能の低下にて増加します。

葉酸は、細胞分裂が盛んな脳や生殖器に多く存在しており、精巣内にもたくさんの葉酸が存在しています。

精巣は男性ホルモンから精子を生成しており、細胞分裂が盛んな臓器です。

精子は元は1つの細胞が分裂を繰り返すことで成熟した精子となるため、精子の元となる細胞が分裂をするために、葉酸が必須なのです。

1つの細胞には1つの遺伝情報(DNA情報)が組み込まれており、分裂する時には遺伝情報をコピーして伝達しています。

細胞には「核」と呼ばれる、細胞同士が遺伝情報を伝達する場所があり、核を形成しているのが葉酸と言うわけです。

つまり、葉酸が不足すると、遺伝情報が正確に伝達できなくなるため、染色体異常のある精子が作られることになります。

健康な精子を生成するためにも葉酸は必須であり、葉酸の摂取により染色体異常の精子が20~30%減少するとのデータもあるため、妊活男性には欠かせない成分と言えます。

妊活男性は、葉酸含有の妊活サプリで積極的に葉酸を摂取することをおすすめします。

 

⇒妊活サプリ「マカナ」は男性妊活に必須の正要素をバランス良く含んでいます

 

メリット2:男性の葉酸摂取で正常な精子を増加させる

正常な精子は運動率が高く受精能力の高い精子です。

精子の運動性にはグレードがあり、正常範囲内であっても受精能力の低い精子もあります。

精子の運動性は精子の形によって決まります。

精子の元となる細胞が正常に細胞分裂をすれば、運動性の高い精子となり、子宮内でも高速で直進できる形状になっています。

細胞分裂の際に何かトラブルがあった場合は、精子の形状が歪になり、高速で直進することができません。

質の良い精子の数を増加させるためには、運動性の高い精子が増えるようにする必要があります。

葉酸は、細胞分裂の際に欠かせない成分ですが、葉酸だけを摂取しても高い効果は期待できません。

葉酸は体内での吸収率が50%以下と低いため、ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンB12・ビタミンCなどの成分を同時に摂取することで、葉酸の吸収率がアップし、より高い妊活効果を得ることができます。

また、加齢により精子の質が低下するため、葉酸の摂取と同時に、抗酸化作用の強いビタミンEポリフェノールなどの成分を摂取することで、質の高い精子の生成をサポートすることができますよ。

妊活サプリを選ぶ時は、葉酸だけではなく、ビタミン類や抗酸化作用の強い成分がバランス良く含まれたものを選びたいですね。

 

⇒ビタミン類や抗酸化作用がバランス良く配合された葉酸サプリはこちら

 

妊活男性の葉酸不足・・・葉酸が不足したらどうなるの?

妊活男性に葉酸が不足すると、精子の質が低下し、精子の受精能力も低下します。精子の質の低下は流産率を上昇させるため、夫婦で葉酸を摂取して、健康な赤ちゃんを授かりたいですね。

現代人は葉酸が不足しやすい

葉酸は肉や魚、緑黄色野菜に多く含まれているビタミンB群の一種です。

葉酸は普段の食事からも十分に摂取ができる栄養素だと言われてきましたが、最近では葉酸不足になっている人が増えているのです。

現代人には葉酸が不足しやすい理由は、外食食品添加物の多い食事を食べる機会が増えてからだと言われています。

また、以前に比べて野菜を育てる土の養分の質が悪く、野菜の栄養価も低下していますし、農薬を多く使っていることもあります。

外食が多い人では野菜不足になりやすく、葉酸は吸収率が低い成分のため、妊活中は葉酸サプリでしっかりと補うことをおすすめします。

葉酸不足の症状

貧血

葉酸は「造血ビタミン」と呼ばれており、血液中の赤血球の生成を助ける役割があります。

赤血球は、肺にある酸素を血管内に取り込み、全身に酸素を供給する働きがあります。

そのため、葉酸が不足すると赤血球の生成をサポートすることができないので、貧血となり、全身の臓器には酸素が行き渡らなくなり、臓器の機能低下を起こします。

精子を生成する精巣や、卵子を生成する卵巣にも、十分な酸素を含んだ血液を送ることができなくなると、生殖機能が低下し、ホルモンの分泌不足や、精子・卵子の生成不足に繋がります。

妊活中は、酸素をたっぷりを含んだ血液を全身に送り、精巣や卵巣などの生殖器の機能を維持・改善したいですね。

 

⇒男性におすすめの葉酸サプリはこちら

 

正常な精子の減少

葉酸は「核酸」の合成に欠かせない成分の1つです。

葉酸は核酸を合成する働きがあり、細胞の生成や再生をサポートしています。

核酸はDNAやRNAと呼ばれる遺伝情報のことで、細胞の「核」と呼ばれる部分に存在します。

核酸は、遺伝情報の通りに身体を造るように指令を出したり、細胞の核内に遺伝情報を保存する場所です。

そのため、核酸の合成に必須の葉酸が不足すると、遺伝情報を正確に伝えたり、保存することができなくなるため、染色体異常のある精子の数が増え、正常な精子の割合が減少します。

葉酸の摂取により正常な精子の数が増加したとのデータもあるように、妊活男性には葉酸は不可欠な成分と言えます。

 

⇒男性におすすめの葉酸配合の妊活サプリ「マカナ」はこちら

 

男性妊活では夫婦で飲める葉酸サプリがおすすめ

夫婦で一緒に飲める妊活サプリはとても数が少なく、ほとんどの妊活サプリは「男性用」「女性用」と分かれています。

それは、男性妊活に必要な栄養素と、女性妊活に必要な栄養素は違うと考えられていたからです。

でも、健康な赤ちゃんを産むためには、「健康な精子」「健康な卵子」の生成が必須であり、そのための栄養素は男性も女性も変わらないのです。

健康な精子も健康な卵子も、元々は1つの細胞が作られます。

細胞の生成に必要な栄養素には男女差はなく、亜鉛や鉄などのミネラル・アミノ酸・ビタミン類などが必要になります。

妊活サプリ「マカナ」は、マカを豊富に含む妊活サプリで、夫婦で一緒に飲むことのできる妊活サプリです。

マカナの主成分であるマカに含まれる亜鉛や鉄・カルシウムなどのミネラルやアミノ酸は、妊活には欠かせない成分です。

マカは主に男性妊活に必須と言うイメージを持っている人が多いのですが、「ホルモンバランスの改善効果」など、女性妊活にも効果的な成分です。

マカは、健康な精子・健康な卵子の生成に欠かせない亜鉛・鉄などのミネラルを豊富に含み、女性ホルモンのエストロゲンと似たような作用を持っていることから、男性妊活にも女性妊活にも欠かせない成分と言えます。

夫婦で一緒に飲める妊活サプリを選ぶ時は、マカを配合しているものを選びたいですね。

妊活サプリ「マカナ」の主成分はマカであり、日本産100%のマカを豊富に含んでおり、高い妊活効果が期待できますよ。

 

⇒夫婦で一緒に飲める妊活サプリ「マカナ」はこちら

 

 

 

 

 

 

 - , , , ,